マイナビニュースマイナビ

セキュリティ 記事バックナンバー(2014年)

セキュリティ 記事バックナンバー(2014年)

100 件中 1~20件目を表示中

2014年12月の記事

Windows Server 2003/2003 R2の延長サポート終了まであとわずか! 最新Windowsサーバーへの移行をわかりやすく解説

【特別企画】Windows Server 2003/2003 R2の延長サポート終了まであとわずか! 最新Windowsサーバーへの移行をわかりやすく解説

2015年7月に訪れる「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポート終了。サーバーOSの移行にはクライアントOS以上に時間がかかることから、移行の検討を開始するのはまさに今しかないと言っていいだろう。そこで移行先の環境として推奨されるのが、最新のサーバーOSである「Windows Server 2012 R2」と、「HP ProLiantサーバー」の組み合わせだ。

売上急増ADCの最新版に搭載された機能とは?

【特別企画】売上急増ADCの最新版に搭載された機能とは?

「他社製品と比較して、性能が同じであれば価格を20%低く、価格が同じであれば性能を20%高く。そういう理念で製品を提供しています」――アレイ・ネットワークス 代表取締役の岡本恭一氏は、製品提供コンセプトについてこのように語る。

成長企業が使っているGoogle Apps(Gmail)のメールセキュリティ術とは?

【特別企画】成長企業が使っているGoogle Apps(Gmail)のメールセキュリティ術とは?

メールソリューションのオンプレミス型からクラウド型への移行が進んでいる。しかし、クラウド型のサービスそのままだと、誤送信やデータの安全な保護が難しいケースもある。そんな時に活躍するのが、クラウド型メールサービスと連携可能なトランスウエアの誤送信対策ソリューションやメールアーカイブサービスだ。

限界を迎える従来型セキュリティ! 将来的に活用可能な次世代手法とは?

【特別企画】限界を迎える従来型セキュリティ! 将来的に活用可能な次世代手法とは?

ネットワーク技術の発展に伴い、サイバー攻撃の脅威も増すようになってきている。そして、その脅威から身を守るためのサイバーセキュリティも企業のビジネス活動を成功させるために、その必要性を増しつつある。しかし、これまで企業が導入してきたファイアウォールは、すでに適切に対応することが困難となっており、その有効性は急激に低下している。

「それでも情報漏えいは発生します」衝撃の講演内容を公開! - 被害総額、数百億円!? 内部情報の流出を防ぐ

【特別企画】「それでも情報漏えいは発生します」衝撃の講演内容を公開! - 被害総額、数百億円!? 内部情報の流出を防ぐ

マイナビニュースが主催する内部情報漏えい対策セミナー ~企業の信用が一瞬で崩れ去る"情報流出"を、根本的に防ぐための方法とは?~が、去る2014年11月6日に開催された。あらゆる企業が興味を持つ題材だけに、当日の会場は満員。大盛況の中、セミナーは始まった。ここでは「被害総額、数百億円!? 内部情報の流出を防ぐ、現実的なID管理とは?」と題されたセッションを担当した宮本朋範氏の話を取り上げてみたいと思う。

2014年11月の記事

攻撃ツールの価格表も掲載! 大都市並みに成熟したサイバー闇社会の取引に迫る

【特別企画】攻撃ツールの価格表も掲載! 大都市並みに成熟したサイバー闇社会の取引に迫る

ランド研究所は、セキュリティ業界でも例のないサイバー犯罪に関するグローバルで大規模な調査を行い、サイバー闇市場がこれまでにない規模へ成熟・成長していることを発表した。この調査は、ジュニパーネットワークスの協力の下、学術機関の研究者やセキュリティ研究者、ジャーナリスト、セキュリティベンダー、法執行機関など、現在または過去に闇市場に関わっていた世界的な専門家に対する綿密なインタビューを通じて行われた。

2014年10月の記事

個別システム導入では達成できない「真の業務効率化」を実現。ドコモグループ発dDREAMSでオフィスワークに改革を。

【特別企画】個別システム導入では達成できない「真の業務効率化」を実現。ドコモグループ発dDREAMSでオフィスワークに改革を。

メールやスケジューラーなどに代表される社内の情報共有ツールとしてグループウェアの果たしてきた役割は大きい。しかし、昨今、急速なデジタル情報の増加に伴い、ますます重要になってくるのがセキュリティやコンプライアンスの観点だ。そこで注目したいのが、ドコモ・システムズのクラウド型企業情報システム「dDREAMS(ディードリームス)」だ。ここには、NTTドコモという日本を代表する企業のひとつがオフィスワークの効率化を追求してきた歴史が詰まっている。

クライアントPC保護の新常識~中堅・中小企業にこそ求められる次世代型マルウェア対策~

【特別企画】クライアントPC保護の新常識~中堅・中小企業にこそ求められる次世代型マルウェア対策~

本稿では、主に従業員1,000人未満の中堅企業、同300人未満の中小企業の情報システム担当者に向けて、マルウェア1対策製品の選定にまつわる基本的な考え方についてまとめたホワイトペーパーを紹介する。

