大京、Web面接プラットフォーム「HireVue」を導入 - 中途採用から利用開始 [事例]

[2017/08/30 16:20] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

タレンタは8月30日、不動産開発・販売事業などを展開する大京がデジタル面接プラットフォーム「HireVue(ハイアービュー)」を導入したと発表した。

HireVueは、録画・ライブ面接機能を備え、PCやスマートフォンから面接を行えるというもの。採用担当者は、PCやスマートフォン上で候補者を比較・評価し、ランキング付けすることができる。

近年、不動産の管理・メンテナンスを担う人材が慢性的に不足するなか、大京グループは事業拡大を視野に入れた人材獲得に向け、HireVueを採用。時間・場所を問わず選考に参加できる環境を整え、選考開始から内定までの時間を短縮することで、応募者数の増加や内定受諾率の上昇を狙う。また、選考のスケジュール調整や面接会場への移動にかかる時間を排除することで、人事部内の負担軽減も期待するとしている。

大京グループでは、まず総合ビル管理事業を手掛けるオリックス・ファシリティーズの中途採用領域で録画面接の利用を開始する。その後、そこで得られたノウハウを活用しながら、録画面接の適用範囲をグループ各社の採用に拡大していく予定だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

HR Tech活用に向け、日本企業が直面する課題とは? - 米Workday APJ担当プレジデント

HR Tech活用に向け、日本企業が直面する課題とは? - 米Workday APJ担当プレジデント

日本を含むAPACでもHR Tech導入を検討する企業が増え始めている。その市場に大きな可能性を見いだしているのが、クラウド型人事ソリューション「Workday HCM」を提供する米Workdayだ。日本のHR Tech市場が成長していく上で、課題はどこにあるのか。それに対し、Workdayはどのようにアプローチしていくのか。同社アジア太平洋地区および日本担…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る