[PR]

【2024年最新】沖縄エリアに対応したトレーラーハウス業者おすすめ6選!業者選びのポイントも解説

サービス紹介
本ページはプロモーションが含まれています。

近年、トレーラーハウスの人気が高まっていますが、リゾート地への移住や別荘購入などで、沖縄での購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

海に囲まれ台風が多い地域のため、沖縄の気候を熟知していて、塩害や台風対策のノウハウを持つ優良な業者を選ぶことが大切です。

本記事では、沖縄エリアに対応しているおすすめのトレーラーハウス業者を6社紹介します。さらに業者選びのポイントを解説し、沖縄で利用する際の注意点購入前に知っておきたい点なども解説するので、購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

すぐわかる!この記事3つのポイント!
  • 沖縄でのトレーラーハウス購入を検討する際は、塩害や台風対策を備えた業者を選ぶことが重要。
  • おすすめのトレーラーハウス業者6社が紹介されており、それぞれの特徴や提供するサービスが詳しく解説されています。
  • 沖縄特有の気候条件を考慮したトレーラーハウスの設計や、デザインのカスタマイズが可能な業者が多く存在するでしょう。

 

沖縄エリアのトレーラーハウス業者のおすすめ6選を一覧比較

まずは、沖縄エリアのおすすめのトレーラーハウス業者6社を比較してみます。

会社名 パークホームズ沖縄 トレーラーハウス沖縄 ON FOCUS
株式会社
テクノエフアンドシー
株式会社
株式会社アルビ トレーラーハウス
デベロップメ
ント株式会社
所在地 豊見城市豊崎
1-1223
南城市知念安座真前田原
397-1
東京都文京区本郷
2-39-7 エチソウビル203 
東京都杉並区高井戸東
2丁目4番5号
東京都台東区松が谷
4丁目25番3号 
東京都中央区日本橋小伝馬町
2-5 メトロシティ小伝馬町9F 
資本金 1,000万円 1,200万円 900万円 5,000万円 1,000万円 1億円
従業員数 非公開 12名 非公開 448名(2022年4月1日時点) 非公開 85名(グループ計 アルバイト含む)
事業内容 ・トレーラーハウス の設計、
製造、販売、保守管理、
メンテナンス
・トレーラーハウスの輸入、
運用、管理、
プランニング、輸送 
・トレーラーハウスの製造、
販売、レンタル、
設置業務
・飲食事業
・宿泊事業
・生活サポート事業
       

・コンテナハウスの企画開発、
設計、施工、販売
・可動産の企画、開発
・グランピング施設の企画
・ドームテント販売
・建物の診断調査、
メンテナンスサービス

・構造用パネル、住宅部材の生産
・住宅用内部造作材、建具、
家具の生産、販売
・防水工事の請負と施工、
管理業務
・在来木造住宅用
大型パネルの生産
・医療健康、電気製品
などの卸売、小売販売
・賃貸
・リース
・レンタル
・修理
・コンサルティング
・講習会企画開催
・健康施設の企画運営
・トレーラーハウスの輸入、
製造、販売、研究、開発、
レンタル、運搬
・キャンピングカーの輸入、
販売、レンタル
・フードトラックの輸入、
修理、販売
・飲食店や施設の企画、運営
・デッキ工事、土木工事 
用途 ・住居
・店舗
・オフィスなど
・住居
・店舗(飲食業を除く)
・オフィスなど
・住居
・店舗
・オフィスなど
・住居
・店舗
・オフィスなど
・住居
・店舗
・オフィスなど
・住居
・店舗
・オフィスなど
おすすめ
ポイント
沖縄特有の気候を熟知した
地元メーカーが製作・販売
期間限定で低価格で
利用できるレンタルあり
機能性やデザイン性にこだわった
トレーラーハウスを企画・設計・販売
ミサワホーム独自の工法を採用した
トレーラーハウスを製造・販売
レンタル・リース・
中古販売サービスを提供
さまざまなタイプの
トレーラーハウスを製造・販売
リンク

