5Gスマホはまだ高い? エリアもまだ限られている? 次世代通信「5G」の前に、堅実な性能でお手頃価格の4Gスマートフォンにも目を向けてみてもいいかもしれません。今回は、NTTドコモが2020年夏モデルとして発表した4G LTEスマートフォンのうち、「arrows Be4 F-41A」を紹介します。

  • arrows Be4 F-41A。お手頃な価格とタフな堅牢性を持つ4Gスマートフォンです

    arrows Be4 F-41A。お手頃な価格とタフな堅牢性を持つ4Gスマートフォンです

税込2万円台前半ながら防水・おサイフ対応

arrows Be F-41Aは、NTTドコモが6月25日に発売したAndroid 10搭載の5.6インチスマートフォン。製造メーカーは富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)です。ドコモオンラインショップでの販売価格は税込23,760円。ドコモで販売されるスマホの中でももっとも低価格な1台です。

  • arrows Be F-41Aの背面。シングルカメラとフラッシュ、その下に指紋センサーが付いています

  • 本体カラーは4色。ゴールド、パープル、ブラック、ホワイト

2万円弱という価格ながら、防水防塵やおサイフケータイにはしっかり対応。画面はフルHD+の有機ELディスプレイと、一通り機能は揃っています。国内工場で組み立てられた「日本製」のスマホでもあります。

多芸な指紋センサーが楽しい

このスマホ、指紋認証に対応しているのですが、単純に「画面ロックを解除する」以上の機能を、この指紋センサーに組み込んでいるのが惹かれるところです。指紋センサーは背面の中央やや上側、中指でも人差し指でも難なく触れる位置にあります。

  • マスクをしていてもロック解除できる指紋センサーはうれしいところ

特に実用的なのが「Exlider(エクスライダー)」。指紋センサーから指を上限に動かすと、画面のスクロールができるという機能です。マウスホイールのような使い心地で、指先の操作を最小限にしつつ画面を閲覧できます。

エクスライダーは特に片手操作をしたいときに活躍します。電車内などでニュースサイトやSNSを眺めているとき、わざわざ指を当てなくても、画面下までスクロールできるのは非常に便利です。

  • Exlider(エクスライダー)では、指紋センサーで指を上下に動かすと画面がスクロールできます

また、エクスライダーでは、画面の拡大表示もできます。指紋センサーを長押しすると、1.5倍の拡大表示になります。スマホの画面そのものを拡大するため、本来拡大できないシーンでも使えるのがポイントです。

さらに指紋センサーでは、もう1つ、とっておきの機能が使えます。それが「FAST フィンガーランチャー」です。これは、指紋センサーを長押ししたときに、アプリを起動するショートカットを表示する機能です。

  • FAST フィンガーランチャーは、指紋センサーを長押しして、最大4つのアプリのショートカットを表示。起動したいアプリの方向へ指を動かして起動させます(ここでは「カメラ」を起動)

たとえばスマホ決済やポイントカードアプリをセットしておけば、ロックを解除しながらサッとバーコード決済の画面を表示可能。カメラやマップなどよく使うアプリを入れておくのも便利です。ランチャーは指紋ごとにアプリを4つまでセットできます。

指をスライドさせてメニュー起動

日本語入力は「Super ATOK ULTIAS」を搭載。日本語入力ソフトとして長い実績を持つATOKを、富士通スマホ向けにカスタマイズしたアプリです。スマホ向けATOKは通常、月額制の有料アプリとなっていますが、このスマホでは無料でATOKを使えます。

このほか、arrowsならではの機能としては「スライドインランチャー」も欠かせません。画面の端から指をスライドさせる動作で、アプリを素早く起動できるメニューを出す機能で、8個までのアプリを登録できます。画面オフの時はFAST フィンガーランチャー、画面オンの時はスライドインランチャーと使い分けることで、どんなシーンでも目的のアプリに素早くたどりつけます。

  • 指をスライドさせてメニューを表示するスライドインランチャーには、最大8個のアプリを登録できます

洗える防水にストラップホールまで

arrows Be F-41Aは「洗える」スマホです。「泡ハンドソープや食器洗剤による手洗い」での動作が検証されています。手に触れる機会が多いスマホを気兼ねなく洗えるのは、コロナ禍のいま魅力的な要素といえるでしょう。

さらに、2万円弱で買えるスマホとしては異例なほどタフネス性能が充実しています。防水・防塵性能はもちろん、落下や高温環境(摂氏60度)での動作など、MIL規格準拠の耐衝撃テストを23項目にわたって実施されています。

タフネスながら、デザインは「優しげ」。人を選ばないカラーリングで、尖った角ができないよう丸みを帯びた形状になっています。長時間、手にしていても負担が少ない形状です。

  • 4辺のカーブが優しい印象を与えるデザイン

底面にはUSB Type-C端子と3.5mmイヤホンジャックが並びます。さらに底面左側には、最近のスマホでは珍しくなったストラップホールも備えています。

  • 端末上部。SIMスロットとmicroSDスロットを格納するトレーがある

  • 底面。USB Type-Cポートと3.5mmイヤホンジャック

  • 左右のインタフェース。右側には電源ボタンと音量ボタン、左側にはストラップホール

なお、パッケージにはスマホ本体以外に何も同梱されていないため、USB Type-Cの充電器やイヤホンは、別途用意する必要があります。

おサイフケータイにもしっかり対応。FMラジオチューナーも備えていて、「radiko+FM」アプリから、インターネットラジオもFM派放送も視聴できます。なお、ワンセグ・フルセグのテレビチューナーは搭載していません。

シンプルイズベストなカメラ

背面カメラは1,310万画素。ほとんどのスマホのカメラが複眼になっているなかで、シンプルな単眼のカメラです。

カメラアプリも「シンプルイズベスト」を体現しているかのような作り。シャッターボタンが大きく表示され、誰でも迷わず撮影できるでしょう。

  • arrows Be4で撮影

  • 最大8倍のデジタルズームが可能です

  • マクロ撮影はあまり得意でないものの、テーブルの上の料理はきれいに撮影できます

  • 風景を撮影。緑は色濃く仕上がりましたが、空はやや白めに

シンプルなカメラながら、HDR撮影や美肌補正、手ブレ補正といったスマホカメラで標準的な機能は一通り抑えています。撮影モードは少なめですが、人物を撮る「ポートレート」と「LiveAutoZoom」というモードを備えています。

  • 撮影モード「LiveAutoZoom」

特に後者のLiveAutoZoomはユニークな機能。動画を撮っているときに被写体(人や動物、モノなど)を選ぶと、自然に自動ズームします。被写体が動けばそれにあわせてフォーカスも移動。スマホの画面で拡大操作をするよりも、自然なズームで動画を撮れるようになっています。

【動画】LiveAutoZoomで鳩にズームアップしたところ。手動でズームするより自然な印象 ※音が出ます

インカメラは810万画素。セルフィー(自分撮り)を撮るとき、カメラの位置にあわせてカウントダウン表示がでるため、自然にカメラ目線な写真が撮れます。

性能は価格相応、力不足に感じるシーンも

基本的な機能をしっかり抑えているarrows Be4 F-41Aですが、チップセットの性能が高くないことから、そのパフォーマンスにはやや不足を感じるシーンもありました。

たとえば、エクスライダーで画面をスクロールするとき、アプリによってはひっかかりを感じることもありました。Twitterのような多くのコンテンツを並べて表示しているアプリでは、処理が間に合わずにスクロールが上手くいかない場合もあるようです。

また、ドコモの標準ホームアプリ「LIVE UX」を設定しているときは、ホーム画面でアプリ一覧を表示するときなどに時間がかかる印象を受けました。LIVE UXには通信が発生するニュース表示機能もあるため、負荷がかかりやすいようです。ホーム画面は「arrowsホーム」に設定すると、快適に動作します。

  • arrowsホームはシンプルなつくり。動作も軽快です

  • 文字が大きい「かんたんホーム」も搭載しています

仕様上でもやや物足りないなと思う部分はあります。たとえばLTEの最高速度(理論値)は下り150Mbpsで、現状のNTTドコモの通信性能のなかでは最低限の速度といえます。

また、本体の保存領域(ストレージ)は32GBと少なめで、写真や動画をよく撮る人ならすぐに埋まってしまうかもしれません。ただし保存容量の問題は、別売のmicroSDカードを追加すれば解決できます。

「生活とともにある」スマホ

arrows Be4 F-41Aは、軽くてコンパクトでタフネスかつ、エクスライダーのような便利な機能も搭載。5G対応の高性能なスマホよりも優れた面もありながら、2万円台で手に入るお手頃さも魅力的です。

スマホゲームを遊んだり、カメラアプリでよく写真を撮るような人には物足りなく感じることもあるかもしれません。スマホで負荷の高い作業をバリバリ行いたい人にはオススメしません。

一方で、LINEやメールでメッセージのやり取りをしたり、おサイフケータイでSuicaを使ったり、Webサイトをたまにみるような人であれば、手軽に手に入るこのスマホが必要十分な1台になるはずです。生活の中で実用的な機能を揃えた、まさに生活とともにあるスマホと言えるでしょう。

arrows Be4 F-41Aの主な仕様

  • OS: Android 10
  • CPU: Snapdragon 450/1.8GHz(オクタコア)
  • 内蔵メモリ: 3GB
  • ストレージ: 32GB
  • 外部ストレージ: microSDXC(最大1TB)
  • サイズ: 約147×70×8.9mm
  • 重量: 約144g
  • ディスプレイ(解像度): 約5.6インチ 有機EL(2,220×1,080ドット)
  • メインカメラ: 約1,310万画素
  • インカメラ: 約810万画素
  • Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi 5対応)
  • バッテリー容量: 2,780mAh
  • 連続待受時間: 約620時間(4G LTE/静止時)
  • 通信速度(4G): 受信最大150Mbps/送信最大50Mbps
  • 防水/防塵: ○/○
  • 生体認証: ○(指紋認証)
  • ワンセグ/フルセグ: ―/―
  • おサイフケータイ: ○(NFC/FeliCa搭載)
  • 接続端子: USB Type-C
  • カラーバリエーション: ゴールド、パープル、ホワイト、ブラック
  • 税込価格(ドコモオンラインショップ): 23,760円