Twitterアカウントなしで「見るだけ」の利用はブラウザ版なら可能

Twitterのアカウント登録をせず、「見るだけ」の使い方をしたい……。そのニーズはTwitterアプリでは不可能ですが、ブラウザでTwitterの検索画面に直接アクセスする方法などを使えば可能です。

この記事では、Twitterを「見るだけ」で利用する方法として、次の5つの手段を紹介します。

  • ブラウザでTwitterの検索画面に直接アクセスする
  • ブラウザ版のTwitterトップページから「設定」に進む
  • ユーザー名をURLに入力してアクセスする
  • ツイートのリンクから閲覧する
  • Yahoo!リアルタイム検索を利用する

ブラウザでTwitterの検索画面に直接アクセスする方法

アカウントなしで(ログインせずに)Twitterを閲覧したい場合は、Webブラウザで「twitter.com/explore」にアクセスする方法が一番のおすすめです。検索画面が開かれるので、好きな検索ワードを打ち込んで、「話題のツイート」タブを閲覧したり、「アカウント」タブから情報をたどることができます。

【2021年9月17日追記】この方法で検索を実行した後、Twitterのログイン画面に遷移する場合は、Webブラウザのシークレットウィンドウを開いて再度お試しください。

  • 「twitter.com/explore」、Twitterの検索画面

    TwitterトップページのURL末尾に「explore」を足して、「twitter.com/explore」にアクセスすると、ログイン不要で検索画面からTwitterを閲覧できます。スマホでアプリへの切り替えを求められた場合は、「今はしない」をタップすればOKです

上に記載した「twitter.com/explore」のリンクをタップしても、Twitter公式アプリが開く場合は、リンクを長押しして、「新規タブで開く」を選択してください。

ちなみに、一切のアカウントがログインしていない状態で、スマホのTwitter公式アプリやブラウザ版Twitterのトップページ「twitter.com」を開くと、アカウント作成やログインを求められます。「見るだけ」をしたいときは「twitter.com/explore」に直接アクセスするとよいでしょう。

既存のアカウントを持つユーザーでも、ブラウザ版のTwitterからログアウトしたうえで「twitter.com/explore」にアクセスすると、同様の使い方ができます。

ブラウザ版のTwitterトップページから「設定」に進む方法

先ほど、ブラウザ版Twitterのトップページ「twitter.com」にアクセスすると、ログイン画面(アカウント作成画面)が表示されると説明しましたが、そこから検索画面に移動する方法もあります。

  • ブラウザ版のTwitterトップページから検索する方法-1

    【1】ブラウザでTwitterのトップページにアクセスすると、ログイン画面が表示されてしまいます

  • ブラウザ版のTwitterトップページから検索する方法-2

    【2】しかし、トップページを下にスクロールして、フッターメニューの「設定」をタップすると……

  • ブラウザ版のTwitterトップページから検索する方法-3

    【3】Twitterの検索画面そのものではありませんが、画面上部に検索窓が表示されます

  • ブラウザ版のTwitterトップページから検索する方法-4

    【4】キーワードを入力して検索すると、Twitterでふだん見る形式と同じ検索結果画面が表示されます

  • ブラウザ版のTwitterトップページから検索する方法(PC)

    PC版のTwitterでは、トップページの「設定」をクリックした次の画面で、「話題を検索」をクリックすると検索画面に移動できます

ユーザー名をURLに入力してアクセスする方法

TwitterのURLにユーザー名を加えて打ち込むことで、特定のアカウントのツイートを閲覧できます。ブラウザのURL入力欄に「https://twitter.com/(ユーザー名)」と入力すると、対象アカウントのプロフィールページに直接アクセスするので、そこからツイートを閲覧します。

  • 各ユーザー名をURLに入力してアクセス1

    【1】ブラウザのURL入力欄に「https://twitter.com/(ユーザー名)」と入力します。ここではマイナビニュース公式アカウントのユーザー名「news_mynavi_jp」を加えました

  • 各ユーザー名をURLに入力してアクセス2

    【2】入力したユーザー名のとおり、マイナビニュース公式アカウントのプロフィールページが表示されました。下方にスクロールすると、これまでのツイートを閲覧できます

ツイートのリンクから閲覧する方法

Webメディアの記事やLINEのトークなどに埋め込まれたTwitterのリンクは、それをタップ(クリック)すれば、Twitterにログインすることなくアカウント不要で閲覧できます。表示したツイートの画面上部には検索窓もあるので、そこからさらにツイートやユーザーを検索して閲覧を続けられます。

Yahoo!リアルタイム検索を利用する方法

Yahoo!リアルタイム検索」は、Twitterの投稿を検索してその結果を表示するサービスです。Twitterを「見るだけ」で使うときは、検索を頼ることになるので、Yahoo!リアルタイム検索も手軽な手段の一つと言えるでしょう。

