「DDoS攻撃」関連記事一覧

40 件中 1~20件目を表示中

なぜ今DNSサーバが狙われるのか? 現状を知り解決策を導く

【特別企画】なぜ今DNSサーバが狙われるのか? 現状を知り解決策を導く

今、DNSセキュリティが注目され始めている。日本でも金融機関や製造大手企業などで導入が進んでいる一方、IPS(不正侵入検知)やサンドボックス、アンチスパムなど、これまでに投資してきたセキュリティ対策で十分と考える企業、そう考えたい企業も多いようだ。では、なぜDNSサーバは狙われるのか。

セキュリティ

DDoS攻撃/WAF対策、グローバル実績豊富な高速かつ安定したデジタルコンテンツ配信とは

【特別企画】DDoS攻撃/WAF対策、グローバル実績豊富な高速かつ安定したデジタルコンテンツ配信とは

現在のデジタルコンテンツは、Webサイト、動画、音楽、画像、ゲームなどが、さまざまな場所において、さまざまなデバイスで利用されている。そのためコンテンツ配信側には、高速で安定的に配信するのはもちろん、強固なセキュリティ対策も不可欠だ。U-Cloud CDNサービスは、U-Cloud IaaSなどのクラウド環境やオンプレミス基盤に、デジタルコンテンツ配信機能、およびWebアプリケーションへの攻撃を防御するWAFやDDoS攻撃対策などのクラウドセキュリティソリューションを提供している。

セキュリティ

2018年の脅威予測 - セキュリティ注力領域を7つのポイントで解説

【特別企画】2018年の脅威予測 - セキュリティ注力領域を7つのポイントで解説

あらゆる環境がこれまで以上に相互連携し複雑化する中、2018年に予測されるさまざまな脅威は、我々が取り組むべきセキュリティのあり方に再定義を迫っているとさえいえる。そこでトレンドマイクロは、現在の脅威状況や最新の脅威動向と、それに対して行われているセキュリティ対策を評価、検討して、「2018年 セキュリティ脅威予測」を発表した。

セキュリティ

猛威を振るったWannaCryは稚拙なランサムウェア!?

【連載】日本人が知らない、国家主導型サイバー攻撃 [4] 猛威を振るったWannaCryは稚拙なランサムウェア!?

国家主導型サイバー攻撃のねらいと手口について解説している本連載。今回は、米国国家安全保障局(NSA)のサイバー戦情報収集組織Tailored Access Operations(TAO)のツールが利用されたランサムウェア「WannaCry」について紹介する。

セキュリティ

NSA屈指のエリートチーム「TAO」のハッキングツールはなぜ流出したか

【連載】日本人が知らない、国家主導型サイバー攻撃 [3] NSA屈指のエリートチーム「TAO」のハッキングツールはなぜ流出したか

近年、国家主導型サイバー攻撃の被害が世界各国で増え始めている。本連載では、国家主...

セキュリティ

揺さぶられた米国、揺さぶった仏国 - 攻防で明暗を分けた2つの大統領選挙

【連載】日本人が知らない、国家主導型サイバー攻撃 [2] 揺さぶられた米国、揺さぶった仏国 - 攻防で明暗を分けた2つの大統領選挙

国家主導型サイバー攻撃のねらいと手口について、マカフィーのスコット・ジャーカフ氏の話を基に紹介している本連載。今回は、米国大統領選およびフランス大統領選におけるサイバー攻撃について詳細にご紹介する。

セキュリティ

目的はさまざま! 攻撃を繰り返す各国の傾向と狙い

【連載】日本人が知らない、国家主導型サイバー攻撃 [1] 目的はさまざま! 攻撃を繰り返す各国の傾向と狙い

2016年、米国大統領選へ影響を与えることを目的に、ロシア政府がサイバー攻撃を主導した問題で改めて注目された国家主導型のサイバー攻撃。昨今の先進国のさまざまな活動はコンピュータネットワークに依存したものであるため、世界各国で被害が増え始めている。

