2019年にスタートしたデジタルカードゲーム『Shadowverse』の大学生リーグ「Shadowverse University League」が、2020年も開催されている。2シーズン目となる2020年、この大会でひとつの新プロジェクトがスタートした。同リーグの「新たな魅力を発掘し、発信することを担う」ものとして、「シャドウバース大学生リーグ広報部」が設立されたのだ。メンバーもまた大学生のみに絞ったこの広報部の狙いについて、キーマンであるShadowverse メディアプランナー チームリーダーの川上尚樹氏とメディアプランナーの野村敦宗氏に話をうかがった。

チームの一体感を味わえる専用ルールが魅力の大学生リーグ

――まずは大学生リーグの狙いを教えてください。

川上氏:もともと『Shadowverse』は幅広い年齢層をターゲットとしています。高校生限定、女性限定といった大会がすでにあるなかで生まれたのが、大学生をターゲットにした「Shadowverse University League」(以下、大学生リーグ)です。

  • シャドウバース大学生リーグ広報部

    Cygames Shadowverse メディアプランナーチームリーダーの川上尚樹氏

野村氏:1年を通じて戦うのがこの大会最大の特徴です。2020年は2シーズン制を採用しています。大学の学期とあわせて4から9月をファーストシーズン、10月後半から来年3月をセカンドシーズンとし、最終的にはそれぞれの上位入賞チームが3月に開催されるグランドファイナルズで争い、年間のチャンピオンを決めます。

4月からではありますが、5月くらいまでは実質的に各サークルが新入生を勧誘したり、メンバーを決めたりといった準備期間。ゴールデンウィークが明けた辺りでエントリーをするチームが多く、試合は6月から9月に行われています。

  • シャドウバース大学生リーグ広報部

    Cygames メディアプランナーの野村敦宗氏

  • シャドウバース大学生リーグ広報部

    2019年度グランドファイナルズの様子

川上氏:大学生リーグと名乗っていますが、専門学校や高等専門学校、短大、大学院に通う人もエントリーできます。また、フリーエントリー制なうえ、同じ大学から複数のチームが参加することも可能です。

――ほかの大会にはない魅力はどんなところでしょう?

川上氏:見どころは5人対5人のチーム戦。大学対抗であると同時に、サークル対抗といった面もあります。

ルール面でもこのリーグ専用のものを用意しています。勝ったほうが残るのではなく、負けたほうが残り、先に5勝したチームが勝ち。つまり、全員が1回ずつ勝たないとチームの勝利にならないのです。

勝ったほうが抜ける「負け残り戦」であるため、強い人が1人だけいる一点突破型のチームでは勝てません。また、個人のプレイヤーとしてのスキルはもちろん、チーム全体での戦略も非常に重要になってくるので、チームの一体感や達成感が味わえるルールになっているのではないでしょうか。

  • シャドウバース大学生リーグ広報部

    チームの一体感が醸成されるルールを採用。写真は2019年度のグランドファイナルズのもの

――大会はどれくらいの規模なのでしょう?

野村氏:2019年は4シーズン制で、延べ280チーム、1シーズン平均70チームが参加しました。

2020-21のファーストシーズンは62チームに参加いただいています。数字上は少し減ってしまっていますが、これは新型コロナウイルスの影響で新入生の勧誘が進まなかったり、サークル活動が滞ったりしているのが原因だと考えています。

リーグのコミュニティサイトには5人以上のメンバーを有するサークルが100以上登録されていますので、学生や大学生を対象としたチーム戦の大会としては、国内最大規模でしょう。

  • シャドウバース大学生リーグ広報部

    多くのチームが参加するなか、2019年度グランドファイナルズでは横浜国立大学が優勝した

――大学生からの認知度も高く、集まる人数が確保できていると言えそうですね。

野村氏:参加したい意思を持つサークルをそれだけ確保できているということですね。ほとんどのサークルにとっては、きちんと新しいメンバーが入ってチームに新陳代謝を起こすことがひとつの課題であるはずです。昨年度と比較してみると、次世代へうまくリーダーを引き継げているサークルが多い印象も受けます。これもまた、大学生リーグの特徴的なところではないでしょうか。