※2023年2月調査

どの会社も住居・オフィス・店舗など、さまざまな用途に応じたトレーラーハウスを販売しています。さらに、運搬や設置工事などをおこなう業者も多いので、購入後の搬入まで一括で依頼したい人はその点も注目してください。

沖縄エリアのトレーラーハウス業者のおすすめ6選

沖縄エリアのおすすめトレーラハウス業者を、それぞれ詳しくみていきましょう。

パークホームズ沖縄

※画像引用元:パークホームズ沖縄公式サイト

・会社名:株式会社パークホームズオキナワ
・所在地:沖縄県豊見城市豊崎1-1223
・用途:住居・店舗・オフィス など
・リンクhttps://www.parkhomes-okinawa.com/

パークホームズ沖縄は、沖縄県内に本社を構えるトレーラーハウス専門店です。地元メーカーが製作・販売する沖縄仕様のトレーラーハウスは、高温多湿や台風など、沖縄地方特有の気候や風土を考慮して作られており、クオリティの高さが特徴です。

また個性的な外観のデザイナーズトレーラーハウスや、半完成品を自分で仕上げるDIYトレーラーハウスなど、数多くのニーズに対応するさまざまなタイプのものを揃えています。

パークホームズ沖縄はこんな人におすすめ!

  • 沖縄特有の気候の影響を最小限にしたい人
  • デザイン性の高いトレーラーハウスに興味がある人
  • 珍しいタイプのトレーラーハウスが欲しい人

公式サイトはこちら

トレーラーハウス沖縄

※画像引用元:トレーラーハウス沖縄公式サイト

・会社名:有限会社宗建リノベーション
・所在地:沖縄県南城市知念安座真前田原397-1
・用途:住居・店舗(飲食業を除く)・オフィス など
・リンクhttps://trailerhouse.jp/

トレーラーハウス沖縄は、事務所・仮設トイレ・ホテルなど、さまざまな用途に用いられるトレーラーハウスを製造・販売する施工業者です。窓の大きさ・位置のカスタマイズが可能で、階段やスロープなどもオプションで付けられるため、希望にぴったりのトレーラーハウスを手に入れられます。

販売のほかにレンタルプランも提供しており、コストを抑えて期間限定で利用したい人のニーズにも対応可能です。

トレーラーハウス沖縄はこんな人におすすめ!

  • 窓の大きさや位置を自由に設計したい人
  • 階段やスロープの施工も依頼したい人
  • トレーラーハウスを購入前にお試しレンタルしたい人

公式サイトはこちら

ON FOCUS株式会社

※画像引用元:ON FOCUS株式会社公式サイト

・会社名:ON FOCUS株式会社
・所在地:東京都文京区本郷2-39-7 エチソウビル203
・用途:住居・店舗・オフィス など
・リンクhttp://mobilebase.onamae.jp/index.html

ON FOCUS株式会社は、機能性やデザイン性にこだわったコンテナハウスを中心に製造・販売しており、コンテナタイプのトレーラーハウスも取り扱っています。

すべての豊かさのベースになる空間プロデュースを概念に、企画・設計・販売まで一貫したサポートをおこない、長く楽しめる価値の高いトレーラーハウスを提供しています。

ON FOCUS株式会社はこんな人におすすめ!

  • 機能性やデザイン性にこだわりたい人
  • ライフスタイルに合せたトレーラーハウスを提案してほしい人

公式サイトはこちら

テクノエフアンドシー株式会社

※画像引用元:テクノエフアンドシー株式会社公式サイト

・会社名:テクノエフアンドシー株式会社
・所在地:東京都杉並区高井戸東2丁目4番5号
・用途:住居・店舗・オフィス など
・リンクhttps://techno-fc.misawa.co.jp/

テクノエフアンドシー株式会社は大手ハウスメーカー、ミサワホームの部材生産を担っている会社です。ミサワホーム独自の木質パネル工法を採用したトレーラーハウスや、TFCモバイルユニットを製造・販売しています。

店舗や住居のほか、グランピングやワーケーションにも対応可能で、高気密・高断熱で快適性・安全性に優れたハイレベルのトレーラーハウスを提供しています。

テクノエフアンドシー株式会社はこんな人におすすめ!

