重要なのは「人材」と「ツール」- 戦略的にAI活用に挑むパナソニック

[2018/06/05 08:00]伊藤正子 ブックマーク ブックマーク

ソリューション

機械学習の自動化プラットフォーム「DataRobot」を提供するDataRobotとパナソニックは5月31日、「日本の製造業におけるAI利活用の最前線」と題し、プレス向けトークセッションを実施した。

登壇したのは、DataRobot チーフデータサイエンティスト シバタアキラ氏とパナソニック ビジネスイノベーション本部 AIソリューションセンター 戦略企画部 部長 井上昭彦氏。セッションは、シバタ氏が井上氏に質問を投げかけるかたちで進行し、パナソニックのAI活用に向けた取り組みや、DataRobotの位置付けなどについて率直な対話が繰り広げられた。

パナソニック ビジネスイノベーション本部 AIソリューションセンター 戦略企画部 部長 井上昭彦氏(写真左)とDataRobot チーフデータサイエンティスト シバタアキラ氏(写真右)

AI活用に向けたパナソニックの意気込み

パナソニックは2015年に「技術10年ビジョン」を策定し、「IoT/AI、ロボティクス」と「エネルギー領域」に注力することを打ち出した。同時に「AI強化推進室」を2~3人で立ち上げ、1年半ほどかけて人材育成に取り組んだのだという。その間に各カンパニーでデータを蓄積し、いよいよ新事業に向けて動き出そうというタイミングで100人規模のAIソリューションセンターが設置され、今に至る。

いち早くAI活用に向けて体制が整えられたのには理由があった。かつてパナソニックは白物家電やTVなど、同じ品質の物を大量生産・供給するのに長けた企業として強く支持された。だが、「21世紀にインターネットが普及したら、もう(市場で)勝てなかった」と井上氏は語る。

「企業として、ものづくりに最適化された組織から脱却できない苦しさを味わったわけです。だからこそ、次のIoT時代にはリベンジしたいという想いがあり、そこに第三次AIブームが重なったことが、AI活用に向けて進んだ大きな理由だと感じています」

まずはデータを集める必要があったが、同時にその後のソリューション開発を見据えて人材育成にも着手した。これは、過去のデジタル化時代にLinux人材を集めて成功した経験を踏襲したアクションだ。今はそれがひと段落し、データも蓄積されてきた。人材育成のタイミングで洗練されたツールを導入することを視野に入れていたので、早期からDataRobotなどもチェックしていたのだという。

「AIが技術戦略の根幹の1つであるということだが、どういう使い方を考えているのか」というシバタ氏の問いに、井上氏は「大きく2つある」と答える。

1つは従来型の大量生産ものづくりの形態を変えるためにイノベーションを起こす部分、もう1つはアナログな業務プロセス自体を効率化する部分だ。

AIソリューションセンターでは、2016年から数えて5年後には1,000人のAI人材の育成を目指しており、2018年3月時点でちょうど300人の育成を終えた。このペースだと、単純計算では1,000人までには満たないが、育成が終わった人材が各職場に戻り、周囲に教えることも期待できる。「トータルでソリューションを生み出せる人材がそろえばいいかなと思う」と井上氏は見解を示す。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る