So-net光プラスのエリア確認方法!エリア外だったときのおすすめ回線も紹介! | マイナビニュース インターネット比較
PR

So-net光Mのエリア確認方法!エリア外だったときのおすすめ回線も紹介!

So-net光 エリア 光回線
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

So-net光Mの提供エリアがわからず、困っていませんか?

結論からいうと、So-net光Mを契約できるエリアは日本全国で、フレッツ光に対応している物件ならもれなく利用できます。

So-net光Mのエリア確認をしたい方は以下から行ってくださいね。

エリア確認ができたら次は手続きです。

So-net光M公式からの申し込みであれば、2年間月額料金割引を受けられるためオススメです。

提供タイプ 戸建て マンション
月額料金 5,995円(初月無料) 4,895円(初月無料)
契約事務手数料 3,500円
工事費用 26,400円
キャンペーン内容 ・最大2年間月額料金割引
・工事費全額無料
実質金額(2年間) 121,772円 101,180円
実質月額(2年間) 5,074円 4,216円
※価格はすべて税込

この記事では、エリア内だった場合のお得な申込窓口やエリア外だった場合にオススメの他社回線について解説します。

最後まで読めば、So-net光Mのエリアや申込みに関連した疑問をすべて解消できるので、参考にしてくださいね。

運営者情報
当サイトの光回線事業者推奨情報は、総務省消費者庁が管理する関連法や公表情報などを参考に作成されています。詳細なコンテンツポリシーや調査の概要については、こちらをご覧ください。(記事執筆ポリシー)
この記事の監修者
小川 正人(Ogawa Masato)

新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いからlivedoorの通信サービスメディアサイト「livedoor Choice」に携わる。一時期は光回線を3社、携帯電話を15社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

小川 正人(Ogawa Masato)をフォローする

So-net光Mがエリア内の場合は申し込み!オススメ窓口はどこ?

自宅がSo-net光Mのエリア内だった場合は、申し込みにあたってお得な窓口を選ぶことが重要です。

もっともオススメの申込窓口は、2年間割引が受けられる公式サイトです。

【So-net光M窓口】

窓口名 キャンペーン一覧
So-net公式 ・最大2年間の月額料金割引
価格ドットコム ・事務手数料3,500円無料
・初月無料
・2~6か月目の月額利用料金が980円
・7~12か月目の月額利用料金が4,500円
※価格はすべて税込

高額割引ならSo-net光M公式がオススメ!

So-net光M
引用:So-net

So-net光M公式からの申し込みであれば、2年間の高額な割引が受けられるため、安い実質料金で契約可能です。

【So-net光M公式】

提供タイプ 戸建て マンション
月額料金 5,995円 4,895円
契約事務手数料 3,500円
工事費用 26,400円
キャンペーン内容 ・2年間の月額料金割引
・工事費全額無料
・無線LANルーター6カ月間無料レンタル
実質金額(2年間) 121,772円 101,180円
実質月額(2年間) 5,074円 4,216円
※価格はすべて税込

2年間の割引は、戸建てが1,617円、マンションが1,375円の割引となります。

とくこ
とくこ

So-net光Mの料金で迷っている方はSo-net光minicoがおすすめです。

So-net光Mがエリア外の場合にオススメの回線を紹介

So-net光Mがエリア外だった場合は、その他のインターネット回線サービスを検討することとなります。

ただし光回線の中でもっともエリアが広いフレッツ光回線がエリア外の場合、そのほかの光回線でも利用できない可能性が大きいです。

そのため、So-net光Mがエリア外だった場合は、モバイル回線サービスか地域に密着してサービスを展開している独自回線を検討することとなります。

光回線がエリア外の場合はモバイル回線がオススメ!

フレッツ光回線を用いた光コラボのインターネット回線サービス・So-net光がエリア外だった場合はモバイル回線がオススメです。

So-net光Mがエリア外だった場合でも、モバイル回線ならエリア内の可能性があります。

自宅のネット回線=ケーブルを引いた固定回線という概念を捨てて、モバイル回線を検討してみるのもひとつの案ですよ。

モバイル回線なら自宅ではもちろん、外出先でもWi-Fiを利用できるため、外に出ている時間が長い人にはむしろ、光回線以上にオススメです。

「モバイル回線は速度が遅い」と考えている人も多いですが、現段階でWiMAXの最新機種ならなら最大2Gbps台と、最大速度はフレッツ光などの上下最大1Gbpsを超えています。

とくこ
とくこ

5G回線対応の端末が適用され始めているから、モバイル回線も速度に期待できるよ!

