ロジクールは7月31日、「Macユーザーにとっての利便性を追求」した新型キーボード「MX KEYS for Mac」を発表しました。8月20日より販売が開始されており、直販価格は15,980円(税込)です。

  • ロジクール「MX KEYS for Mac」。薄型ながらしっかりとした打鍵感が特徴です

    ロジクール「MX KEYS for Mac」。薄型ながらしっかりとした打鍵感が特徴です。直販価格は15,980円(税込)

本製品は2019年9月18日に発表された「MX KEYS」の派生モデル。ロジクールのハイエンドキーボードの基本設計を踏襲しつつ、Mac用に全振りしたモデルです。

MX KEYSはWindows、Mac、Linux、iOS、Androidに対応しており、汎用性という点では上。両機種の直販価格は同じなので、どちらを買うべきか悩むところですが、MX KEYS for Macは一体どのような進化を遂げているのか? ……という視点からレビューをお届けしましょう。

MX KEYS for Macはなにが変わったのか?

基本設計はMX KEYSと同じ。まずはなにが変わったのか箇条書きでご覧ください。

  • アップル純正「Magic Keyboard」の刻印をほぼ踏襲
  • MXシリーズ(ロジクールのフラグシップ製品群)としては初めて英語配列を採用
  • 充電ケーブルをUSB-A to USB-CからUSB-C to USB-Cへ変更
  • 本体カラーにアップル製品と同じくスペースグレーを採用
  • Bluetooth接続の安定性をMac用にカスタマイズ

一番大きな違いはアップル純正キーボード「Magic Keyboard」のキー配列、刻印をほぼ踏襲していること。

MX KEYSはMacとWindowsの両方で使うために、「Option」と「スタート」などの刻印が併記されていますが、MX KEYS for MacはMac用のみ。またファンクションキーが「F19」まで用意され、「イジェクト」キーも搭載されています。Magic Keyboardから移行しても、まったく違和感なく利用できるはずです。

  • 上がMX KEYS for Mac、下がMX KEYS。機能キーから「デスクトップの表示/非表示」キーが削除され、代わりに「イジェクト」キーが搭載されています

もうひとつの大きな違いが、MXシリーズとして初めて英語配列を採用したこと。キーボードの刻印がスッキリしており、「スペース」キーの幅が広くてよいですね。日本向けのMX KEYSには英語キーボードモデルが用意されていないので、MX KEYSユーザーとしてはこの点は羨ましいです。

ただ、MX KEYS for Macが英語キーボードなのは、Macユーザーが英語配列キーボードを好むから……とのことですが、それはちょっと極論かなぁと個人的には思います。ちなみにワタシはデザイン的には英語キーボードが好みですが、Macでは「英数」と「かな」のワンキーで日英を切り替えられる日本語キーボード派です。

  • 英語配列キーボードでMacの入力ソースを切り替えるには、「Control+スペース」キーや「Control+Shift+スペース」キーなどのショートカットキーを入力する必要があります

地味にうれしいのが本体カラーにアップル製品と同じくスペースグレーが採用されていること。同色のMacを使っているのならカラーを統一できるわけです。並べてみると、まるでアップル純正品のような趣きですねぇ。

  • スペースグレイの16インチMacBook Proと並べてみました。しっくり!

  • iMacやMac mini、MacBook Proなどと必然的にカラーを統一できます。ちなみにアップル製品のカラーは「スペースグレイ」ですが、MX KEYS for Macのカラーは「スペースグレー」となっています

ひんぱんに充電するわけではないですが、充電ケーブルがUSB-A to USB-CからUSB-C to USB-Cへ変更されたのもナイスなポイント。MX KEYS for Macだけでなく、iPad ProやAndroid端末の充電にも活用できます。

  • 充電ケーブルの長さは実測105cm。やや細いですが使い勝手のいいケーブルです。ただし、MX KEYSと同様に、有線接続には対応していません

最後の変更点としては、「Bluetooth接続の安定性をMac用にカスタマイズ」とアナウンスされています。ロジクールに詳細を確認したところ、混雑や干渉の影響を低減したほか、スリープ後の再接続が早くなり、遅延も少なくなっているとのことです。

