2020年5月、バトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)の地域別オンライン国際大会「PUBG Continental Series: Charity Showdown」(以下、PCS)が開催されました。

4つの地域で行われた本大会のうち、日本チームを含むアジア地域の大会では、彗星のごとく現れた複数の国際大会初出場チームが活躍し、上位を席巻するという思いもよらない結末を迎えました。

『PUBG』の競技シーンにおいて、韓国や中国のチームが出場するアジアは、世界で最も有名強豪プロチームが集うハイレベルな地域。国際大会に初めて出場するチームが上位にランクインするのは、それだけでも十分に大きなトピックスです。

さらに驚くべきことに、総合3位にランクインした香港チーム「Team Curson」は、これが初の国際大会だっただけでなく、社会人と学生混合のアマチュアチームであることが明らかになりました。

  • Team Curson

    圧倒的なポイントで王者に輝いた中国チーム「Tianba Gaming」も、これが初の国際大会だった

日本チームは、国際大会で思うような成績を残せない状況が続いています。日本チームが国際大会で結果を出すために必要なことは、「専業のプロチームとして十分な練習時間が確保できること」や、「チームのサポート体制が整っていること」だと考えられてきました。しかし、Team Cursonの活躍は、そうした考えを覆すものだったと言えるでしょう。

そこで今回、Team Cursonにメールによる取材を敢行。アマチュアチームにもかかわらず、なぜアジア3位という素晴らしい結果を残すことができたのか。普段の練習スケジュールやチーム体制、PCSで好成績を生んだ戦略など、さまざまな内容を聞いていきます。

Team Cursonは、MartianChun選手を中心に結成された

――まずは、Team Cursonが結成された経緯を教えてください。

Team Cursonは2018年、チームキャプテンのMartianChunによって設立されました。かねてより『PUBG』ファンだった彼は、友人とアマチュアチームを結成して、オフライン大会に参加する機会をうかがっていたんです。香港では、まれにオンラインやオフラインのPUBGイベントが行われていて、Team Cursonはそのすべてのイベントにエントリーしていました。

そして、私たちはこの2年間、「PUBG Master League(PML)」(※)に挑んできました。私たちにとって「PML」は、まったく新しいレベルのチャレンジであり、大きな経験になりました。満足できない結果も多く、ときには最下位になることもありました。現在のTeam Cursonの好成績は、選手たちの諦めない心と適応力の結果です。

※PML…PUBG Corp.が主催する、台湾・マカオ・香港地域の公式プロリーグ。

――チームメンバーの紹介をお願いします。

チームキャプテンのMartianChunは28歳で、フルタイムの会社員。仕事のあと、すぐ家に帰って、練習試合や大会に参加しています。彼のモットーは「年齢は負ける言い訳にならない」です。

SoMeTh1nGは、過去に香港と中国本土のプロチームに所属していた経験があり、チームのなかで最も経験豊富なプレイヤーです。SoMeTh1nGとMartianChunは、香港で行われたPUBGのオフライン大会で知り合いました。SoMeTh1nGは、中国のプロチームでの活動を辞めたあと、Team Cursonに加入し、チームのオーダーを務めています。

dAは学生です。Team Cursonのメンバーは、台湾・香港・マカオのチームが参加する練習試合を通じてdAと出会い、その後チームに誘いました。dAは、間違いなく香港で最も人気かつスキルのあるスナイパーの1人です。

PH111は最近チームに加わり、すぐさまキープレイヤーになりました。PH111は、『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』のアマチュア大会に参加した経験があり、MartianChunの友人です。ほかの3人と比べて経験は少ないものの、先日のPCSで懸命な戦いぶりを見せてくれました。

  • Team Curson

    Team Cursonのメンバー。左から、MartianChun選手、SoMeTh1nG選手、dA選手、PH111選手

練習時間は1日およそ4時間、コーチやアナリストは不在

――Team Cursonは、社会人と学生混合のアマチュアチームだと伺いました。平日・休日それぞれの練習スケジュールを教えてください。

MartianChunはフルタイムの会社員で、休みは日曜だけです。dAは学生で、ほかのプレイヤーはときどきアルバイトをしています。

そのなかで、私たちはチームとして可能な限り練習しようとしています。基本的な練習スケジュールとしては、月曜から土曜まで、19時~20時ごろにスタートして23時前に終わります。メンバーが疲れ切っていなければ、練習後に試合を見返しながら、プレイについて話し合います。

メンバーの1人が練習に参加できない場合は、外部からサポートメンバーを募ります。2人以上のメンバーが出られないときは練習しません。

――専業のプロチームに比べて練習時間が限られていると思いますが、練習において工夫していることや意識していることはありますか?

学校と仕事があるので、私たちの練習時間は1日4時間ほどに限られています。できるときはなるべく、その日の試合を振り返る時間を1時間ほど設けて、大小問わず各プレイヤーのミスをレビューします。

あらゆるミスを厳しく修正していきながら、良いコミュニケーションを取ること。そして、安定したメンタルと、優れたチームワークこそが、チームを良い状態に保つために大切なことです。

――普段の練習試合では、主にどのような国や地域のチームと試合をしていますか?

以前は、台湾・香港・マカオといった地域のチームとの練習試合が主でしたが、2020年からは中国本土の練習試合にも参加するようになりました。

また、東南アジア地域で、いくつかのサードパーティ大会にも招かれました。私たちにとって大きな経験になり、多くの知識を得ることができたと思います。

将来的には、韓国や日本の練習試合にも参加できたら、とても貴重な機会になるだろうと思っています。

――コーチやアナリストなど、チームの戦術面をサポートするメンバーはそれぞれ何人いますか?

