マイナビニュースマイナビ

データ侵害インシデントコストを低減するための取り組みとは - IBMが調査

[2021/08/27 11:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

日本IBMは8月25日、オンラインでデータ侵害のコストに関するセキュリティ調査レポートについて記者説明会を開催した。

DXだからこそ、セキュリティの課題も多様に

まず、日本IBM セキュリティー事業本部 本部長の小川真毅氏が昨今のセキュリティ業界について言及し「デジタルトランスフォーメーション(DX)がさまざまな形で企業のIT環境やセキュリティに影響を与えている。DXを通じて企業が活動を推進していく中で、従来からのセキュリティ課題が顕著になっているほか、新たにDXの環境だからこそ出てくる課題も多様なものになっている。また、技術的な観点からすればハイブリッド/マルチクラウド環境が企業インフラのスタンダードになりつつあり、境界が見えづらくなっている。そのため、セキュリティ対策としての境界が作りにくくなっており、インシデントが絶え間なく発生するとともにサイバー攻撃が複雑化し、防御とコストの低減が大きな課題になっている」との認識を示す。

日本IBM セキュリティー事業本部 本部長の小川真毅氏

日本IBM セキュリティー事業本部 本部長の小川真毅氏

調査は2005年から開始し、世界規模でデータ侵害の経済的影響を調査する年次レポートとなり、2020年5月から2021年3月の間に発生した実際のデータ侵害に対する詳細な分析に基づき、ブランド・エクイティ、顧客、および従業員の生産性への損失に対する法律面、規制面、技術面の活動を含む数百のコスト要因を考慮して作成している。今回は537件のインシデントを調査し、17の国と地域/17業種と対象とし、聞き取り調査は3500件。

データ侵害コストの計算方法は「検知とエスカレーション」「ビジネス機会の損失」「通知」「データ侵害後の対応」をもとに算出している。

データコストの計算方法

データコストの計算方法

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

IBMが2021年のセキュリティ事業方針を発表 - ゼロトラストに注力

IBMが2021年のセキュリティ事業方針を発表 - ゼロトラストに注力

日本IBMは3月9日、オンラインで2021年のセキュリティ事業方針に関する説明会を開いた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る