セキュリティ

進化するサイバー攻撃 - DNSサーバのセキュリティ対策が緊急課題に

【特別企画】進化するサイバー攻撃 - DNSサーバのセキュリティ対策が緊急課題に

本稿では、DNSセキュリティに有効なソリューションについてとり上げた資料を紹介するので、ぜひ対策の参考にされたい。

セキュリティ

今どきのセキュリティ運用にインテリジェンス主導のアプローチが注目されている理由とは

【特別企画】今どきのセキュリティ運用にインテリジェンス主導のアプローチが注目されている理由とは

多くの組織では、オンプレミス環境やクラウド環境、ハイブリッド環境へのサイバー攻撃に備える、計画、防御、対応、復旧をはじめとするセキュリティ・オペレーションの実施に苦慮している。もちろん、シグネチャベースの従来型ソリューションは重要だ。しかし厄介なのは、攻撃者が典型的なセキュリティ対策を回避する手法を日々模索し、進化させており、攻撃者によるネットワーク侵入は今なお発生し続けていることである。では被害を出さないためには、どのように防御すればいいのだろうか。

セキュリティ

約4割がセキュリティの重大被害を経験、法人組織のセキュリティ実態調査 - トレンドマイクロ

【特別企画】約4割がセキュリティの重大被害を経験、法人組織のセキュリティ実態調査 - トレンドマイクロ

WannaCryに代表される2016年以降のランサムウェアは、サイバー攻撃が組織に与えうる新たな脅威をもたらしたともいえる。また、マイナンバー制度が2016年1月より本格的に開始し、割賦販売法改正案が2016年12月、EU一般データ保護規則(GDPR)が2016年4月にそれぞれ成立するなど、個人情報を取り巻く法規制にも国内外で変化が起き、サイバーセキュリティの重要性や社会的影響がこれまで以上に高くなっていると考えられる。そんな中トレンドマイクロは、国内の民間企業や官公庁自治体におけるセキュリティインシデントならびに被害発生状況、対策状況を把握する目的で調査を実施。「法人組織におけるセキュリティ実態調査 2017年版」を発表した。

セキュリティ

なぜ今、標的型攻撃におけるメール対策の重要性が叫ばれているのか

【特別企画】なぜ今、標的型攻撃におけるメール対策の重要性が叫ばれているのか

標的型攻撃やランサムウェアが企業活動の脅威になっている。攻撃は増加の一途をたどり、実際、甚大な被害を受けた企業も多い。しかも昨今のサイバー攻撃は、未知のマルウェアを使い、侵入経路も多様化しているため、それを完全に防御するのは困難である。もちろん、多層防御で入口をしっかり固めることは重要だ。しかし、高精度な検知エンジンMVXで知られるファイア・アイの調査によると、入口対策といえばまずWebからという企業が多いなか、実際の攻撃の多くはWebとメールを起点にしており、Webだけでなくメールの通信も監視することで、より強固な入口対策が可能になることがわかった。

セキュリティ

公開Webサイトに警鐘 改ざんとDDoS攻撃両方に備える「LAC Kai」とは

【特別企画】公開Webサイトに警鐘 改ざんとDDoS攻撃両方に備える「LAC Kai」とは

企業や組織をターゲットにしたサイバー攻撃が、大きな経営リスクになっている。かつてこうした攻撃の標的になったのは、国家機密や社会インフラを担う大手企業が多かった。だが現在は、大手企業のグループ会社や脆弱性が放置されたままのサイトなど、大小や重要情報の有無にかかわらずターゲットにされることが常態化している。こういった攻撃に対抗していくには、クラウドベースのセキュリティ環境とSOC(セキュリティ監視・運用センター)の活用がポイントになると、セキュリティ対策のパイオニアであるラックは強調する。

セキュリティ

狙われる医療機関! 直面するサイバー犯罪とその実態に迫る

【特別企画】狙われる医療機関! 直面するサイバー犯罪とその実態に迫る

世界的に医療機関での電子カルテ化が進み、医療記録および保険などの重要情報が医療システムで取り扱われるようになった。この流れは、今後ますます加速化することが予想されている。一方で、医療記録などの個人情報は、現在サイバー犯罪者間で価値が高い情報として取り引きされており、こうした背景を受け、トレンドマイクロは医療業界における脅威動向やリスク状況を分析したレポートを作成した。

