2020年夏は東京オリンピックが開催されます。注目の競技や選手の活躍する姿を伝える番組を、高画質な4Kテレビで見ながらレコーダーにも録画して、後から話題になった感動の場面を繰り返し味わいたいものです。

パナソニックはBS4Kチューナー2基を備え、複数チャンネルの番組を自動で“全録”する機能に加えて、お気に入りの新4K衛星放送のチャンネル録画(1ch・最大13日)もできる最上位モデル「DMR-4X1000」を含む、全自動DIGA 3機種を3月13日に発売します。

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    4K全録対応の全自動DIGA「DMR-4X1000」。全11チューナー、計10TBのHDDを搭載

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    スリムなデザインが魅力

価格はすべてオープンプライス。新製品のラインナップと想定売価は下記の通りです。

  • DMR-4X1000:税別32万円前後
    <全11チューナー(4K録画対応)・計10TB HDD>
  • DMR-4X600:税別18万円前後
    <全7チューナー(4K録画対応)・計6TB HDD>
  • DMR-2X200:税別9万円前後
    <全7チューナー(2K対応)・計2TB HDD>
  • 全自動DIGA 2020年モデル

    4K全録対応の「DMR-4X600」。全7チューナー、計6TBのHDDを搭載

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    2K専用機の「DMR-2X200」

4K録画対応だけじゃない。歴代DIGAの便利&高画質機能を継承

4K録画対応の全自動DIGAはこれが初。DMR-4X1000/4X600/2X200は、生産を完了している2019年春モデル(DMR-UBX8060/UBX4060/BRX2060)と入れ替わる新製品になります。

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    DMR-4X1000

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    DMR-4X600

新しい全自動DIGAは、全機種がUltra HD Blu-ray(UHD BD)ディスクの4Kコンテンツ再生に対応しています。また、無線LAN機能を内蔵しており、VODサービスはNetflix/Amazon Prime Video/Hulu/YouTubeのストリーミング再生も可能。録画番組や、内蔵HDDに保存した写真・動画・音楽はスマートフォン/タブレット用アプリ「どこでもディーガ」(無料)を使って遠隔視聴が楽しめます。

離れて暮らす家族の「おうちクラウドディーガ」に、大切な写真・動画を送れるコンテンツシェア機能にも対応。ハイレゾ音源の内蔵HDDへの保存・再生や、CDリッピング機能も従来モデルから踏襲しています。

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    DMR-2X200

4X1000/4X600で4K放送のコンテンツをDR方式で録画してからBDディスクにダビングするときは、保存方式をTLV/MMT、またはTSから選択できます。録画したレコーダー以外のBlu-ray再生機器で、4K録画BDを見るときの互換性が確保できます。

画質にもこだわり、映像処理エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を3機種共通で搭載。デコードした4Kコンテンツの信号を独自の高精度マルチタップ処理で補間しながら映像に自然な質感と立体感を与え、色あいと色の輪郭もより鮮やかに再現します。

さらに最上位の4X1000には、パナソニックのフラグシップUHD BDプレーヤー「DP-UB9000」の開発で培った高画質技術を導入。UHD BDのタイトルごとに最適なHDR映像を自動調整する「HDRトーンマップ」や、映像ソースとディスプレイの組み合わせに応じてコントラスト感を調整する「システムガンマ調整」といった機能を追加しています。

上位の4K対応モデル(4X1000/4X600)は、本体背面にHDMI出力を2系統備え、映像・音声セパレート出力に対応。1系統を音声専用として使えます。

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    4X1000の本体背面。音声専用のHDMI端子も分けて搭載しています

