arrowsシリーズで3年ぶりとなるハイエンドスマートフォン「arrows 5G」(F-51A)が7月30日、NTTドコモから発売された。8月7日、メーカーの富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)はオンライン記者発表会を開催し、新モデルのコンセプトやこだわりを紹介した。

  • arrows 5G F-51A(写真はNTTドコモの5Gサービス・新製品発表時に撮影したもの)

    arrows 5G F-51A。ドコモオンライン価格は一括時で税込112,508円(写真はNTTドコモの5Gサービス・新製品発表時に撮影したもの)

  • FCNTによる5G新商品発表会(オンライン開催)。arrows 5G F-51Aの開発経緯や特徴がみっちりとアピールされた

クアルコムとの共同開発で挑んだ5G初号機

arrows 5GはFCNTが設計する久々のハイエンドモデルにして、初の5G対応モデルだ。先進性や薄さを追求し、5Gの世界観をストレスレスで体験できるようこだわって開発したという。

5G初号機の開発にあたりFCNTは、チップセットメーカーのクアルコムと共同開発の体制を組んでいる。FCNTはクアルコムとともに、最新チップセットSnapdragon 865のリファレンスデザイン(見本となる設計図)を共同で開発。その成果を自社向け製品として取り入れたのが「arrows 5G」だ。

  • arrows 5Gはクアルコムと共同開発した「リファレンスデザイン」を元に製品化された

arrows 5Gと、そのベースとなったクアルコムとのリファレンスデザインとの差分としては、防水性能やおサイフケータイへの対応のほか、アプリへの素早いアクセスを目指す「FAST」機能のような、ソフトウェア上の独自機能が挙げられる。背面の素材感もarrows 5G独自のもので、波や光をイメージした細やかな表現を取り入れた。

  • 背面には波や光、矢印をイメージさせる細かな模様がデザインされている

“ミリ波対応”で世界最速・最薄

先進性のきわだった部分のひとつが、5Gで使われる新たな周波数帯「ミリ波」をサポートした点だ。5Gで新しく追加されたミリ波帯は携帯電話向けの周波数帯としては最も高い帯域となり、潤沢な帯域が使える(=高速な通信が可能だ)が、障害物に弱く遠くまで飛ばない性質を持つ。安定した通信を行うには微弱な電波を多く捉える高度な技術が要求される。

また、5G初期チップセットのSnapdragon 865では、モバイル通信用のモデムがチップセットに組み込まれていないため、スマートフォン内部にその設置領域も確保する必要がある。

したがって、ミリ波に対応しようとすると、大きなアンテナを搭載し、必然的にボディは大型化することになる。その条件下でarrows 5Gは「世界最速・最薄」を目指した。

  • FCNTの高田克美社長は「5Gの頂点を極める」というコンセプトを紹介した。なお、ミリ波は2020年夏以降に対応する予定

その結果、arrows 5Gでは発売時点のミリ波対応スマートフォンで世界最薄となる厚さ約7.7mmを実現した。また、ドコモ5Gの初期ラインナップの中で、ミリ波対応機種はこのarrows 5GとGalaxy S20+の2機種のみ。国内メーカーの個人向けモデルとしては唯一のミリ波対応モデルとなった。

ミリ波の通信では、スマートフォンを持った際の電波の減衰と、発熱への対処が課題となってくる。前者はさまざまな持ち方で電波干渉が起こらないような機構設計を行っている。後者はモデムやチップセットからの発熱をべイパーチャンバー(板状の熱拡散部品)によって拡散させている。薄型化のため、内部構造に穴を開けてベイパーチャンバーを埋め込むという工夫も施した。

  • 放熱材のベイパーチャンバーを筐体に貼り付けるのではなく、組み込むのという独自の工夫も

プロeスポーツチームがゲーム体験を監修

arrows 5Gが“ミリ波で最薄”とはいえ、モデムが一体型ではないSnapdragon 865では、必然的に筐体の大型化を避けることは難しい。ディスプレイはarrowsスマホで過去最大の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載している。

しかし、大型ディスプレイを搭載しつつも、上下方向の画面のベゼルをカットした狭額縁設計となり筐体サイズを抑えている。インカメラも画面右上の“パンチ穴”に押し込んだ。5Gの高速通信を生かし、大画面で音楽やゲームを楽しめるような設計となっている。

オーディオではサラウンドシステムのDolby Atomsをサポート。ゲームではクアルコムとの連携を生かし「Snapdragon Elite Gaming」の認証を取得した。これはモバイルゲーミングに適したスマートフォンの認証制度で、タッチパネルのチューニングや画面表示を最適化させていることを示すものだ。

arrowsでは初となる、eスポーツとのコラボも行っている。FCNTがモバイルゲームに強いeスポーツチーム「REJECT」のオフィシャルスポンサーとなり、arrows 5Gの開発時にもチームメンバーの監修を仰いだ。チームメンバーに試作機でプレイしてもらい、改善点を洗い出すことで、モバイルeスポーツの国際大会で使えるレベルの水準に仕上げたという。