このチームには、デザイナーや動画エディター、ソーシャルメディアを担当するチームマネージャーのMartianYanと、プレイヤーのMartianChun、SoMeTh1nF、dA、PH111、Aliceの計6人が所属しています。

現在、コーチやアナリストはいません。このチームは、各地域の大会を観たり話し合ったりするのが好きで、そうしたなかで新しい戦術を見つけています。

緊張と興奮のなか、初出場の国際大会でアジア3位に

――先日のPCSで、初出場の国際大会で総合3位という結果を残せたことについて、どのように感じていますか?

率直に言えば、PCSで3位を獲得できたことには少し驚きました。Team Cursonはメンバーの全員が、国際大会に出場するのは初めての経験だったんです。

ほかの出場チームはプロチームばかりで、私たちは少し緊張していました。それと同時に、私たちが応援してきたような、今でもプレイを見るのが好きなチームたちと戦うことができたことに、興奮していました。私たちが残せた結果、そしてPCS前や大会期間中の頑張りを誇りに思います。

  • Team Curson

    メンバー全員にとって初の国際大会でありながら、Team CursonはDAY1の初戦からドン勝を獲得

――PCSで良い結果を残せた理由や、Team Cursonならではの強みだと考えているポイントはどういったところですか?

私たちは自チームの欠点が、チームファイトの弱さにあることを知っていました。だからこそ、試合の早い段階から、最もセーフティなルートで次の安全地帯に入り、戦闘を避けるようにしたんです。

私たちは、不確実性が高すぎるほかのチームとの戦闘に巻き込まれないように、慎重に生き残ることを考えた戦略に集中していました。

――PCSではDAY1の成績が非常に好調だっただけに、Week2ではやや失速しているように見えました。これはどのような理由だったと分析していますか?

試合の序盤、私たちは戦闘よりもムーブにフォーカスしています。おそらくWeek1の時点で、ほかのチームはこうした私たちの戦術をリサーチできていませんでした。だからこそ、私たちはよりスムーズなムーブができたのだと思います。

Week2に入ってからは、私たちのプレイスタイルはすでに他チームに研究されたため、それによってムーブが難しくなりました。

  • Team Curson

    Team Cursonは初日に2度のドン勝を獲得し、DAY1時点のランキングで1位スタートした

さらなる結果を残し、プロチームとしての活動を目指す

――PCSで良い結果を残したことで、チームの環境で変化したことはありますか?

チームやファン、そしてスポンサー企業の方々も、PCSでの結果を誇りに思っているはずです。2020年のはじめに、私たちは多くのスポンサーを獲得しました。スポンサー企業の方々には、非常に多くのサポートをいただき、感謝しています。

  • Team Curson

    Team Cursonは現在、Altech Computer、ARES、Cougar、NZXT、OCPC、Seasonic、SilverStoneの7社からサポートを受けている

――選手たちは今後、専業のプロチームとして活動することを目標としていますか?

各選手の能力が必要な水準に達し、十分なリソースが整えば、私たちは皆プロになりたいと思っています。世界の舞台で優れた成績を残して、プロチームとして活動することは、私たちの大きな目標の1つですね。

――Team Cursonとしての、今後の目標を教えてください。

オンラインやオフラインを問わず、さまざまな地域の大会に招かれて、参加するのが私たちの目標の1つです。いろいろな地域のプレイヤーと交流して経験を重ね、さらに幅広い知識を吸収して、より素晴らしい結果を残したいと思います!

Team Cursonから見る、日本チームの印象とは

――日本のPUBGチームについて、どのような印象を持たれていますか?

日本チームはとても爆発力があって、たびたび多くのキルを獲得している印象があります。残念ながら、前回のPCSでは日本チームと交戦する機会がありませんでした。いつかもっと日本のチームと交流して、一緒にプレイする機会が得られたらいいなと思っています。

――日本では専業のプロチームが増えつつありますが、国際大会ではあまり活躍できていない現状があります。日本チームに足りないものがあるとすれば、何だと思いますか?

日本のチームの弱点は、ムーブや意思決定の面にあると思います。試合中に、日本チームが多くのキルを獲得しているのを見ますし、それは日本チームのエイム力が優れていることを表していますよね。

ただ、もしかしたら戦闘するタイミングや場所が適切でなく、それが不安定な結果につながっているのかもしれません。より多くの経験を積めば、日本チームも輝かしい結果を生み出せるに違いないと思います。

――PCSでの活躍で、日本でもTeam Cursonがとても注目されました。日本のPUBGファンにメッセージをお願いします。

日本の皆さん、ご声援ありがとうございます! 先日「PML 2020 Spring」が終わり、幸いにも次の国際大会「PCS #1 Asia」への出場権を獲得することができました。PMLとPJS、両リージョンのチームが、ともに素晴らしい結果を達成できることを願っています!

  • Team Curson

    「PCS #1 Asia」出場チーム。日本からは「Crest Gaming Xanadu」と「ELEMENT.36」が出場

「PCS #1 Asia」開催スケジュール
Week 1: 6月26日(金)、6月28日(日)19:00~
Week 2:7月3日(金)、7月 5日(日) 19:00~

配信はYouTubeTwitchにて行われます。

COPYRIGHT (C)2020 PUBG CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.