【連載】

にわか管理者のためのWindowsサーバ入門

【第66回】証明書サービスからSSLサーバ証明書を導入する

[2011/11/21 08:00]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ
  • ● 関連キーワード
  • サーバ

サーバ/ストレージ

前回は証明書サービスの導入について説明した。証明書サービスがスタートすると、他のコンピュータで作成した鍵ペアを対象としてデジタル署名を行い、デジタル証明書を作成・発行する機能を実現できる。また、発行済みのデジタル証明書に対する無効化処理も可能だ。

今回は手始めに、IIS(Internet Information Service)でSSL(Secure Socket Layer)を使った暗号化通信を行う目的で、証明書サービスからSSLサーバ用のデジタル証明書(サーバ証明書)を入手する際の手順について解説する。

Webブラウザ経由のサーバ証明書請求

役割サービス[証明機関Web登録]を組み込んでいれば、Webブラウザのフォーム画面を通じてサーバ証明書の請求を行える。サーバ証明書を請求する作業は、実際にSSLを動作させるサーバで行う必要がある点に注意してほしい。というのも、そのコンピュータで鍵ペアを作成したうえで、それを証明書サービスに送ってデジタル署名を受ける必要があるからだ。

なお、Windowsが使用するサーバ証明書を請求する際、WebブラウザはWindowsサーバが標準装備するInternet Explorerを使用する必要がある。Internet Explorerの証明書管理はWindowsのそれと一体化しているため、Windows自身が使用する証明書の取得にも、Internet Explorerが必要になる道理だ。他のWebブラウザは、Webブラウザのためだけに独自の証明書管理方法をとっているため、Windowsの証明書ストアにアクセスできない。

では、サーバ証明書の請求・発行手順について解説する。

(1)Internet Explorerを起動して、[ツール]-[オプション]ダイアログの[セキュリティ]タブに移動する。

(2)ゾーン一覧で[ローカル イントラネット]を選択してから、画面左下のスライダーを一番下に移動して、セキュリティレベルを[低]に変更する。そして[OK]をクリックしてダイアログを閉じる。この設定変更は、サーバ証明書の請求に使用するActiveXコントロールを動作させるために必要となるものだ。

(3)Internet Explorerのアドレスバーに、「http://localhost/certsrv/」と入力して[Enter]キーを押す。このURL中のホスト名は必ず「localhost」とする。IPアドレスあるいはFQDNによる指定を行うとインターネットゾーンと判断されてセキュリティ レベルが高まるため、ActiveXコントロールによるサーバ証明書の請求ができないからだ。

(4)Webブラウザが表示した画面で、[タスクの選択]以下の[証明書を要求する]をクリックする。

[証明書を要求する]をクリックする

(5)次の画面で、下端にある[証明書要求の詳細設定]をクリックする。

[証明書要求の詳細設定]をクリックする

(6)次の画面で、[このCAへの要求を作成し送信する]をクリックする。

[このCAへの要求を作成し送信する]をクリックする

(7)次の画面で、ActiveXコントロールに関する警告を表示するので、[はい]をクリックして有効にする。すると以下のフォーム画面を表示するので、そこでサーバ証明書に必要な項目の指定を行う。その際のポイントは以下の通り。

●[名前]の指定は必須で、SSLを動作させるサーバのFQDNと同じ内容にする。FQDNが「www.foo.local」なら、それをそのまま入力する。[電子メール][会社][部署][市区町村][都道府県]は空白のままでもよい
●[国/地域コード]は[JP]とする
●[証明書の種類を入力してください]では、[サーバー証明書]を選択する。これを間違えるとSSLが機能しないので注意したい
●[エクスポート可能なキーとしてマークする]と[秘密キーの保護を強力にする]は、既定値のオフからオンに変更する

[名前]は、SSLを動作させるサーバのFQDNと同じ内容にする

[エクスポート可能なキーとしてマークする]と[秘密キーの保護を強力にする]のチェックをオンにする

(8)入力が完了したら、画面下端の[送信]をクリックする。続いて表示する確認画面で[はい]、その次に表示するダイアログで[OK]をクリックする。

(9)サーバ証明書の請求が正しく証明書サービスに送られると、以下の画面を表示する。そこで、画面右上隅の[ホーム]をクリックして、初期画面に戻る。

正しく請求できた場合には、この画面を表示する

サーバ証明書の発行と導入

ここから先は、いったん請求元のInternet Explorerから離れて、[証明機関]管理ツールに操作が切り替わる。

Windows Server 2008の場合、この管理ツールは[スタート]-[管理ツール]以下から単独で起動することも、[サーバーマネージャ]で[役割]-[Active Directory証明書サービス]以下のツリーを展開して実行することもできる。

(1)[証明機関]管理ツール左側のツリー画面で、[保留中の要求]を選択する。すると、画面右側に証明書発行要求の一覧を表示する。

(2)そこで、先に要求したサーバ証明書を選択してから、[操作]-[すべてのタスク]-[発行]、あるいは右クリックして[すべてのタスク]-[発行]を選択する。画面を右にスクロールしていくと、要求ファイル作成時に指定した内容を確認できるので、複数の要求が存在する場合は、この内容を確認する方がよい。

サーバ証明書発行要求を確認して、[すべてのタスク]-[発行]によって証明書の発行を指示する

(3)この操作により、[保留中の要求]における一覧から要求が消えて、[発行した証明書]に移るはずだ。念のために、そちらを確認しておくとよいだろう。

(4)この時点では、作成したサーバ証明書は証明書サービスの内部に格納したままなので、それを請求元となっているWindowsの証明書ストアに格納する作業が必要になる。そこで、先にサーバ証明書の要求を行った、Internet Explorerに戻る。

(5)[ホーム]画面(http://localhost/certsrv/)で、[タスクの選択]以下にある[保留中の証明書の要求の状態]をクリックする。

[ホーム]画面で、[タスクの選択]以下にある[保留中の証明書の要求の状態]をクリックする

(6)続いて表示する画面には、要求して発行処理を行った証明書の一覧を表示しているはずだ。その際に、証明書の種類と要求した日時を表示しているので、その情報を参考にして、自分が要求した内容と一致するものをクリックする。

(7)続いて表示する[証明書は発行されました]画面で、[この証明書のインストール]をクリックする。

[証明書のインストール]をクリックする

(8)警告画面を表示するので[はい]をクリックすると、証明書のインストールを行います。すると、Internet Explorerには[新しい証明書は正しくインストールされました]と表示する。これでサーバ証明書の組み込みは完了である。

(9)サーバ証明書の組み込みが終わったら、安全のために、最初にレベルを下げたInternet Explorerのセキュリティゾーン設定を元に戻す。

(10)IISの管理ツールでSSLを有効化する。これについては、CAから正式なサーバ証明書を入手したときの操作手順と併せて解説するので、今回は割愛する。しばしお待ちいただきたい。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
898
2
【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [66] 証明書サービスからSSLサーバ証明書を導入する
前回は証明書サービスの導入について説明した。証明書サービスがスタートすると、デジタル署名を行い、デジタル証明書を作成・発行する機能を実現できる。今回は手始めに、IIS証明書サービスからSSLサーバ用のデジタル証明書を入手する手順を紹介しよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/14/066_index.jpg
前回は証明書サービスの導入について説明した。証明書サービスがスタートすると、デジタル署名を行い、デジタル証明書を作成・発行する機能を実現できる。今回は手始めに、IIS証明書サービスからSSLサーバ用のデジタル証明書を入手する手順を紹介しよう。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る