「YouTubeに音楽をアップロードしたい」と思っても、いざ操作してみると「データ形式が合わない」「サムネイルの設定方法がわからない」――とつまずいてしまう方も多いのでは?

本記事では、そんな“YouTube初心者”の方に向けて、YouTubeにおける音楽のアップロード方法と手順を紹介します。

  • YouTubeに音楽アップロードする際の注意点

    YouTubeで音楽データをアップロードするには?

YouTubeにアップロードできるファイル形式

YouTubeに音楽をアップロードするためには、データを決められたファイル形式にする必要があります。

YouTubeは動画共有サイトであるため、サポートしているファイル形式は動画ファイルとなります。YouTubeが運営している音楽共有サイトのYouTube Musicであれば、「MP3」などの音楽ファイルでも共有は可能ですが、YouTube本体ではできません。

YouTubeとYouTube Musicで共有可能なファイル形式は下記の通りです。

YouTube MOV、MPEG4、MP4、AVI、WMV、MPEGPS、FLV、3GPP、WebM、DNxHR、ProRes、CineForm、HEVC(h265)
YouTube Music FLAC、M4A、MP3、OGG、WMA

参照 :
・YouTubeヘルプ「YouTube でサポートされているファイル形式
・YouTube Musicヘルプ「音楽をアップロードする

■音楽ファイルの特徴

音楽をアップロードする場所がYouTubeではなく、YouTube Musicでも問題なければ、音楽ファイル形式のままアップロードできます。以下に、代表的な音楽ファイルと特徴をまとめました。ファイルの種類によってデータサイズや音質が異なるため、YouTube Musicに音楽をアップロードする際には、以下のファイル形式の特徴を参考にしてみてください。

WAVE ・Microsoftが開発した音声ファイル形式でデータサイズが重い
・CDとほぼ同音質
AIFF ・Appleの音声ファイル形式で一度圧縮すると元に戻せない
・CDとほぼ同音質
MP3 ・データサイズは原音の約10分の1
・CDとほぼ同音質
AAC ・MP3の後継となる形式
・データサイズは原音の約10分の1だがMP3より少し大きく音質がいい
・一度圧縮すると元に戻せない
FLAC ・原音の約半分のデータサイズで高音質
・圧縮しても元に戻せる
M4A ・Appleの音声規格
・MP4ファイルに映像データを入れない状態でファイル化したもの
OGG ・MP3形式のライセンス権に関わる問題を避けるための規格でオープンソース
・音質はMP3よりもいい
WMA ・Microsoftの音声圧縮フォーマット
・低速回線ではMP3より高音質

■YouTubeにアップするなら、ファイル形式を変換しましょう

音楽ファイルをそのままの形式でYouTubeへアップロードすることはできませんので、ファイル形式を変換する作業が必要となります。

音楽ファイルをYouTubeに対応した動画ファイルに変換するには、ファイル変換ソフト・アプリやWebサービスの使用が一般的です。また、動画作成ソフト・アプリを使い、動画の音声として音楽を落とし込む方法もあります。

YouTubeへ音楽アップロードするための準備

YouTubeへ音楽アップロードするために、アップロードできるファイル形式で準備することが必要です。アップロード前に必要な手順について紹介していきます。

■ファイル形式を変換するには?

まずは、動画ファイルの作成準備のため、アップロードしたい音楽ファイルをMP3形式へ変換します。

ファイル形式の変換に、高額なソフトやアプリは必要ありません。WebサービスでMP3からMP4へ変換可能なサイトは数多くあり、これらを用いることで無料でファイル形式を変換できます。

ただし、無料のサービスの場合、信頼できないサイトを選んでしまうとウイルス感染のリスクも高まります。利用を考えている場合は、サイトの運営会社を確認して安全性を見極め、ウイルスソフトを導入したうえで利用してください。

※ファイル形式の変換には時間がかかるため、この作業は、実際に編集作業やアップロード作業などをする前のタイミングに行っておくことをおすすめします。

■動画ファイルを作成するには?

音楽ファイルをMP3ファイルに変更できたら、次にそれを動画ファイルに変換します。

動画ファイルを作成する際には、まずはPCに始めから入っているソフトを使用するのが無難です。Macなら「iMovie」、Windowsなら「フォト」などのソフトです。使っている人が多いソフトであるため、もし使い方につまずいても、すぐに情報を見つけやすいというメリットもあります。

このとき、音楽を再生する際に表示させたい画像が1枚でもあれば、スムーズに動画ファイルを作成できます。「アップしたいMP3ファイル」と「何かしらの画像」を組み合わせることで、動画ファイルを作成できるためです。

YouTubeへの音楽アップロード手順

次に、作成した動画ファイルをYouTubeにアップロードする方法を紹介します。

YouTubeへのアップロードには特別な審査や手続きは必要ありません。アカウントを作れば、基本的にだれでもアップロード可能です。

■1. GoogleアカウントでYouTubeにログイン、マイチャンネルを作成する

まずはYouTubeをWebブラウザまたはアプリで開き、Googleアカウントにログインします。Googleアカウントを持っていない場合や、すでに持っているアカウントとは別のアカウントを使用したい場合は、新たなGoogleアカウントを作成してください。

自身のアイコンをクリックしてメニュー展開させ「チャンネル」をクリックします。なお初めてチャンネルを開く場合には、チャンネル作成画面が表示されますので、登録する名前と写真を入力して「チャンネルを作成」ボタンをクリックし、指示に沿って操作をしてください。

  • YOUTUBE 音楽

    このような画面が開けたら準備完了です

■2. アカウントの確認手続きをしておく

YouTubeをより幅広く活用していくために、YouTubeアカウントの確認手続きをしておきましょう。アカウントの確認をしなくても基本的な利用は可能ですが、認証することでできることが増えるため、早めに設定しておくことをおすすめします。

