国内外のeスポーツシーンで盛り上がりを見せるバトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)。2017年にスタートした『PUBG』のeスポーツシーンは、バトルロイヤルゲームの競技シーンとしてベストな形を模索しながら、進化を続けています。

直近では、国内リーグ「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)を主催するDMM GAMESが、2020年における大会の実施方針を発表。グローバルの方針に沿って発表された内容には、従来から大きく変化した部分も含まれ、コミュニティからはさまざまな声が挙がりました。

グローバル全体、そして日本国内の『PUBG』eスポーツシーンは、現在どのような姿を目指しているのでしょうか。PUBG JAPAN General Managerの井上洋⼀郎⽒にお話を伺いました。

  • PUBG JAPAN General Managerの井上洋⼀郎⽒

グローバルのさらなる盛り上がりを目指して進める大会のオープン化

――2020年の『PUBG』eスポーツシーンについて、まずはグローバルでどういった方針が掲げられているのか教えてください。

井上洋一郎氏(以下、井上):2019年に開催されたグローバル大会「PUBG Nations Cup」や「PUBG Global Championship」(以下、PGC)の盛り上がりを踏まえて、それらに一層フォーカスを当てられる仕組みづくりに取り組むのが2020年の方針です。

『PUBG』のeスポーツシーンでは、世界の各地域でリーグを開催してきました。その盛り上がりをもっとグローバル大会に集約させるため、そしてより多くの選手が参加できるようにするためにはどうすべきか――。議論の結果、導き出された答えの1つが、より「オープン」であることでした。プロチームに限らず、アマチュアチームにもチャンスがある状況を作り、いま以上に多くのチームや選手が大会に参加するようになれば、頂点であるグローバル大会の注目度をより高められるのではないかと考えたのです。

なので、世界の各地域で実施される大会は、「PUBG Global Series」(以下、PGS)の予選として新たな形式の大会になるとともに、「オープン参加形式」であることが条件になりました。

しかし、日本におけるPJSの盛り上がりは高く評価されていて、本社からも「残すべきではないか」というコメントがあったほど。こうした背景から、日本ではPJSを残しつつPGS予選を行えるようコミュニケーションを進めた結果、リーグを維持する方向で決まったのです。

――グローバルで見れば、PJSを残した日本がイレギュラーなのでしょうか。

井上:はい。PJSについては、ここまで育ってきたものをリセットするのではなく、必要に応じて変化させていく方向で、DMM GAMESさんと話を進めています。どういった形がベストなのか、議論すべきことはまだまだたくさんありますから、皆さんの声を聞きながら、よりよいPJSの形を模索していきたいですね。

――オープンな参加形式にするために、各地域の大会はどのように変更されたのでしょうか?

井上:リーグではなく、トーナメント方式に変更されました。オープンな予選からスタートし、勝ち抜いたチームが次のステージに進み、最終的にファイナルで競い合う形式です。

トーナメント形式にすることで、幅広いチームが出場できるようになるでしょう。たとえアマチュアチームであっても、本当に実力のある強いチームならば、PGCで2億円以上の優勝賞金を獲得できるチャンスが生まれるわけです。

また、大会の開催期間も短縮されます。オープン予選を勝ち抜いたチームが戦うセミファイナルとファイナルは合わせて2週間。各週末に2~3日間、1日に5~6試合ずつ実施する予定です。

――2019年11月に行われたPGCに近い形式で、各地域で予選大会が行われるイメージですね。開催期間を短くすることには、どういった意図があるのでしょうか?

井上:2020年はグローバル大会の開催時期が4月、7月、10月、11月と決まっています。3回のPGSと、その集大成のPGCですね。

それぞれの予選大会とグローバル大会の期間中は、サードパーティー大会を開催できず、プロ選手もほかの大会に出場できません。これは、選手活動や大会の視聴者など、すべてをグローバルにフォーカスさせるためです。このブロック期間が短ければ短いほど、サードパーティーが大会を開催しやすくなるんです。

  • PUBG Global Series 2020のイメージ。グローバル大会は年4回開催される(スケジュールは変動する可能性がある)

――つまり、選手にとっては大会スケジュールが重なることなく、視聴者にとってもより多くの大会を楽しめるようになると。

井上:そうです。例えば、エイサーさんが主催する「Predator League」のようなサードパーティー大会を、より多く開催されるようにしていきたい。そのためにも、我々がスケジュールをコントロールしていくという考えです。

