[講演レポート提供]目指すはベストな顧客コミュニケーション! 適材適所のSNS活用テクニック

[2018/05/30 11:05] ブックマーク ブックマーク

  • マーケティング

マーケティング

SNSが広く普及し、企業が自社のブランディングやマーケティングに活用することも珍しくなくなった。企業とユーザーがよりカジュアルにコミュニケーションできるようになったことで、売上の向上や好感度UPを見込める反面、使いどころを見誤るとむしろ逆効果になりかねない”諸刃の剣”でもある。

第77回IT Search+スペシャルセミナーでは、デジタルマーケティング支援サービスの一環として、SNSアカウントの運用代行を展開するトランスコスモスにて、デジタルエクスペリエンス本部 本部長を務める所年雄氏が登壇。Twitter、LINE、Facebookの特性を踏まえた上で、それぞれの活用テクニックについて解説した。

トランスコスモス デジタルエクスペリエンス本部 本部長 所年雄氏

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、講演で語られたTwitter、LINE、Facebookの特徴や活用における考え方、事例などについてダイジェストでまとめている。自社ビジネスでのSNS活用で迷いがある方、これから導入を検討しようという方は、ぜひ参考にしていただきたい。

講演レポートのご案内


全3ページから成る講演レポートでは、「Twitter、LINE、Facebookの活用事例大公開! 日本最大級のSNS運用チームの秘密を教えます」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。


<PDF内容>

  • SNSが起こしたコミュニケーションの変化
  • Twitterで有効なのは「アクティブサポート」
  • ビジネスにおけるLINEの「強み」は?
なお、IT Search+では講演スライドも別途無料配布しております。興味のある方はこちらの記事からダウンロードしてください。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3750
2
[講演レポート提供]目指すはベストな顧客コミュニケーション! 適材適所のSNS活用テクニック
2018-05-30 11:09:20
第77回IT Search+スペシャルセミナーでは、デジタルマーケティング支援サービスの一環として、SNSアカウントの運用代行を展開するトランスコスモスにて、デジタルエクスペリエンス本部 本部長を務める所年雄氏が登壇。Twitter、LINE、Facebookの特性を踏まえた上で、それぞれの活用テクニックについて解説した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/05/30/0601SNS_thumb.jpg
第77回IT Search+スペシャルセミナーでは、デジタルマーケティング支援サービスの一環として、SNSアカウントの運用代行を展開するトランスコスモスにて、デジタルエクスペリエンス本部 本部長を務める所年雄氏が登壇。Twitter、LINE、Facebookの特性を踏まえた上で、それぞれの活用テクニックについて解説した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る