Twitterで投稿や交流はしたくなく、ただツイートを閲覧したいという場合、アカウントを作成する必要はあるのでしょうか。この記事では、「見るだけ」の人がアカウントなしでTwitterを閲覧する方法と、閲覧専用のアカウントを作成する方法を紹介します。

Twitterアカウントなしで「見るだけ」を実現する方法

Twitterアカウントを持っていなくても、ブラウザ版のTwitterを閲覧することは可能です。ただしホーム画面がないので、検索して目的の話題やアカウントを見つけるか、ユーザーやツイートのURLを直接打ち込む必要があります。

ブラウザでTwitterの検索画面を開く

アカウントなしで(ログインせずに)Twitterを閲覧したい場合は、ブラウザで「twitter.com/explore」にアクセスします。検索画面が開かれるので、好きな検索ワードを打ち込んで、「話題のツイート」タブを閲覧したり、「アカウント」タブから情報をたどることができます。

ちなみに一度もログインしたことがない状態で、スマホのTwitter公式アプリやブラウザ版Twitterのトップページを開くと、アカウント作成やログインを求められます。「見るだけ」のときは「twitter.com/explore」に直接アクセスしましょう。

  • 「twitter.com/explore」、Twitterの検索画面

    TwitterトップページのURL末尾に「explore」を足して、「twitter.com/explore」にアクセスすると、ログイン不要で検索画面からTwitterを閲覧できます。スマホでアプリへの切り替えを求められた場合は、「今はしない」をタップすればOKです

  • Twitterのトップページ

    ブラウザでTwitterのトップページにアクセスすると、ログイン画面が表示されてしまいます

既存のアカウントを持つユーザーでも、ブラウザ版のTwitterから一度ログアウトしてから、「twitter.com/explore 」にアクセスすると、同様の使い方ができます。

ユーザー名をURLに入力してアクセス

TwitterのURLにユーザー名を加えて打ち込むことで、特定のアカウントのツイートを閲覧できます。ブラウザのURL入力欄に「https://twitter.com/(ユーザー名)」と入力すると、対象アカウントのプロフィールページに直接アクセスするので、そこからツイートやメディアを表示します。

  • 各ユーザー名をURLに入力してアクセス1

    【1】ブラウザのURL入力欄に「https://twitter.com/(ユーザー名)」と入力します。ここではマイナビニュース公式アカウントのユーザー名「news_mynavi_jp」を加えました

  • 各ユーザー名をURLに入力してアクセス2

    【2】入力したユーザー名のとおり、マイナビニュース公式アカウントのプロフィールページが表示されました。下方にスクロールすると、これまでのツイートを閲覧できます

閲覧用アカウントを作成して「見るだけ」を実現する方法

既存のTwitterアカウントを持っているけど、「見るだけ」をしたい場合の解決策を紹介します。おすすめなのは、「見るだけ」専用アカウントを作成する方法です。

「見るだけ」向けにアカウントを登録するメリット

Twitterでは複数のアカウントを作成できます。この仕組みを利用して、普段使うメインアカウントとは別に、閲覧専用のサブアカウントを用意すると便利です。「見るだけ」専用のアカウントがあると、頻繁にチェックしたいアカウントをフォローしたり、リストに登録することが可能です。アプリからFleet(フリート)も閲覧できます。

一方、先に紹介したアカウントなし(ログインなし)でブラウザからTwitterを閲覧する方法では、複数のアカウントをチェックするには手間が掛かったり、閲覧したいアカウントのユーザー名を覚えておく必要があります。また、ブラウザ版Twitterでは現在のところ、アカウントの有無に関わらず、フリートを閲覧できません。

「見るだけ」の閲覧用アカウントを作る方法

スマホのTwitter公式アプリで「見るだけ」の閲覧専用アカウントを作るには、ホーム画面からメニューを開き、自分のアイコン画像の右にある三点ボタン(またはvボタン)から、「新しいアカウントを作成」をタップします。

その後、アカウント名やメールアドレス(または電話番号)、生年月日の入力画面に進みますが、このとき既存アカウントの登録時に使用したメールアドレス(または電話番号)は流用できません。無料のメールサービスなどを使って、新しいメールアドレスを用意する必要があります。

閲覧専用のサブアカウントであれば、プロフィール画像や自己紹介文は省略しても問題ありません。また、ツイートを非公開に設定して、実質的に「非公開アカウント」として運用してもよいでしょう。

  • Twitter、「見るだけ」の閲覧用アカウントを作る方法1

    スマホのTwitterアプリで別アカウントを作成するには、①プロフィールアイコン左の三点ボタン(またはvボタン)をタップして、②「新しいアカウントを作成」を選びます

  • Twitter、「見るだけ」の閲覧用アカウントを作る方法2

    閲覧専用アカウントを非公開に設定するには、ホーム画面左上の三本線ボタンからメニューを開き、「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」と進んで、「ツイートを非公開にする」をオンにします

複数アカウント(サブアカウント)を作成する方法やアカウントを非公開に設定する方法については、下記の関連記事で詳しく解説しています。とくにPC版(ブラウザ版)のTwitterでは、手順が若干異なりますので参考にどうぞ。

【関連記事】
Twitterで複数アカウント(裏垢・サブ垢)を作成する方法
Twitterで非公開アカウント(鍵垢)に設定する方法

既存のアカウントで「非公開リスト」を使う方法

既存のアカウントを持っていて、わざわざ閲覧専用アカウントを作るのは面倒というニーズであれば、「非公開リスト」を利用する方法もあります。リストを非公開に設定しておけば、他のユーザーにそのリストを閲覧されることがなく、リストに追加したアカウントに通知が行くこともありません。

非公開リストを作るには、ホーム画面左上の三本線ボタンから「リスト」を開き、新規作成時に「非公開」のスライドボタンをオンにする方法が一つ。もうひとつ、作成済みのリストを開き「リストを編集」ボタンから「非公開」にする方法もあります。

  • Twitter、非公開リストを作る方法2

    リストを新規作成する際、もしくは既存リストを編集して、「非公開」のスライドボタンをオンにすると、非公開リストにできます

Twitterを「見るだけ」で利用する際の注意点

Twitterを「見るだけ」で利用する際に注意すべき点について解説します。

アカウントなしの場合、アンケート回答は不可

アカウントなし(ログインなし)でTwitterを閲覧した場合、アンケートを見れても、回答することはできません。

  • 【アカウント無しの場合】フリートやアンケート回答は不可

    アンケートの閲覧は可能です。しかし、回答をタップするとログインを求められます

フリートの閲覧は足跡がつく

フリートはTwitterの中で唯一「足跡がつく」機能です。閲覧側のアカウントが非公開であっても(※)足跡は残るため、こっそり閲覧していることを相手に気づかれる可能性があります。

※Twitterにあるのは「ツイートを非公開にする」機能であり、アカウントを非公開にする機能は用意されていません。詳しくはこちらの関連記事を参照ください。

鍵垢の閲覧は承認無しでは不可

非公開アカウント(鍵垢)のツイートは相手の許可なしでは閲覧できません。Twitterにおけるこのルールは、通常のアカウントでも「見るだけアカウント」でも変わりません。プロフィールで素性を明かさない「見るだけ」のアカウントの場合、フォローリクエストを送っても承認されない可能性が高いでしょう。

まとめ

Twitterの「見るだけ」アカウントについて解説してきました。ブラウザからログインせずにTwitterを閲覧することは可能といえば可能ですが、機能がかなり制限されてしまいます。Twitterを「見るだけ」が目的とはいえ、多くの機能が使える閲覧専用アカウントを作成することをおすすめします。