データ分析 新着記事一覧

データ分析 新着記事一覧

100 件中 1~20件目を表示中

2019年9月の記事

時代を一歩リードするための、データ統合戦略徹底ガイド

【特別企画】時代を一歩リードするための、データ統合戦略徹底ガイド

時代は情報経済の時代となり、データはすべての企業にとって最も重要な資産となっている。業界やビジネスを問わず、競争に勝つためにはデータ駆動型の戦略が不可欠だ。売上増加、収益性、顧客満足度などの事業目標を達成するための意思決定における、データへの依存度が高まっている。

成果はいかに? トヨタが挑むデータ活用の「これまで」と「これから」

成果はいかに? トヨタが挑むデータ活用の「これまで」と「これから」

7月31日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Summer for データ活用」の基調講演では、トヨタ自動車 コネクティッドカンパニー e-TOYOTA部 担当部長 佐々木英彦氏が登壇。本稿では、講演の内容を基に、同社が進めてきたデジタルマーケティングの仕組みづくりについて重点的に紹介する。

2019年8月の記事

BIのプロが指摘するスプレッドシートではできない5つのこと

【特別企画】BIのプロが指摘するスプレッドシートではできない5つのこと

データ分析の重要性は、日々刻々と増している。分析に使うツールと言えばExcel、という方が多いだろう。確かにExcelは便利だが、何でもできるわけではない。データからさまざまなインサイトを引き出さなければならないというプレッシャーが高まる中、スプレッドシートの機能だけでは必要なインサイトが得られるとは限らない。

膨大なフライトデータを分析して安全性を向上 - JAL流「Tableau」活用術

【特別企画】膨大なフライトデータを分析して安全性を向上 - JAL流「Tableau」活用術

日本航空株式会社(JAL)は、「安全性」の確保を最優先に、定時性、快適性、運航効率を追求し続けており、571路線の国際線、142路線の国内線を運航し、乗り入れている空港数は全世界で349空港にのぼる。ここでは、航空機の各種センサーから得られるフライトデータや、運航情報、乗務員からの報告、ヒヤリハットなどの情報を収集・分析し、安全運航の維持・向上に役立てている。

2019年7月の記事

ゴロとフライはどちらが良いか? 野球界の"常識"を変えたデータ分析の力

ゴロとフライはどちらが良いか? 野球界の"常識"を変えたデータ分析の力

6月21日に開催された第119回IT Search+スペシャルセミナーでは、プロ野球界をデータ面からサポートするDELTAの代表取締役 岡田友輔氏が登壇。「スポーツにおけるデータマネジメント野球界のデータ活用とKPI設定の変化」と題し、野球界のデータ活用の現状について具体例を交えながら解説を行った。

2019年6月の記事

効果的な練習の秘訣は「納得感」にアリ! - 日本ラグビー界のデータ活用

効果的な練習の秘訣は「納得感」にアリ! - 日本ラグビー界のデータ活用

6月12日~14日、年次カンファレンス「Interop Tokyo」が開催された。その基調講演には、元ラグビー日本代表 主将 広瀬俊朗氏と、慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授 / ロケーションビジネスジャパン実行委員長 神武直彦氏が登壇。「ラグビーワールドカップ100日前! ロケーションデータがスポーツにもたらすインパクト」と題し、日本のラグビー界のデータ活用状況やその効果について解説を繰り広げた。

メルカリのデータアナリストが解説! 事実に基づくプロダクト改善の進め方

メルカリのデータアナリストが解説! 事実に基づくプロダクト改善の進め方

ガートナー ジャパンは6月10日~12日、「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2019」を開催した。その最終日には、メルカリ Data Analyst 石田祥英氏が登壇。事実(ファクト)に基づいた意思決定を重視する同社において、どのようにデータ分析を実践しているかについて語った。

ガートナーが選ぶ、押さえておきたい「4つの最新アナリティクス技術」

ガートナーが選ぶ、押さえておきたい「4つの最新アナリティクス技術」

ガートナー ジャパンは6月10日~12日、「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2019」を開催した。最終日のセッション「革新的なアナリティクスの活用事例:知っておくべき最新トレンド」では、ガートナー シニア ディレクター, アナリスト カーリー・アイディーン氏が、4つの革新的なアナリティクス技術を紹介した。

ツール導入だけで問題は解消しない! BI環境を本当に改善するには?

ツール導入だけで問題は解消しない! BI環境を本当に改善するには?

