大塚製薬、グローバル人事システム「Workday HCM」を導入 [事例]

[2018/11/07 15:55] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

ワークデイは11月6日、大塚製薬がグローバル人事システム「Workday ヒューマン キャピタル マネジメント(HCM)」を導入したと発表した。

同システムは、社員情報や勤怠管理、報酬管理、福利厚生、目標管理、パフォーマンス管理、後継者育成プランニング、人員計画、プロジェクト・業務管理、リクルーティング、タレントマネジメントといった機能を単一のプラットフォームに統合し、全てのデータを一元的に管理することで、人事関連の情報を経営戦略にフル活用できるというもの。

世界28カ国/地域で4万6,000人の従業員を擁する大塚グループの中核を担う大塚製薬は、今回、グローバル人材の育成と組織力の最大化を目的に、Workday HCMを導入。これにより、人材情報の可視化、リーダー職の要件の明確化、リーダー候補人材の特定、有力人材の内部登用を促進するための人材プラットフォームを構築する予定だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

Workdayで人事の刷新に挑む日産 - 最新動向と成功のポイント

Workdayで人事の刷新に挑む日産 - 最新動向と成功のポイント

企業にとって大きな資産でありコスト源でもある人材。人手不足の今、効果的な活用がさらに重要になっている。「目指す人事は『ヒューマンキャピタル・サプライチェーン』」と語るのは、日産自動車 グローバルデジタルHR部門ゼネラルマネージャー ラジュ・ヴィジェイ氏。クラウド型人事ソリューション「Workday HCM」を導入し、グローバルで統一したタレントマネジメントを…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る