  • 気密性や断熱性にこだわりたい人
  • 優れた強度で長持ちするトレーラーハウスが欲しい人

公式サイトはこちら

株式会社アルビ

※画像引用元:株式会社アルビ公式サイト

・会社名:株式会社アルビ
・所在地:東京都台東区松が谷4丁目25番3号
・用途:住居・店舗・オフィス など
・月額レンタル料(税込):6ヵ月まで12万円・7ヵ月以上12ヵ月未満11万円・13ヵ月以上10万円
月額リース料(税込):90,000円(5年リース)
・リンクhttps://arubi.co.jp/

株式会社アルビは、トレーラーハウスのレンタル・リース・販売をおこなっている会社です。主に店舗や事務所を立ち上げたい人を対象に、初期費用を抑えて気軽に使える2種類のトレーラーハウスを提供しています。

また中古販売もおこなっており、安い予算でトレーラーハウスを所有したい人にもおすすめです。

株式会社アルビはこんな人におすすめ!

  • 低コストで店舗や事務所を立ち上げたい人
  • できるだけ安くトレーラーハウスを購入したい人

公式サイトはこちら

トレーラーハウスデベロップメント株式会社

※画像引用元:トレーラーハウスデベロップメント株式会社公式サイト

・会社名:トレーラーハウスデベロップメント株式会社
・所在地:東京都中央区日本橋小伝馬町2-5 メトロシティ小伝馬町9F
・用途:住居・店舗・オフィス など
・リンクhttps://www.trailer-house.co.jp/

20年近く前からさまざまなタイプのトレーラーハウスを研究・製造・販売している会社です。事業用のX-CUBEシリーズや、グランピングなどのレジャーシリーズのほか、事務所・店舗・イベント用のSTシリーズなど、どのような用途でも使いやすいトレーラーハウスにこだわって開発・製造を続けています。

運搬・搬入や修理・メンテナンス、耐風対策やウッドデッキの施工など、トレーラーハウスを所有する際に必要なサービスも多数提供しています。

2022年3月には、栃木工場の品質管理基準が国際規格ISO9001の認証を取得し、一貫した品質のトレーラーハウスの提供や、顧客満足度の向上に努めている企業として認められています。

トレーラーハウスデベロップメント株式会社はこんな人におすすめ!

  • さまざまなタイプのトレーラーハウスから厳選したい人
  • 設置工事や修理・メンテナンスなどを一括で依頼したい人
  • 品質にこだわり、満足度の高いトレーラーハウスが欲しい人

公式サイトはこちら

トレーラーハウス業者の選び方

トレーラーハウス業者は次の3つの点に注目して選びましょう。

  • 沖縄での施工実績で選ぶ
  • 費用・デザイン力で選ぶ
  • 信頼度の高さで選ぶ

それぞれの点を優先して重要視した際のおすすめな業者も紹介していきます。

沖縄での施工実績で選ぶ

トレーラーハウスは比較的簡単に所有できることから人気が高まり、多くの会社が販売しています。ただし実績を重ねた業者でないと、施工がスムーズに進まないかもしれません。

特に、購入後に移動・設置する際は、搬入経路や設置場所の地質など細かい確認が必要です。施工のノウハウを熟知した業者でなければ、トレーラーハウスの損傷や倒壊などが起こるケースも少なくありません。

また沖縄には海風による塩害や台風の強風被害など、注意すべき特有の気候・風土があります。沖縄での販売実績を着実に重ねている業者であれば、錆びにくく倒れにくいトレーラーハウスを購入できるでしょう。