サードパーティーのグローバル大会において、一定の条件を満たすと我々から資金援助を受けられるような仕組みについても、現在検討が進められています。

PJSのシーズン減少はシーンの縮小ではない

――先日、2020年に発表されたPJSスケジュールでは、年間のシーズン数が3つから2つに変更していました。改めて経緯を教えてください。

井上:日本ではPGSの予選をPJSで行うことが決まったので、グローバルスケジュールに合わせる形で2シーズンになりました。

これに対して、コミュニティから「縮小しているのではないか」という反応があることは、DMM GAMESさんから伺っています。

ただ、この決定は、サードパーティーオーガナイザーさんの試合を増やすことを含めて日程の調整が入ったもの。世界大会への出場チームをリーグから選出することは変わっていないので、リーグの価値も変わっていない認識です。

――これまで全日程がオフライン形式だった上位リーグの「Grade1」が、各フェーズの最終日を除いてオンラインになったことも、コミュニティで話題になりました。
※インタビュー実施後、新型コロナウイルスの影響によりDay3はオンラインで開催されることが決定しました。

井上:これは主に、オフライン会場に集まって試合する選手への負担を考慮しての判断です。いままでアメリカや中国などの大きな国でも、1つの会場に選手が集まって試合に参加していました。ですが、遠方からの移動や時間の拘束は、選手にとって大きな負担。参加の困難さを生み出しているのではないか、という意見が出ていたんです。

そのため、グローバルの方針で、各地域の予選はオフラインだけでなくオンラインでも開催できるようになりました。こうした流れのなかで、PJSでも同様に取り組んでいくことが決まり、オンライン形式が増えたわけです。

――なるほど。日本でも64名の選手が毎週末、東京へ移動するのはハードでしたから、選手の負担軽減になりますね。

井上:一番の目的は、大会参加へのハードルを下げることにあります。全日程オフラインでの開催だと、それだけで参加できるプレイヤーが限られてしまう。これを取っ払うことで、参加できる選手やチームの数が増えるのではないかと考えています。

――これも参加プレイヤーの裾野を広げていく方針のもとで、行われた判断の1つだったわけですね。

井上:その通りです。やはりeスポーツシーンは、新しい選手やチームがどんどん入ってきて、激しい競争のなかで切磋琢磨するピラミッド構造が理想的なはず。これまでは限られた選手やチームの大会が多かったと思いますが、これからのシーンの成長を阻害する要因になりうる危機感から、これらの方針が決定しました。

過去に発表された『PUBG』eスポーツシーンの構想は?

――2018年の東京ゲームショウで行われたカンファレンスで、『PUBG』eスポーツシーンの方針が発表されていました。その後、方針が変わった部分も含め、改めてお話を伺えればと思います。

井上:当時、日本でいろいろと取り組んでいきたいという意気込みをお話しさせていただいたのですが、トライアンドエラーを繰り返しながら検討していく会社の体制や、グローバル方針の変化もあり、なかなか発表通りにはいきませんでした。DMM GAMESさんとお話ししながら、少しずつ方向性を探ってきた形です。

――発表の1つに、「Tierシステム」(※)の構想がありました。これはまだ実現していませんが、サードパーティー大会の開催を積極的にサポートしていく形と、方向性は近いのでしょうか。

井上:はい。コミュニティを活性化していくための、1つのやり方としてTier制を提唱したのですが、大きな方向性は変わっていません。日本でやろうとしていたことが、グローバル全体での方針になっているイメージです。

  • 2018年の東京ゲームショウで発表されたスライドの一部
    (※)PJSを頂点として、PUBG Corp.とDMM GAMESの定める基準を満たした大会にポイントを付与し、国内の統一ランキングを作成する制度が予告されていた

――4人チームのSQUADモード以外に、SOLO(1人)やDUO(2人)の公認大会を開催していきたいというお話もありました。

井上:SOLOやDUOの大会の位置付けとして考えているのが、テクノブラッドさんの運営する「TechnoBlood CUP」。2020年もぜひ開催したいのですが、まだまだ改善したい点がたくさんある状況です。会場に来て試合をして帰るだけではなく、もっとコミュニティに寄り添ったイベントにしていきたいなと。そのために、テクノブラッドさんと一緒に検討している段階です。

「TechnoBlood CUP」は、一般の方からPJSに出場するプロ選手まで、幅広いプレイヤーの交流の場にしていきたいですし、会場になる地方のeスポーツ施設の活性化にもつなげていきたいと思っています。

――2018年に発表した構想は、形を変えつつ実現に向かって進んでいるわけですね。

井上:ええ、こうしたイベントがきちんとコミュニティとして成り立つ方向性が見えれば、開発メンバーを呼んで、参加者の皆さんからアップデートに対する意見を吸い上げるなどの試みも行っていきたいと考えています。

2×2kmの新マップ「Karakin」追加の狙い

――ゲーム内のアップデートについてもお伺いしたいと思います。直近では新マップ「Karakin」が登場しましたが、どういった狙いで追加されたのでしょうか?

