Twitterの予約投稿とは?

Twitterの予約投稿は2020年5月から実装された比較的新しい機能です。あらかじめ指定した時刻に自動でツイートしてくれます。ただし、スマホ向けのTwitter公式アプリは予約投稿に非対応。予約投稿はブラウザ版のTwitterから行う必要があります。

予約投稿・時間指定の用途・メリット

予約投稿の最大のメリットは「指定した時間に自動ツイートしてくれる」こと。その時間に合わせてTwitterをリアルタイムで操作する必要がなくなります。定期的に投稿しているユーザーは、投稿忘れや時間のズレを回避できます。

また、「思いついた内容をリアルタイムで投稿する」のではなく、予約をセットしてから実際に投稿されるまで「推敲の時間」が確保できることもメリットになるでしょう。誤字脱字のチェックや、ツイートの内容が適切かどうか投稿前に再チェックできるのでトラブル防止につながります。

ブラウザ版Twitterで予約投稿する方法

では実際に、ブラウザ版のTwitterで予約投稿する方法を紹介します。繰り返しますが、アプリでは予約投稿はできません。WebブラウザでTwitterにログインして下記の手順をお試しください。

ここでは、操作の説明にiPhoneとSafariの組み合わせを使っていますが、AndroidとChrome、Windows PCとEdgeなど環境が変わっても流れは同じです。

  • ブラウザ版Twitterで予約投稿する方法1

    【1】ブラウザ版Twitterのホーム画面で、新規ツイートボタンをタップします

  • ブラウザ版Twitterで予約投稿する方法2

    【2】ツイート文を入力したら、カレンダーのアイコンをタップします

  • ブラウザ版Twitterで予約投稿する方法3

    【3】①②投稿する日付と時刻を設定し、③「確認する」をタップします

  • ブラウザ版Twitterで予約投稿する方法4

    【4】「予約設定」をタップすると設定完了です

リプライや引用リツイートも予約可能(編集部補足)

返信(リプライ)や引用リツイートも「投稿」であるからには予約できそう、という考えで編集部が実際に試してみました。結果は、返信、引用リツイートともにブラウザ版Twitterから予約投稿が可能。その一方で、DM(ダイレクトメッセージ)は予約投稿に対応していませんでした。

  • リプライを予約投稿
  • 引用リツイートを予約投稿
  • (左)返信ツイート、(右)引用リツイートとも投稿画面にカレンダーのアイコンが表示されています。これをタップして、通常のツイートと同じように日時を指定して予約投稿できました

「TweetDeck」を使って予約投稿する方法

TweetDeck」は複数のタイムラインを一画面で閲覧できるTwitter公式クライアントです。Mac用アプリのほかブラウザ版が用意されており、スマホでも使えなくはありませんが、基本的にパソコンの画面に向いたインタフェース設計となっています。以下、このTweetDeckを使って予約投稿する方法を説明します。

  • 【TweetDeck】ツイートの予約投稿方法1

    【1】画面左上の①新規ツイートボタンクリックして、②ツイート文を入力したら、③「Schedule Tweet」をクリックします

  • 【TweetDeck】ツイートの予約投稿方法2

    【2】予約投稿する①時刻と②日付を指定します。本文下の「Tweet at (指定日時)」と書かれたボタンをクリックして、予約設定完了です

「Buffer」を使って予約投稿する方法

外部のWebサービス「Buffer」を使うことで、Twitterの予約投稿ができます。「Buffer」はTwitterだけでなくInstagramなどのSNSにも対応しています。ここでは、パソコンからブラウザ版の「Buffer」を利用しますが、スマホ向けにはiPhone版アプリとAndroid版アプリが用意されています。

  • 【Buffer】ツイートの予約投稿方法1

    【1】Bufferのサイトにアクセスして、①「Get started now」をクリックすると、このプラン選択画面にやってきます。今回は②無料プランを選択しました

  • 【Buffer】ツイートの予約投稿方法2

    【2】メールアドレスやパスワードを入力してサインアップ、ログインすると、この設定ページが表示されます。「Twitter」をクリックして、次の画面で連携アプリとして認証します

  • 【Buffer】ツイートの予約投稿方法3

    【3】画面左上の「Publishing」をクリックして、予約設定画面に移動します。ひとまず適当な日時をクリックします

  • 【Buffer】ツイートの予約投稿方法4

    【4】①ツイート文を入力し、②「Edit」ボタンをクリックするとカレンダーが表示されるので、予約投稿する日付を選びます。③「Switch to ……」と書かれたボタンを押すと、任意の時刻を指定できます。設定できたら④「Done」をクリックします

  • 【Buffer】ツイートの予約投稿方法5

    【5】「Save」をクリックして予約投稿の設定が完了です

まとめと注意点

ここまでTwitterの予約投稿について解説してきました。とくに店舗のアカウントでは、営業開始時刻やセール開始時刻、ランチタイムなど決まった時刻にツイートすると効果的です。毎度リアルタイムで焦ってツイートするよりも、予約投稿を活用するのが確実です。投稿したい時間と内容さえ決まっていれば気軽に使えるので、ぜひお試しください。

なお、Twitterでは短期間に同じ内容(文面)の投稿をすることが禁じられています。このルールに触れるツイートを送信しようとすると、エラーメッセージが表示されるはずですが、予約投稿では起こりがちな注意点として知っておきましょう。