Yahoo! JAPANのトップページからリアルタイム検索を利用する手順は、スマホサイトとPCサイトで若干異なります。以下、それぞれの使い方を説明します。

  • Yahoo!リアルタイム検索の使い方(スマホ)

    【スマホサイト】ブラウザでYahoo! JAPANにアクセスして、一度キーワード検索をしてから、その結果画面で「リアルタイム」をタップします

  • Yahoo!リアルタイム検索の使い方(PC)

    【PCサイト】ブラウザでYahoo! JAPANにアクセスして、検索キーワードを入力後、その直上にある「リアルタイム」をクリックします

検索結果は、画像・動画付きのツイートだけに絞り込んだり、新着順あるいは話題順に切り替えることが可能です。検索結果画面の右上にある「Yahoo!リアルタイム検索」のロゴをタップ(クリック)すると、「トレンド」のキーワードや人気ツイートが表示されます。Yahoo!リアルタイム検索のアプリもあるので、頻繁に利用する人はアプリの導入を検討してもよいでしょう。

閲覧用アカウントを作成して「見るだけ」を実現する方法

既存のTwitterアカウントを持っているけど、「見るだけ」をしたい場合の解決策を紹介します。おすすめなのは、「見るだけ」専用アカウントを別途作成する方法です。

「見るだけ」向けにアカウントを登録するメリット

Twitterでは複数のアカウントを作成できます。この仕組みを利用して、普段使うメインアカウントとは別に、閲覧専用のサブアカウントを用意すると便利です。「見るだけ」専用のアカウントがあると、頻繁にチェックしたいアカウントをフォローしたり、リストに登録することが可能です。

一方、先に紹介したアカウントなし(ログインなし)でブラウザからTwitterを閲覧する方法では、複数のアカウントをチェックするには手間が掛かったり、閲覧したいアカウントのユーザー名を覚えておく必要があります。

「見るだけ」の閲覧用アカウントを作る方法

スマホのTwitter公式アプリで「見るだけ」の閲覧専用アカウントを作るには、ホーム画面からメニューを開き、自分のアイコン画像の右にある三点ボタン(またはvボタン)から、「新しいアカウントを作成」をタップします。

その後、アカウント名やメールアドレス(または電話番号)、生年月日の入力画面に進みますが、このとき既存アカウントの登録時に使用したメールアドレス(または電話番号)は流用できません。無料のメールサービスなどを使って、新しいメールアドレスを用意する必要があります。

閲覧専用のサブアカウントであれば、プロフィール画像や自己紹介文は省略しても問題ありません。また、ツイートを非公開に設定して、実質的に「非公開アカウント」として運用してもよいでしょう。

  • Twitter、「見るだけ」の閲覧用アカウントを作る方法1

    スマホのTwitterアプリで別アカウントを作成するには、①プロフィールアイコン左の三点ボタン(またはvボタン)をタップして、②「新しいアカウントを作成」を選びます

  • Twitter、「見るだけ」の閲覧用アカウントを作る方法2

    閲覧専用アカウントを非公開に設定するには、ホーム画面左上の三本線ボタンからメニューを開き、「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」と進んで、「ツイートを非公開にする」をオンにします

複数アカウント(サブアカウント)を作成する方法やアカウントを非公開に設定する方法については、下記の関連記事で詳しく解説しています。とくにPC版(ブラウザ版)のTwitterでは、手順が若干異なりますので参考にどうぞ。

【関連記事】
Twitterで複数アカウント(裏垢・サブ垢)を作成する方法
Twitterで非公開アカウント(鍵垢)に設定する方法

既存のアカウントで「非公開リスト」を使う方法

既存のアカウントを持っていて、わざわざ閲覧専用アカウントを作るのは面倒というニーズであれば、「非公開リスト」を利用する方法もあります。リストを非公開に設定しておけば、他のユーザーにそのリストを閲覧されることがなく、リストに追加したアカウントに通知が行くこともありません。

非公開リストを作るには、ホーム画面左上の三本線ボタンから「リスト」を開き、新規作成時に「非公開」のスライドボタンをオンにする方法が一つ。もうひとつ、作成済みのリストを開き「リストを編集」ボタンから「非公開」にする方法もあります。

  • Twitter、非公開リストを作る方法2

    リストを新規作成する際、もしくは既存リストを編集して、「非公開」のスライドボタンをオンにすると、非公開リストにできます

【関連記事】
Twitterの「リスト」機能とは? 作成方法や使用方法を解説
Twitterの「非公開リスト」、通知でバレる場合/バレない場合を徹底検証


次のページでは、Twitterを「見るだけ」で利用する際の注意点について解説します。