ロッテ、経営基盤の刷新に「SAP S/4HANA」を採用 - 導入開始は2017年7月 [事例]

[2017/06/28 15:00] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

SAPジャパンは6月28日、ロッテが「SAP S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」を中心とするSAPソリューションと、それらを維持・運用するためのクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」を採用し、2017年7月より導入プロジェクトを開始すると発表した。

ロッテは、本社・事業会社で約20年間にわたりSAPソリューションを活用してきたが、今後のデジタル変革に対応するには経営基盤システムの根本的な刷新が必要であると判断。2016年夏ごろから、新システム導入の検討を開始した。

複数のソフトウェアを比較検討した結果、標準機能の豊富さや拡張性の高さなどが決め手となり、2017年5月、SAP S/4HANAとSAP HANA Enterprise Cloudの導入を決定。導入プロジェクトは、2017年7月にスタートする予定だという。

ロッテは、今回の導入プロジェクトにおいて、経営の透明性強化も重要テーマの1つとしており、グループ経営管理基盤を実現する「Central Finance」、予算・計画管理の「BPC(Business Planning and Consolidation)」、統合リスク管理の「GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)」といった機能も活用していく。

また、併せて採用されたSAP HANA Enterprise Cloudによって、SAP S/4HANAが提供する機能拡張プログラムをよりタイムリーに適用できるとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2875
2
ロッテ、経営基盤の刷新に「SAP S/4HANA」を採用 - 導入開始は2017年7月 [事例]
SAPジャパンは6月28日、ロッテが「SAP S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」を中心とするSAPソリューションと、それらを維持・運用するためのクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」を採用し、2017年7月より導入プロジェクトを開始すると発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
SAPジャパンは6月28日、ロッテが「SAP S/4HANA(エスエーピー・エスフォーハナ)」を中心とするSAPソリューションと、それらを維持・運用するためのクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」を採用し、2017年7月より導入プロジェクトを開始すると発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る