国内企業約40社の若手有志が参加するOne JAPAN、「チャットワーク」を導入 [事例]

[2017/02/21 15:35] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

ChatWorkは2月21日、国内企業約40社の若手有志団体が参加する「One JAPAN」の公式コミュニケーションツールとして、ビジネスチャットツール「チャットワーク」が導入されたと発表した。

One JAPANは、パナソニックや富士ゼロックス、東日本電信電話(NTT東日本)などの若手有志団体が参加するプラットフォームとして、2016年9月に設立された。組織の壁を越えたオープンイノベーションの実践や新しいワークスタイルの実践・提言、そこで得られた知見・ノウハウの発信を目的に、40以上の団体、250名以上の社員(2016年12月時点)が参加する。

従来、One JAPAN内でのコミュニケーションは、個人がプライベートで使っているSNSやメッセンジャーを利用していた。だが、参加企業の増加と組織の拡大に伴い、より迅速かつ正確な意思疎通のために、チャットワークの導入を検討。ChatWorkの「チャットワークを通じて世の中の働き方を変える」というミッションへの共感や、チャットワークがマルチデバイス対応であることなどが評価され、採用に至ったのだという。

両者は今後、双方の知見を活かしながら、講演やセミナーなどを通じて多様な働き方の啓蒙活動を行っていくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2470
2
国内企業約40社の若手有志が参加するOne JAPAN、「チャットワーク」を導入 [事例]
ChatWorkは2月21日、国内企業約40社の若手有志団体が参加する「One JAPAN」の公式コミュニケーションツールとして、ビジネスチャットツール「チャットワーク」が導入されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ChatWorkは2月21日、国内企業約40社の若手有志団体が参加する「One JAPAN」の公式コミュニケーションツールとして、ビジネスチャットツール「チャットワーク」が導入されたと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る