さまざまな動画コンテンツを楽しむことができるYouTube。

YouTubeには動画視聴以外の楽しみ方も多く実装されています。そのひとつが「コメント機能」。コメント機能をうまく使えば、投稿者のみでなく他の視聴者とのコミュニケーションを楽しむことができます。

本記事では、普段あまりコメント機能を使わない方に向けて、YouTubeをもっと楽しむためのコメント機能の使い方を紹介します。

  • YouTubeは「コメント」でもっと楽しめる! コメント機能の使い方を紹介

    YouTubeは「コメント」でもっと楽しめる! コメント機能の使い方を紹介

YouTubeでコメントを投稿する方法

コメント欄では、動画の感想を書き込むことができます。また、そこへ返信をしたり、「いいね」を付けたりといった反応をすることもできます。これらの機能は、Googleアカウントを持っていて、YouTubeにログインできている状態であれば、誰でも利用可能です。

コメントの投稿方法は以下の通り。

  1. コメントを投稿したい動画を開く
  2. コメント欄の「公開コメントを入力」にコメントを入力
  3. 「コメント」ボタンを押して投稿

ただし、コメント欄には、投稿したコメントに加えて投稿者のアカウント名も表示されるため、「アカウント名が本名のままになっている」「アカウント名を人に見られたくない」といった方は注意してください。

なお、動画の中には、コメントが投稿できなくなっているものもあります。これは、動画投稿者がコメント機能をオフにしていることが原因です。デリケートな問題を扱うチャンネルや、視聴者のコメントを受けたくないチャンネルなどでは、動画投稿時にこのような設定をしているケースも少なくありません。

  • コメントがオフにされているとこのように表示されます

    動画投稿者によってコメントがオフにされているとこのように表示されます

また、未成年者が出演している動画などで、“YouTube側の判断”でコメント欄がオフにされるというケースもあります。

コメント機能でできることは? 基本機能の紹介

続いて、基本的なコメントの機能を紹介します。コメント欄では、コメントの投稿に加えて以下のような機能を使うことができます。

  1. 投稿済みコメントの編集
  2. コメントの削除
  3. コメントへの返信
  4. コメントの書式設定の変更

投稿したコメントを読み直して「やはり内容を変えたい」と思った場合、コメントを編集することができます。自分の投稿をクリックすると「編集」という項目がでてきますので、そこをクリックすればすぐに編集可能です。なお、編集されたコメントは「編集済」と表示されます。

また、コメントの削除も可能です。自分のコメントをクリックし、「削除」を選べば操作完了です。

さらに、他のユーザーに対して返信することも可能です。返信したコメントの下にある「返信」という項目をクリックすることによって相手に返信できます。

そのほか、コメントの書式を変更することも可能です。例えば「-(半角ハイフン)」で文字を囲むことで、(例 : -テキスト-)、囲んだ領域に「取り消し線」を引くことが可能です。

コメント投稿時の注意点

続いて、コメントを投稿する際の注意点をいくつかご紹介します。

  1. 人を不快にさせる言葉は使わない
  2. NG設定されているワードを使うと表示されない
  3. コメントの編集・削除が反映されるには時間がかかる

まず、YouTubeのコメント欄は投稿者のみでなく、多くの視聴者も読めるものであることを認識しておきましょう。そのため、人を不快にさせるような言葉は使うべきではありません。誹謗中傷はもちろん、差別的な表現もNGです。投稿する前に、そのコメントを読んだ人が不快にならないのかどうか、一呼吸置いて考えるようにしましょう。

また、チャンネルによっては一部のワードをNG設定しているケースがあります。この場合、投稿したコメントが他の人には表示されなくなってしまいます。

そのほか、コメントの編集や削除の操作を行い、本番環境に反映されるまでには少々のラグがあります。「コメントが削除されているか確認したい」「コメントの編集が反映されているか確認したい」といった場合には、時間を置いて再度確認するか、一度ログアウトして自分のコメントを確認するとよいでしょう。

「コメント機能」でYouTubeをもっと楽しもう

以上、YouTubeのコメント機能について紹介しました。

コメントの楽しみ方は多種多様です。投稿者に「面白かった」という感想を伝えることもできれば、視聴者同士のコミュニケーションにも使えますし、ライブ配信でコメント(チャット)をした際には、それを直接動画投稿者が読み上げてくれる可能性もあります。プレミア投稿で、同時に見ている視聴者と一緒に盛り上がるのもよいでしょう。

今まであまりコメントを意識したことがなかった、という方も、これを機に「コメント」を意識してYouTubeを使ってみてはいかがでしょうか。