カシオのPRO TREK Smart「WSD-F30」はグーグルのWear OSを搭載するスマートウオッチです。発売から1年が経ってもアップデートを繰り返しながら進化を続けるアウトドアギアに、このほどウィンタースポーツが何倍も楽しくなるアプリが登場しました。

ウィンタースポーツといえば、マイナビニュース・デジタルの林編集長。若かりしころは冬の訪れとともに全国各地の雪山に出没し、ゲレンデのてっぺんから麓までカワサキの「Ninja」シリーズを彷彿とさせる爆速で駆け抜けるライトニングだったそうです。

今回、WSD-F30にスキーヤーたちを夢中にさせる新機能が追加されたスキー&スノーボードアプリ「Ski Tracks for CASIO」に、スキーヤーたちを夢中にさせる新機能をインストール。「また、ゲレンデが俺を呼んでいる……」。カシオからの吉報を受けて血のたぎりが抑えられない様子の林編集長に早朝から招集された取材チーム一同は、積雪好調な群馬県沼田市の「たんばらスキーパーク」を一路目指しました。

GPSを内蔵! バッテリー性能もタフなPRO TREK Smartの最新モデル

「WSD-F30」は、特にアウトドアで楽しむスポーツやレジャーを愛する方々には「これが一択」とおすすめしたくなるスマートウオッチです。シリーズのメインモデルとしては3世代目になります。屋外でも視認性の高い、カラー有機ELディスプレイを搭載した本体は、米軍の物資調達規格であるMILスペックに準拠する堅牢設計と、5気圧防水対応のタフネスを備えています。

  • 高い耐久性を誇るカシオのスマートウオッチ“PRO TREK Smart”「WSD-F30」は、ウィンタースポーツシーンでも大活躍してくれるアウトドアギアです

本体にGPS機能を内蔵したうえに、オフラインで使える地図がダウンロードできるので、例えばアウトドアでスキーや登山・トレッキングを楽しむときに、スマホを身に着けなくてもGPSと地図で現在位置をトラッキング。本体をフル充電にしておけば、GPS機能をオンにしたまま最大3日間の登山やトレッキング ができるモードも備えています。スタンドアロン機能を磨き抜いたスマートウオッチなのです。

スキー・スノボを滑った成果をアプリを使ってトラッキング

注目の機能強化が図られた「Ski Tracks for CASIO」は、イギリスのアプリベンダーであるCoreCodersが開発するスキー・スノーボードのアクティビティトラッカーです。

  • CoreCodersとカシオが共同でチューンアップしたWear OS版アプリ「Ski Tracks for CASIO」。Wi-Fiに接続したWSD-F30に直接ダウンロードして無料で利用できます。スマホ版アプリは有料です(Android版:99円 / iPhone版120円 2020年2月現在)

ベースになるアプリ「Ski Tracks」の歴史は古く、2009年にアップルがiPhone 3Gを発売した直後にiOS版がリリースされ、以後Android版も追加。現在は全世界で約360万人のアクティブユーザーが活用しています。スマホやスマートウオッチなど、ペアリングされている端末に内蔵するセンサーから取得したアクティビティ情報を、すばやく正確に読み取りながら細かなアクティビティ解析ができることから、トップアスリートにもSki Tracksのユーザーが多くいるそうです。

Wear OS用のアプリは「Ski Tracks for CASIO」として、カシオのPRO TREK Smartシリーズとベストマッチするように動作を最適化しています。GPSを内蔵するWSD-F30/F20/F21HRがおすすめの組み合わせです。

Ski Tracks for CASIOには世界約2,600件を超えるスキーリゾートのデータベースが収録されています。対応するWSDシリーズを手首に装着して、アプリを起動してから滑り始めると、WSDシリーズがリアルタイムに取得するデータを元にマップ上に移動経路と距離を表示したり、斜面を滑走した本数、高度の変化、最大スピードなどが画面上で見られるようになります。1日滑って蓄えたデータはペアリングしたスマホ側に入れた「Ski Tracks」アプリにアップロードして、より精度の高いグラフや地図が参照できます。

  • 「Ski Tracks for CASIO」アプリではスマートウオッチの画面上でスキー場のコースや滑走履歴が確認できます

リミッター解除、滑りまくった林編集長の成果は?