ガートナー ジャパンは6月10日~12日、年次カンファレンス「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2019」を開催した。その最終日、堀内秀明氏(ガートナー マネージング バイス プレジデント)は、BI市場を取り巻くテクノロジートレンドと今後の展望を紹介。ユーザー企業がBI環境をどのように改善して行くべきかについて提言した。

目指すは"魅せる工場"! データドリブンで挑む三菱重工航空エンジン

目指すは"魅せる工場"! データドリブンで挑む三菱重工航空エンジン

SAS Institute Japanは6月11日、年次カンファレンス「SAS FORUM JAPAN 2019」を都内にて開催した。本稿では、三菱重工航空エンジン 経営管理部 IT戦略グループ グループ長 吉野一広氏が登壇した講演「Smart Factory~データドリブンな業務運用で「魅せる工場」への変革を実現~」の模様をお届けする。

2019年5月の記事

MySQL製品活用のリスク軽減と問題解決を実現 - サポート選びのポイント

【特別企画】MySQL製品活用のリスク軽減と問題解決を実現 - サポート選びのポイント

本稿からダウンロードできる資料では、MySQL製品のサポートサービス「MySQL向けOracle Premier Support」が企業にもたらすメリットについて詳細に解説している。高品質なサポートサービスのメリットを確認していただきたい。

2018年12月の記事

デジタル変革の本質を理解せよ! "正解がない世界"のビジネス戦略とは?

デジタル変革の本質を理解せよ! "正解がない世界"のビジネス戦略とは?

ガートナー ジャパンは11月12日~14日、「Gartner Symposium/ITxpo 2018」を都内にて開催した。本稿では、Sansan デジタル戦略統括室 室長の柿崎充氏による講演「そのデジタル変革、目的が間違っていませんか(生産性向上にしてませんか)?」の内容をレポートする。

トップデータサイエンティスト2人が語る! 日本のAI/機械学習の将来展望

トップデータサイエンティスト2人が語る! 日本のAI/機械学習の将来展望

DataRobot Japanは11月27日、年次カンファレンス「AI Experience 2018 Tokyo」を開催した。本稿では、「データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞経験者であり、元大阪ガスで現在は滋賀大学にてデータサイエンス学部長 教授 兼 データサイエンス教育研究センター副センター長として教鞭をとる河本薫氏と、日本航空 Web販売部1to1マーケティンググループ アシスタントマネージャーの渋谷直正氏によるパネルディスカッションの模様をお届けする。

2018年11月の記事

日本コカ・コーラが試みた、ディープラーニングの新たな活用法

日本コカ・コーラが試みた、ディープラーニングの新たな活用法

日本コカ・コーラが新たな試みをはじめた。SNSに投稿された膨大な画像から、炭酸飲料のコカ・コーラと親和性の高いシーンをディープラーニングにより判別して消費者理解を進めるというものだ。

"達人"が歩むデータ解析の道 - HAPPY ANALYTICS 小川氏:IT Search+スペシャルセミナー100回記念

"達人"が歩むデータ解析の道 - HAPPY ANALYTICS 小川氏:IT Search+スペシャルセミナー100回記念

これまでさまざまなテーマで開催してきたIT Search+スペシャルセミナーが、11月29日で第100回を迎えることになった。記念すべき100回目の講師は、HAPPY ANALYTICS 代表取締役社長 小川卓氏だ。同氏は、いかにして現在のような"データ解析の達人"になったのか。今回IT Search+では、第100回スペシャルセミナーの会場でもある新宿ミライナタワーにてお話を伺った。

2018年9月の記事

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IDC Japanは9月5日、年次イベント「IDC AI and IoT Vision Japan 2018」を東京コンファレンスセンター・品川にて開催した。本稿では、IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの鳥巣悠太氏による講演「IoT競争の焦点は『データエコシステム/Data as a Service』になる~データマネタイズに関わるエコシステムの現状と展望」の模様をレポートする。

OSSソリューションの組み合わせではなく統合データプラットフォームを選ぶべき理由とは

【特別企画】OSSソリューションの組み合わせではなく統合データプラットフォームを選ぶべき理由とは

データがあらゆる組織にとって生命線に値するものであることは、誰もが認めることだろう。どの企業も、自社のビジネス要件に基づいて、それぞれ独自のデータに関する課題やニーズを抱えている。そのため、データ駆動型アプリケーションをサポートするための要件が多様化し、これらの要件をサポートするために多数のデータ管理テクノロジが市場に出回るようになった。このようなツールやテクノロジの多くは、リレーショナルデータ管理、ドキュメントデータ管理、ビジネスインテリジェンス、自然言語処理、データ統合などの専門的な機能を提供している。

ユーザー企業3社が事例を解説! データマネジメントの「課題」と「解決」

ユーザー企業3社が事例を解説! データマネジメントの「課題」と「解決」

インフォマティカ・ジャパンは8月29日、東京コンファレンスセンター・品川で同社最大の年次イベント「Informatica World Tour 2018」を開催した。 本稿では、「データマネジメント最前線、ユーザー企業による事例リレー!」と題して行われたユーザー事例講演の模様をお届けしよう。

ソフトバンク、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を導入 [事例]

ソフトバンク、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を導入 [事例]

ドーモは9月10日、ソフトバンクがクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を導入したと発表した。

分断した業務システムをデータ連携で刷新! 日本たばこ産業の取り組み

分断した業務システムをデータ連携で刷新! 日本たばこ産業の取り組み

インフォマティカ・ジャパンは8月29日、年次イベント「Informatica World Tour 2018」を東京コンファレンスセンター・品川にて開催した。本稿では、日本たばこ産業によるユーザー基調講演「経営目標実現のために"データ"ができること。そのためにITがすべきこと」の様子をレポートしよう。

  • バックナンバーを見る

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る