井上:「Karakin」は、2×2kmの非常に小さなマップ。そこに64人のプレイヤーが降下しますから、マッチ開始の直後から緊張感ある戦いが行われます。開発チームのDev Letterを見ても、より緊張感を持たせるためのマップ作りを行ったことが読み取れます。

加えて、粘着爆弾で壁を壊して洞窟内を探索するなど、バトルロイヤルゲームならではのおもしろさに、よりフォーカスしたマップだと個人的には感じますね。ただ、eスポーツシーンで採用される既存のマップとは違い、「Karakin」は実験的な部分も大きく、どちらかというとイベントに近い雰囲気もあります。

我々は、どんどん新たな要素にトライしながら、プレイヤーの皆さんからのフィードバックを受けて、クラシックなマップに反映させるかを検討する流れを作っていきたいと考えています。そのため最近、開発チームがテストしているさまざまな内容を確認できる「PUBGラボ」というシステムも導入しました。

幅広いプレイヤーからのフィードバックを真摯に受け取っていくために、さまざまな地域で開発者とプレイヤーがコミュニケーションできる場を作るべきではないか、という議論もされています。

  • 新マップ「Karakin」。従来のマップと比べてだいぶ狭い

――ちなみに今回、既存のマップ「Vikendi」と入れ替わるような形で「Karakin」が追加されました。「Vikendi」は、冬の限定マップのような形で今後も登場するのでしょうか?

井上:いえ、冬の限定マップとは言われていません。ただ、再び登場する予定ではあります。そのまま出してもおもしろくありませんから、開発陣もプライドを持って、ひと手間ふた手間かけた、新たな「Vikendi」として出したいと考えているでしょう。

新機能のカギになるのは「ユーザーのフィードバック」

――直近のトピックスとしては、国内で基本プレイ無料のPC版『PUBG LITE』のリリースがありました。

井上:2018年にリリースされたモバイル版やコンシューマー版に続き、家庭用PCでもプレイできる『PUBG LITE』を2019年12月に提供開始しました。目的は、『PUBG』を体験できる場所を増やして、もっと多くの人に知ってもらうこと。おかげさまで、順調なスタートを切ることができました。

――『PUBG LITE』には、オリジナルマップで遊べる「4vs4 TEAM DEATH MATCH」がありますが、今後Steam版にも登場する可能性はあるのでしょうか?
※インタビュー実施後、Steam版に8vs8のTEAM DEATH MATCHモードが登場すると発表されました。

井上:アップデート情報に関しては、何ともお答えしづらくて……。仮に社内で方向性が決まっていたとしても、それが急に変わることがあるんです。ずいぶん前ですが、銃弾を防ぐシールドが動画に出ていたことがあったじゃないですか。

――そういえば、そんなトレーラー映像もありましたね!(笑)

井上:動画には出ているのですが、シールドはまだ実装されるのかどうかもわからない状況。ほかにも、いつどのような形で入るかまったくわかりませんが、開発や研究が進められている要素はたくさんあるんです。

そのなかで、プレイヤーの皆さんにどういう体験を提供していくのかは、そのときの方向性も踏まえて判断されます。なので、質問の答えは「もしかしたらあるかもしれないし、ないかもしれない」です(笑)。

――開発チームの試行錯誤のうち、実装されているのはごく一部なんですね。

井上:最近では、モーターグライダーの追加がありましたが、それも今後クラシックなものとして反映されるかどうかは、プレイヤーの皆さんからの反応を踏まえて決定されていきます。

我々としても、ただアップデートして終わりではなく、皆さんからのフィードバックを受けながら一緒に取り組み、このタイトルを育てていきたいと思っています。やはり、『PUBG』をプレイしてくださっている方々の感覚がもっとも重要ですから、皆さんのご意見は開発チームに共有していきますので、新要素やバランスなどに関するフィードバックがあれば、PUBG JAPANの公式Twitterなどにご意見いただけるとうれしいです。

――最後に、国内の『PUBG』プレイヤーや観戦ファンへメッセージをお願いします。

井上:eスポーツシーンでは、PJSだけでなくグローバル大会を見てくださるファンを増やしていくために、コンテンツの楽しさを皆さんからも発信していただけるようなトピックスを作っていきたい。そのためにも、我々とDMM GAMESさんだけでなく、プレイヤーとも一緒になってシーンを盛り上げ、『PUBG』の楽しさを拡散していきたいと強く願っています。

PJSにおいては、視聴者の方々が選手を育てていく側面もあると思いますし、よりよいリーグを作っていくには皆さんのお力が必要です。ファンミーティングなどを開催しているチームも増えていますので、そういった機会にもぜひ積極的に参加していただいて、どんどん盛り上げていってくださればうれしいですね。

これから具体的な内容も発表する予定です。今後も皆さんと向き合いながら、取り組みを進めていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします!

――本日はありがとうございました!

(C)2020 PUBG Corporation.ALL RIGHTS RESERVED.