最後にベンチマークスコアをチェックしてみよう。今回は「PCMark 8 v2.10.901」「3DMark v2.11.6866」「CINEBENCH R15.0」「CrystalDiskMark 7.0.0」の4つのベンチマークプログラムを、電源モードを「最も高いパフォーマンス」、Contorl Centerを「パフォーマンス」に設定して実施した。

PCMark 8 v2.10.901
Home Accelerated 3.0 3995
Creative Accelerated 3.0 4875
Work Accelerated 2.0 4896
3DMark v2.11.6866
Time Spy 480
Fire Strike 1184
CINEBENCH R15.0
OepnGL 53.64 fps
CPU 658 cb
CPU(Single Core) 184 cb
CrystalDiskMark 7.0.0(SSD)
1M Q8T1 シーケンシャルリード 527.940 MB/s
1M Q8T1 シーケンシャルライト 469.098 MB/s
1M Q1T1 シーケンシャルリード 451.799 MB/s
1M Q1T1 シーケンシャルライト 429.941 MB/s
4K Q32T16 ランダムリ-ド 336.296 MB/s
4K Q32T16 ランダムライト 349.047 MB/s
4K Q1T1 ランダムリード 26.339 MB/s
4K Q1T1 ランダムライト 71.347 MB/s

今回試用したMousePro NB510ZLには、4コア8スレッド、1.80~4.60GHz動作の「Intel Core i7-8565Uプロセッサー」が搭載されている。PCMark 8のHome Accelerated 3.0は「3995」、Creative Accelerated 3.0は「4875」、Work Accelerated 2.0は「4896」、3DMarkのTime Spyは「480」、Fire Strikeは「1184」、CINEBENCH R15.0のCPUスコアは「658 cb」、CrystalDiskMarkのシーケンシャルリード(Q8T1)は「527.940 MB/s」、シーケンシャルライト(Q8T1)は「469.098 MB/s」というスコアを記録した。

Celeron 4205U、Core i3-8145U、Core i5-8265U、Core i7-8565Uの中で最上位のプロセッサーを搭載しているだけに、CPU性能は十分ハイパフォーマンスだ。もしこれ以上の性能が必要なら、標準で搭載されているSSDをSATA接続からカスタマイズでNVMe接続に変更しよう。特に「SAMSUNG PM981a」を選択すれば、シーケンシャルリードが最大で3500MB/sにアップするので、体感速度の高速化が期待できる。

テレワークにも最適な製品を備えた「MousePro NB5」

個々のスペックでMousePro NB5より優れたノートPCは存在する。しかし、LTE通信対応、光学ドライブ搭載、着脱式バッテリー、15.6型大画面、テンキー付きキーボードと、「働き方改革」に適したスペックを、これだけ網羅している点は注目に値する。

また、今回のWindows 10 Pro/Core i7-8565U/16GBメモリ/512GB SSD(SATA)/DVDスーパーマルチドライブ/最大2.4Gbps対応11ax/LTE対応というスペックで119,800円(税別)という価格はお買い得感が高い。

「働き方改革」や「テレワーク」をスムーズにこなすためのノートPCを探しているのなら、MousePro NB5はもってこいの製品といえる。

※モデルによっては、Wi-Fi 6 AX200モジュール、LTE通信モジュールが標準搭載されていないものもございます。その場合、BTOで追加することも可能です。

※ここで紹介した各パーツは、今回試用した機種のものです。出荷時にメーカー、型番などが変わる可能性もあります。ご了承ください。

マウスコンピューター/MousePro-NB5

標準スペック

メーカー マウスコンピューター
型番 MousePro-NB510ZL
ディスプレイ 15.6型フルHDノングレア(1,920×1,080)
CPU Intel Core i7-8565U
メモリ 16GB PC4-19200 DDR4 SODIMM
M.2 SSD 512GB(SATA)
※512GB(NVMe SSD)に変更:+9,800円
チップセット
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
※Blu-rayディスクドライブに変更:+7,800円
グラフィックス Intel UHD グラフィックス 620
OS Windows 10 Pro 64ビット
LAN ギガビット(10/100/1000)LAN、
Intel Wi-Fi 6 AX200 (最大2.4Gbps/IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n)+Bluetooth 5モジュール内蔵無線LAN
インタフェース USB 3.1×1(Type-C/左側面×1 ※USB Power Delivery対応)、USB 3.0×1(左側面)、USB 2.0×2(右側面×2)
サイズ W361×D256×H24.1mm
(折り畳み時/突起部含まず)
重量 約2.1kg
バッテリー駆動時間 約7.2時間
価格 119,800円(税別)~
※512GB(NVMe SSD)、Blu-rayディスク
カスタマイズ価格:137,400円(税別)

上記スペックは、あくまで構成の一例だ。BTOを駆使して、ぜひ自分好みの一台を作ってみてほしい。

価格・構成については、2020/3/9(記事作成日)現在の情報です。最新情報についてはマウスコンピューターのサイトにてご確認ください。

[PR]提供: マウスコンピューター