久しぶりの物理キーボード搭載Androidスマートフォン「F(x)tec Pro1」が登場した。筆者の記憶の限りでは、横方向フルキーボード付のAndroidはほとんどない(縦方向だとBlackBerryやTerrain、Unihertz Titan。横方向としてはGemini PDAとCosmo Communicator程度で、日本でキャリアから販売されたau IS01やOptimus chatという端末もあったなぁという程度)。

ほぼ同タイミングで発表された、同じくキーボード付きのAndroid端末「Cosmo Communicator with HDMI」と大きく違うのは、キーボードの取り扱い。Cosmo Communicator with HDMIはクラムシェル型のノートパソコンのようにキーボードが常時出ているのに対し、F(x)tec Pro1はスライド式で使わないときはキーボードレスにできる。

  • 物理キーボードが付いているAndroidスマホ「F(x)tec Pro1」。量販店価格は税込109,880円前後

    F(x)tec Pro1。量販店では税込109,880円前後で販売されている。ハードウェアキーボードが付いているAndroid 9.0スマートフォンだが、不必要なときはキーボードを収納できる、いわば2in1の製品だ

物理キーボードのギミックで本体は厚め

F(x)tec Pro1は6インチ筺体のAndroid9.0のスマートフォンで、SoCにSnapdragon 835、メモリに6GB、ストレージに128GBを内蔵。ディスプレイは2,160×1,080ドットのAMOLEDを採用する。

サイズはW154×D73.6×H13.98mm。キーボードというギミックが付いている関係で、イマドキのAndroidスマホからするとかなり分厚く、公称243gと重めだ。バッテリは3,200mAhで充電はQC3.0に対応する。

筆者が使っているスマホの大きさと重さ
製品名 幅(mm) 奥行(mm) 高さ(mm) 重さ(g)
F(x)tec Pro1 154 73.6 13.98 243
P30 lite 152.9 72.7 7.4 159
Reno A 128GB 158.4 75.4 7.8 169.5
Pixel 3XL 145.6 68.2 7.9 148
Pixel 4XL 147.1 68.8 8.2 162
  • キーボードを畳んだ状態ではごくごく普通のAndroid端末に見える

  • が、普段使っているGoogle Pixel 4XL(左)、Huawei P30 lite(右)と比較すると明らかに厚く、ディスプレイ部分だけはみ出している感じだ

  • 実測値は約245gだった

  • 6インチ画面はイマドキのAndroidスマホとしては一般的で、大人の男性ならば片手で楽に持てるサイズ。少々厚いぶん、逆に持ちやすい

  • 一般的なパソコン用キーボード(ロジクールのMX KEYS)の上に置いたところ

  • Qualcomm quick charge 3.0に対応するアダプタが付属する。今回借りた試用機はいわゆるUSプラグだけでなくEU/UKのプラグにも対応するが、市販版はUSのみとの事だ。これはちょっと残念

nano SIMに対応したデュアルSIM&microSDスロット(SIM1枚と排他利用)を、側面に搭載。面白いのはSIMスロットを開けるのにイジェクトピンを使用せず、爪で引っ掛けて開けられること。SIMを入れ替える機会が多い人に便利そうだ。

  • SIMスロットはちょっと珍しくイジェクトピンを使わない設計。写真中央のくぼみに爪を引っ掛けると引き出せる

  • SIMトレー。nano SIM 2枚に対応するが、SIM2とmicroSDカードは排他利用となる

基本は横画面。左右スピーカーで動画視聴が◎

筆者の場合(落下損傷に備えて)すべてのスマートフォンに手帳型のケースを取り付けているが、F(x)tec Pro1はスライド式キーボードというギミックの関係で、ケースの取り付けはほぼムリだ。代わりに専用スリーブが同梱されている。

3.5mmヘッドホン端子の搭載に加えて、横画面時の左右(縦画面では上下にあたる)にスピーカーがある。本体をスライドするとディスプレイに傾斜が付くので、音楽を聞いたりビデオを見る場合、そのまま机に置いて視聴するのに適していた。

  • カバーの類が使えないので専用のスリーブが同梱されている。フロントガラスの保護フィルムも入っていた

  • キーボードを出すとディスプレイはやや上を向き、机の上に置いても両手で持っても使える。動画を見るならこの状態がよさそうだ

  • 横画面で利用する際は左右にスピーカーが配置されており、動画を見るのにいい感じだ。また3.5mmのヘッドホンジャックもある

カメラは2眼、専用のシャッターボタンも

カメラはフロントが固定焦点F2.0の8MPレンズ。リアがF1.8の12MPレンズ(Sony IMX363)に、固定焦点5MPレンズが補助に付くデュアル構成となっている。

動画視聴も「基本は横持ち」の使い方だったが、カメラも同じ。横持ちにしたときに専用のカメラボタンが付いている。一般的なコンパクトデジタルカメラ同様に半押しでピント合わせ、押しこむと撮影できる。

  • リアカメラはフラッシュライト付のデュアルカメラ。上がメインの12MPで下がサブの5MP。ズームはデジタル8倍のみで、広角レンズやマクロは非搭載

  • メーカープリインストールアプリのない「素のAndroid」。カメラアプリは「Snapdragon camera」となっていた

  • 横状態での上側(縦状態では右側面)。右からボリューム、電源、指紋センサー。一番左にあるのがカメラ用のシャッターボタンで、半押しでピント合わせ、全押しでシャッターと撮影時にお役立ち

  • 作例1。撮影した写真は割と素直な印象だ。特にモードを設定していないが背景の葉がボケている

  • 作例2。ズーム性能は上が等倍(ズームなし)で下が最大の8倍。8倍ズームは荒さも目立つが外壁の様子をよく捉えている

カメラは特に設定せずともオートでそれなりによく撮れ、発色もいい。特に横構図では専用シャッターボタンもあり、気軽にスナップを撮るのに向いていそうだ。

バンド18非対応、楽天モバイルには不向き?

