マイナビニュースマイナビ

データ分析 新着記事一覧

データ分析 新着記事一覧

100 件中 1~20件目を表示中

2021年7月の記事

7000万人超のT会員のデータを基にしたCCCマーケティングの大規模分析システム

7000万人超のT会員のデータを基にしたCCCマーケティングの大規模分析システム

CCCマーケティングでは、7000万人を超えるTカード会員のデータを活用し、膨大で多種多様な購買/行動データを基に、専門的な知識がなくても目的に応じたマーケティング施策のターゲットとなる会員を推論する仕組みの構築を進めている。そうした大規模な分析システムが抱える課題を、同社はこれまでどのように解決してきたのだろうか。

2021年6月の記事

データドリブン経営に欠かせない分析への時間を20%から80%へ。データ準備を効率化する方法とは

【特別企画】データドリブン経営に欠かせない分析への時間を20%から80%へ。データ準備を効率化する方法とは

Aberdeen Group社の調査レポートによると、高いスキルを持つデータアナリストであっても、データの探索・準備に80%の時間と労力を費やし、分析には20%の時間しか割くことが出来ていないという。高品質で信頼性の高いデータを効率的に準備・活用するにはどうしたらよいのか。

データヘルスなど多方面で成果が――Tableauを駆使してオープンデータ推進に臨む兵庫県の挑戦

【特別企画】データヘルスなど多方面で成果が――Tableauを駆使してオープンデータ推進に臨む兵庫県の挑戦

兵庫県がオープンデータで強化するのは、多種多様なデータに基づいた政策の立案だ。県内にある課題を発見し、仮説検証のうえ政策を立案する。ただこれを実施するのではなく、効果を明瞭にして後の政策に活かしていく、......データを基点にしてこれらのサイクルを回していくのだが、ユニークなのは県内市町をしっかりと巻き込んでこれを進めていること。分析基盤で利用するTableauの共有・公開機能を駆使することにより、各市町が自分事として "データ基点の地域政策" に臨む体制を構築している。

Excelでは困難な "膨大なデータの可視化" を実現――上智大学のデータ活用をネクストステージに導いたTableauの実力

【特別企画】Excelでは困難な "膨大なデータの可視化" を実現――上智大学のデータ活用をネクストステージに導いたTableauの実力

18歳人口が減少する中、旧態依然とした経営では大学運営の持続性を保つことが困難になってきている。経営上に潜む課題を発見して改善を図る、あるいは大学の強みを見出してそれを伸ばす、......こうした取り組みは、今日の大学運営において不可欠だといえよう。上智大学は、まさにいま述べた取り組みを推し進めている一校だ。同校の取り組みに迫りたい。

米Databricks CEO/共同設立者のアリ・ゴディシ氏が描く、データとAIの民主化

米Databricks CEO/共同設立者のアリ・ゴディシ氏が描く、データとAIの民主化

「データとAIの民主化」を掲げる米Databricks(データブリックス)。同社は、カルフォルニア州立大学バークレー校において、CEO兼共同設立者のアリ・ゴディシ氏をはじめ、データとAIなどを研究するOSSの分散処理フレームワーク「Apache Spark」のクリエイター20人により、2013年にサンフランシスコで創業した。今回、ゴディシ氏にインタビューの機会を得たので、同社が掲げるデータとAIの民主化を中心に話を聞いた。

2021年3月の記事

AIを活用して新材料の発見を誰でもできる無償アプリをIBMが公開

AIを活用して新材料の発見を誰でもできる無償アプリをIBMが公開

日本IBMは3月4日、オンラインで記者会見を開き、AIを活用した新たな材料の発見(マテリアルズ・インフォマティクス)を体験できるWebアプリケーション「IBM Molecule Generation Experience」を発表した。対応言語は英語と日本語となる。

2021年2月の記事

マネージャーが従業員エンゲージメント向上のカギになる - クアルトリクスが調査

マネージャーが従業員エンゲージメント向上のカギになる - クアルトリクスが調査

クアルトリクスは2月22日、オンラインで記者説明会を開催し、日本を含む世界20か国・地域の従業員エンゲージメント調査の結果を発表した。

Elasticの日本市場におけるビジネス戦略 - 企業の経営層にリーチ

Elasticの日本市場におけるビジネス戦略 - 企業の経営層にリーチ

Elasticは2月16日、オンラインで日本におけるビジネス戦略について記者説明会を開催した。

急務となるコンタクトセンターのテレワーク推進。成功の秘訣は "オペレーターの感情分析" にあり

【特別企画】急務となるコンタクトセンターのテレワーク推進。成功の秘訣は "オペレーターの感情分析" にあり

NTTコミュニケーションズが提供する「コンタクトセンターKPI管理ソリューション」は、コンタクトセンターのKPI管理とオペレーターの感情分析を行えるツールだ。KPIを管理、分析することによって顧客満足度(CS)の向上につながるだけでなく、オペレーターの感情分析を活用してオペレーターに対する迅速なケアを可能にすることで、定着率といった従業員満足度(ES)も引き上げられる。

2021年1月の記事

イノベーションをどう生み出すか? データを活用した新たな保険ビジネスの可能性

イノベーションをどう生み出すか? データを活用した新たな保険ビジネスの可能性

マイナビニュースは12月3日~4日、Webセミナー「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」を開催した。本稿では、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス 執行役員 グループCDO 舩曵真一郎氏が登壇したセッション「インシュアランス・イノベーション~データを活用した新たな保険ビジネスの姿~」の模様をレポートする。

大企業で新規ビジネスを創出するには? みずほが取り組むデジタル変革

大企業で新規ビジネスを創出するには? みずほが取り組むデジタル変革

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」では、特別講演にみずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 ビジネスデザインチーム 次長 多治見和彦氏が登壇。「大企業での新規ビジネス創出を成功させるために - 地域振興券を電子化した取り組み」と題し、地域振興券や商品券を電子化した取り組みや、今後のデータ活用のビジョンなどについて解説を行った。

2020年11月の記事

オムロンが公式サイトの課題を解決するために実践したデジタル施策とは?

