富士通は1981年5月20日、同社初のパーソナルコンピュータ「FM-8」を発売。2021年5月20日で40年の節目を迎えた。FM-8以来、富士通のパソコンは常に最先端の技術を採用し続け、日本のユーザーに寄り添った製品を投入してきた。この連載では、日本のパソコン産業を支え、パソコン市場をリードしてきた富士通パソコンの40年間を振り返る。掲載済みの記事にも新たなエピソードなどを追加し、ユニークな製品にフォーカスしたスピンオフ記事も掲載していく予定だ。その点も含めてご期待いただきたい。

■第1回 ■第2回 ■第3回 ■第4回 ■第5回 ■第6回 ■第7回 ■第8回

ビジネス向け16ビットパソコン「FM-16β」

1984年12月21日から出荷を開始したのが、ビジネス向け16ビットパソコン「FM-16β」だ。8ビットパソコンでは後発ながら「8ビット御三家」の一角を担っていた富士通だが、16ビットパソコンでは1982年10月発売のNEC「PC-9800シリーズ」に、すでに圧倒的な差をつけられていた。起死回生を狙って投入したFM-16βも結果から見れば、残念ながら「98(キューハチ)の牙城」は崩せなかった。

  • 1984年12月に発売となった富士通のビジネス向け16ビットパソコン「FM-16β」

    1984年12月に発売となった富士通のビジネス向け16ビットパソコン「FM-16β」(FM-16βのプレスリリースから)

とはいえ、当時の富士通にとって、FM-16βに賭ける意気込みは並大抵のものではなかった。出荷計画は年間6万台。2年後には月産1万台を目指すことを表明したことからも、それは見て取れる。

CPUにはインテルの「i80186(8MHz)」を採用し、同じくインテルの16ビットCPU「i8088」とマシンコードレベルでの互換性を維持。8ビット機のビジネスパソコン「FM-11BS」用のアプリケーションを高速動作できるようにしたほか、サブCPU「MBL68B09E」の搭載や、グラフィック処理に専用のLSIを開発して線の描画速度を従来比30倍に向上した。

OSには、「FACOM 9450」で搭載していた富士通独自のOSではなく、米デジタルリサーチのCP/M-86を採用。メインメモリは512KBを標準実装し、最大1MBまで搭載できた。さらに、2HD(1MB)対応の5インチ・フロッピーディスクドライブ(以下、FDD)×2基を搭載したモデルと、FDD×1基と10MB HDDを搭載したモデルを用意。「わかりやすく、誰にでも使え、本当に仕事に役立つパソコンが欲しいというユーザーニーズに応えた、本格的なビジネスパソコン」と位置づけた。

特にこだわったのが日本語処理の機能だ。ワープロ並みの日本語入力をOSレベルでサポートすることで、CP/M-86向けに開発されたすべてのアプリケーションにおいて、この日本語処理機能を共通利用できるようにしている。画面上の任意の位置で変換、リアルタイム単語登録、最大5個までの複数辞書を使えるようにしたほか、JIS第二水準の漢字ROMを標準で実装。さらに、パソコンでは初めて親指シフトキーボードモデルも選択できるようにした。

加えて製品発表前の1984年10月上旬には、約100台の開発機をソフトメーカーに無償で提供。発売時点で300種類のアプリケーション開発意向を取り付け、発売から2カ月後には約200種類の対応ソフトウェアが発売された。だがこの時点で、NECのPC-9800シリーズには約700本のアプリケーションがそろい、その差は歴然だった。

現代のモバイルPCへつながる「FM16π」

  • 富士通が初めてリリースしたポータブルパソコン「FM16π」は、富士通がその後に手がけてきたノートパソコン、モバイルパソコンの祖ともいえる

なお、FM-16βの発売前には、米国市場向けに「FM-16S」というパソコンを発売。1984年9月に開催したデータショウ '84には、「ヘレン」のコードネームで開発していたポータブルパソコンを参考展示した。これはのちに「FM16π」として1985年4月16日に発表。山本卓眞社長(当時)自らが会見に出席し、「ポケコンとデスクトップパソコンの中間を狙った新たなポータビリティを持ったパソコンとして、パソコン市場全体の拡大につながる」と期待を寄せた。

そのFM16πは、富士通初のポータブルパソコン。幅297mm・奥行き210mmというA4サイズで、重さは2.9kg。当時としては大幅な軽量化を実現していた。「オフィスで一定の場所に留まらず、一人ひとりの机の上でワープロ業務や伝票発行なども手軽にでき、使用後は机の引き出しや、机の下にもしまっておける。外出先での業務には8ビットハンディコンピュータやハンドヘルドターミナルが利用されていたが、FM-16πであれば、記憶容量不足や、不十分な日本語処理能力といった課題を解決でき、用途を広げられる」とした。

  • FM16πのプレスリリースから。机の上に置いたり小脇に抱えたりしたときの雰囲気は、最新のノートパソコンとそれほど変わらない

富士通のパソコン史における重要な出来事

ここで特筆しておきたいのが、1984年12月3日に行われた「FM-16β 新製品発表会見」の様子だ。

FM-16βは富士通の半導体事業部門が開発したパソコンであり、半導体事業を統括していた安福眞民専務取締役(当時)が会見に出席。そして実は、電算機事業部門を担当する梅津睦郎取締役(当時)も同席していた。

