マイナビニュースマイナビ

基本の「Gmail」でメールを整理する方法を覚えよう

【連載】

Google Workspaceをビジネスで活用する

【第2回】基本の「Gmail」でメールを整理する方法を覚えよう

[2021/02/19 11:00]佐野正弘 ブックマーク ブックマーク

Google Workspaceを利用する上で最初に押さえるべきは、やはりコミュニケーションツールの使い方ではないでしょうか。Google Workspaceは「Gmail」をベースに、「Google Chat」「Google Meet」を統合し、用途に応じた多様なコミュニケーションができる点が大きな特徴となっています。

「Gmail」でメールを管理する

その中でも基本的なコミュニケーションとなるのは、やはりGmailを活用したメールのやり取りです。Google Workspace版Gmailの使い方は、個人向けに提供されている無料版のGmailと共通しており、受信トレイのスレッド一覧から届いたメールを見て、「返信」ボタンを押して返信を書いたり、あるいは「作成」ボタンを押して新しいメールを送信したり……といった基本的な操作は変わりません。

Google Workspace版のGmail

Google Workspace版のGmail。機能やインターフェースに一部違いはあるものの、基本的な機能は無料版と同じだ

ただ、それだけでは最初は良くても、やり取りするメールの数が増えるにつれて、重要なメールを見落としてしまったり、後から返信しようと思っていたメールが受信トレイのどこかに埋もれてしまったり……と、仕事に支障が出てきてしまう可能性が高まってきます。そこでGmailを利用する上では、メールのやり取りに加えて整理の仕方も覚えておくといいでしょう。

最も基本的な整理方法の1つが「スター」です。これは重要なメールに星のマークを付け、後から見返しやすくすること。メールを開いた後、右上の「☆」マークをクリックすればスターを付けることができます。

スターを付けるには、メール詳細画面の右上にある「☆」マークをクリックする

スターを付けるには、メール詳細画面の右上にある「☆」マークをクリックする

スターを付けたメールは、左ペインの「メール」の中にある「スター付き」をクリックすることで確認できます。

スターを付けたメールを確認するには、左ペインの「メール」にある「スター付き」を選べばよい

スターを付けたメールを確認するには、左ペインの「メール」にある「スター付き」を選べばよい

逆に、用事が済んだメールを整理するのが「アーカイブ」です。これはやり取りが済んだメールなどを受信トレイから隠す操作で、メールを開いた後に「アーカイブ」ボタンをクリックすれば、そのメールやスレッドをアーカイブできます。

用事が済んだメールは「アーカイブ」ボタンを押せば受信トレイに表示されなくなる

用事が済んだメールは「アーカイブ」ボタンを押せば受信トレイに表示されなくなる

アーカイブしたメールはあくまで受信トレイから見えなくなっているだけで、削除されずに残っているので安心です。受信トレイをすっきりさせるのに用いるとよいでしょう。

もっと本格的にメールを整理したい場合、例えば「○○社とやり取りしたメールだけを分類したい」という場合は「ラベル」を使います。ラベルは一般的なメーラーで使われているフォルダに近い機能ではあるのですが、付箋のように1つのメールに対して「○○社」「××さん」と、複数のラベルを付けて分類できるのが大きな特徴となっています。

ラベルを作成するには、左ペインの「メール」の最下部にある「もっと見る」をクリックし、さらにその下に現れる「新しいラベルを作成」をクリックします。

ラベルを作成するには、まず左ペインの「メール」から「新しいラベルを作成」をクリックする

ラベルを作成するには、まず左ペインの「メール」から「新しいラベルを作成」をクリックする

続いてラベル名を入力し、「作成」ボタンを押します。

「新しいラベル名を入力してください」(1)にラベル名を入力し、「作成」ボタン(2)をクリックする

「新しいラベル名を入力してください」(1)にラベル名を入力し、「作成」ボタン(2)をクリックする

すると左ペインの「メール」に作成したラベルが現れ、クリックするとそのラベルが付いたメールの一覧が現れるようになります。ちなみにメールにラベルを付けるには、メールを開いた後「ラベル」のボタンをクリックし、付与したいラベルにチェックを入れて下さい。

ラベルを付与するにはメールを開いた後、「ラベル」ボタン(1)をクリックし、付与したいラベル(2)をクリックしてチェックを付ければよい

ラベルを付与するにはメールを開いた後、「ラベル」ボタン(1)をクリックし、付与したいラベル(2)をクリックしてチェックを付ければよい

「フィルタ」を使ってラベルを付与

ただ何度もラベルを付けるのは手間がかかるので、「フィルタ」機能を使って「○○さんから届いたメールに『××社』のラベルを付与する」といった操作を自動ですることも可能です。

フィルタを作成するにはまず、画面右上の設定ボタンをクリックして「すべての設定を表示」をクリックします。

フィルタを設定するにはまず、画面右上の設定ボタン(1)をクリックした後、「すべての設定を表示」(2)をクリックする

フィルタを設定するにはまず、画面右上の設定ボタン(1)をクリックした後、「すべての設定を表示」(2)をクリックする

続いて「フィルタとブロック中のアドレス」タブを選び、「新しいフィルタを作成」をクリックします。

設定画面が開いたら「フィルタとブロック中のアドレス」のタブ(1)を選んだ後、「新しいフィルタを作成」(2)をクリックする

設定画面が開いたら「フィルタとブロック中のアドレス」のタブ(1)を選んだ後、「新しいフィルタを作成」(2)をクリックする

すると、フィルタするメールの条件を入力する画面が現れるので、相手のメールアドレスやドメインで分類するなら、「From」にそれを入力し、「フィルタを作成」をクリックします。

相手のメールアドレスで分類する場合は、フィルタの条件設定画面の「From」(1)にメールアドレスを入力し、「フィルタを作成」(2)をクリックする

相手のメールアドレスで分類する場合は、フィルタの条件設定画面の「From」(1)にメールアドレスを入力し、「フィルタを作成」(2)をクリックする

続いて「ラベルを付ける」をクリックしてチェックを入れ、自動で付与したいラベルを選んで「フィルタを作成」をクリックすると、次に対象の相手からメールが届くと自動的にラベルが付与されるようになります。

次の画面が現れたら「ラベルを付ける」(1)にチェックを付け、付与したいラベル(2)を選んだした後、「フィルタを作成」ボタン(3)をクリックする

次の画面が現れたら「ラベルを付ける」(1)にチェックを付け、付与したいラベル(2)を選んだした後、「フィルタを作成」ボタン(3)をクリックする

このほかにもGmailには非常に多くの分類機能が存在しますが、まずはこれらの基本的な整理方法を覚えておけば、受信トレイをすっきりさせて見落としなどを減らせるのではないでしょうか。

著者紹介


佐野 正弘

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【第1回】ビジネスの効率化に役立つ「Google Workspace」とは?

【第1回】ビジネスの効率化に役立つ「Google Workspace」とは?

本連載では「G Suite」から名称を変更した「Google Workspace」の各サービスのビジネスにおける活用法について紹介する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る