さまざまなコンテンツが手軽に楽しめるiPhone。使い方に慣れるほど楽しさにハマってしまい、気が付けば食事の時間や寝る直前までiPhoneの画面にかじりついていた…という人も少なくないのでは?

  • 大人も子どもも思わずハマってしまうiPhone。新生活のタイミングで新しくiPhoneを導入する際は、ぜひスクリーンタイムを「オン」にして、スマホ生活のクオリティアップにチャレンジしてみましょう

自分が日々、どんなことにiPhoneを使っているのかが“見える化”できれば、iPhoneと過ごす時間を価値あるものに高めたい…という意識も芽生えてくるはず。新たにiPhoneを手にする機会の多い新生活シーズンを前に、家族と一緒にiPhoneの上手な使い方を考えるのに最適な「スクリーンタイム」の機能を紹介していきましょう。

iPhoneを手に取った回数も分かる

スクリーンタイムは、iOS(iPadOS)デバイスの使用傾向を可視化したり、使用時間に制限を加えて管理したい時に有効なツールセットの総称です。iOS 12以降を搭載するiPhone/iPad/iPod touchは、「設定」アプリに入るとすぐにそのメニューへの入り口が見つけられるはず。紫色の砂時計のアイコンが目印です。

  • 「設定」アプリを開くとすぐに「スクリーンタイム」が見つかるはず

スクリーンタイムに含まれる機能は多岐にわたりますが、特に便利なツールの使いこなし方をまとめてみましょう。

トップページには、ユーザーがiPhoneを使っている「1日の平均」時間が並んでいます。1週間以内の使用時間がグラフ化されているので、どの日に使い込んでしまったかひと目で分かります。

  • スクリーンタイムのメインメニュー。「すべてのアクティビティを確認する」を選択すると、より詳細な項目がチェックできます

「すべてのアクティビティを確認する」をタップすると、さらに日ごとの内訳が詳しくチェックできます。グラフは、時間帯別に「エンターテインメント」や「仕事効率化」など用途別に色分けされていて、算出された合計時間もここに出てきます。

  • 詳細画面に入ると、一週間の経過を振り返りながら使い込んだアプリの詳細が把握できます

画面を下にスクロールすると、iPhoneを手に持った「持ち上げ」回数と、使用頻度の高いアプリのバランスが分かります。毎日なんとなくスマホを見てしまっているという自覚がある人、ない人の両方にとって、自分のスマホ習慣を気付かせてくれる意義深い機能といえるのではないでしょうか。

  • iPhoneを手に取って「持ち上げ」た回数が見える化されると、なんとなく日ごろの使用感が推測できるようになります

何より不要な「通知」を減らそう

iPhoneに飛んでくる「通知」は、設定から個別に細かいチューニングができるようになっています。実は、スクリーンタイムを通して見ると、どのアプリから毎日どれぐらいの頻度で通知が送られてくるのかが“見える化”できます。

  • スクリーンタイムから「通知」が頻繁に届くアプリも把握できます。必要な通知とそうでないものは、ここで選り分けましょう

自分にとって大切な通知であれば問題ないのですが、本当は必要もないのに設定をそのままにしているため通知に気を取られて、スマホの画面に目を奪われて不注意になってしまったり、「持ち上げ」の回数がムダに増えているとしたら、改善すべきポイントはありそうですね。

通知の頻度順に上から下に並んでいるアプリをタップすると、個々の通知設定に入ります。自分にとって本当に必要な通知かどうか、改めて再考してみるのもよいでしょう。

  • 通知センターから不要な通知をオフにしたり、内容を見ながら管理ができます

iPhoneの画面の上側をホールドしてから下に向かってスワイプすると、届いた通知をまとめて確認できる「通知センター」が表示されます。スクリーンタイム以外にもここをしっかりと眺めれば、ふだん目に止めていない不要な通知をどれだけ放置しているのかがよく分かるでしょう。

アプリからの不要な通知があったら、通知センターに並ぶバナーを長押ししてから右肩に表示される「…」をタップするか、バナーを左にスワイプして「管理」を選択。その先のメニューから「目立たない形で配信」にするか、「オフ」を選ぶとよいでしょう。

  • 就寝時間中に通知が届かないようにしたい場合は「おやすみモード」が有効です

同じアプリからの通知がダラダラ並んでしまう場合は、「通知のグループ化」を「App別」に選択すると見やすくまとめられます。

通知設定をオンにしているアプリでも、ユーザーが長いこと見ないままでいるものがあれば、iOSがこれを見つけてオフにすることを提案してくれます。

  • 頻繁に通知は来るけれどユーザーがまったく見ていないようであれば、iOSが通知のオフを提案してくれます

「スマホの休止時間」はアプリ単位で決められる

再びスクリーンタイムの画面に戻りましょう。アクティビティ確認の下に並ぶ「休止時間」は、アプリの利用に時間制限を設け、iPhoneを強制的に「見ない」ようにできます。家族と夕食のテーブルを囲んだり、ベッドに入って眠る時間は「休止」する習慣を付けていくとよいかもしれません。