セキュリティ

Mac OSマルウェアが744%増、流出した米政府攻撃ツールに警戒 - マカフィー脅威動向

Mac OSマルウェアが744%増、流出した米政府攻撃ツールに警戒 - マカフィー脅威動向

マカフィーが定期的に発行する脅威レポートが発表された。2016年第4四半期は、大流行していたランサムウェアが減少したものの、Mac OS向けマルウェアが激増するなどの傾向が見られた。また、米政府のサイバー攻撃チームからツールが流出するなど、大きな事件も発生している。

セキュリティ

Q&A形式で見る2017年セキュリティ・トレンド予測 - ファイア・アイ

【特別企画】Q&A形式で見る2017年セキュリティ・トレンド予測 - ファイア・アイ

サイバー・セキュリティに関して、ある種の攻撃や犯罪行為が今後も"猛威"を振るうことはほぼ確実だ。ファイア・アイをはじめとするセキュリティの専門家は、10年以上にわたり、翌年のセキュリティ・トレンドを予測してきた。その中には、ランサムウェアの台頭やセキュリティの人材不足、国家レベルのサイバー攻撃の増加など、いまだに解消されず大きな課題として存在し続けているものも多い。そんな脅威の実態と、そこから見える傾向と対策がわかるのが『Q&A形式で見る 2017年のセキュリティ・トレンド予測 - アジア太平洋地域版』だ。本稿ではその一部を紹介しよう。

セキュリティ

【IT専門家 2,197名が回答】実態調査から読み解く、本当に導入すべきITインフラとは

【特別企画】【IT専門家 2,197名が回答】実態調査から読み解く、本当に導入すべきITインフラとは

驚くべきスピードで常に変化するデジタル社会。このデジタル社会でビジネスを成功させるには、アプリケーションの活用が重要な鍵を握っている。そこでF5ネットワークスは、アプリケーションサービスの導入状況や、アプリケーションサービスに対するニーズの背景、マーケットトレンドを理解することを目的とした「アプリケーションデリバリーの状況」調査を実施した。

ネットワーク機器

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

【第2回】情報セキュリティ事故対応アワード

今年で2回目を迎えた情報セキュリティ事故対応アワード。経済産業省が後援につき、報道賞を新設するなど、さらに内容を拡充しての開催となりました。今年の最優秀賞は、審査員全員が「過去にない対応」と大絶賛。セキュリティ関係者は一度ご覧になっておくべきでしょう。

セキュリティ

最優秀賞は全員一致で決定! 第2回情報セキュリティ事故対応アワード開催レポート

最優秀賞は全員一致で決定! 第2回情報セキュリティ事故対応アワード開催レポート

IT Search+は、「第2回 情報セキュリティ事故対応アワード」を開催した。不幸にも発生してしまったセキュリティ事故において、説明責任・情報開示の観点で優れた対応を行った団体・企業を表彰するイベント。今回は、経済産業省の後援を受けるとともに報道賞も新設し、さらに内容を拡充して開催された。

セキュリティ

伊勢志摩サミット成功の立役者、HPを閲覧不能にしなかったAzureとアカマイの実力

【特別企画】伊勢志摩サミット成功の立役者、HPを閲覧不能にしなかったAzureとアカマイの実力

2016年5月、三重県伊勢志摩において「第42回主要国首脳会議」(以下、伊勢志摩サミット)が開催された。三重県では伊勢志摩サミットの成功に向けて、さまざまな取組を展開。なかでも、伊勢志摩サミットという全世界が注目する国際会議で、「伊勢志摩サミット三重県民会議」(以下、県民会議)のホームページにおける、セキュリティ対策強化は重要視されていた。

セキュリティ

同志社女子大学、ネットワーク機器を「F5 BIG-IP」に集約 - 管理負荷を軽減 [事例]

同志社女子大学、ネットワーク機器を「F5 BIG-IP」に集約 - 管理負荷を軽減 [事例]

F5ネットワークスジャパンは1月10日、同志社女子大学がロードバランサなどのネットワーク機器を「F5 BIG-IP(以下 BIG-IP)」に集約するとともに、学内のシングルサインオン(SSO)基盤を「BIG-IP Access Policy Manager(APM)」で構築したと発表した。

ネットワーク機器

40 件中 1~20件目を表示中

40 件中 1~20件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る