YouTube「アカウントの確認
※すでに設定されている方はスキップしてください

アカウント確認手続きは下記の手順で行います。

  • YouTubeでログイン後にアカウントの確認画面に遷移
  • 電話番号を入力して送信し、送られてきた確認コードを入力する

アカウントの確認手続きを終えると、以下のようなことができるようになります。

  • 15分以上の動画アップロード
  • カスタマイズしたサムネイルを追加
  • ライブ配信
  • 著作権侵害の申し立てを受けた場合の再審査請求

無料でできる操作であるので、チャンネル作成と同時に済ませておきましょう。

■3. 投稿する

チャンネル登録が終わったら、動画を投稿しましょう。動画の投稿はYouTube Studioから行うとスムーズです。タブレットやスマートフォンを使っているなら、アプリもあるのでダウンロードしておきましょう。

動画投稿の手順は以下の通りです。

  • 画面右上にある「作成」ボタンを押す
  • 「動画をアップロード」を選択
  • アップロードする動画をドラッグ&ドロップする

最大15本までの動画を一度にアップロード可能です。

■4. 管理画面から説明文やタグ・詳細データを設定する

動画ファイルをアップロードしたら、それぞれの動画についての基本情報や詳細を設定していきます。

設定できる基本情報は以下の通りです。

  • タイトル
  • 説明
  • サムネイル(YouTube動画一覧で表示される画像)
  • 再生リスト
  • 視聴者(児童が視聴するのにふさわしい内容かどうかを申告)
  • 年齢制限

さらに詳細設定で、下記項目を選択します。

  • 有料プロモーションの有無
  • タグ
  • カテゴリ
  • 言語と字幕ファイルアップロード
  • 撮影日・撮影場所
  • ライセンス
  • コメントのオン・オフ

できるだけ詳細に入力しているほうが、注目を集められます。また、よりたくさんの音楽を聴いてもらうために、「再生リスト」を作っておくのもよいでしょう。自分の音楽を繰り返し再生してもらえることにつながります。

■5. サムネイルやリンクなどを設定して作り込む

アップロードした動画ファイルの基本的な設定が終わったら、より多くの人に視聴してもらえるよう、動画を作り込みましょう。

まずはサムネイルをオリジナルの画像に変更することをおすすめします。通常、サムネイルには動画内にある画像しか使用できませんが、上記の「2. アカウントの確認手続きをしておく」で紹介したアカウントの確認手続きの手順を踏んでおくことで、カスタマイズしたサムネイルをアップロードし利用することが可能です。

サムネイルをアップロードする手順は下記の通りです。

  • YouTube Studioで「動画」メニューを選択
  • 「サムネイル」→「サムネイルをアップロード」を選択
  • カスタムサムネイルとして使用するファイルを選択
  • 「保存」を選択

アーティストや売れっ子YouTuberの動画を参考にしながら、目を引くような画像を作成することがおすすめです。

また、動画の最後には終了動画を追加できます。25秒以上の動画の最後に追加でき、 5~20秒の間で作成可能。作成手順は下記の通りです。

  • YouTube Studioで「動画」メニューを選択
  • 「エディタ」を選択
  • 「終了画面を追加する」を選択

終了動画には、最新のアップロード動画やおすすめ動画などを含めることも可能です。自分の音楽に興味を持って最後まで視聴してくれた人に、他の作品も視聴してもらえる機会になるので、必ず設定しておきましょう。

YouTubeに音楽アップロードする際の注意点

だれでも手軽に活用できるYouTubeにアップロードする際に気をつけておくべきポイントがありますので紹介していきます。

■著作権違反にならないよう注意

著作権とは知的財産権のひとつで、著作物を財産として所有できる権利です。音楽や画像も著作権の対象に含まれていて、作者の死後50年をこえると適用されなくなります。著作権に問題のある音楽をアップロードすると、著作権法違反となり、画像の公開を差し止められることもあります。

自作の音楽の場合は問題になることは少ないかもしれませんが、カバー曲やリミックス版をアップロードする場合には、それが著作権を侵害していないかを確認しておきましょう。

■画像は自分で撮影したものか著作権フリーのものを使用

たとえ自作の音楽を使っていても、動画の画像に他人の作品を使用すると、著作権法違反になってしまうことがあります。

できれば自分で撮影した写真か、著作権フリーの画像を使うことがおすすめです。

著作権フリーのサイトから画像をダウンロードした場合でも、商用とみなされると使えない場合がありますので、各サイトで画像の使用条件をよく確認しましょう。

■規約改定をこまめにチェックする

YouTubeはYouTubeの規約に沿って運営されているWebサービスなので、規約違反になると動画が公開停止されたり、最悪の場合はチャンネルを削除されたりすることもあります。さらに前日まで問題なかった動画やチャンネルでも、利用規約の改定があれば規約違反に該当してしまう可能性もあるので注意が必要です。

新しい利用規約が発表されたら、これまでの動画やチャンネルの運営方針が規約に沿っているかどうか確認して、対応していきましょう。

まとめ

自作の音楽をたくさんの人に聴いてもらうために、YouTubeにアップロードしたいと考える人は多いでしょう。しかし、それが初めての作業であれば、操作につまずいてしまうことがあります。

音楽ファイルは、そのままではYouTubeにアップロードできないため、動画ファイルへ変換することが必要不可欠です。また、動画ファイルに変換するのは、無料で使えるソフトやスマートフォン・タブレットのアプリも利用可能なので、想像よりもハードルは低いでしょう。

YouTubeにアップロードした自作の音楽を聴いてもらう機会を増やしていきましょう。