富士フイルムのレンズ一体型デジタルカメラ「FUJIFILM X100V」(以下、「X100V」)の販売が始まって1カ月ほどが経ちました。口コミサイトなどでは満点に近い高評価を獲得しており、購入した人の満足度はかなり高いようです。歴代のXシリーズを使ってきた大浦カメラマンに、X100Vの実力をレビューしてもらいました。まずは機能編です。

  • 伝統のスタイルを継承するレンズ一体型モデル「FUJIFILM X100V」。レンズが新設計になったり、ミラーレス「X-Pro3」と同等の高品位なファインダーを搭載するなど、さまざまな改良が加えられた。実売価格は税込み18万円前後で、写真のシルバーのほかブラックも選べる

コンセプトを継承するシリーズの第5世代モデル

フィルムライクな絵づくりに高品質なレンズ、そしてコンパクトなボディで人気のカメラが、富士フイルムの「FUJIFILM X」シリーズです。ミラーレスのラインアップが充実しているXシリーズですが、Xシリーズの最初のモデルは2011年3月発売のレンズ一体型モデル「X100」でした。

X100は、光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を一体化したハイブリッドビューファインダーと、35mm判換算で35mm相当の画角を持つ単焦点レンズをつくりのよいボディに納め、その後の後継モデルも含め根強い人気を誇っています。今回紹介する「X100V」は、シリーズの5世代目となるモデルです。

ちなみに、2世代目以降のモデルからは型番の末尾にアルファベットの文字が付けられています。2世代目モデル「X100S」のSはSecondから、3世代目モデル「X100T」のTはThirdから、4世代目モデル「X100F」のFはFourthの頭文字から来ています。第5世代のX100Vは、そのままいくとFifthとなって4世代目と同じ“X100F”となってしまうため、ローマ数字の「V」を使って5世代目であることを表しています。

デザインを磨き上げ、操作性は大きく変わった

それでは、X100Vの外観を見ていきましょう。私がまず注目したのは、トップカバーのエッジがシャープになったこと。指が切れる…とまではいいませんが、そのぐらい角の造形が鋭くなっています。また、ホットシューのレールがカメラ上面と面一(ツライチ)になったほか、トップカバー前面の金属部分の面積が従来よりも広く、さらにストロボの発光部がより細いものになるなど、全体にソリッド感のある仕上げになりました。

  • エッジ部がシャープになったトップカバー。ボトムカバーも含め、マテリアルにはアルミニウムを使用。表面にはブラスト処理を施すとともに、アルマイト処理による着色が施され、これまで以上に洗練された雰囲気を醸し出している

  • アクセサリーシューのレールもトップカバーと面一(つらいち)としており、さらにホットシューカバーもX100V専用とする。このカメラに対する物欲が目を醒ます部分のひとつだ

  • ストロボ発光部も薄くなり、よりすっきりとした感じとしている。画面左に見えるOVF/EVF切り替えレバーの形状は、もう少しスマートなものにならなかったのだろうか

X100シリーズは、世代を重ねるごとにボディシェイプの洗練度合いが少しずつ高まってきましたが、本機は一気に磨きがかかったように感じます。なお、アダプターリングを介してのプロテクトフィルターの装着が条件となりますが、ボディがX100シリーズ初の防塵防滴構造となったのはうれしく思える部分です。

カメラの背面に目を向けると、いわゆる十字ボタンがなくなってすっきりとしました。Xシリーズのミラーレス「X-E3」や中判ミラーレス「GFX 50R」などと同じく、メニューの設定などもジョイスティックタイプのフォーカスレバーで操作する仕組みです。操作に戸惑ったり混乱するのではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、今回X100Vを使った限りはすぐに慣れましたので、心配されなくてよいでしょう。

  • 十字ボタンが廃止になり、カメラ背面部もすっきりとした感じに。メニューの設定などはフォーカスレバーで行うが、操作に迷うようなことは少ないだろう。再生ボタンの表示が三角形のものから、「PLAY」の表記に変わっている

  • シャッタースピードダイヤル内にISOダイヤルを内蔵。ISO感度の設定時には、写真のようにシャッタースピードダイヤルの外周部を引き上げた状態に固定でき、設定操作を容易としている

従来モデルとの外観上の大きな違いのもうひとつは、背面の液晶モニターがチルト式になったこと。上方向と下方向に可動し、残念ながら「X-T3」などのように縦位置用として左方向に開くことはできませんが、ハイ&ローアングル撮影で重宝することは間違いありません。ちなみに、液晶モニターはタッチパネル式で、3インチ162万ドットと不足のないスペックです。

  • チルト式となった液晶モニター。ハイアングルやローアングルでの撮影を容易としている。チルト式としながらも、これまでと同じボディの厚さを実現したことと、ボトムカバーの液晶モニターと接する部分が欠けていないのは開発者の自慢とのこと

キーデバイスは第4世代に、レンズは描写性能が向上

キーデバイスを見てみましょう。イメージセンサーは、APS-Cサイズの有効2610万画素X-Trans CMOS 4センサーで、これは「X-Pro3」や「X-T3」と同じもの。画像処理エンジンは「X-Processor 4」で、こちらも同じく第4世代デバイスと呼ばれる最新のものを搭載しています。もちろん、フィルムライクな絵づくりが楽しめるフィルムシミュレーションや粒状感の得られるグレイン・エフェクトなども、X-Pro3などと同様に搭載しています。