オムロンが公式サイトの課題を解決するために実践したデジタル施策とは?

アドビは11月13日、デジタルを活用したCX施策に関する勉強会を開催した。ゲストスピーカーには、グローバルで幅広い事業を展開するオムロンからブランドコミュニケーション部 ブランドマネジメント&ガバナンスグループ長 佐藤雅之氏を招聘。グローバルでのブランドマネジメントを成功させるデジタル施策について、事例を交えたセッションが繰り広げられた。

データ活用の成果を最大化するには? 村田製作所の取り組みと人材育成

データ活用の成果を最大化するには? 村田製作所の取り組みと人材育成

製造業におけるデータ分析および活用の重要性が高まっている。だが、品質改善につながるデータとはどんなものなのか、現場との連携や人材育成はどう進めればいいのか――など、課題は山積みだ。11月25日にオンラインにて開催された「SAS Forum Japan 2020」では、村田製作所の高田哲史氏と吉富玄氏が登壇。同社におけるデータ分析/活用の取り組みと、データ活用に必要な人材の育成方法について講演を行った。

2020年7月の記事

人、テクノロジー、プロセス、......どのデータレディネスがビジネスインパクトの引き金になるのか

【特別企画】人、テクノロジー、プロセス、......どのデータレディネスがビジネスインパクトの引き金になるのか

データを活用した成功例が、あらゆるメディアで報じられている。しかし、ケースごとに、取り組みで注力した分野、強化したデータレディネス(対応力)はバラバラだ。個人のスキル、組織力、テクノロジー、プロセス、ガバナンス、......データ活用を構成するこれらのデータレディネスのうち、どこに注力することが、ビジネスインパクトに繋がるのか。

ダッシュボードでマップの分析価値を上げるテクニック

【特別企画】ダッシュボードでマップの分析価値を上げるテクニック

多くの分析プロジェクトでは、空間データが必要となる。マップとデータの照合は、今日のデータ分析において極めて重要なスキルだ。ここでは、Tableauのホワイトペーパー「Tableauマップでダッシュボードの価値を高める10の方法」より、実際の適用例を交えながらダッシュボードでマップの分析価値を上げるテクニックを紹介する。

2020年1月の記事

次々にヒット商品を生み出すECサイト「LOHACO」が考えるデータ活用とは?

次々にヒット商品を生み出すECサイト「LOHACO」が考えるデータ活用とは?

オリジナル商品やメーカーとのコラボ商品を多数販売し、特にスモールマス分野でヒットを飛ばしているECサイト「LOHACO」。数多くのヒット商品はどのようにして生み出されたのか。12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム2019 Winter for データ活用」に登壇したアスクル ECマーケティングディレクター 成松岳志氏が語った。

2019年12月の記事

DX成功の鍵となる「デジタルネイティブ思考」とは?

【特別企画】DX成功の鍵となる「デジタルネイティブ思考」とは?

デジタルトランスフォーメーション(DX)の本義は、"デジタルを中心にビジネスモデルを再定義する"ことだ。しかし、企業で取り組まれているDXは、多くが"デジタルを活用した部分最適化"に留まっている。本稿では、IoT/AIコンサルタントを務めるIoTNEWS 代表の小泉 耕二 氏と富士通のシニアエバンジェリスト 及川 洋光 氏の対談から、日本におけるDX推進上の課題や実践的な取り組み方を紐解いていきたい。

2019年10月の記事

部門独自のデータ活用を成功に導く方法

【特別企画】部門独自のデータ活用を成功に導く方法

データ活用にあたっては多くの場合、「データの統合」が壁として立ちはだかる。企業全体の取り組みならまだしも、LOB(事業部門)等が部門独自の取り組みとしてこれを進める場合、十分なITスキル、ITリソースが無い状況で今挙げた壁に臨まねばならない。本稿では、LOB(事業部門)におけるデータ活用をテーマにして、オラクルのクラウドサービスを用いた「データ活用の現実的な実践手法」を紹介する。

データの集計と活用が、業務効率アップと事業加速のカギ

【特別企画】データの集計と活用が、業務効率アップと事業加速のカギ

組織内に散在するデータを統合、一元管理することで、業務効率は飛躍的に向上する。さらに、そのデータの分析結果から何かしらのインサイトが得られれば、他にはない事業価値の創造も可能となる。しかし実際は、「使いこなすのが大変」「運用できる人がいない」「コストがかかる」などの理由から導入に踏み切れていない企業も多いのではないだろうか。

2019年9月の記事

時代を一歩リードするための、データ統合戦略徹底ガイド

【特別企画】時代を一歩リードするための、データ統合戦略徹底ガイド

時代は情報経済の時代となり、データはすべての企業にとって最も重要な資産となっている。業界やビジネスを問わず、競争に勝つためにはデータ駆動型の戦略が不可欠だ。売上増加、収益性、顧客満足度などの事業目標を達成するための意思決定における、データへの依存度が高まっている。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る