Dashlane - インストールとアカウント作成

【連載】

パスワード管理アプリの選び方

【第7回】Dashlane - インストールとアカウント作成

[2018/02/23 08:20]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • セキュリティ

セキュリティ

Dashlane

LastPassとともに有名なパスワード管理アプリが「Dashlane」だ。

LastPassと同じように複数のOSやモバイルデバイスに対応しており、提供されている機能もよく似たフルスペックのパスワード管理アプリだ。ただし、まったく同じというわけではなく、いくつかの点が大きく異なっている。

LastPassがクラウド寄りのパスワード管理アプリでパスワードの共有などが簡単なのに比べて、Dashlaneはローカル寄りのアプリでローカルに保存されているパスワードなんかもまとめて管理する用途に向いている。

Dashlane

LastPassとDashlaneのどちらを使うべきかは実際に使ってみて好みの方を使ってもらえればと思うが、とりあえずの指針としてはデスクトップアプリケーションとしてパスワードを管理したい場合にはDashlane、Webサービスとして主にブラウザから入力するパスワードを管理できればよい場合にはLastPass、といった区分けはできるかもしれない。

もちろんDashlaneでブラウザから入力するパスワードを管理するというのはLastPassと同じようにできるので、その目的でDashlaneを使うというのも問題なない。利用シーンにもよるが、どちらも足りない機能がないということであれば、最終的には好みの問題になる。

インストールとアカウント作成

デスクトップでDashlaneを利用するには、まずDashlaneアプリケーションをインストールし、Dashlaneのアカウントを作成し、さらにブラウザのエクステンションをインストールする必要がある。DashlaneはDashlaneのホームページからダウンロードする。

Dashlaneのページからアプリケーションをダウンロード

Dashlaneダウンロード中

ダウンロードしてきたDashlaneパッケージ

ダウンロードしてきたDashlaneパッケージをクリックするとインストールが開始される。

Dashlaneインストーラ起動時

Dashlaneのアカウントを持っていない場合、起動してくるインストーラの最初のタイミングで「無料アカウントを作成」をクリックしてアカウントの作成を開始する。

まずはDashlaneアカウントを作成

電子メールとパスワードを設定

設定するパスワードを再確認

DashlaneとLastPassの大きな違いはここからだ。

Dashlaneはインストール時にシステムにインストールされているパスワードを探し、これらをDashlaneで管理するかどうか尋ねてくる。すべてのパスワードをDashlaneで管理していくのであれば、ここですべてをインポートすればよい。

Dashlaneがシステムに保存されているパスワードを管理するか尋ねてくる

Dashlaneで管理する対象を選択可能

ここまで作業を行うと、インストーラはDashlaneエクステンションをブラウザにインストールするように促してくる。

Dashlaneブラウザエクステンションのインストールを促してくる

Google ChromeにDashlaneエクステンションをインストール

主要ブラウザにはDashlaneエクステンションが提供されている

ここまでくるとDashlaneの使い方を教えるチュートリアルのようなページが表示される。インストーラもチュートリアルの表示に切り替わっている。

Dashlaneエクステンションのインストール後にはチュートリアルが開始

Dashlaneアプリケーション側もチュートリアル表示になっている

Dashlaneの補完入力の特徴は『インパラ』のアイコンだ。青いインパラのアイコンが表示された場合、それはDashlaneが補完入力を提案していることを意味している。

Dashlaneは青いインパラのアイコンで補完入力を提案してくる

インストーラ側もチュートリアルモードを表示する

手順が多いように見えるが、基本的にインストーラを起動したらガイドに従って操作を行うだけだ。

途中でシステムに保存されているアカウントデータをDashlaneで管理するかどうか聞いてくるが、これはよく考えた方がよい。便利なのでDashlaneに依存してしまうから、どうやって自分のアカウントデータを管理するのか、本連載1、2回目も参考に、方針をよく考えてから使うべきだろう。

MacBookとiPhone、iPadにApple WatchといったようにAppleプロダクトで身辺を固めているのであればこのあたりの操作は案外スムーズに行えたりするが、WindowsとMacを同じように使っているとか、MacBookとAndroidを使っているとか、異種混合な使い方をしている場合にはDashlaneには検討の価値がある。

サービスは有料になるが、膨大なパスワードの管理を簡単に終わらせたいならDashlaneに管理を委ねて、複数のデバイスでデータを共有するというのは価値のある選択だ。とにかく管理が簡単になる。

アプリケーションベースでさまざまなパスワードを管理したいという場合、Dashlaneは検討に値するアプリケーションだ。ぜひ一度試してもらえればと思う。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3476
2
【連載】パスワード管理アプリの選び方 [7] Dashlane - インストールとアカウント作成
LastPassとともに有名なパスワード管理アプリが「Dashlane」だ。LastPassがクラウド寄りのパスワード管理アプリでパスワードの共有などが簡単なのに比べて、Dashlaneはローカル寄りのアプリでローカルに保存されているパスワードなんかもまとめて管理する用途に向いている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/pwmng300-250.jpg
LastPassとともに有名なパスワード管理アプリが「Dashlane」だ。LastPassがクラウド寄りのパスワード管理アプリでパスワードの共有などが簡単なのに比べて、Dashlaneはローカル寄りのアプリでローカルに保存されているパスワードなんかもまとめて管理する用途に向いている。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る