Twitterで「センシティブ」を解除して表示される内容は?

Twitterのタイムラインには時折、「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」という警告メッセージが流れてきます。ユーザーはセンシティブな内容に対する警告を解除して、閲覧することができますが、暴力的なもの、性的なもの、グロテスクなもの、差別的(ヘイト的)な文章や画像、動画が表示される可能性があります。

【関連記事】
Twitterの「センシティブな内容」とは? 設定を確認する方法

Twitterで「センシティブ」を解除する方法

目にしたくないコンテンツが表示される恐れがあることを理解したうえで、ここでは「センシティブ」の警告を解除して、その内容を閲覧するための方法を説明します。Android版のTwitterアプリやPCブラウザ版のTwitterでは比較的簡単にセンシティブを解除できますが、iPhone版のTwitterアプリでは少々面倒な手順を踏む必要があります。以下、Android、iPhone、PCブラウザの順に解説します。

Androidで「センシティブ」を解除・表示する方法

Android版のTwitter公式アプリでは、センシティブの警告メッセージ内にある「表示する」もしくは「センシティブな画像/動画を表示」をタップすると、非表示にされていたコンテンツを閲覧できます。「表示する」を選んだ場合はその投稿のみ閲覧制限が解除されます。「センシティブな画像/動画を表示」を選ぶと、その後もセンシティブな内容を警告せず表示する設定に変更されます。

  • Android版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-1

    【Android-1】タイムラインに「センシティブな内容」に対する警告付きのツイートが流れてきました

  • Android版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-2

    【Android-2】警告メッセージ内の「表示する」をタップすると、閲覧制限が解除されます

  • Android版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-3

    【Android-3】警告メッセージ内の「センシティブな画像/動画を表示」を選んでも、閲覧制限が解除されますが、同時に「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」という設定項目がオンに変更されます(※)。この設定変更により、次回以降はセンシティブな内容が警告なしに表示されます

※設定項目「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」は、Twitterのメニューを「設定とプライバシー」→「プライバシーと安全」→「表示するコンテンツ」と進んだ画面にあります。

iPhoneで「センシティブ」を解除・表示する方法

iPhone版のTwitter公式アプリには、設定メニューにセンシティブな内容を表示するための項目が用意されていません(下記の補足画像参照)。そのため、センシティブの警告メッセージからブラウザ版Twitterに移動して、表示を解除する手順となります。

  • iPhone版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-1

    【1】「センシティブな内容」に対する警告メッセージ内にある「設定を変更」をタップします

  • iPhone版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-2

    【2】ブラウザ版Twitterにログインします。すでにログインしている場合は直接、手順3の画面が表示されます(※)

※複数のTwitterアカウントを持っているユーザーは「センシティブを解除したいアカウント」でログインしているか確認してください。
  • iPhone版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-3

    【3】ブラウザ版Twitterの「プライバシーと安全」の設定画面が表示されます。「表示するコンテンツ」に進みます

  • iPhone版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-4

    【4】「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」をオンにして、「完了」をタップします

  • iPhone版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-5

    【5】Twitterアプリに戻っても、すぐにセンシティブは解除されません。Twitterアプリを一度終了して再起動すると、非表示だったコンテンツを閲覧できます

  • iPhone版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-5b

    【5b】アプリを再起動せず、ブラウザ版Twitterのまま、センシティブを解除したかったツイートを表示してもOKです

今回の検証において、筆者のiPhone環境では手順2から手順3の画面に移った際、Twitterアプリに戻されて、センシティブをスムーズに解除できませんでした。同じ流れとなった場合は下記の補足手順を参考にブラウザ版Twitter上で作業を進めてください。

  • iPhone版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-補足1

    【補足】Twitterアプリの「プライバシーと安全」が表示された場合は、手順1の画面に戻って再度「設定を変更」をタップしてください

  • iPhone版Twitterアプリで「センシティブ」を解除・表示する方法-補足2

    【補足】Twitterアプリのまま「プライバシーと安全」から「表示するコンテンツ」に進んでも、設定項目「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」はありません

PCで「センシティブ」を解除・表示する方法

PCブラウザ版Twitterで「センシティブ」の警告を解除して、内容を表示するための手順を紹介します。

  • PCブラウザ版Twitterで「センシティブ」を解除・表示する方法-1

    【1】「センシティブ」の警告文に記されている「表示」をクリックすると、この投稿に限って内容を閲覧できます。「設定を変更」をクリックすると、「表示するコンテンツ」の設定画面に移動します