  • eスポーツチームの監修によりモバイルゲーミングでの安定性を高めた。「REJECT」のメンバーは、「ゲームプレイ時の不満点をFCNTに伝えたところ、都度改善された試作機が渡されてきた。一緒に開発を進めてきた」とarrows 5Gを評価している

さらにFCNTでは、「5Gゲーム」の開発に挑んでいることも明らかにされた。SEGA XD社との共同開発として、5Gの「高速大容量」と「低遅延」を生かしたゲームコンテンツの開発を検討しているという。

Photoshopとコラボした撮影モード

カメラではAdobeの写真編集アプリ「Photoshop Express」とコラボレーションした「Photoshop Expressモード」を搭載する。シャッターを押すだけで露出や色味を自動調整した写真を撮れるというモードで、くっきり、はっきり、鮮やかな写真になるという。フィルターをセットした写真も撮影可能だ。

  • Photoshop Expressモードでは自動補正がかかった写真を手軽に撮影できる

スマホの標準カメラと連携する機能は、Adobeとしては初めての取り組みだ。モバイル向けの画像編集アプリの展開を強化したいAdobeと、カメラ機能を強化したいFCNTの思いが一致して実現したものだという。

Adobeはスマートフォン向けアプリを「誰でも使えるクリエイティブツール」として打ち出していく方針で、Photoshop Expressモードもカメラに詳しくない人が使いやすい機能に仕上げている。写真編集アプリの「Photoshop Express」もプリインストールし、コラージュや修正、写真へのテキスト追加といった画像編集にも対応できるようにしている。

ロック解除から1秒アプリ起動

arrows 5Gは前述の通り、ハードウェアとしてはクアルコムのリファレンスデザインに準拠している。そのため、これまでのarrowsシリーズで強みとしていた機能は取捨選択されている。

そのなかで、採用された機能が、「FAST」をテーマに操作を快適にする独自機能たち。指紋センサーは、arrowsで初めて画面内指紋認証に対応し、独自機能の「FASTフィンガーランチャー」を搭載している。指紋に紐付けたアプリをすばやく起動する機能だ。

  • 必要なアプリ / 機能へ素早くアクセスできる3つの独自機能。同社はまとめてSmart FASTと呼んでいる

また、OSのマルチタスク機能で特定のアプリを常にスタンバイさせておく「FAST Appドライブ」では、ゲームアプリなど重量級のアプリの起動を高速化できる。arrows 5Gをローカルサーバーとして機能させることで、データ通信を使うことなく他のスマホへ写真をシェアできる「FAST シェア」も搭載している。

洗える防水・日本製も大きな魅力

これまでのarrowsシリーズと共通の要素として、「泡ハンドソープで洗える防水」に対応していることも特徴だ。開発時点では予想もしなかったであろうが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く現状で、洗える防水はより求められる機能となっているだろう。

  • 本体を泡タイプのハンドソープや液体タイプの食器用洗剤で直接洗える

また、日本国内製という点も強くアピールされた。NTTドコモのプロダクト部長 安部成司氏によると、現在でも「国産のスマートフォンがほしい」というユーザーは根強く存在するという。そうしたユーザーの期待に応える点でも、日本製のハイエンドスマートフォンには価値があるだろう。

  • ミリ波と日本製が2大ポイント

arrowsがこれまで強みとしていたタフネス性能については、MIL規格準拠の耐久試験こそ見送られたものの、落下体制や端子の耐久性などはメーカー独自基準で検証を行っている。実用的なシーンを踏まえた試験内容としており、たとえば防水性能では「3年間、毎日arrows 5Gを手洗いする」シーンを想定した検証が行われているという。

強力なコラボが武器の5Gスマホ

arrows 5Gはスマホ向けチップセットで大きな存在感を放つクアルコムとの共同開発により、5Gの新技術を取り入れながらも性能の安定感を高めたと評価できる。また、Adobeとの連携によりカメラでも独自の特徴を打ち出し、eスポーツチームとのコラボでモバイルゲーミングでの実用性も高めた。

arrowsシリーズ由来の特徴としては「日本製」であることのほか、洗える防水やランチャー機能といった使い勝手に関わる機能が盛り込まれている。薄さだけでなく、こういった使い勝手の部分に魅力を感じる人もいるだろう。

久々に登場したarrowsのハイエンドスマートフォンは、強力なコラボレーションを武器として、これまでのarrowsとは一味違うモデルに仕上がっている。