スマートデバイス管理ツールからの脱却「MDMの導入は管理から活用へ」

【特別企画】スマートデバイス管理ツールからの脱却「MDMの導入は管理から活用へ」

世界各国で普及が進むスマートデバイス。これは企業においても例外ではなく、外出の多い営業・保守サービス担当者はもちろん、工場や流通の現場などさまざまなシーンで活用されている。企業でスマートデバイスを導入する場合、どうしても懸念されるのがセキュリティ関連の問題だ。最近では端末の紛失や盗難を含む情報漏えい対策も必須となってくる。こうした課題の解決ついてNECネクサスソリューションズでは「MDM(Mobile Device Management)」の導入について3段階の活用方法を提唱している。

2014年8月の記事

パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

【特別企画】パスワードリスト攻撃も防御可能! "真の"多層防御のかたちを示す

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用の現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」と題するセミナーが都内で開催された。

IPSやFWだけでは守れない - 進化する攻撃からWebサイトを防衛する方法を探る

【特別企画】IPSやFWだけでは守れない - 進化する攻撃からWebサイトを防衛する方法を探る

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、ハードウェア/ソフトウェアの両面において常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意」と題するセミナーが都内で開催された。セミナーではNSFOCUSジャパンのプロダクト マネージャ、佐藤剛氏が登壇し「Webアプリケーションへの脅威最新事情」というテーマでセッションを行った。

未知のマルウェアの爆発的な増加と感染被害の拡大に企業はどう対処すべきか

【特別企画】未知のマルウェアの爆発的な増加と感染被害の拡大に企業はどう対処すべきか

サイバー攻撃などのセキュリティリスクが世界的に増大するなか、ハードウェア/ソフトウェアの両面において常に「攻撃対象」として国内外から狙われることが多いのが大規模Webサイトだ。そうしたサイトの運用の現場では一体どのような対策がとられているのかを明らかにすべく、7月25日に「マイナビニュースITサミット -大規模サイト管理者に学ぶ、セキュリティの極意- 」と題するセミナーが都内で開催された。

サポート終了後のWindows Server 2003をサイバー攻撃から守るには?

【特別企画】サポート終了後のWindows Server 2003をサイバー攻撃から守るには?

2014年4月9日にクライアントOSであるWindows XPのサポートが終了し、セキュリティ更新パッチが提供されなくなったが、続いて2015年7月14日にはサーバOSであるWindows Server 2003の延長サポートも終了する。この延長サポートの終了により、Windows XPと同様にセキュリティ更新パッチが提供されなくなることから、Windows Server 2003を基盤とした企業システムはサイバー攻撃の脅威にさらされる状況になる。

2014年7月の記事

他人事NGついうっかりによる巨額の損害賠償から身を守る方法

【特別企画】他人事NGついうっかりによる巨額の損害賠償から身を守る方法

企業で利用されている電子メールには、"ついうっかり"の誤操作が巨額の損害賠償を招くという大きなリスクがつきまとう。また、法令やコンプライアンスの観点から必要となるメールアーカイブ、業務の妨げとなるスパムメール対策、クラウドメールでのセキュリティ確保など、メールを取り巻くセキュリティニーズは高度化している。

2014年6月の記事

Zeus GameOverもキルチェーンで捉えよ、「2014年度版 Websense脅威レポート」が公開

【特別企画】Zeus GameOverもキルチェーンで捉えよ、「2014年度版 Websense脅威レポート」が公開

世界規模で100万にもおよぶコンピューターへの感染、インターネットバンキングのパスワード窃取による1億ドルを越えると推測される損失も懸念されるZeusの亜種GameOver。米司法省や米国連邦捜査局をはじめ、各国機関も連携するなど大規模な活動停止作戦が行われている。コマンド&コントロール(C&C)によるDDoS攻撃など複雑な構造で被害を拡大させている。セキュリティベンダーであるWebsenseが、このGameOverに関する考察をオフィシャルブログに掲載している。

2014年4月の記事

【無知なる加害者】最新ネット犯罪動向とWebサイト保護対策

【特別企画】【無知なる加害者】最新ネット犯罪動向とWebサイト保護対策

脆弱性を抱えたWebサイトが、大きなネット犯罪の「入口」として利用されるケースが問題となっている。ログインに使うIDとパスワードだけで、個人が特定できるものではないから」と、情報漏洩やハッキングのニュースを他人事のように聞いているだけでは、すまされないところまできている。HASHコンサルティング株式会社 代表取締役 徳丸 浩氏が、ネット犯罪の最新動向と、知らないうちにその犯罪に加担してしまう事態を避けるための対策について語った。

『「マルウェア対策」スマートデバイスに求められるセキュリティ「4つのポイント」』 - チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 【Business Conference 2014】