沖縄での施工実績重視の人におすすめのトレーラーハウス業者2選

会社名 強み 公式サイト
パークホームズ沖縄 地元メーカーが製作する沖縄仕様のトレーラーハウスを販売 https://www.parkhomes-okinawa.com/
トレーラーハウス沖縄 沖縄に本社があり多くの施工実績を重ねている https://trailerhouse.jp/

費用・デザイン力で選ぶ

設計の自由度が高く、希望どおりに仕上げてくれるデザイン力を備えているかや、費用とのバランスが取れているかも重要な比較ポイントです。

トレーラーハウスは、注文住宅のように設置場所に合わせて自由に設計できます。ただし窓の大きさや位置などが固定され、外観が決められたものも多く販売されています。

さらに外装・内装の施工を一切おこなわない業者もあるため、販売しているトレーラーハウスをチェックして、自分の望む設計に対応できるかどうかを確認しましょう。

費用・デザイン力重視の人におすすめのトレーラーハウス業者2選

会社名 強み 公式サイト
ON FOCUS株式会社 機能性・デザイン性にこだわったトレーラーハウスを販売 http://mobilebase.onamae.jp/index.html
株式会社アルビ 中古などリーズナブルなトレーラーハウスから選べる https://arubi.co.jp/

信頼度の高さで選ぶ

トレーラーハウスは、各法令を遵守している業者から購入する必要があります。トレーラーハウスには法的基準があり、建築基準法第2条第1号で定められている建築物に該当しないものでなければなりません。また、建築行政会議で定められた方法に従って設置される必要があります。

たとえば、ウッドデッキやスロープなどの付属物はすぐに取り外せるように施工し、随時かつ任意に移動できなければなりません。また給排水・電気・ガスなどの配管も、工具を使わずに取り外し可能であることが必要です。

これらの規定どおりに設置されていない場合は、違反建築物として撤去されてしまう可能性があるため、各法令を確実に遵守している業者を選びましょう。

“参考:e-Gov法令検索建築基準法」”

信頼度の高さ重視の人におすすめのトレーラーハウス業者2選

会社名 強み 公式サイト
テクノエフアンドシー株式会社 大手ハウスメーカーのミサワホームのグループ会社として信頼度が高い https://techno-fc.misawa.co.jp/
トレーラーハウスデベロップメント株式会社 ISO9001の認証を取得し、顧客満足度の向上に努めていると世界基準で認められている会社 https://www.trailer-house.co.jp/

トレーラーハウスのメリット

ここからは、トレーラーハウスのメリットを詳しく見ていきましょう。

需要が高く中古でもすぐ売却できる

トレーラーハウスは利便性が高く、基礎工事などの施工が不要で気軽に所有できるので、中古でも高い需要があります。そのため買い手が見つかりやすく、状態がよければすぐに売却可能です。

また基本的に移動可能な車両であるため、全国各地から買い手を探せます。解体や取り壊しをせずに、そのままの状態で専用のけん引車を使って自由に輸送できる点も、売却しやすい理由の一つです。

住民票が取れる

トレーラーハウスで生活する際には、場合によっては戸建てやアパートなどと同様に住民票を取得できます。トレーラーハウスを設置した場所を居住地として証明し、市区町村の行政サービスの利用や選挙権の獲得なども可能です。

ただし、住民票を取得するためには一般的に次の条件を満たす必要があります。

  • トレーラーハウスを設置した場所が所有地または賃借地であること
  • 一定期間、居住の主な場所としていること

これらの条件を満たしていても自治体の判断によっては、住民登録できずに住民票が取得できない場合もあるので、事前に問い合わせてみましょう。

カスタム次第で快適な空間になる

トレーラーハウスは、注文住宅のように外装や内装を自由に設計できます。電気や給排水部分には特有の制限がありますが、アイデア次第でホテルや飲食店、事務所などさまざまな用途に使えるようにカスタムできます。

