中国のスマートフォンメーカー「ZTE」傘下の「Nubia」が、日本で初めてリリースする端末が「RedMagic 5」です。日本語のWebサイトと販売ページが開設されるという唐突な参入で、大々的という感じではありません。通常のスマートフォンを買うときのように、キャリアショップや国内販売店での手厚いサポートは期待できないかも。ただ、日本の規制はクリアしているため、そういう意味では安心して購入できる、ゲーミングスマホのニューカマーです。

  • RedMagic 5

    ゲーミングスマートフォンらしいデザインのNubia RedMagic 5

ハイパフォーマンスのゲーミングスマホ

最近はゲーミングPCのように、スマートフォン業界にも「ゲーミング」旋風が巻き起こっています。スマートフォンゲームも進化を遂げ、PCゲームのような美しいグラフィックスで派手な演出を盛り込んだゲームも増えてきました。ゲーミングスマホは、そういうゲームを楽しむためにさまざまな機能を盛り込んでいるのです。

グローバルではそうしたゲーミング性能をアピールする製品がいくつか登場しており、差別化がしにくくなってきたスマートフォン業界では1つの流行となっています。ASUSの「ROG Phone」が代表的でしょう。今回のRedMagic 5は、そんなゲーミングスマホに名乗りを上げたモデルです。

  • RedMagic 5

    RedMagicロゴが光るほか、レンズ周りの赤い縁取りなど、派手目のデザイン

RedMagic 5はゲーミングスマホということで、とにかくビッグタイトルも安定して動作させることを主眼に置き、スペックはハイエンドです。SoCはSnapdragon 865 5G、メモリは高速なLPDDR5で8GBまたは12GB、ストレージはこちらも速度を重視したUFS3.0で128GBまたは256GB。日本では8GB+128GB、12GB+128GBの2製品が販売されています。価格はそれぞれ629ドル、649ドルです。

6.65インチAMOLEDディスプレイ(有機EL)は、解像度が1,080×2,340ドットのFHD+ながら、最大144Hzのリフレッシュレートに対応。画面タッチのサンプリングレートも最大240Hzとなっています。高速で動くゲームのグラフィックスがなめらかに描かれ、タッチしてすぐに反応する機敏さがある……ということになります。

  • RedMagic 5
  • RedMagic 5

    本体正面と背面。6.65インチと大型のディスプレイは、OLEDらしくコントラストがはっきりして高品質

描画やタッチ性能は、通常のスマホよりもゲーミングスマホのほうが重要視される点でしょう。特にスマートフォンのゲームはタッチ操作が多いため、タッチの反応がよいのは重要です。実際のところ、どこまで違いがあるかはヘビーゲーマーでないと分からないかもしれませんが、少しでも違いがあるようなら、そうしたユーザーにとっては大切なポイントになります。

パフォーマンスに関してはベンチマークを実行してみました。「3DMark」の「Sling Shot Extreme」は、OpenGL ES 3.1で7293、Vulkanで6645という高得点。「GeekBench 5」でもSingle-Coreが899、Multi-Coreが3215でした。「GFX Bench 5.0」の結果は以下の通りです。

  • 1080p T-Rex Offscreen【11462】
  • T-Rex【 7881】
  • 1080p Manhattan Offscreen【 7751】
  • Manhattan【 6634】
  • 1080p Manhattan 3.1 Offscreen【 5406】
  • Manhattan 3.1【 4549】
  • RedMagic 5

    3DMarkのベンチマーク結果

  • RedMagic 5

    GeekBenchの結果

パフォーマンスは最上位クラスといってよさそうです。ディスプレイ品質も合わせると、現在のスマートフォンゲームであればおおむね問題なく動作すると思われます。レーシングゲームの「アスファルト9」、バトルゲーム「PUBG Mobile」など、いくつかのゲームを試してみましたが、ディスプレイの反応、ゲームの進行、映像の描画など、いずれも問題を感じませんでした。

  • RedMagic 5

    画面のリフレッシュレート設定。144Hz設定にするとバッテリー消費は増えるものの、いわゆるヌルっとなめらかに動く画面はゲームにぴったり

  • RedMagic 5

    ディスプレイのリフレッシュレートをテストする「Blur Busters UFO Motion Tests」では、きちんと144Hzでの動作を確認できます

ゲームを楽しむ機能が満載

ゲームを楽しむための機能も充実しています。RedMagic 5を縦持ちしたときに左上にあるスイッチは、「Game Space」を起動するハードウェアスイッチ(ゲームブーストスイッチ)です。インストールしたゲームアプリのランチャーとして使えるほか、RedMagic 5自体をコントロールする機能を備えます。

  • RedMagic 5
  • RedMagic 5

    本体側面。中央付近にあるのはゲーミングポートで、アクセサリーを装着したときに使われます。スリットは冷却用の空気穴。左端にある赤いスイッチがゲームブーストスイッチです

Game Spaceをオンにしてゲームを起動したあと、画面の右(横持ち時)または下(縦持ち時)からスワイプでポップアップするコントロール画面は、CPU、GPU、ネットワークの現在の状態を表示します。加えて「Game Enhancement」をオンにすると、Auto Mode、CPU Turbo、GPU Turbo、Super Performanceという4種類の設定が表示されます。強制的にパフォーマンスを向上させ、ゲーム体験を高めます。

