スマホでブラウザ版Twitterを開く方法

今すぐ、スマホでブラウザ版(Web版)のTwitterを使いたい人は、次のリンクから「twitter.com」にアクセスしてください。リンクを普通にタップしてTwitterアプリが開いてしまう場合は、長押しして新規タブで開きましょう。

以下、iPhoneの例ではブラウザにSafariを、Androidの例ではブラウザにChromeを使って、ブラウザ版Twitterのログイン画面にアクセスするための操作方法を説明します。

iPhone/Safariでリンクを長押しした場合

  • ブラウザ版Twitterをリンクから開く方法、iPhone/Safariで長押しした場合

    【1-i】iPhone/Safariの組み合わせでtwitter.comのリンクを長押しした場合は、メニューから「新規タブで開く」をタップします

Android/Chromeでリンクを長押しした場合

  • ブラウザ版Twitterをリンクから開く方法、Android/Chromeで長押しした場合

    【1-a】Android/Chromeの組み合わせでtwitter.comのリンクを長押しした場合は、メニューから「新しいタブをグループで開く」をタップします

iPhone/Android共通、ブラウザ版Twitterログイン手順

ブラウザ版Twitterのログイン画面にアクセスした後の手順はiPhone、Androidスマホとも共通です。以下、iPhoneの画面で説明します。

  • ブラウザ版Twitterログイン手順-2

    【2】ブラウザ版(Web版)Twitterのログイン画面が開きます

  • ブラウザ版Twitterログイン手順-3

    【3】「今はしない」をタップするか、少しスクロールして、「ログイン」をタップします

  • ブラウザ版Twitterログイン手順-4

    【4】Twitterアカウントに登録している電話番号、メールアドレス、ユーザー名のいずれかを入力して、「次へ」をタップします

  • ブラウザ版Twitterログイン手順-5

    【5】Twitterアカウントのパスワードを入力して、「ログイン」をタップします(※)

※二段階認証を設定しているアカウントでは、このタイミングで認証コードの入力を求められます。

  • ブラウザ版Twitterログイン手順-6

    【6】自分のアカウントでブラウザ版Twitterが開きました

  • ブラウザ版Twitterログイン手順-7

    【7】頻繁にブラウザ版Twitterを使うなら、ブックマークやお気に入りに追加しておくといいでしょう

検索結果画面からブラウザ版Twitterを開く方法

今後は当記事内のリンクからではなく、ブラウザで「Twitter」を検索して、その結果画面からブラウザ版Twitterを開くこともあるでしょう。検索結果からログイン画面を開くときも、普通にタップしてTwitterアプリが開いてしまう場合は、リンクを長押しして新規タブで開けばOKです。

  • 検索結果画面からブラウザ版Twitterを開く方法-1

    【1】ブラウザに「Twitter」と入力して検索し、Twitterのトップページあるいは「ログイン」にアクセスします

  • 検索結果画面からブラウザ版Twitterを開く方法-2

    【2】長押しして「新規タブで開く」あるいは「新しいタブをグループで開く」を選択すると確実です

ブラウザ版Twitterを「見るだけ」で使いたい場合

Twitterにログインせず、ツイートを「見るだけ」で確認したい場合はTwitterアプリではなく、ブラウザ版Twitterを使う必要があります。事前にブラウザ版Twitterからログアウトしておくか、プライベートウィンドウ(シークレットウィンドウ)で「twitter.com/explore」にアクセスすれば、Twitterの検索画面から閲覧できます。

  • ブラウザ版Twitterを「見るだけ」で使う方法

    TwitterトップページのURL末尾に「explore」を足して、「twitter.com/explore」にアクセスすると、ログインしない状態でTwitterの検索画面が開きます。詳しくは下記の関連記事をご参照ください

【関連記事】
Twitterを「見るだけ」で使う方法 - ログインせず、アカウントなしも可能

ブラウザ版TwitterとTwitterアプリの違い

ブラウザ版(Web版)TwitterとTwitter公式アプリには、いくつかの機能差があります。以下、両者の違いをリストにまとめますが、ブラウザ版Twitterのほうが多くの機能に対応しています。

ブラウザ版Twitterのみが対応する機能

ブラウザ版Twitterのみが対応し、Twitterアプリでは利用できない機能は次の通りです。

  • 予約投稿(時間指定投稿)
  • 透過PNG画像の投稿(背景を切り抜いた画像)
  • センシティブに関する設定(iPhone版)
  • モーメントの作成
  • 文字色の変更(強調色)
  • 言語設定の切り替えが容易
  • ログアウトが容易
  • Twitterアナリティクス
  • ニュースレター
  • Twitter広告

ブラウザ版Twitterでは対応していない機能

ブラウザ版Twitterでは利用できず、Twitterアプリのみが対応する機能は次の通りです。

  • QRコードの発行
  • 端末の設定と連動してダークモードに切り替える
  • 収益を得る(チケット制スペース)

まとめ

ブラウザ版(ウェブ版)のTwitterにアクセスするときは、リンクを長押しして新規タブで開くのが確実です。予約投稿やモーメント作成、文字強調色の変更、言語設定を日本語に戻すなど、ブラウザ版Twitterだけが可能な機能も多くあります。ブラウザ版Twitterを開くときのコツは、「リンク長押し」と覚えておきましょう。