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    4X600も2基のHDMI端子を搭載

4K録画・全録はどこまでできるのか

全自動DIGAの2020年新モデルは、番組録画の設定パターンが少し複雑なので、ここでは全録関連を中心に整理しておきましょう。

まず、BS4Kチューナーを搭載するのは4X1000と4X600の2機種のみ。2X200は内蔵するチューナーはフルHD(2K)までとなります。

4X1000(全11チューナー)と4X600(全7チューナー)は、BS4Kチューナーを2基搭載しており、いずれも2K放送と兼用のチューナーです。通常録画では、新4K放送の2番組同時録画が可能。また、4Kチューナーのうち1系統は、パナソニックが「チャンネル録画」と名付けている全録機能に対応します。

そして、全録専用の2Kチューナー(4X1000は8基、4X600は4基)と、通常録画(視聴)専用のチューナー×1も搭載しています。

■DMR-4X1000/4X600の主な構成

  • DMR-4X1000(全11チューナー・計10TB)

    • 全録専用2Kチューナー×8基
    • 通常録画/全録(追加チャンネル)兼用チューナー×2基 (2K + 4K/2K兼用)
    • 通常録画(視聴)チューナー×1基(4K/2K兼用)
  • DMR-4X600(全7チューナー・計6TB)

    • 全録専用2Kチューナー×4基
    • 通常録画/全録(追加チャンネル)兼用チューナー×2基 (2K + 4K/2K兼用)
    • 通常録画(視聴)チューナー×1基(4K/2K兼用)

4X1000/4X600の本体内部には、通常録画用と全録用のHDDを分けて搭載しています。全録専用の2Kチューナーで全録した番組は、すべて2Kで全録用HDDに保存されます。長時間録画設定も可能で、4X1000の場合は15倍録画を選ぶと、2K放送を最大8ch×28日間全録できます。

4X1000/4X600は、全録用とは別にチューナー計3基を使い、最大で3番組同時の通常録画が行えます。チューナー2基は4K/2K兼用、1基は2K専用です。通常録画用の2基を全録用の「追加チャンネル」(DR画質のみ)として使い、残りの1基を通常録画に割り当てることもできます。

■2K全録チャンネルを追加設定した時のチューナー構成

  • DMR-4X1000

    • 全録専用2Kチューナー×8基
    • 2K全録(追加チャンネル)用チューナー×2基(2K DR画質で全録)
    • 通常録画(視聴)チューナー×1基(4K/2K兼用)
  • DMR-4X600

    • 全録専用2Kチューナー×4基
    • 2K全録(追加チャンネル)用チューナー×2基(2K DR画質で全録)
    • 通常録画(視聴)チューナー×1基(4K/2K兼用)

4K放送の全録は、上記の追加チャンネル用チューナーを使い、1チャンネルのみを4K DR画質で録画し続けられます。4Kで全録できる日数は、4X1000が最大13日間、4X600が最大7日間。全録するチャンネルを選ぶときに録画日数を選べます(4X1000の場合は「8/10/13日間」)。

なお、通常録画用のチューナー3基に関しては、4K/2K兼用の1基を4Kチャンネルの全録に割り当てると2K用の1基が使われなくなり、通常録画・番組視聴に使えるチューナーは残り1基(4K/2K兼用)になります。2つの4K放送局を選んで全録をしたり、1つの4K放送局と2つの2K放送局という組み合わせでの同時全録設定はできません。

■4K全録設定時のチューナー構成

  • DMR-4X1000

    • 全録専用2Kチューナー×8基
    • 4K全録チューナー×1基 (4K DR画質で全録。2Kの1基は使わない)
    • 通常録画(視聴)チューナー×1基(4K/2K兼用)
  • DMR-4X600

    • 全録専用2Kチューナー×4基
    • 4K全録チューナー×1基 (4K DR画質で全録。2Kの1基は使わない)
    • 通常録画(視聴)チューナー×1基(4K/2K兼用)

4K長時間録画が高画質になった

4K放送を通常録画したり、キーワードなどを設定しておまかせ録画を行う場合は、放送画質の4K DR録画だけでなく、画質をなるべく劣化させずに長時間録れる「4K長時間モード」が利用できます