また速度が出づらい場合でも、パラボラアンテナを利用したり、ルーターの設置場所を変えたりするだけで、速度の改善ができる可能性がありますよ。

モバイル回線には自宅でコンセントに接続して使う、屋内で遠くまで電波を飛ばせるホームルーターと、バッテリー駆動で外でも使えるモバイルルーターの2種類の機器があります。

屋内での速度を安定させたい・自宅でしか使わないならホームルーター、外出先でも利用したい場合はモバイルルーターがオススメですよ。

料金の安いホームルーター「モバレコエアー」

モバレコエアー

ホームルーターでのおすすめは「モバレコエアー」です!

2021年12月から5G回線対応端末の提供も開始され、従来プランよりもさらに速度も向上しています。

とくこ
とくこ

モバレコエアーはソフトバンクエアーを独自キャンペーンを受けられて契約できるからとってもお得なのよ!

使用回線 Softbank 4G・5G
エリア 全国
セット割 ・ソフトバンク
・ワイモバイル
月額料金 0〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
端末代 71,280円
(月月割で実質無料)
契約期間 なし
事務手数料 3,300円
キャンペーン内容 17,000円キャッシュバック
支払額合計(1年) 31,103円
実質月額料金 2,393円
※表示はすべて税込

モバレコエアーには独自キャンペーンとして月額料金割引と17,000円のキャッシュバックがあり、ソフトバンクエアーより実質料金が大幅に安くなります。

20万本以上の動画を配信している「U-NEXT」の特別無料トライアルのキャンペーンも、受けられますよ!

また、以下のようなソフトバンクエアーの公式キャンペーンももれなく適用されます。

ソフトバンクエアー公式キャンペーン
  • 最大10万円までの乗り換え違約金補填
  • ソフトバンク・ワイモバイルスマホとのセット割

モバレコエアーには契約期間がないため、いつ解約しても違約金はかかりません

しかしモバレコエアーの端末を分割で購入の場合は、解約時点で端末代金の分割支払いが終わっていないと残りが一括で請求されてしまうため注意しましょう

こうた
こうた

モバレコエアーの端末は36回分割だから37ヶ月目以降に解約をすれば解約費用が0円だよ!

なお、料金の安さを優先したい場合は、引き続き提供されている5G回線非対応の従来プランもおすすめです。

速度においてはやや劣りますが、月額料金割引がより高額で、端末代も安い設定です。

So-net光Mからモバレコエアーに乗り換えたい方はSo-net光M解約の記事を確認してみてくださいね!

速度重視なら「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

モバイル回線で速度重視であれば、5G通信にくわえてWiMAX2+回線にもつながるWiMAXがおすすめです。

WiMAXは契約するプロバイダによって、料金やキャンペーンが異なります。

申し込みの際は、端末代無料40,000円キャッシュバックといったキャンペーンが充実している「Broad WiMAX」を検討しましょう。

Broad WiMAX 概要表
月額料金 利用開始月:1,397円
1〜36か月目:3,773円
37か月目以降:4,818円
月間データ容量 無制限
端末代 31,680円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 2年
最大速度(下り) 4.2Gbps
おもなキャンペーン ・クレカの支払いで初期費用無料
・他社からの乗り換えで最大40,000円キャッシュバック
・2台同時申し込みで5,000円キャッシュバック
・学割・引っ越しキャンペーン
実質月額 4,695円

※ギガ放題コスパDXプランを契約した場合の金額
※実質月額は「契約期間分の月額料金」+「端末代・契約事務手数料」-「キャッシュバックなどのキャンペーン額」を、契約期間月で割って算出

他のプロバイダと実質料金を比較しても、Broad WiMAXは3番目に安く済ませられます。

Broad WiMAX GMOとくとくBB カシモWiMAX VisionWiMAX BIGLOBE WiMAX UQ WiMAX
月額料金 初月:1,397円
1〜36ヶ月目:3,773円
37ヶ月目以降:4,818
初月:1,089円
1〜12ヶ月目:3,784円
13〜36ヶ月目:4,334円
37ヶ月目以降:5,104円
初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,818円
初月:2,398円
1〜12ヶ月目:4,400円
13ヶ月目以降:5,049円
初月:0円
1~24ヶ月目:3,773円
25ヶ月目以降:4,928円
〜12ヶ月目:4,268円
13ヶ月目以降:4,950円
事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円 3,300円 3,300円 3,300円
端末代金 31,680円 27,720円 0円 27,720円 27,720円 27,720円
キャッシュバック 16,000円 15,000円 10,000円
2年間実質月額 4,461円 4,181円 4,814円 5,340円 4,223円 4,997円
※上記金額はすべて税込表示です。

GMOとくとくBBもキャッシュバックが高額ですが、申請・受取時期がおよそ1年後と遠めに設定されています。

その点Broad WiMAXのキャッシュバックは、利用開始後に届いたメールに沿って申請するだけで半年後に口座振込みしてもらえるので、もらい忘れの心配も少ないですよ。

こうた
こうた

キャンペーンの受け取りやすさも考えると、Broad WiMAXがもっともおすすめなんだね!