  • おなじみのフィルムシミュレーション。今回新しいシミュレーションの公開はなかったが、それでも選ぶのが楽しくなる

  • 青色の再現性をより強調するカラークロームブルーを新たに搭載。空をより青く写したいときなどに重宝する。そのほか、赤、黄、緑など階調の出にくい色に深みを加えるカラークロームエフェクトも搭載している

  • 写真に粒状感を与えるグレイン・エフェクトも搭載。フィルムシミュレーションのACROSやクラシッククロームなどと組み合わせて使うと、雰囲気のある仕上がりになる

  • 瞳AFも搭載。ピントを合わせる目を右目と左目から選べる。人物撮影では大いに活用したい機能だ

X100シリーズは、初代のX100からX100Fまで、4世代にわたってレンズは変化がありませんでした。X100Vも、23mm(35mm判換算で35mm相当)の焦点距離やF2の開放値は変わっていません。ただし、2枚の非球面レンズを使用するなど、レンズ構成は大きく変わりました。おもに、開放絞りでの解像感やコントラストのさらなる向上、画面周辺部の描写の改善などが図られ、より現代的な味付けのレンズとなりました。

  • 搭載するレンズは、焦点距離と開放絞り値こそ従来と同じながら、光学系は新たに設計された。特に、開放絞りでの解像感とコントラストは向上しており、さらに画面周辺部の写りも大きく改善されている

なお、ワイド&テレのコンバージョンレンズやアダプターリングなど、これまでのアクセサリーは使えるので、従来からのX100シリーズのユーザーにはありがたく思えるでしょう。

光学系の変更に合わせて、内蔵NDフィルターも従来の3段分から4段分に効果がアップしています。明るい屋外で絞りを開いて撮影したいときなどに、積極的に活用できます。電子シャッターも搭載していますので、NDフィルターでカバーできない場合はそちらを使うのもありかと思います。ちなみに、シャッター音はフォーカルプレーンと異なり、小さく囁くような音となります。

  • 内蔵NDフィルターの比較作例。内蔵NDフィルターを使用しない場合、作例の条件でもっとも絞りが開けられる値はF 2.8。そのときのシャッター速度は1/1250秒で、この絞り値で出せる最高速度となる

  • NDフィルターを使用すると、絞りを開放のF2としてもシャッター速度は1/160秒に抑えられ、余裕で絞りを開いた撮影が楽しめる

ファインダーの見え具合や使い勝手も改善

特徴的なハイブリッドビューファインダーも進化しています。EVFは0.5型369万ドットに解像度がアップし、コントラストが高くすっきりとした見え具合だと感じます。さらに、これまではEVFに設定すると、アイピースへの接眼状況でファインダー内部の遮光板がその都度出たり入ったりしていたのですが、本モデルでは遮光板は固定され、そのような鬱陶しさがなくなったのも進化した部分といえるでしょう。

  • 従来のモデルでは、EVFに設定するとアイピースへの接眼状況により、その都度遮光板が出たり入ったりして鬱陶しかったが、X100VではEVFに設定すると接眼の有無にかかわらず遮光板が現れ、常時その状態を保つようになった

OVFも光学系の見直しなどが図られ、収差の少ない表示になりました。ファインダー右下に出るスモールウィンドウには、これまでと同じくエレクトニック・レンジファインダーの表示のほか、X100Vでは新たにポストビューの表示が可能になり、より快適な撮影が可能になりました。ライブビューで手軽に撮るのも悪くはありませんが、ファインダーのアイピースに接眼し、EVFもしくはOVFをのぞいて撮るほうが格段に楽しいカメラに仕上がっています。

  • アイピースの光学系も性能が向上しており、収差が少なく、すっきりとした見え具合を誇る。「のぞいて撮る」撮影スタイルを追求したX100Vならではのこだわりといってよいだろう

4K30pの動画撮影も可能になりました。搭載するレンズは単焦点ですので、ズームレンズのような画面の変化は期待できませんが、「ETERNA」などフィルムシミュレーションとの組み合わせで、シネフィルムで撮影したかのような表現が楽しめます。

  • 動画の最高画質は4K30p。フルHDでは60pでの撮影も可能。フィルムシミュレーションを活用すれば、シネマライクな動画撮影が楽しめる

  • 動画撮影ではF-logでの撮影も可能。カラーグレーディングを使用した本格的な映像表現も可能

バッテリーは従来から変更はありませんでしたが、持ちについては向上しており、フル充電からの撮影可能枚数はEVF使用時で350カット、OVFで420カットに高まりました。終日スナップを楽しむような状況だと、やはり予備のバッテリーは必要かと思いますが、それでも余裕のある撮影が楽しめそうです。

  • バッテリーはXシリーズのミラーレスでも使われているNP-W126Sを使用。フル充電からの持ちは、EVF使用時で350カット、OVFで420カットの撮影を可能としている

  • USB-C端子を採用。この端子からの充電も可能になりました

グッと完成度の増したX100V。隙のないつくりとは、まさにこのことだといえます。ライバルとしては、リコーの「GR III」が思い浮かびますが、ファインダーの搭載やフォーカスレバーによるAFエリアの選択など、本機のアドバンテージは大きいように思えます。ミラーレスなど、レンズ交換のできるカメラでさまざまな表現を楽しむのも当然ありですが、固定された画角で作品を作り込んでいくのも面白いかも、と強く思わせてくれるカメラです。

著者 : 大浦タケシ(おおうらたけし)

宮崎県都城市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、雑誌カメラマンやデザイン企画会社を経てフォトグラファーとして独立。以後、カメラ誌および一般紙、Web媒体を中心に多方面で活動を行う。日本写真家協会(JPS)会員。