富士通では、FM-8を源流とする半導体部門が開発したパソコンと、FACOM 9450による電算機部門が開発していたパソコンは、別々の事業に位置づけられていたが、この会見で2つの事業部門の担当役員が初めて同席。富士通全社をあげて、NECのPC-9800シリーズを追随する姿勢を強調してみせたのだ。

これにより、これまでの「FMショップ会」を通じた販売に加えて、メインフレームのFACOM Mシリーズなどを販売していたシステム営業部門でも、半導体部門が開発したパソコンを販売することになった。全国160カ所の保守拠点を活用した定期点検、スポット保守、訪問保守を実施する体制も構築したのだ。この取り組みは、1985年4月21日に実施されたパソコン事業の組織再編へとつながっている。

再編の概要は、電子デバイス事業本部が所管していたFMシリーズの事業を、開発・生産については電算機事業本部に移管し、パーソナル機器事業部を新設。販売は、電算機事業部門で生まれたFACOM 9450とともに、新設したOA営業推進本部に移した。海外向けビジネスは海外営業本部の担当となった。

富士通は通信機でスタートした企業だが、このときの主力事業はすでに電算機(コンピュータ)。また、半導体事業はもともと規模が小さい部門であったことを考えると、この組織再編は、富士通がパソコンを主力事業部門が扱う製品へと「格上げ」したと見ることもできるだろう。富士通のパソコン事業の歴史において、重要な一歩だったといえる出来事だった。

総力戦へ

FM-16βおよびFM16πではNECのPC-9800シリーズを崩せなかった富士通は、1987年1月20日に、新たなビジネスパソコンとして「FMRシリーズ」を発表。3機種6モデルを一斉に披露し、上位モデルのCPUにはIntelのi80286(8MHz)を搭載しつつ、全モデルのOSにMS-DOS V3.1を採用した。年間10万台の販売計画を打ち出す。

  • FMRシリーズの中で、高解像度表示に対応したモデルの「FMR-60HX」。当時は「ハイレゾ機」(ハイレゾリューション機)とも呼ばれた

FMRシリーズにおいて、富士通はさらなる「総力戦」でNECに挑む。それは、F6650エミュレータといった富士通のメインフレームとのネットワーク連携機能や、FM-16βのソフトウェア資産の継承だけでなく、専用ワープロ機「OASYS」で培った日本語機能を融合したことだ。MS-DOS上の日本語入力システムに「OASYSかな漢字変換(OAK)」を採用するとともに、OASYS100シリーズと操作互換・データ互換を実現した日本語ワープロソフト「FM-OASYS」を提供。もちろん、富士通独自の親指シフトキーボードも選択できるようにした。

また、富士通は1986年12月に事業体制をさらに再編。「FMRは半導体部門の成果を引き継ぎながら、電算機部門、OASYS部門が一体となって開発した製品となった」と、パソコン事業を統括していた梅津取締役(当時)は語っていた。この組織再編によって、OASYS生みの親である神田泰典氏も、パーソナル機器事業部長(当時)としてFMRシリーズの開発に携わり、OASYS文化をパソコンに融合させる役割を自ら担ったのだ。

  • FMRシリーズの中核マシンだった「FMR-50」系列。デスクトップ機のほか、ラップトップタイプやノートブックタイプもあった

続いては「FMJOIN(エフエムジョイン)」と呼ぶコンセプトを発表。メインフレームや日本語ワープロ専用機、ワークステーション(ミニコン)で培った異なる資産と文化を、ビジネスの場で使いやすく統一していくために、パソコン上でメニュー方式による統一した操作性を実現。合わせて、FACOM 9450シリーズやOASYSシリーズ、FMシリーズのアプリケーションのデータ連携も実現した。まさに富士通の総力戦ともいえる内容で、NECに対抗しようとしたわけだ。

第1弾として発表されたFMRシリーズの3機種6モデルのうち、話題を集めたのがFMR-30である。「逆T字型」と呼ぶデザインの本体は、FDDタイプでは幅330mm・奥行き239mmと、「週刊誌を少し大きくしたサイズ」(富士通)を達成。液晶ディスプレイや3.5インチFDD、拡張スロットなどを本体に一体化していた。この省スペース設計は、日本のオフィス環境を考慮したものとし、卓上型という新たな提案でもあった。なお、FMRシリーズは富士通からのOEMによって、松下電器産業(現・パナソニック)が同じ仕様のパソコンとして「Panacom Mシリーズ」を発売していた経緯がある。

  • FMR-30は、液晶ディスプレイ一体型のデスクトップ機

  • ノートブックタイプの「FMR-CARD」には1kgを切ったモデルもあり、親指シフトキーボードも選べた

だが、富士通がこれだけの総力戦を仕掛けても、NECの後塵を拝した状況は変わらなかった。富士通の会長と社長を務めた山本正已シニアアドバイザーは、「富士通のDNAは一番になること。メインフレームでもオフコンでも1位を取った富士通は、パソコンでも一番にならないと気にくわないという気質がある」と笑う。富士通のナンバーワンへ向かう挑戦はその後も続いていく。