乗り換え時のキャッシュバック額が最大40,000円になるのはマイナビニュース経由の申し込み限定なので、気になる方はぜひ以下のボタンからチェックしてくださいね。

>Broad WiMAX公式サイトはこちら

なお、Try WiMAXであれば、15日間無料で体験可能となっています。

まずは以下より、UQ WiMAXから「Try WiMAX」による無料体験を申し込んで、自身の行動範囲内がエリア内か確認するのもいいでしょう。

地域独自の光回線もチェックしてみよう!

So-net光Mがエリア外だったとしても、地域独自の光回線なら利用できる可能性があります。

地域独自回線には、光コラボやフレッツ光に比べて回線利用者数が少ないために、回線混雑が起きづらい=速度も速いメリットがありますよ。

以下に地域ごとの独自回線をまとめたので、当てはまるものを検討してみてください。

地域独自回線
関西地方NURO光eo光
東海地方コミュファ光NURO光
中国地方メガ・エッグauひかり
四国地方ピカラ光auひかり
九州地方BBIQNURO光auひかり
沖縄地方auひかり ちゅら

上記で気になる回線があれば、まずエリア確認をしてから契約するかどうか決めてくださいね。

So-net光Mの申し込み方法

So-net光Mの申し込みは、新規契約転用で手続きの流れが少し異なります。

それぞれ解説するので、自分に当てはまる項目をチェックしてくださいね。

So-net光Mを新規で申し込む場合の手順

So-net光Mを新規契約・公式サイトから申し込みする際は、電話かWEBサイトを利用することになります。

電話窓口を利用する場合は、以下の窓口に問い合わせましょう。

So-net光Mの申込窓口
  • 電話番号:0120-982-469
  • 受付時間:9:00~21:00(年中無休)

WEB経由で申し込む場合は、以下より手続きを進めてくださいね。

なお、ネットアドバイザーに自宅で訪問してもらい、NURO光などのその他の選択肢とあわせて、サービス内容について説明してもらうこともできるので、回線のプロに話を聞きたい場合は利用してみるのもいいでしょう。

申し込み手続きを行ったら、あとは立ち会いで開通工事を行い、接続設定を行えば利用を開始できますよ。

So-net光Mに転用する場合は転用承諾番号の取得が必須!

フレッツ光からSo-net光Mへ転用する場合は基本的に工事が不要ですが、事前に「転用承諾番号」の取得が必須です。

転用承諾番号の申し込み方法はWEBと電話で、以下の表にまとめた方法で手に入れられますよ。

東日本 エリア西日本 エリア
WebWebから
受付時間 8:30~22:00
※年末年始のみ休み
Webから
受付時間 7:00~25:00
※年末年始のみ休み
電話0120-140-202
受付時間 9:00~17:00
※年末年始のみ休み
0120-553-104
受付時間 9:00~17:00
※年末年始のみ休み

転用承諾番号の取得には以下の5点が必要になるので、事前に用意しておいてくださいね。

転用承諾番号の取得に必要な情報
  • フレッツ光のお客さまID、回線IDもしくはひかり電話番号
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用住所
  • 転用承諾番号通知先メールアドレス
  • フレッツ光利用料金の支払い方法および関連情報

転用承諾番号を取得したら、公式サイトや電話窓口からSo-net光Mに申し込みをして、手続きの際に転用承諾番号を利用しましょう。

まとめ

So-net光Mは、フレッツ光と提供エリアが同じなので、フレッツ光対応の日本全国にある物件で利用可能です。

新規契約の場合は、まずは以下からエリア確認を行ってから契約手続きに進んでくださいね。

フレッツ光からの転用の場合は、エリアが一緒のため、エリア確認なしでそのまま転用手続きに進んで問題ありません。

ただし、転用承諾番号の取得は必須ですので、気を付けてくださいね。

東日本 エリア西日本 エリア
WebWebから
受付時間 8:30~22:00
※年末年始のみ休み
Webから
受付時間 7:00~25:00
※年末年始のみ休み
電話0120-140-202
受付時間 9:00~17:00
※年末年始のみ休み
0120-553-104
受付時間 9:00~17:00
※年末年始のみ休み

So-net光Mが提供エリア内だった場合は、60,000円のキャッシュバックが受けられる公式サイトの利用がとくにオススメですよ。

60,000円のキャッシュバックは開通3か月後と1年後の2回にわたって振り込まれ、適用条件として有料オプションなどの条件もありません。

なお、地域や建物によってはエリア外なこともあるので、エリア外だったらどんなときもWiFiやWiMAXなどのモバイル回線や、地域限定の独自回線を検討しましょう。

今回の解説を参考にSo-net光Mのエリアを確認、自宅で契約・利用できるインターネット回線サービスを申し込んで、便利に活用してくださいね。

情報提供

コメント

タイトルとURLをコピーしました