  • RedMagic 5

    Game Spaceで画面端からスワイプするとコントロール画面が表示され、ゲーム用の設定を変更できます

画面表示もコントロールできます。レーシングゲーム向けの「Car」、暗所を多用するゲームで有効な「Shoot」、多人数型のオンラインバトルゲーム向けの「MOBA」、そして「Auto」から画面の明るさや色を変更します。それぞれの設定はゲームごとに保存され、一度設定するだけで問題ないようです。

  • RedMagic 5

    Game Enhancementからパフォーマンスの設定が可能

  • RedMagic 5

    画面表示もゲーム種別ごとにコントロールできます

本体には液体冷却システムを内蔵しており、ファンも装備。このファンは回転数15,000RPMで、最大30%、吸気量をアップするとされています。以前のRedMagic 3Sと比べて、最大2倍の冷却性能になっているそうです。

Game Enhancementをオンにすると、CPUやGPUの動作速度を積極的にアップさせるため、熱が発生しやすくなます。そこでファンは重要です。Game Spaceにはファンのオンオフ設定があるので、ゲーム時にはオンにしておくといいでしょう。ただし、それなりに騒音が発生します。

ほかにも、ゲーム中は各種の通知や着信をオフにしたり、ゲーム画面の静止画・動画キャプチャなど、ゲームに関連する機能は盛りだくさん。10秒までのマクロ機能も備えているので、同じ作業を繰り返すゲームなどで活用できそうです。

横持ちにしたとき上部側面に、タッチボタン(ショルダートリガーボタン)が2つ用意されているのもポイント。静電式なので物理的なボタンではありませんが、タッチするとバイブレーションで反応が返ります。

  • RedMagic 5

    本体側面。中央に電源ボタン、その隣にボリュームボタン、スリットは空気穴です。左右の端にあるのがショルダートリガーボタンです

  • RedMagic 5

    実際に構えるとこういった感じです

このトリガーは、左右それぞれが画面上で疑似的なタッチをしてくれます。画面タッチで操作するゲームの場合、画面に触れずにトリガーで操作するわけです。タッチ位置は設定から変更できるので、例えばPUBGであれば、画面上の攻撃ボタンを割り当てればトリガーで攻撃できます。

  • RedMagic 5

    トリガーの設定画面。PUBGで左右のトリガーを画面の攻撃ボタンの位置に合わせれば、トリガーで攻撃できるようになります

レーシングゲームであれば、ドリフトと加速を割り当てるいった具合です。指で画面を覆わないうえに、自然に構えた状態でコントロールするので扱いやすくなっています。縦持ちだとあまり意味がないのですが、横持ちゲームには効果的です。タッチ遅延は2ms、タッチサンプリングレートは300Hzとなっていて、高精度で反応のよいタッチ操作が可能です。

オーディオ面では、デュアルステレオスピーカーや7.1chサラウンドのDTS:X Ultra、音に合わせてバイブする4D Shockといった機能を搭載。自宅や自室など周りの迷惑にならない場所なら、大音量でゲームを楽しめます。

  • RedMagic 5

    本体上部にはイヤホン端子も。有線イヤホンが利用できます

  • RedMagic 5

    底部にはUSB Type-CポートとSIMスロットがあります。スリットは3Dステレオスピーカーです

ゲーム機能で期待度が高いのは5Gです。5Gは大容量・低遅延でゲームにも適した通信規格。通信各社も5Gでのゲーム利用を推進しています。このRedMagic 5も5Gに対応しており、海外での名称は「RedMagic 5G」です。

  • RedMagic 5

    大きく5Gのロゴがありますが、現状は5Gの周波数帯では日本の技適を取得していないようです

ただし日本では「RedMagic 5」という名称。本体自体は5Gに対応しているのですが、日本では技術基準適合証明(技適)の認証が通っていないのです。4Gまでは技適が通っているため、4G通信での国内利用には問題ありません。

Nubia社に聞いてみると、「日本ではまだ5Gが発展途上で十分な体験を提供できない」との理由から、4G端末として認証を通したとのこと。5Gの対応バンドはN41/N78とやや物足りないのですが、海外でなら問題なく5G通信が可能です。

また、現時点では計画はないとしつつも、「日本で5Gインフラが十分に整備されれば技適の申請をする可能性がある」そうです。現状、日本で5Gを使用できない点は残念ですが、5Gエリアが拡大したときには対応してくれることを期待します。

カメラもハイエンド

RedMagic 5はハイエンドスマホでもあります。そのため、カメラも比較的高性能です。RedMagic 5では、ソニー製のIMX686センサーを搭載した6,400万画素のメインカメラ、800万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラというトリプルカメラ構成。インカメラは800万画素です。

