マイナビニュースマイナビ

トランスコスモス、ライフネット生命にチャットボット利用の保険サービスを提供 [事例]

[2017/01/23 20:00] ブックマーク ブックマーク

トランスコスモスは1月23日、ライフネット生命保険にLINEおよびFacebook Messengerでの、チャットボットによる自動応答を活用した保険診断および保険料見積りを実現するサービスを提供したと発表した。

ライフネット生命保険は昨年7月より、LINE上で保険プランナーが保険選びをサポートする保険相談サービスを開始。当初の想定を上回る利用があったことから、さらなる利便性の向上を目指し、今回の新サービス導入に至ったのだという。

新サービスでは、トランスコスモスの提携先である米Replyのボット構築用プラットフォーム「Reply.ai」と連携し、LINE上で24時間、チャットボットの自動応答による「ほけん診断」や、生年月日・性別・保険商品の入力だけで簡単に結果がわかる「保険料見積り」などを行うことができる。

サービス提供のイメージ図

また、必要に応じて有人対応に切り替え、保険プランナーとチャットで保険相談を行うことも可能だ(営業時間は平日10時から19時)。併せて、LINEを利用していない顧客向けとして、Facebook Messengerでも同様のサービス提供が開始された。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演資料提供] Twitter・LINE・Facebook、結果を出す運用テクニック

[講演資料提供] Twitter・LINE・Facebook、結果を出す運用テクニック

「Facebookアカウント運用の一般的な課題は、ファンをたくさん集めても、それを売上に結び付けられないという点でしょう。しかし、それも過去の話です。今は、Facebook Messengerを使って、購買につながるやりとりができるようになっています」

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る