Windows 7/8世代のノートPCを使っているが、さすがに動作が重くてそろそろ買い替え、なんて考えている人もいるだろう。しかし、ちょっと待ってほしい。そのノートPCがHDDならSSDに換装することで延命が可能だ。SSDの価格が下落している今、HDDをSSDに換装して超高速化に挑戦してみよう。

ようこそ! ここが芹澤再生工場だ

古いPCを使っていたイライラするのは、Windowsやアプリの起動、フォルダを開いたり、ファイルをコピーしたりとごくごく一般的な処理が遅いことだろう。CPUなど基本スペックが低いこともあるが、搭載されているストレージがHDDの場合、それが『遅さ』の一番の原因となる。HDDはデータ転送速度が遅く、特に細かなデータをやりとりするランダムアクセスが苦手で、それが処理のもたつきにつながっているのだ。

その遅さのボトルネックを解消する最もカンタンな手段が、HDDをSSDに換装すること。SSDはHDDよりもはるかに高速なので、PCの環境はそのままに生まれ変わったかのように高速化できる(その効果は下段で紹介)。ノートPCに搭載されているHDDが2.5インチタイプなら、多くの場合、同じ2.5インチのSSDに換装が可能だ。手持ちのノートPCの処理に不満があるなら、挑戦してみる価値は十分ある。

  • 2.5インチのHDDが搭載されているノートPCならSSDへ換装できる可能性が高い

  • 価格.comの今回使用したSSDの価格推移グラフ。1年前からでは4割引、発売当初からではなんと、66%オフ状態!(2019/10/3現在)
    出典:価格.com

ただし、ノートPCによってはHDDのパーティション構造が特殊でデータの移行が難しかったり、別のハードウェアを認識しないといったケースもある。また、特殊なネジを使っているなど、分解が困難なモデルも存在しているので、HDDからSSDへ換装可能なのか、事前にインターネットなどでリサーチしておくことをオススメする。

なお、パーツ交換すると保証がどうなるのか気になるところだが、ほとんどのメーカーは保証対象外だ。ただし、古いノートPCなら、多くの場合は保証切れとなっているはず。SSD換装はPCの延命策と考えてほしい。

HDDからSSDに換装可能なノートPC
・2.5インチのHDDを搭載してる
・HDDを取り出しが可能
・特殊なパーティション構造やハードウェア制限がない

必要なものは三つ、換装用SSDと外付けケースとバックアップ

さて、ここからは実践に移ろう。今回は2012年発売の富士通「LIFEBOOK AH78/HA」を用意した(OSはWindows 10にアップグレード済み)。CPUは4コア8スレッドのCore i7-3610QM、メモリは8GB搭載と現在でも十分使えるスペック。しかし、ストレージが5,400rpmの2.5インチHDD(容量1TB)と、これが遅さを感じる原因となっている。

  • ここでSSD換装に使用したのは富士通「LIFEBOOK AH78/HA」。1TBのHDDを搭載している。CPUはCore i7-3610QMと性能的には現在でも十分戦える。※ただし、今回のテスト機ではHDDが過去にクラッシュしたので、ウエスタンデジタルの750GBの2.5インチHDD「WD7500BPVT」に交換したものを使用している

HDDからSSDに移行するのに必要なのは三つある。一つは2.5インチでSerial ATA接続のSSD。これはノートPC内の総データ量よりも大容量のものを選ぶ必要がある。元のHDDと同容量かそれ以上のものを選ぶといいだろう。

二つ目は2.5インチSSDを内蔵できるUSB接続の外付けドライブケースだ。これは元のノートPC内蔵HDDのデータを丸ごとSSDにコピー(クローニング)するのに必要となる。USB接続だけで動作するバスパワータイプを選ぶと便利だ。USB 3.0対応なら1,000円程度で購入できる。動作実績が多くなる人気モデルを選ぶのが無難だ。

三つ目はクローニング機能を持ったバックアップアプリ。フリーソフトでもいくつか存在しているが、今回使用するMicronのCrucial MX500なら、高機能な「Acronis True Image for Crucial」を無料でダウンロードできて便利だ。

SSD換装に必要なもの
・2.5インチでSerial ATA接続のSSD
・2.5インチSSDを搭載可能な外付けドライブケース
・クローニング機能を備えたアプリ

  • SSDはMicronのCrucial MX500を用意した。容量はノートPCのHDDと同容量のCT1000MX500SSD1/JP(1TB)を選択。実売価格は13,000円前後だ

