さまざまな理由でTwitterアカウントの削除(退会)を考える人もいるでしょう。この記事では、Twitterアカウント削除の基本的な方法から、一度削除したアカウントを復活する方法、検索結果にも跡を残さない“完全削除”の方法まで紹介していきます。

【基本編】Twitterアカウントを削除する手順

Twitterは、さほど複雑ではない手順でアカウントを削除して退会できます。ここでは、スマホ(iPhone/Android)のTwitterアプリからアカウントを削除する方法、パソコンでブラウザ版Twitterから削除する方法の順に、基本的な手順を説明します。

iPhone/Android向け、Twitterアプリからアカウントを削除する方法

スマホ向けのTwitter公式アプリを使って、アカウントを削除する方法を紹介します。今回の説明にはiPhoneを使用していますが、Androidスマホでも手順は同様です。

  • 【iOS/Android】Twitterアカウント削除の手順1

    【1】画面左上にある三本線のメニューボタンをタップします

  • 【iOS/Android】Twitterアカウント削除の手順2

    【2】「設定とプライバシー」をタップします

  • 【iOS/Android】Twitterアカウント削除の手順3

    【3】「アカウント」をタップします

  • 【iOS/Android】Twitterアカウント削除の手順4

    【4】「アカウントを削除」をタップします

  • 【iOS/Android】Twitterアカウント削除の手順5

    【5】赤字で表示された「アカウント削除」をタップし、パスワードを入力すると削除完了です

PC向け、ブラウザ版Twitterからアカウントを削除する方法

パソコンのWebブラウザでTwitterにアクセスし、アカウントを削除する方法を紹介します。

  • 【PC】Twitterアカウント削除の手順1

    【1】ホーム画面左側の「もっと見る」をクリックします

  • 【PC】Twitterアカウント削除の手順2

    【2】①「設定とプライバシー」を選択して、「アカウント」→「アカウント削除」の順にクリックします

  • 【PC】Twitterアカウント削除の手順3

    【4】赤字で表示された「アカウント削除」をクリックし、パスワードを入力すると削除完了です

Twitterのアカウントを削除する際の注意点

Twitterのアカウント削除(退会)は簡単な手順で行えますが、注意しておきたいポイントいくつかがあります。

Twitterアプリを削除しても、アカウントは削除されない

iPhoneやAndroidスマホからTwitterアプリを削除(アンインストール)しても、Twitterのアカウントは消えず、過去のツイートやプロフィール画面も残り続けます。アプリを削除した当人でも、ブラウザ版のTwitterにアクセスすれば、ツイートやアカウントの情報を見ることができます。

  • Twitterアプリを削除しても、アカウントは削除されない1
  • Twitterアプリを削除しても、アカウントは削除されない2
  • (左)スマホでTwitterアプリを削除しても……。(右)ブラウザ版のTwitterではアカウントを確認できます。つまり、アカウントもツイートも存続している状態です

30日間はアカウントが完全に削除されない

Twitterアカウントを削除しても、30日以内に再ログインすればアカウントを復活できます。つまり、30日間は猶予期間として、過去のツイートやフォロー/フォロワーなどの情報も保持されている状態です。削除手続きから30日経過すると、そのアカウントの情報は完全に削除されます。

アカウント削除後もツイートが検索結果に残る

Twitterのアカウントを削除しても、Googleなど検索エンジンのキャッシュに情報が残り、アカウント名やツイートが検索結果に表示されてしまうことがあります。Twitter側では検索エンジンのキャッシュ削除には対応していないため、すぐに情報を消したい場合は検索エンジンに削除リクエストを行う必要があります。記事の後半でその手順を紹介します。

削除後すぐにはユーザー名やメールアドレスを流用できない

削除したアカウントのユーザー名やメールアドレスを新しく作成するアカウントに登録しようとしても、30日が経過しないと使用できません。同じユーザー名やメールアドレスで新規アカウントをすぐに作成したければ、あらかじめ(削除する前に)元のアカウントのユーザー名やメールアドレスを別のものに変更しておく必要があります。

削除したTwitterアカウントを復活させる方法、30日以内に再ログイン

Twitterアカウントは削除した後でも30日以内であれば、再ログインすると復活できます。再ログインするには、アカウント名もしくは登録時のメールアドレス、パスワードの入力が必要です。以下、スマホアプリを使って手順を説明しますが、ブラウザ版Twitterから再ログインしてもアカウントの復活は可能です。

  • 一度削除したTwitterアカウントを復活させる方法・手順1

    【1-a】Twitterアプリを起動し、「アカウントをお持ちの方はログインしてください」をタップします

  • 一度削除したTwitterアカウントを復活させる方法・手順2

    【1-b】別のアカウントがある場合は、三本線のメニューボタン → ①横三点ボタンの順にタップし、②「作成済みのアカウントを使う」をタップします

  • 一度削除したTwitterアカウントを復活させる方法・手順3

    【2】①「電話番号、メールアドレスまたはユーザー名」と「パスワード」をそれぞれ入力し、②「ログイン」をタップします

  • 一度削除したTwitterアカウントを復活させる方法・手順4

    【3】アカウント復活の確認画面が表示されるので、「復活させる」をタップします

次のページでは「応用編」として、Twitterアカウントやツイートを完全削除する方法を解説します。