マイナビニュースマイナビ

クレハトレーディング、モバイル営業支援システム「UPWARD」を導入 [事例]

[2021/09/14 13:00]林 雪絵 ブックマーク ブックマーク

UPWARD社は9月13日、クレハトレーディングがモバイル営業支援システム「UPWARD STANDARD Edition」を導入したと発表した。

UPWARDは、位置情報から営業担当者の活動を検知し、顧客管理システムへ自動で記録するクラウドサービス。モバイルを活用した活動報告により、営業担当者の直行直帰やリモートワークの管理、電話の自動活動記録などを行うことができる。

クレハトレーディングでは従来、営業担当者の業務の属人化と情報共有不足を解消するため顧客管理システムを導入していたが、うまく営業フローに取り入れられず、十分に活用しきれていなかった。また、コロナ禍によるリモートワークで営業担当者同士のコミュニケーションが難しくなったことも重なり、顧客管理システムのリプレイスを検討。スマホから自動で簡単に活動内容を登録できるUPWARDの採用を決定した。

選定に当たっては、UPWARDの滞在場所/時間の自動取得機能や、音声による入力が可能で活動報告にかかる負荷を抑えられること、情報を自動的に社内全体で共有できる点などが評価につながったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「足で稼ぐ営業はもはや限界」- 横河電機が4年をかけたDXの取り組み

「足で稼ぐ営業はもはや限界」- 横河電機が4年をかけたDXの取り組み

7月15日に開催された「TECH+ EXPO 2021 Summer for データ活用」では、横河電機 常務執行役員 マーケティング本部 本部長 CMO 博士(技術経営)阿部剛士氏が登壇。「DX時代のデジタルセールス&マーケティング 売上拡大への道標~インサイドセールスの重要性」と題し、横河電機が4年をかけて行ってきたDXの詳細が語られた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る