筆者の場合、自宅でひとり仕事をしているので接続安定性が向上していることを体感できませんでしたが、多くの人が働くオフィスやコワーキングスペースでは恩恵を受けられるのかもしれません。

  • MX KEYS for Macは、USBドングル「Logicool Unifyingレシーバー」またはBluetooth経由でMacと接続します

  • 同梱品一覧。「Logicool Unifyingレシーバー」は標準オプションに含まれています

なお、ひとつ注意点があります。ディスク暗号化機能「FileVault」を有効にしていると、BluetoothデバイスはログインしていないMacに接続できません。FileVaultを有効にする場合には、同梱されているLogicool Unifyingレシーバーを利用しましょう。

MX KEYS for MacはWindowsで使えるのか?

さて「for Mac」をうたっている本製品は、Windows搭載PCでも使えるのでしょうか? 実際に試してみたところ、普通のBluetoothキーボードとしては認識しました。ただし、ロジクールのPC向け設定ユーティリティー「Logicool Options」に、対応デバイスとして表示されません。英語キーボードであるという利点はありますが、Logicool Optionsで細かな設定ができないので、基本的にはオススメいたしません。

  • Windows上の「Logicool Options」からMX KEYS for Macを登録してみましたが、デバイス一覧に表示されません。Logicool Optionsに設定ファイルが存在しないのだと思われます

  • Mac上のLogicool Optionsでは当然MX KEYS for Macがデバイス一覧に表示されます。ちなみに、左上がMX KEYS for Macです

MX KEYS for Macの基本スペックをおさらい

MX KEYS for Macの本体サイズは430.2×131.64×20.5mm、重量は810g。キー構造はパンタグラフ方式。キーピッチは19.0mm、キーストロークは1.8mm、押下圧は60±20gです。

バッテリーはリチウムポリマー電池。4時間でフル充電でき、バックライトオンで最大10日間、バックライトオフで最大5ヵ月利用可能とされています(週5日、1日8時間使用した場合)。

対応OSは、macOS 10.15以降、iPadOS 13.1以降、iOS 9以降。ただし先に試したとおり、Logicool Optionsは利用できませんが、Windows搭載PCに接続して文字入力自体は可能です。

ノートPCに近い、MX KEYS for Macの打ち心地

MX KEYS自体を使ったことがない方のために打鍵感についても言及しておくと、普段ノートPCを主に使っている方にはキーストロークが深いメカニカルキーボードなどよりもタイピングしやすいと思います。

筆者は8割方デスクトップPCを使っているのでキーストロークが4mmの某社製キーボードを愛用していますが、ノートPCとデスクトップPCを交互に使うのならノートPCにキーストロークが近いMX KEYSを選ぶと思います。

  • 本体表面(上)と本体裏面(下)。フットプリントは430.2×131.63mm

  • 本体前面(上)と本体背面(下)。高さは20.5mm。背面にはUSB Type-C端子と電源スイッチが配置されています

  • 本体右側面と本体左側面。キーボード面の角度は実測5度前後です

  • キーピッチは19.0mm

  • キーストロークは1.8mm

  • キートップには指が馴染むくぼみが設けられています

  • 実測重量は804.0g

  • フルサイズのキーボードだけにどのキーにも自然に指が届きます

  • アップル純正の「Magic Keyboard(テンキー付き)」には搭載されていないキーボードバックライトを内蔵しています

アップル純正キーボードに満足できない人に全力でオススメ

まず大前提として、Macメインで、Windowsでも使いたいという方にはMX KEYS for Macは向いていません。Logicool Optionsがなければ、ファンクションキーと機能キーの入れ替え、ファンクションキーへのアプリケーションの割り当て、一部キーの無効化などなど多くの設定を利用できません。使い勝手が著しく落ちるのです。

しかし、打鍵感は好みが分かれるとしても、キーボードバックライトを搭載している点、Easy-switchキーで最大3台の端末をキーボードから切り替えられるというのはMX KEYS for Macの大きなアドバンテージです。例えばMac、iPad、iPhoneの3端末で共有するキーボードを探している場合など、アップル純正の「Magic Keyboard(テンキー付き)」の機能に満足していない方に、全力でオススメできる製品です。

  • Mac、iPad、iPhoneの3端末で共有するキーボードを探しているのなら、MX KEYS for Mac一択です!