一般的にトレーラーハウスは、鉄板がむき出しで無機質なイメージをもたれやすいですが、断熱材やクロス、床材などは一般住宅と同様のものが使用可能です。間取りも用途に合わせて自由に設計できるため、希望にあった空間を作り上げられます。

沖縄でトレーラーハウスを使う際の注意点

トレーラーハウスにはさまざまなメリットがありますが、利用する際は次の点に注意しましょう。

  • 塩害・台風対策は必須
  • 高額な運搬費用がかかる
  • 2階建ては不可

それぞれ詳しく解説します。

塩害・台風対策は必須

沖縄でトレーラーハウスを使う際には、塩害や台風への対策が必要です。沖縄は年間を通して塩分を含む強い風が吹きやすく、車両や建築物の鉄筋部分が早く錆びる傾向があります。また台風が接近することも多く、暴風雨に弱い構造の建物は破損や倒壊などの恐れがあるため、注意しなければなりません。

沖縄でトレーラーハウスを使う際は鉄骨造りの頑丈なものを選び、溶融亜鉛メッキやフッ素塗料などを用いて錆止めの下処理が必要です。

高額な運搬費用がかかる

通常、トレーラーハウスの運搬は専門家に依頼し、搬入経路を調査したうえで交通量の少ない夜間を利用しておこなわれます。高度な技術が必要となるため高額な費用が必要で、陸路の移動だけでも距離によっては数十万円かかることもあります。

また、沖縄以外で製造したトレーラーハウスをフェリーで航路を使って持ち込む場合は、さらに費用が高くなる可能性がある点に注意しましょう。

2階建ては不可

トレーラーハウスが車両として自動車登録証の交付を受けるためには、次のような大きさの制限があるため、2階建てにはできません。

  • 車幅:2,500mm以下
  • 全長:12,000mm以下
  • 高さ:3,800mm以下

これを超える大きさのものは、運輸局で基準緩和の認定を受けて道路局で特車両通行許可を申請し、認められなければ公道を走行できません。

ただしロフトや中二階であれば、制限内であっても十分な高さが確保できます。アイデア次第では2階建てのような使い方もできるので、ぜひ検討してみましょう。

“参考:e-Gov法令検索道路運送車両の保安基準」”

トレーラーハウスに関するよくある疑問

ここからは、トレーラーハウスに関するよくある疑問に回答していきます。

キャンピングカーとは違うの?

キャンピングカーは、通常の車と同様にエンジンを搭載した自走可能な車両です。一方、トレーラーハウスはエンジンを搭載しておらず、けん引車を使って走行します

どちらもトイレやシャワールームが設置されている車両である点は同じですが、トレーラーハウスは自走できないため、タイヤのついた移動用のシャーシ(車台)に乗せて牽引する必要がある点が異なります。

固定資産税はかかるの?

一般的にトレーラハウスは車両であるため、固定資産税の課税対象になりません。取得時にかかる不動産取得税も対象外です。

ただし、ウッドデッキやスロープなどの付属物や給排水・電気・ガスなどの配管を、すぐに取り外せないように固定した場合は、固定資産税の課税対象になる可能性があります。

まとめ

トレーラーハウスは利便性の高さや所有のしやすさなど、たくさんの魅力があります。設計も自由にでき、住居や店舗などさまざまな用途に使えるため、多くの人から人気を集めています。

ただし、沖縄で利用する際は台風や塩害への対策が必要な点と、運搬費用が高額になる可能性がある点に注意が必要です。

トレーラーハウスを自動車登録証が交付される車両として利用するためには、規定内の大きさで各法令を遵守して設置する必要があるため、業者にきちんと相談したうえで購入を検討しましょう。

※「マイナビニュース不動産査定」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.land.mlit.go.jp/webland/
https://www.rosenka.nta.go.jp/
https://www.retpc.jp/chosa/reins/
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/02/2021-fudousan-anke-to.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました