【連載】

パスワード管理アプリの選び方

True Key - 主な使い方

【第19回】True Key - 主な使い方

True Keyの使い方は基本的にこれまでに取りあげてきたWebブラウザエクステンションタイプのパスワード管理アプリとほとんど同じだ。Webページにアカウントを入力すると自動的にTrue Keyがアカウントデータを記憶して、次にログインするときに自動的に入力補完を行ってくれる。基本的にはこれだけで使い続けることができると思う。

ファイル送信/転送
ブックマーク ブックマーク

目次

【連載】パスワード管理アプリの選び方[18]True Key - インストール

今回は「True Key」を紹介する。管理アカウントが15以上になると2,500円/年程度が発生するが、これを必要経費だと考えられる場合には、よい候補と言えるだろう。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[17]KeePass - 主な使い方

KeePassはこれまで取り上げてきたどのパスワード管理アプリ(LastPass、Dashlane、Sticky Password、RoboForm)よりもシンプルだ。Webブラウザエクステンションは提供されていないし、自動入力機能もない。基本的に暗号化したアカウントデータをデータベースに保存したり、保存したデータを取り出したりするインターフェースで、シンプルで無骨という言葉が似合っている。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[16]KeePass - インストール

今回はこれまで取り上げてきたアプリケーションとはかなり性格が異なる「KeePass」を紹介する。昔ながらのアプリケーションが好みであればこのパスワード管理アプリが肌に合うだろう。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[15]RoboForm - スマホから利用

ほかのフルスタック型パスワード管理アプリがそうであったように、RoboFormにもスマホアプリが用意されている。提供されている機能はほかのアプリとほとんど同じだ。多機能なアプリとシンプルなアプリの中間くらいの機能といったところだろう。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[14]RoboForm - 主な使い方

RoboFormはサイトにログインするアカウントデータの保存に機能を絞り込んである。Webサイトにログインするためのアカウントデータを管理できればよいという場合、RoboFormは良い候補になるだろう。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[13]RoboForm - インストールとアカウント作成

今回からは「RoboForm」を紹介する。これまで紹介してきたフルスタックのパスワード管理アプリと同じように、マルチプラットフォーム/マルチデバイスで利用できるパスワード管理アプリだが、企業向けサービスも提供されているという点に特に注目したい。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[12]Sticky Password - スマホから利用

フルスタック型のパスワード管理アプリであるSticky Passwordはスマートフォン向けのアプリも提供している。今回はこちらの使い方を簡単にご紹介しよう。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[11]Sticky Password - 基本的な使い方

パスワード管理アプリを使ってパスワード管理の手間を省きたい、しかもアプリの操作も面倒なので極力なにもしたくない、そういったユーザにはLastPassやDashlaneよりもSticky Passwordの方が性に合っているかもしれない。Sticky Passwordの簡単な使い方を紹介しよう。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[10]Sticky Password - インストールとアカウント作成

今回はフルスタックのパスワード管理アプリ「Sticky Password」を紹介する。機能はこれまで紹介してきたものと似ているので、自分のフィーリングと合うかで採用を決めてよいだろう。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[9]Dashlane - スマホから利用

Dashlaneはスマートフォンやタブレットデバイス向けのアプリを提供している。イインストールはストアからアプリを検索して実行すればよい。

ファイル送信/転送

【連載】パスワード管理アプリの選び方[8]Dashlane - 主な使い方

DashlaneのWebブラウザエクステンションはユーザに対してアカウントデータの自動登録や、ランダムパスワードの生成などの機能を提供してくれる。Webブラウザから入力するアカウントデータをDashlaneに管理させたいということであれば、Webブラウザからログインを行えばよい。Dashlaneが自動的にアカウントデータの登録を行い、管理対象に設定してくれる。

セキュリティ

【連載】パスワード管理アプリの選び方[7]Dashlane - インストールとアカウント作成

LastPassとともに有名なパスワード管理アプリが「Dashlane」だ。LastPassがクラウド寄りのパスワード管理アプリでパスワードの共有などが簡単なのに比べて、Dashlaneはローカル寄りのアプリでローカルに保存されているパスワードなんかもまとめて管理する用途に向いている。

セキュリティ

【連載】パスワード管理アプリの選び方[6]LastPass - スマホから利用

これまでLastPassのサービスをデスクトップのWebブラウザから利用する方法を取りあげてきた。LastPassはスマートフォンやタブレットデバイス向けのアプリも公開しているので、スマフォやタブレットからも利用することができる。特にスマホでのアカウントとパスワードの入力は面倒だ。アプリでアカウント入力が済むならこれほど楽なことはない。

セキュリティ

【連載】パスワード管理アプリの選び方[5]LastPass - 主な使い方

メニューの中に「Open my Vault」という項目がある。LastPassの設定ページを開くためのメニューで、便利な機能がいくつか用意されている。

セキュリティ

【連載】パスワード管理アプリの選び方[4]LastPass - インストールとアカウント作成

パスワード管理アプリのうち、最初の候補に挙がるのは「LastPass」ではないだろうか。LastPassの最初のバージョンが公開されたのは2008年だから、このアプリケーション(サービス)は10年に渡ってユーザに使われ続けている。

セキュリティ

【連載】パスワード管理アプリの選び方[3]パスワードの作り方

パスワードを考えるうえで便利なのは、文章を作ってそこから文字を抜き出すという方法である。

セキュリティ

【連載】パスワード管理アプリの選び方[2]アカウントをレベル分けしよう

パスワードを「レベル分けする」という考え方を紹介したいと思う。パスワードをレベル分けする考え方は、パスワードを重要度に応じて分ける考え方だ。そのレベルに応じて管理する方法を変えるというもので、パスワード管理アプリを使う方法と相性が良い。

セキュリティ

【連載】パスワード管理アプリの選び方[1]運用も含めて検討しよう

パスワードの氾濫した日常。もはやすべてのパスワードをランダムに設定し、それらを覚えておくことは不可能と言える。そこでツールの力を借りるとなるわけだが、使うなら運用も含めて検討しなければならない。

セキュリティ

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る