大学生に募集をかけて「広報部」を設立

――あらたに「シャドウバース大学生リーグ広報部」を設立されたとのことですが、大会専門の広報部を作った理由を教えてください。

川上氏:大学生リーグについては、現状のように我々Cygamesが運営するのではなく、学生主体で運営するリーグにしたいという気持ちがあります。とはいえ、これだけの規模のリーグ運営をいきなり任されるのはかなり難しい話。なので、まずは広報というカタチで我々のすぐ近くで運営に携わり、ノウハウなどを吸収してもらうことで、自主的な運営という理想へ近づけるような人材を育てたいと思っています。

――ゆくゆくは運営全体を大学生に任せる目的があったのですね。最初に広報という仕事を選んだ理由を教えてください。

川上氏:広報であれば、大学生ならではの視点が活かせると思ったのが最大の理由です。企画の立案や情報発信といった部分こそ大学生の視点や発想をいちばん活かせると思いました。

また、大学生に対してこの大会の認知度をさらに向上させたいと思っているので、僕らよりも同じ世代である大学生たちがPR施策を考えたほうが、よりターゲットに刺さるのではないかという期待もあります。

  • シャドウバース大学生リーグ広報部

    将来的には学生主体で運営するリーグにしたいと展望を語る2人

――広報部の任期はいつまでですか?

野村氏:今回は2021年3月までを予定していますが、来年度をどうしていくかは今期の結果を見て考えるつもりです。

川上氏:半年間の成果を次につなげてほしい思いもあるので、希望者にはそのまま続けてもらうのもアリかもしれません。最終的に、それが大学生の手でリーグを運営するためのステップになっていくと思います。

――どれくらいの人数を採用される予定ですか?

野村氏:今のところ初年度は6名ぐらいで採用活動を実施中です(取材当時)。来年度以降は、運営側における大学生の活動範囲を広報部以外にも広げたいですね。

川上氏:大学生リーグの運営にあたって、2019年度はCygamesの僕と野村のほかにもう1人、さらにリーグの広報事務局スタッフとしてPR専門のかたにサポートしていただきました。トータルでも数人で運営と広報をやっていたのですが、学生6名には広報を専門として加わっていただきます。

――その6人の大学生がどんな作業を担当するかも決まっているのですか?

野村氏:実は、そこの企画作りから大学生に担当してもらうつもりです。広報部の大学生にまず企画を考えてもらい、それを僕たちと一緒にブラッシュアップし、実現に導いていく流れを想定しています。

今の社会状況だと難しいかもしれませんが、たとえば「大学生だけが集まるパブリックビューイングをやりたい」というアイデアが出たなら、どうすればそれが実現できるかを一緒に考えたり、開催の告知をSNSで発信してもらったりする予定です。

――まずは「自分たちが何をしたいか」を考えてもらうわけですね。

野村氏:そうは言っても最初はまったくの手探りでしょうから、こちらからの提案もしていくつもりです。

ご協力いただいているPR会社さんには、「広報やPRとは何か」という基本的な部分や、コンテンツにどういう切り口を持たせればニュースをメディアに取り上げてもらえるのか、といったPRスキルのレクチャーなどをお願いしたいと思っています。

採用の基準は熱意とコミュニケーション能力

――応募者を選考する流れを教えてください。

野村氏:書類選考通過者のみを対象に、オンライン面接を行って6名を選びます。応募総数からいくと競争率としては10倍以上ですね。

川上氏:『Shadowverse』だけでなくカードゲーム全般が好きなかたや、広報という仕事に興味のあるかたなど、内訳はかなり多彩。『Shadowverse』に詳しいほうが望ましいですが、それよりもコミュニケーション能力や熱意を基準に選考しています。

野村氏:志望理由の欄を自由に記入できるようにしてあったので、そこで熱意をアピールできるかが大きいですね。「自分で考えて何かを成し遂げる」ことがひとつのコンセプトでもあるので、書類選考では「こういうことをやりたい」「これができる」といった思いが伝わってくる人を選びました。

  • シャドウバース大学生リーグ広報部

――一般的なゲームタイトルとeスポーツ大会では広報活動に違いはありますか?