  • RedMagic 5

    赤い縁取りのあるレンズがメインカメラ、その下が超広角カメラ、最後がマクロカメラです

標準のオートモードではメインカメラのみ動作し、デジタルズームとして3倍・5倍・10倍の切替ボタンが用意されています。AIによるシーン認識やHDR機能もあり、風景や食べ物、人物だけでなく動物や飛行機も認識し、多彩なシーンで最適な撮影をしてくれます。AIが青空と判別したときの色などは、かなり色彩を強調する見栄え重視の設定と感じました。

  • RedMagic 5

    カメラのUI。上部のAIアイコンをオンにすると、画面内の被写体を認識して最適設定にしてくれます。この場合は猫を動物と認識しました

メインカメラは6,400万画素と高画素ですが、4つのピクセルを1つのピクセルとして利用することで、ダイナミックレンジの拡張や暗所ノイズの低減を図っています。スマホのカメラではすっかり一般化した機能ですが、センサーサイズが小さいスマホのカメラでも高画質を実現しています。

  • RedMagic 5

    シャープネスも強すぎずメリハリがあって、ハイエンドスマホとしては平均的な画質でしょう

  • RedMagic 5

    AIが青空を認識すると、ちょっと不自然なほど青くなりますが、見栄えします

実際の写真を見ると、細部の再現はやや不明瞭で、倍率色収差による色ズレも見られるなど、レンズには少し不満を覚えるところ。ダイナミックレンジや色再現は十分なレベルです。

  • RedMagic 5

    HDRが動作して、明暗差の激しい被写体もバランスよい明るさで撮影。AIが動物を認識すると、シャッタースピードが速くなるようです

  • RedMagic 5

    夕景を認識していますが、こちらは比較的自然な仕上がり

  • RedMagic 5

    クリアな描写、派手な色味といったように、インパクトのある写真が撮れます

  • RedMagic 5

    食事もやや派手ですが、みずみずしい描写

  • RedMagic 5

    シーンによっては倍率色収差の色ズレやフレアが発生しますが、全体としては十分な画質でしょう

マクロカメラは、オートモードで近接撮影と認識した場合に切り替えを推奨する表示になり、タッチするとマクロに切り替わります。手動で切り替える場合は、モードを「CAMERA-FAMILY」にして、集約された複数のカメラモードからマクロモードを選びます。

  • RedMagic 5

    多くの機能を備えているCAMERA-FAMILY

このCAMERA-FAMILYには、マクロモード以外にも多重露光やボケ、星の軌跡、タイムラプスなど、撮影を楽しむ機能が多く用意されています。ただし、超広角カメラはなぜかここにもなく、PROモードに切り替えることで設定可能です。

オートモードはメインカメラだけで撮影する設計になっており、基本的にメインカメラでの撮影を推奨しているように見えます。画質を重視するなら、通常はメインカメラを使えばいいでしょう。ただ、風景撮影など超広角カメラを使う機会は多いと思われるので、ちょっと不思議な設計思想です。

望遠カメラはありませんが、3倍くらいならばデジタルズームでも比較的良好な結果が得られます。このあたりはデジタルズームで十分だと思います。5倍になるとちょっと無理をしている印象で、10倍になると画質は期待できませんが、必要に応じて使ってもいいでしょう。

  • RedMagic 5

    3倍ズームであれば、それなりの画質

  • RedMagic 5

    5倍は少々厳しくなります

  • RedMagic 5

    10倍ズームは非常用という感じですが、機体のロゴは判別できます

  • RedMagic 5

    10倍ズームですが、シーンによっては活用できそうです

気になったのは、オートモードだとシャッタースピードが上がりにくいようで、手ブレしやすかったこと。ISO感度の上がりが抑えめなので画質は良好ですが、慎重に構えないと手ブレするので注意したいところです。

  • RedMagic 5

    ワイド感のある写真が撮れる超広角カメラも搭載

また、Androidベースの独自UIを採用した結果、日本語化が中途半端という点も気にかかりました。Nubia社に問い合わせたところ「フィードバックとして受け付ける」というコメントでしたので、いずれ対応してくれるかもしれません。

ゲーマーだけでなくハイエンドスマートフォンが欲しい人にも

RedMagic 5は、パフォーマンスに関してはトップレベル。ファンを内蔵することで長時間の使用でもパフォーマンスが落ちないような工夫は、ゲーミングスマートフォンならでは。ファンは音と引き替えにスマホの温度を下げてくれますが、それでも本体背面はそれなりの熱を持ちます。それだけパフォーマンスを落とさずにCPU・GPUを「ぶん回している」のでしょう。

  • RedMagic 5

    大型のボディは、ゲームマシンとしてはちょうどいいサイズかも

スペックが同等のハイエンドスマホはほかにもありますが、ゲーミング用途として、RedMagic 5はアクセサリーにも注目。有線LAN端子などを備えるドック「Magic Adapter for RedMagic 5」や、物理的な十字キーなどを装着できる「Pro Handle for RedMagic 5」などが用意されています。

本体背面の派手なデザインやLEDは、ゲーミング製品の伝統的なものでもあるので好き嫌いが分かれるかもしれません。そうした面を含めて、ゲーマーでなくてもパフォーマンスやデザイン性で選ぶのもアリでしょう。

  • RedMagic 5

    ゲーム中に背面ロゴが光るギミック