取材スタッフ一同が訪れた日も、たんばらスキーパークは良質で滑りやすい雪と好天に恵まれました。どうやら林編集長もたいへん満足している様子。まずはブルーのベゼルがかっこいいWSD-F30をリストに装着してパチリ。はい、いい笑顔ですね。

  • 取材日も穏やかな好天に恵まれました。WSD-F30を装着した林編集長もとても満足げな様子

スタンドアロン記録の便利さが実感できるよう、林編集長には思い切ってスマホを1回300円のコインロッカーに置いてきてもらいました。たまにはメールやSNSの通知から解放されて、純粋にスキーを楽しむことに没頭することも大切です。滑走中にうっかりスマホを落として壊したり、なくす心配からも解放されるから一石二鳥以上です。

滑走データの記録操作はすべてWSD-F30単体で可能です。WSD-F30で「Ski Tracks for CASIO」を起動して三角形の再生アイコンをタップ。続いて記録したい種目をスキーとスノボを含む4種目から選びます。あとはひたすらWSD-F30を身に着けながら滑りまくるだけ。ゲレンデを滑り降りた回数も正確にカウントしてくれます。ゴンドラによる移動やレストランでの休憩中の動作も「滑走外」として正確に識別してくれるので、データに狂いが生じません。記録を一時停止することもできますが、基本的にはその必要もありません。

  • その日の滑走を始める前に「Ski Tracks for CASIO」アプリを開いて記録スタートアイコンをタップするだけ。あとは斜面を滑る動作を自動的に判別、滑走速度や距離などのアクティビティだけを抽出・記録してくれます

「なるほど、これがスマホを持たずに滑れる解放感というものか!」

林編集長の瞳にはみるみるうちに、やんちゃをしていたころの輝きと生命力が。取材スタッフを置き去りにして、上級コースのゲレンデに突進してしまいました。その後しばらくしてからランチ休憩でようやく再合流。「滑った距離や標高の変化が手元ですぐにわかるのって、やっぱりいいね!」と、WSD-F30の画面に記録された成果を見せ合いながら盛り上がりました。

  • たんばらスキーパークの頂上から見える絶景をバックに映画『ロッキー』 の名場面を再現する林編集長。斜面を稲妻のように駆け巡っていました

1日たっぷりと滑り終わったら、Ski Tracks for CASIOの画面に戻って四角形の停止アイコンをタップ。画面に表示される項目から「セーブする」を選ぶと、WSD-F30のメモリに滑走データがしっかりと刻み込まれます。大まかな数値やマップに記された移動経路はWSD-F30の画面でも確認できるのですが、より詳しく見たい場合はやはりスマホアプリがベターです。

  • 心置きなく滑り切ったらアプリの画面から停止アイコンをタップ。ワークアウトの記録をセーブします

「久しぶりのゲレンデだったから、今回はのんびりと滑ったよ」と、滑り足りない様子の林編集長。滑走データが「見える化」できると、普段から滑りまくっている本格派のスキーヤーでさえ、いっそうの向上心が沸き立ってくるものです。

アウトドアスポーツ&レジャーに便利な機能が盛りだくさん

Ski Tracks for CASIOは、滑走中にウォッチやスマホの画面でデータを「ながら見」できない仕様になっています。毎度必ず停止して、周囲の安全を確保してから記録を確かめる使い方を促すためなのだとか。なるほど、ゲレンデではマナーを守りながら気持ちよくスマートウオッチを活用したいものですね。

  • 滑走の記録をアップロードするとスマホアプリの画面からも見られるようになります。スマホの大きな画面でワークアウトの成果が一望できる魅力的なアプリです

最後に、アウトドアシーンでWSD-F30をより快適に使いこなすために役立つTIPSを紹介したいと思います。ひとつは画面表示の明るさをブーストする機能。側面中央の電源ボタンをすばやく3回クリックすると、一時的に画面の明るさがアップします。よく晴れた日の屋外でも画面が見やすくなるので、夏場にも大活躍です。

WSD-F30のディスプレイはカラー有機ELとモノクロ液晶による2層構造になっています。モノクロ液晶の画面表示を通常のダークからブライトに変更すると、明るい場所での視認性が上がることも覚えておきましょう。設定方法はウォッチフェイスの「2レイヤー」の設定の「モノクロ表示」をダークとブライトを切り換えます。

  • ウェアの上からWSD-F30を身に着けるのであれば、スライドレバー式の専用クロスバンド(写真左)が活躍。製品に付属する工具で着脱できます

そしてWSD-F30をスポーツウェアの上から身に着けたい場合は、カシオの純正オプションとして販売されているスライドレバー式のナイロン製クロスバンドが最適です。バンドの着脱交換は付属の工具を使って誰でも簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

ちなみに、3月20日よりWSD-F30をベースとした、ホワイトカラー「WSD-F30-WE」が発売されるそうです。こちらは青い山々にかかる幻想的な自然現象である春霞(はるがすみ)をモチーフにしており、世界で限定1,000個販売予定とのこと。

令和最初のスキー・スノーボードシーズンを、カシオのスマートウオッチとSki Tracksアプリで楽しんでみてはいかがでしょうか。

■協力:たんばらスキーパーク(株式会社東急リゾートサービス / 群馬県)
首都圏から約2時間で最高のパウダースノーを。11月下旬~5月上旬までのロングシーズン、そしてゲレンデは初中級向けコースが約8割を占めているので、若者からファミリーまで幅広い層に利用されています。