  • PCブラウザ版Twitterで「センシティブ」を解除・表示する方法-2

    【2】「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」にチェックを入れると、今後も警告なしで表示される設定となります

英語版Twitterになったまま「センシティブ」を解除する方法

とくにiPhoneの場合、センシティブの警告を解除しようとして、Twitterアプリからブラウザ版Twitterに遷移したときに英語版の設定画面に切り替わってしまう現象がまれに起きます。ここでは、英語版のままセンシティブを解除する方法を紹介します。

  • 英語版Twitterになったまま「センシティブ」を解除する方法-1

    【1】「Privacy and safety」という設定画面が開きます。「Content you see」をタップします

  • 英語版Twitterになったまま「センシティブ」を解除する方法-2

    【2】「Display media that may contain sensitive content」をオンにします。その後、Twitterアプリを再起動して、センシティブとされたツイートや画像を閲覧します

日本語環境でセンシティブを解除したい場合は、次の手順で言語設定を日本語に戻しましょう。画像付きの説明は関連記事をご参照ください。

  1. 「Privacy and safety」の画面左上にある戻るボタン(左向きの矢印)をタップします
  2. 「Settinngs」の画面が開くので、「Accessibility, display, and language」→「Language」の順に進みます
  3. 「Display language」の項目に入り、「English」となっている選択肢を「Japanese - 日本語」に変更して、「Save」をタップします

【関連記事】
Twitterの言語設定、英語になった場合に日本語へ戻す方法

「内容の警告」を解除して「センシティブな内容」を表示する方法

2022年2月に正式リリースされた「内容の警告」機能では、一つのツイートに添付する画像や動画に対して、投稿者自らがセンシティブの警告を設定できます。「内容の警告」を解除して、コンテンツを閲覧したい場合は「表示する」をタップすればOKです。

  • Twitterで「内容の警告」を解除して「センシティブな内容」を表示する方法-1

    【1】「内容の警告」が設定されたツイートが流れてきました

  • Twitterで「内容の警告」を解除して「センシティブな内容」を表示する方法-2

    【2】警告メッセージの「表示する」をタップすればセンシティブの制限が解除されて、すぐに閲覧できます

参考として以下、自分のツイート画像や動画に「内容の警告」を設定する手順です。

  1. ツイート作成画面で画像や動画を添付して、右下の三点ボタンをタップします
  2. 編集画面の右下にある旗のアイコン(内容の警告ボタン)をタップします
  3. 「ヌード」「暴力」「センシティブな内容」のいずれかを選び、「完了」をタップしたのちツイートします

Twitterのセンシティブを解除できない場合の原因は?

Twitterでセンシティブを解除できない場合、あるいはセンシティブを解除したはずなのにコンテンツが表示されない場合は、下記の原因が考えられます。ひとまずTwitterアプリを一度終了して再起動したうえで、設定が反映されるまで時間を置いてみましょう。

  • iPhone特有: Twitterアプリのまま、センシティブの解除を試みている
  • iPhone特有: センシティブを解除した後にTwitterアプリを再起動していない
  • iPhone特有: サブアカウントのセンシティブを解除していた(ブラウザ版Twitterで別のアカウントにログインした)
  • iPhone特有: センシティブの解除作業中にTwitterが英語表示になり、操作がわからなくなった
  • iPhone特有: ブラウザ版Twitterにログインできないため、センシティブを解除できない

  • Twitterアカウントに18歳未満の生年月日を登録している、あるいは生年月日を登録していない

  • TwitterアプリやOSのバージョンが古く、アップデートしていない

  • スマホやPC本体など使用端末に問題が生じている

  • Twitterのサービス自体に不具合が発生している

それぞれの原因に応じる対処法は、下記の関連記事で詳しく解説しています。

【関連記事】
Twitterで「センシティブ」を解除できないときの原因と対処法

まとめ

Twitterで「センシティブな内容」の警告を解除するにあたって、とくにiPhoneユーザーはTwitterアプリからブラウザ版Twitterに切り替える必要があるため、うまく設定変更できなかったり、設定が反映されない状態にハマる可能性があります。Twitterアプリからブラウザ版Twitterに遷移したつもりがTwitterアプリに戻されていたり、設定変更後にTwitterアプリを再起動する必要があったりとちょっとしたコツが必要なので、落ち着いてトライしましょう。