  • 外付けドライブケースにはUSB 3.0対応でバスパワー駆動の玄人志向「GW2.5CR-U」を使用する。実売価格は700円前後とお手頃で人気のモデルだ

  • クローニングにはCrucial MX500なら無料でダウンロード可能なバックアップアプリ「Acronis True Image for Crucial」を使用した。フリーソフトでは「EaseUS Todo Backup Free」などが有名だ

ここからは実際の作業手順を紹介する。外付けドライブケースにSSDをセットする、クローニングを実行する、ノートPCからHDDを取り出す、SSDをノートPCに搭載する、と大きく分けて四つの手順が必要となる。

  • まずは、外付けドライブケースの天面カバーをはずす

  • 内部にあるコネクタへSSDをスライドさせて挿し込む。逆向きには挿さらないので安心だ

  • カバーを戻し、付属のUSBケーブルを接続する

  • ノートPCのUSB 3.0ポートや外付けドライブケースのUSBケーブルを接続する

  • PCを起動してクローニング対応アプリをインストールする。ここではAcronis True Image for Crucialをダウンロードした

  • ダウンロードしたアプリをインストールして実行する。アプリが起動したら「ツール」にある「ディスクのクローン作成」をクリック

  • ウィザードが起動するので「自動(推奨)」をクリックする

  • コピー元になるソースディスクを指定する。今回の場合、ノートPC内蔵のHDDが1台だけなので、「ディスク1」を選択して「次へ」をクリック

  • コピー先となるSSDを選択する。今回の場合はインターフェースがUSBとなっている「ディスク2」を選択して「次へ」をクリック。最後に「実行」をクリックして作業が終わるのを待つだけだ

次はPCの電源を完全にオフにしてACアダプタも抜く。バッテリーがはずせるノートPCなら、安全のためにバッテリーも抜いておこう。そして底面にあるHDD部分のネジをはずす

  • カバーをはずすとHDDが見える。このノートPCはストレージと本体が独自のケーブルで接続されている。まずは、ノートPC本体側のコネクタからケーブルをはずす

  • HDDはゴムで固定されているので、ケーブルを傷つけないようにゴムを引っ張り、HDDをはずす

  • HDDに接続されているケーブルをはずし、外付けドライブケースからSSDを取り出し、はずしたケーブルを接続する

  • SSDをPC本体に取り付け、ケーブルをコネクタに接続する。カバーを戻せば換装作業は終了。PCの電源を入れて起動するかテストしよう

見事、最後に一花咲いちまったぜ

これでHDDからSSDへの換装作業は完了だ。その効果を確かめていこう。

まずは、Windows 10の起動時間だ。PCの電源ボタンを押してからスタートアップに登録したWebブラウザが起動するまでの時間をストップウォッチで3回計測したときの平均値を掲載する。HDDでは71秒だったのが、SSDに換装後はわずか25秒程度で起動と約2.8倍も高速化。

ストレージのデータ転送速度を測定する「CrystalDiskMark」では、連続した読み出しになるシーケンシャルリードで約6.3倍、ランダムアクセスの4KiB(Q8T8)のリードでは約518倍と驚異的な速度アップとなった。アプリの起動はもちろんのこと、Windowsの設定画面を呼び出したりといったちょっとした作業でも高速化を体感できる。

  • Windows 10の起動時間を測定。SSD換装後は46秒も短縮された

  • CrystalDiskMarkの結果。左がHDD、右がSSDだ。圧倒的な差だが、特にランダムアクセスの4KiB(Q8T8)が約518倍も向上し、これが快適度のアップにつながっている

Serial ATA接続のSSDはインタフェースの限界値まで性能が向上していることもあり、どの製品を選んでも性能差はあまりない。安心感を重視するなら、今回使用したMicronのCrucial MX500など人気モデルを選ぶのが無難と言える。また、HDDからSSDへの換装を考えているならクローニング機能を備えたアプリが付属するSSDを選ぶのもいいだろう。

HDDからSSDへの換装は比較的低予算でPCの快適度が飛躍的に向上する手段だ。古いノートPCの性能に不満があるなら、ぜひとも挑戦してみてほしい。

※冷たいことを言うようですが、上記のカスタマイズで動作不良を起こす場合があります。自己責任の範囲でトライしてください。