それほど欲しくないのについ買ってしまうほど、最近はSSDがとにかく安い。SSDを勿体なくも余らせてしまっているのなら、パソコンではなくゲーム機でこれを活用するのはいかがだろうか。今はちょうど2020年1月5日までPS4(プレイステーション4)が1万円引き! の格安で買えるキャンペーンも行われている。ついでに一年の疲れが最高潮の年の瀬に余計な手間もかけたくない。そこで今回は、余ったSSDを使ってPS4をより快適に遊べる、しかも簡単手間いらずな方法を試してみたい。

  • プレステ4とSSDが安いので、正月休みに備えてゲーム高速化を試してみた

    プレステ4に外付けSSDを繋いで、設定をちょっといじるだけで、けっこう高速化できる

内蔵ドライブ交換は怖いので外付けSSDで

PS4の高速化で定番なのは、内蔵のHDD(ハードディスクドライブ)をより高速なSSD(ソリッドステートドライブ)に交換する方法だろう。ただ、難点はデータ移行などの手順がやや手間なのと、それほど難易度は高くないものの、やはり物理的にハードウェアを交換する作業はハードルが高いことだ。

その点で外付けSSDを使う方法はかなり安心お手軽。PS4のシステムソフトウェアが最新版に更新してあれば(バージョンとしては4.50以降)、ゲームのインストール先として外付けSSD(などの外付けストレージ)を選べる「拡張ストレージ」機能が有効になっているはずだ。今回はこの機能を使う。

この「拡張ストレージ」機能を使う方法の場合、内蔵HDDの換装と異なり、ゲームデータの読込の高速化はできるが、PS4の起動時間などシステムに係る高速化はできない。ただ、外付けSSDをPS4のUSB端子に挿して、そこにゲームデータを移動するだけという簡単さは魅力だろう。移動させたデータをPS4本体に戻すこともできるので、本当に気軽に試すことが出来る。

それでは早速、手順や効果などを紹介したいが、試すにあたって今回用意した機材は以下の通り。

  • プレイステーション4本体(型番:CUH-2200B)
  • 1TB容量のM.2 NVMe SSD(Seagate製「FireCuda 510 SSD」)
  • USB対応の外付けSSDケース(ASUS製「ROG STRIX ARION」)

SeagateのFireCuda 510 SSDはかなりハイスペックなSSDで、カタログではPCIe3.0 x4接続、リード最大3,540MB/秒、ライト最大3,200MB/秒と、今回の用途では実力を使い切れないようなオーバースペックのものだ。Seagateの誇る高信頼性も特長のひとつだし、試したSSDのスペックが低すぎて効果が出なかったというオチは避けたいので、これを使ってみることにした。

  • SSDはSeagateの「FireCuda 510 SSD」を使う。最近、後継のFireCuda 520 SSDが出たが、まだまだ現役レベルの高性能SSDだ

いいSSDを使うので、せっかくなら外付けSSDもいいものを、ということで用意したのがASUSのROG STRIX ARIONだ。最大の特長は「見栄えがゲーミングッ! もちろん光る!」につきる……というのもあるが、ASUSのゲーミングブランド「ROG」の製品なので、インタフェースなど、速度のボトルネックになりそうな部分が高速仕様なため、良い結果に期待できるからだ。

  • ASUSの「ROG STRIX ARION」。アルミボディで見た目もグッド

  • そして当然のように光る。さすがASUS、イケメン

  • さらにカラビナキットまで付属。イカす

  • SSDのインストールもとっても簡単。付属のピンを孔に差し込むと蓋が開く

  • 蓋の裏側にはアルミボディにSSDの熱を逃がすサーマルパッドが貼ってあった。耐衝撃にも良さそうなゴムっぽい部材だ

  • 蓋を開ける時に使ったピンはSSD固定用のネジ締めにも使えるという非常に気配りのできるヤツだった

一応数値的には、SSDのFireCuda 510は3,000MB/秒以上のデータ転送速度が出るが、それとPS4を繋げるROG STRIX ARIONのインタフェースはUSB 3.2 Gen2で、規格上の転送速度は最高10Gb/秒(MB換算は1250MB/秒)。そしてPS4のUSBインタフェースはUSB 3.2 Gen1と言われており、これは最高5Gb/秒(MB換算は625MB/秒)なので、最終的にはPS4側の625MB/秒が速度の天井となるだろう。ついでに言うと、PS4 Proの内蔵ストレージ・インタフェースは最高600MB/秒のSATA 3.0だが、無印PS4は最高300MB/秒のSATA 2.0と見られるため、最大速度では実は外付けの方が有利だったりもする。