  • スクリーンタイムから休止時間を選択。休止時間になると、アプリがグレーアウトしてタップできなくなります

SNSやゲームなど、自分をスマホの画面にクギ付けにしてしまう“犯人”は分かっている…というのであれば、「App使用時間の制限」をかける方法が有効です。ここからはアプリ単位、または「ソーシャルネットワーキング」や「ゲーム」、動画系などが含まれる「エンターテインメント」などカテゴリ単位で、1日に利用できる時間を制限できます。

  • SNSからあえて遠ざかりたい時には、アプリごとに時間制限を設ける手段も有効です

子どもとiPhoneは「スクリーンタイムと会話」で上手に見守ろう

家族と一緒に暮らしている人にとっては、「スマホの見すぎ、使いすぎ」は自分自身だけの問題ではないかもしれません。子どもとのコミュニケーションを図ったり、見守り用途のためにiPhoneを持たせているというお父さん・お母さんの気持ちをよそに、子どもたちは動画やゲーム三昧で、勉強に集中してくれずに困っている…。そのような悩みにも、iOSのスクリーンタイムが応えてくれます。

「ファミリー共有」を使うと、子どもがiPhoneをどのように使っているか、親(ファミリー共有グループの管理者)のiPhoneの画面上でグラフと数値によるレポートが確認できます。この場合、親子がともにiOS 12以降、またはiPadOSを載せたデバイスを使っている必要があります。

  • 親が子どものiPhoneの使いすぎをスクリーンタイムで管理できる機能もあります。親子で決めた使用時間を過ぎると、使いすぎのアラートが子どものiPhoneに表示されます

  • 子どもから親に「もっと使わせて欲しい」とリクエストが届いたら、親のiPhoneから使用許可を選んで時間を延長することもできます

親のデバイスから子どものスクリーンタイム設定に入り、「コンテンツとプライバシーの制限」をタップすると、iTunesやApp Storeでの買い物に制限がかけられ、課金コンテンツの使いすぎが未然にブロックできます。映画は、R指定やPG指定のあるコンテンツの視聴に制限をかけたり、Webコンテンツも親が指定したサイトだけにアクセスを許可することも可能です。

  • スクリーンタイムから「コンテンツとプライバシーの制限」を選択。「コンテンツ制限」から、映画やWebサイトなど子どもに使わせたくないコンテンツの詳細が選択できます

2019年12月から、ファミリー共有を設定したデバイスに「通信/通話の制限」がかけられるようになりました。子どもたちがスマートフォンを通じて知り合いではない人物と接触してしまい、犯罪やトラブルに巻き込まれることを未然に防ぐための新機能です。iOSデバイスの場合は電話とFaceTime、メッセージアプリに対して有効です。子どもの連絡先にない相手からの通話がブロックできるだけでなく、通話連絡先への新規登録も親子で相談しながら管理できる機能も効果的です。

  • 新しく加わった「通信/通話の制限」。電話やFaceTimeなど、子どもの連絡先に登録されていない相手とのコミュニケーションを親が管理できる機能です

筆者が子どもだったころは、そもそも携帯電話やスマホがなかったので、夜遅くに友だちと自由にコミュニケーションする手段はありませんでした。だから、仲のよい友だちと夜遅い時間まで会話が弾んだら楽しくて仕方ない気持ちはよく分かります。でも、SNSで仲間外れにされることに気をもまなければならなかったりと、今どきの子どもは相当の気苦労を抱えているものです。親が子どもに、スクリーンタイムを使って不便さを押しつけるだけでは良好な親子関係は生まれません。日ごろからスマホの正しい使い方を親子で一緒に話しながら考える機会を持つことが、子どもがトラブルに巻き込まれるのを未然に防ぐ最善の策といえるのではないでしょうか。

スクリーンタイムには、今のところLINEやSkypeなどIP通話やチャットができるアプリに制限をかける機能がありません。必要な場合は、「App使用時間の制限」をうまく使うといいでしょう。今後、スクリーンタイムのアップデートにより、サードパーティーの通話アプリの詳細設定もできるようになることを期待したいですね。

まずはスクリーンタイムを「オン」にしてみよう

スクリーンタイムのレポートは、ユーザー自身のiPhoneについてはすべてデバイス上にだけ記録されるため、ふだんよく使うアプリやサービスの履歴が外部に漏れる心配はありません。iCloudにサインインしているユーザーのデバイス間でレポートを共有したり、記録を合算して表示することも可能ですが、ファミリー共有も含めたすべてのデータは独自に暗号化された後に、アップルもその情報に関与できないほどセキュアな通信手段を使ってiCloudに送られるので、漏洩の心配は無用です。

もうじき春の新生活シーズンがやってきます。充実した時間の過ごし方を意識しながら、iPhoneのスクリーンタイムを「オン」にしてみてはいかがでしょうか。