4K長時間モードは、倍率固定の圧縮方式が6段階(4K 4.5/5/5.5/6/7/8倍録)から選べるほか、2020年モデルの全自動DIGAでは「おまかせ長時間 4K 8〜12倍録モード」を新設。「4K 8倍」から「4K 12倍」(12倍の方が圧縮率が高い)の間で、自動的に画質を調整しながら録画するモードです。

シーンの絵柄の細かさや動きの大きさなど、エンコードの難しさに従って録画の倍率をレコーダーが自動調整しながら、画質の劣化を抑えて録る機能です。ミュージシャンが歌って踊る音楽ライブやスポーツの試合など、動きの大きなシーン(情報量)が多い4Kコンテンツを、HDDの空き容量を確保しながら録りたい時に役立ちます。

スマートスピーカーの音声操作改善、非HDR TVへの対応も万全

全自動DIGAも、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカーから音声を使って、保存されている録画番組や写真、音楽の再生操作ができます。従来は「早送りからの再生」操作を実行する際に、早送りと再生のコマンドそれぞれを入力するたびに、ウェイクワードの「OK Google」を発話する必要がありました。新機種ではこの点が改善され、「早送りからの再生、10秒バック」といったように連続発話による細かな制御が可能になりました。

2020年モデルの全自動DIGA 3機種はHDR規格に対応していますが、HDMIケーブルでつないだテレビがHDR非対応のものだったり、HDRの方式が放送で一般的なHLGに非対応だった場合に備えて、HDRからSDRへの変換、HLGからHDR10への変換が可能です。最新の4K/HDRテレビ以外の機種でなくても、すでにあるテレビの形式に合わせて最適な映像を出力でき、快適に視聴ができるところもポイントになります。

「どこでもディーガ」アプリ進化、音声操作やLINE対応を強化

DIGAをスマートフォンから操作できる、iOS/Android対応アプリ「どこでもディーガ」は最新のVer.5.0に進化して、様々な機能が追加されます。

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    「どこでもディーガ」アプリの4K番組表画面(Androidタブレットの画面例)

アプリから4K放送のチャンネル録画(全録)番組の表示と検索、再生が楽しめます。4K録画番組は持ち出し用ファイルへの変換を伴うものの、スマホに転送すれば外出先でも見られます。画質は720p/360p/180pから選択できます。なお、アプリからレコーダーにアクセスして4K放送のストリーミング視聴には非対応です。

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    「どこでもディーガ」アプリから4K/HDR画質のチャンネル録画番組を変換して持ち出し視聴が可能

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    番組持ち出しの画質を選んでいるところ

アプリからスマホの音声アシスタント(SiriやGoogleアシスタント)を起動して、声で4K/2K放送の録画番組の検索、再生、予約実行も可能になりました。シーン検索にも対応します。音声操作がスマホから行えるようになったことで、2019年モデルまで付属していたボイス&モーションリモコンは廃止され、通常のリモコンが付属します。

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    「どこでもディーガ」アプリからの音声検索やレコーダーの操作に対応

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    同梱されるリモコンがボイス&ジェスチャー操作に非対応のシンプルなものになります

LINEアプリとレスポンス良く連携できる点は、DIGAシリーズの大きな魅力。録画済み番組の検索は2019年以降可能になりましたが、Ver.5.0以降にアップデートすると、CLUB Panasonicサービスに登録した会員による録画予約ランキングのプッシュ通知が届けられるようになります。また、放送チャンネルが同じ地域で同じ番組を録画している遠方の家族に、面白い番組の映像をLINEでシェアして視聴を促す機能も付きます。

その他、DIGAのWi-Fi接続を新たに設定するときのセットアップに関わる操作が簡易化。また、自宅にDIGAを買い増ししたときに、パナソニックのクラウドサービス「ディモーラ」を使って既存DIGAから新設DIGAへ番組予約の設定を引き継ぐ新機能も用意され、便利に使えそうです。

  • 全自動DIGA 2020年モデル

    録画予約ランキングのプッシュ通知にも対応します