野村氏:eスポーツの大会は選手や運営だけでなく、観客がいてはじめて成り立ちます。そのため、運営や広報活動では、人を楽しませることが好きであることが大事だと思っています。

――募集は全国からされているのでしょうか?

川上氏:そうですね。なので基本はオンラインでの活動を考えています。9月のシーズンファイナルは例外的にオンラインでの開催になりますが、基本的にシーズンファイナルと年間の決勝はオフラインで実施されます。そうしたイベントの開催などでは東京まで来ていただくこともあるかと思います。

――やはり大学生リーグも重要な試合はオフラインでの開催が理想ですか?

野村氏:オンラインの大会では対戦相手とのコミュニケーションが損なわれがちであると感じています。オフラインでは、試合終了後に選手同士が連絡先を交換したり、そのまま食事に行ったりと、大学生リーグならではの光景が見られました。

ですがオンラインでは、直接の対話はほとんどありませんし、勝者と敗者ではお互いに声がかけづらい雰囲気があるんですね。

  • シャドウバース大学生リーグ広報部

    試合後の集合写真もオフラインならでは

川上氏:チームとチームのあいだだけでなく、勝ったあとにハイタッチをしてチームとしての一体感が高まるような場面もオンラインだと生まれにくい。観ている側にしても、感情移入につながる部分、感情を揺さぶるものがオンラインではどうしても少なくなってしまいます。

好きなことを仕事にする達成感と充実感を味わって欲しい

――広報部に期待していることはありますか?

川上氏:自分の本当に好きなことを仕事にできている人は意外に少ないと思うのですが、広報部の活動はそれを体験するひとつのチャンスと言えるでしょう。好きなことを仕事にすることでどれだけ達成感や充実感が味わえるかを知ってほしいですし、その経験を大切にしてほしいですね。

もちろん、それ故の大変さから学ぶこともあるはずですが、それを差し置いても「楽しかった」という思いを抱いてくれれば、今後の就職活動の軸にもなっていくかと思います。また、その経験を活かしてeスポーツ業界、ゲーム業界を盛り上げる人材になってくれるとうれしいですね。

  • シャドウバース大学生リーグ広報部

――ちなみに皆さんはどんな経緯で今のお仕事をされているのでしょうか?

野村氏:僕はもともとeスポーツが大好きで、2018年に新卒として入社する前にプロeスポーツチームでアルバイトも経験しています。Cygamesの面接では「eスポーツをやらせてください」とアピールしていて、ずっと『Shadowverse』のeスポーツ大会に関わっています。

川上氏:新卒で入った別のゲーム会社でたまたまプロモーション活動を行う部署に配属されたのがはじまりです。その後、転職した別の広告代理店でeスポーツへの関わりができ、『Shadowverse』がローンチされてしばらくしてからCygamesに合流。それからは、ずっとこのゲームのeスポーツに関わっています。

僕が新卒で就職したのは10年くらい前ですが、その間ずっと好きだったゲームに仕事として関わってきました。好きなことを仕事にすると苦しいこともたくさんありますが、それ以上に楽しさや充実感が勝ります。

だからこそ、今回広報部に入った学生にもぜひ、このチャンスを生かし、好きなことを仕事にすることがどれだけ楽しいのかを経験してほしいと思っています。

――ありがとうございました。

ほかのゲームにおいても、大学生を対象とした大会やリーグは存在する。しかし、参加者と同じ大学生からの目線で企画を立案してもらうことで、より同世代への認知を高められるだけでなく、さらにリーグ自体の運営も任せるという大学生リーグの構想は、この「Shadowverse University League」独特のものだ。

リーグ自体がはじまったばかりなうえ、コロナ禍における影響もある今は、こうした柔軟な発想で新しい試みを行うチャンスでもあるだろう。

eスポーツがより一層、日本に定着するためには選手、観客ともに「層の厚み」が重要となる。この「Shadowverse University League」における一連の動きはその醸成に大きく寄与する可能性を秘めていると思う。

(C) Cygames, Inc.