SIMフリーということで、対応4Gネットワークも確認しよう。

  • FDD-LTE……Band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28

  • TDD-LTE……38 / 39 / 40 / 41

NTTドコモだとBand 21以外、auがBand 11 / 18 / 42以外、ソフトバンクがBand 11 / 42以外に対応している。auはBand 18が主力バンドの一つなのでややつながりにくいかもしれない。

楽天モバイルは自社エリアのBand 3には対応しているが、auローミングで使われているBand 18には対応していないので、場所によっては利用が難しそうだ。Wi-FiはIEEE802.11ac(Wi-Fi 5)対応にとどまっている。

  • キーボードを出した反対側に技適ステッカーが貼られている。技適の認定は相互承認制度を使わずに日本で取っており、日本版に追加コストがかかっているのがわかる

物理キーの入力はグッド! 親指でも打ちやすい

いよいよ本機最大の特徴、キーボードに迫っていこう。F(x)tec Pro1の「画面自動回転」設定は、標準でオフになっているが、キーボードを引き出すと強制的に横画面になる(正確にはキーボードを引き出すと強制横画面にする設定があり、標準でオンになっている)。

  • Sliderはキーボードを引きだしたときの動作に関する設定。キーボードを引き出すと横画面にして、キーボードバックライトを点灯する設定になっていた

  • 本体を開いたところ。英語配列なので、@キーが独立していない。gboardの設定を109Aキーにすれば日本語配置になるが、並びが少々変則的なので英語配列のままにしておいた方が無難だろう

本体は英語配列だが入力性は悪くない。キーボードを使う場合は机に置いて打つ形だけでなく、両手で持って親指で入力するスタイルも使いやすかった。また、キーボードを使わなくても、折りたたんだまま一般的なスマートフォンのように仮想キーボードでも使える。この幅の広さがF(x)tec Pro1の魅力だ。

パソコンでいうと、従来のクラムシェル型のノートパソコンではなく、必要に応じてキーボードを使う2in1タイプ、というイメージで捉えればいいだろう。Androidの操作を考えると常にフルキーを使用するわけではない。従来のフルキーボード付Androidよりも実用的な作りになっていると思う。

  • 両手で持ったところ。両方の親指でキーボードを押すスタイルでも使いやすい

PCライクに編集できるショートカットが魅力

日本語入力はローマ字入力なら問題なく、日本語入力で多い「」(カギカッコ)や句読点も専用キーがあるので入力しやすい。物理キーボードの設定を日本語109A配列にすると特殊文字の配列がキーボード印字と変わってしまうので、英語配列の設定のまま使うのがよさそうだ。

  • 物理キーボードのキーアサインは標準で英語だがローマ字入力なら問題ない

  • 日本語キー設定もあるが、特殊記号の配列が印字と変わるので変更しなくても問題ないだろう

使ってみて最もよかった点が、単純ながらコピペ操作。文章を引用する場合、一般的なAndroidスマホだと長押しでモードを変えて始点、終点をドラッグ、指定してコピーという操作が必要になる。

しかしF(x)tec Pro1ではパソコンと同じように、SHIFTキーを押しながらカーソルキーで範囲を指定し、Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Pでペーストできる。手元にパソコンがないけど、ある程度長い文章をちょっと編集したいという時に便利だ。

なお、キー数が多い事を生かし、キーの長押しであらかじめ登録したアプリケーションを起動する事もできる。スマートフォンはホーム画面によく使うアプリアイコンを置くものだが、必要なアプリが多いなら、本機の場合、キー長押しでの起動にしてもよさそうだ。

  • 単独キーの長押しでアプリを一発起動できる。ホーム画面やドロワーにフォルダを入れてタップするか、キー長押しのショートカットに割り当てるかは悩みどころだ(どっちも便利)

Androidスマホでもガッツリ入力したい人に

OSはAndroid 9.0で、最新バージョン(Android 10)のひとつ前。本機を作っているベンチャー企業、英F(x)tecがメジャーアップデートを提供してくれるかは少々微妙だが、9.0のままでも問題なく使えるので、セキュリティアップデートさえ提供してくれれば問題ない。

F(x)tec Pro1は通常のスマホよりも重い、ケースが付けられない(+高い)という欠点はあるものの、普段はタッチ操作のスマホ利用をしつつ、必要な場合はキーボードを出してガッツリ入力したいという人におススメできる製品だ。本機以上の入力性を期待するならば、きちんとした外付キーボードを使う方がいいだろう。

メモリやストレージ容量も十分でデータも多く格納できる。常時パソコンを持ち歩くほどではないが、たまにある程度の文章量やカット&ペーストをともなう作業を行いたいという人はぜひ検討してほしい。