マイナビニュースマイナビ

Elasticの日本市場におけるビジネス戦略 - 企業の経営層にリーチ

[2021/02/17 12:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

Elasticは2月16日、オンラインで日本におけるビジネス戦略について記者説明会を開催した。同社は2012年に設立し、2018年には北米で上場しており、本社はオランダ・アムステルダムに置く。従業員数は2020年12月時点で2029人、ビジネスモデルはサブスクリプション販売(オープンソース製品のサポートと商用プラグインの提供)、自社クラウドサービスであるElastic Cloud、トレーニング、コンサルティングなどとなり、有償の顧客数はグローバルで1万2900社以上に達し、日本法人は2014年に設立した。

Elastic=検索の会社

すでに、ご存じの方も多いかもしれないが改めて同社について整理してみよう。Elastic 日本カントリーマネージャーの川崎友和氏は自社について「”Elastic=検索の会社”であり、データの多様化に対して、関連性の高い結果を迅速に提供しており、検索が当社のDNAだ」と話す。

Elastic 日本カントリーマネージャーの川崎友和氏

Elastic 日本カントリーマネージャーの川崎友和氏

検索は、Googleやヤフーなどの検索ボックスにキーワードを入力して検索することが一般的であり、同社も「Elastic Enterprise Search」として提供しているが、これに加えてクラウドサービスに関連する可観測性、つまりログとメトリックを統合的なビューに集める「Elastic Observability」、SIEM(Security Information and Event Management)などの役割を担う「Elastic Security」を提供している。

Elastic Enterprise SearchとElastic Observability、Elastic Securityの3つのソリューションは、蓄積・検索・分析を行う「Elasticsearch」、データを可視化&管理する「Kibana」、データを収集する「Beats」と「Logstash」で構成した「Elastic Stack」をベースとしている。

そして、「Elastic Cloud」「Elastic Cloud Enterprise」「Elastic Cloud on Kubernetes」と豊富なデプロイ選択肢を持ち、パブリッククラウドではAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)の各東京リージョンに対応。

Elasticの製品概要

Elasticの製品概要

川崎氏は「オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドとともにオーケストレーション領域にも対応できる。また、Elaststicの特徴はオープンソースであるため、クラウドはコマーシャルライセンスとなるが、それ以外は無償で利用できる」と、そのメリットを説く。

また、同氏は「オープンソースの利点は、ベンダーが持つ開発リソース・予算以外にオープンソースユーザー・コミュニティが存在するため、独自に進化していく。マーケットに対して”いまこの瞬間に必要だ”という際にコミュニティが拾ってくれることなどがあることから、テクノロジーの汎用化やナレッジシェアリングが非常に速い」と述べた。

さらに、通常は各ソリューションごとに料金体系が異なるが、同社のソリューションの場合はリソースベースのため、決められた容量に蓄積されたデータ量に応じて課金する料金体系となっている。

Elasticの料金体系はリソースベースだ

Elasticの料金体系はリソースベースだ

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

イノベーションをどう生み出すか? データを活用した新たな保険ビジネスの可能性

イノベーションをどう生み出すか? データを活用した新たな保険ビジネスの可能性

マイナビニュースは12月3日~4日、Webセミナー「マイナビニュースフォーラム 2020 Winter for データ活用」を開催した。本稿では、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス 執行役員 グループCDO 舩曵真一郎氏が登壇したセッション「インシュアランス・イノベーション~データを活用した新たな保険ビジネスの姿~」の模様をレポートする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る