【特別企画】『「マルウェア対策」スマートデバイスに求められるセキュリティ「4つのポイント」』 - チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ 【Business Conference 2014】

より高度化、凶悪化したインターネット上の脅威が、企業にとって深刻なセキュリティリスクとなりつつある。こうした脅威への対応は、企業での利用が広がるスマートデバイスにも必要だ。

【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

【特別企画】【ボット感染率63%】会社組織の現実 - これからのセキュリティは「多層防御」が鍵

増え続けるネットワーク・セキュリティの課題に対し、企業が信頼性を失うことなく事業を継続していくには、何が必要なのだろうか?インターネット・セキュリティのリーディングカンパニーであるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(以下、チェック・ポイント社) シニア・システムズ・エンジニア 安藤 正之氏から、拡大を続ける脅威の現状と、それに対する効果的な対策が語られた。

【標的型攻撃対策の秘訣!】 ソーシャルエンジニアリングの知識を深めよう

【特別企画】【標的型攻撃対策の秘訣!】 ソーシャルエンジニアリングの知識を深めよう

巧妙化・深刻化する標的型攻撃。その根底には、人の心の隙を狙って情報入手を行うソーシャルエンジニアリングがある。標的型攻撃に対処するためには、まずソーシャルエンジニアリングについての理解が必要だ。

【標的型攻撃の正しい怖がり方と対処方法】最近の事件から学ぶ、攻撃手口と運用留意点

【特別企画】【標的型攻撃の正しい怖がり方と対処方法】最近の事件から学ぶ、攻撃手口と運用留意点

「標的型攻撃とはどのようなものなのか」。2014年2月28日に開催された「2014年版!標的型攻撃対策セミナー」において、ソフトバンク・テクノロジー株式会社 技術統括 プラットフォーム&データソリューション本部 シニアセキュリティエヴァンジェリスト 辻 伸弘 氏による基調講演「標的型攻撃対策再入門」が行われた。本記事では、当日の講演にて解説された、標的型攻撃の正体と対処方法について紹介する。

2014年3月の記事

情報漏洩の80%が内部要因!? あらゆるニーズに対応可能なソリューションとは

【特別企画】情報漏洩の80%が内部要因!? あらゆるニーズに対応可能なソリューションとは

マイナビニュースは2014年3月5日、東京・竹橋のマイナビルームにて、「本当の優先順位を探る! マルチデバイス時代の情報漏洩対策セミナー」を開催した。ここでは、今回のセミナーの協賛企業でもあるハンモックの藤田英雄氏の講演を基に、同社が提供する"現実解"を紹介しよう。

「脱! 断片的なソリューション」って何!? 企業のセキュリティ対策に必要なモノとは

【特別企画】「脱! 断片的なソリューション」って何!? 企業のセキュリティ対策に必要なモノとは

マイナビニュースは2014年3月5日、東京・竹橋のマイナビルームにて、「本当の優先順位を探る! マルチデバイス時代の情報漏洩対策セミナー」を開催した。ここでは、今回のセミナーの協賛企業でもあるハンモックの深澤紀彦氏の講演を基に、同社が提供する"現実解"を紹介しよう。

2014年2月の記事

米国政府機関、米国陸軍、大手企業など、世界が認めた「WhatsUpGold」とは

【特別企画】米国政府機関、米国陸軍、大手企業など、世界が認めた「WhatsUpGold」とは

サイバー攻撃に伴う情報漏えい事件などが日々世間を騒がせている。さらに昨今では、BYOD(Bring Your Own Device:私有端末の業務利用)に代表されるように業務でスマートデバイスを使用するのが当たり前となりつつあり、利便性が向上する一方で企業のネットワークが抱えるリスクはますます増大している。しかしながら、コストにも人的リソースにも限界がある企業にとって本当に必要なのは、"あれもこれもやりましょう"といった理想論に基づいたセキュリティ対策ではなく、自社の安全と信頼を守るために最低限必要となる現実的なセキュリティ対策を早期に実施することではないだろうか。

2014年1月の記事

WAFの導入でWebサーバーの運用管理コストを10分の1にまで削減! その秘密とは

【特別企画】WAFの導入でWebサーバーの運用管理コストを10分の1にまで削減! その秘密とは

BtoCや社内の業務システムにWebサイトを活用しているノーリツでは、サイトの構築時期によってセキュリティレベルが異なる事などからWebサーバの脆弱性を危惧し、2009年1月に「Barracuda Web Application Firewall(以下「Barracuda WAF」)」を導入した。WAFアプライアンス自体が高価であった当時、ノーリツは価格・運用面での効果も期待して「Barracuda WAF」を選定。導入後4年以上を経過した現在、セキュリティレベルの統一化のみならず、運用管理のコスト、手間、時間までも大幅に低減することに成功している。

  • バックナンバーを見る
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る