■各インタフェースの規格上の転送速度まとめ
外付けSSDケース
(ROG STRIX ARION)
USB 3.2 Gen2
最高1250MB/秒
現行PS4のUSBポート
USB 3.2 Gen1(推定)
最高625MB/秒
無印PS4の内蔵HDD接続
SATA 2.0(推定)
最高300MB/秒
PS4 Proの内蔵HDD接続
SATA 3.0(推定)
最高600MB/秒

ゲーム高速化の手順

それでは、作業を進めよう。PS4本体のUSB端子に外付けSSDを接続したら、PS4を起動して、まずはメニューから「設定」を選択。設定のなかの「周辺機器」の項目を選び、さらに「USBストレージ機器」の項目を選ぶ。外付けSSDが正しく接続できていれば、ここに接続したSSDの名前や容量(今回の機材の場合は「ROG STRIX ARION」)が表示されているはずだ。その表示を選択すると、「拡張ストレージとしてフォーマットする」を実行できるので、画面の指示に従ってフォーマットを完了させよう。これで外付けSSDをゲームのインストール先として使えるようになる。

  • 外付けSSDの接続はハブ未対応なので、PS4のUSBポートに外付けSSDのUSBケーブルを直接繋ごう

  • まずはメニューから「設定」を選択

  • 「設定」を選択したら順番に、次は「周辺機器」

  • 「周辺機器」のなかから、「USBストレージ機器」を選ぶ

  • 「USBストレージ機器」を選んで、SSDの名前等が表示できていれば接続成功

  • SSDの表示を選択して、「拡張ストレージとしてフォーマットする」を押す

  • 外付けSSDにインストールできるのはアプリケーション(ゲーム本体)だけで、セーブデータとかは本体HDDに保存されますよという説明などがでてくるので、「次へ」を押してフォーマットを進める

  • フォーマットが完了。今後、外付けSSDにアプリケーションがインストールされる旨や、取り外し方法などの説明が表示される

  • フォーマットが正しく終わっていれば、「USBストレージ機器」で表示される外付けSSDのフォーマット情報が、「フォーマット 不明」から「フォーマット PS4」に変わっているはずだ

既に本体HDDにインストール済みのゲームデータを外付けSSDに移動させることもできる。手順はメニューの「設定」から、「ストレージ」の項目を選び、「本体ストレージ」から「アプリケーション」へと進むと、本体HDDにインストール済みのゲームタイトルが一覧表示されるので、コントローラーの「OPTION」ボタンを押し、表示されるメニューから「拡張ストレージへ移動する」を選ぶと、移動させたいゲームを指定して移動させることができる。

  • メニューの「設定」から、「ストレージ」の項目を選ぶ

  • 「本体ストレージ」(こちらは内蔵HDD)と「拡張ストレージ」(こちらが外付けSSD)の2種類が見える

  • 「本体ストレージ」から「アプリケーション」を選ぶ

  • 「アプリケーション」では、内蔵HDDにインストール済みのゲームが一覧表示されるので、ここでコントローラーの「OPTION」ボタンを押し、「拡張ストレージへ移動する」を選ぶと、インストール済みのゲームを外付けSSDへ移動させることができる

高速化の効果を実測

最後は、実際にゲームがどれくらい快適に動作するようになったのかを計測してみたい。試したゲームは『グランツーリスモSPORT』『バイオハザード7 レジデント イービル』『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『モンスターハンター:ワールド』の4本だ。それぞれゲームの「起動時間」とゲーム中の「ロード時間」をストップウォッチで計測してグラフにまとめてみた。なお、ロード時間はグランツーリスモSPORTのみアーケードのシングルレースを選んで開始できるまでの時間で、残りの3本はセーブデータのロード時間を計測している。

効果の大小はゲームによりまちまちではあるが、総じてどのゲームでも高速化できていることがわかる。当然、読み込むデータ量が大きいほど、SSD高速化の効果は増す。例えばデータ量がかさみがちなフィールドデータを都度読み込むようなゲームなどは効果大だ。逆に言えば、「ロード遅いなぁ」という場面は、たいてい読み込んでいるデータ量が大きいことに起因しているので、普段ストレスを感じている場面ほど、SSD高速化の威力が目に見えて発揮されるだろう。

今回は超高速SSDで試しているが、インタフェース速度を使い切らない程度の性能のSSDに抑えれば、その分費用を浮かせることもできる。ロードにストレスを感じているのであれば、外付けSSDを試す価値は大だ。ここまで紹介した通り作業はとっても簡単、テレビの前にPS4とコタツとミカンを設置するついでに外付けSSDも繋いでみる程度なので、正月が捗るぞ。