12月14日、渋谷の「価格.com GG Shibuya Mobile esports cafe&bar」にて「WESG 2019-2020 Japan Division」オフライン国内予選決勝戦が行われました。

  • WESG 2019-2020 Japan Divisionの会場となった価格.com GG Shibuya Mobile esports cafe&bar

アリババ関連会社が行う世界規模のeスポーツ大会

WESG(World Electronic Sports Games)は中国のアリババの子会社、アリスポーツが開催する大会で今回が4回目となります。前回の大会は世界125カ国から6.8万人の選手が参加し賞金総額は550万ドル、視聴者数は4億人と大規模なものです。

  • WESGの概要。アリババ関連会社が主催ということで中国中心とは言え、世界中から強豪が集います

  • 今年の競技タイトルは画面の4つ。ただし、右側のStarCraft2とDota2は日本では全試合オンライン対戦でした

当日は日本代表を決める戦いが行われ、「Counter-Strike:Global Offensive」(以下CS:GO)と「eFootball ウイニングイレブン 2020」(以下ウイイレ。画面がeFootball PES 2020となっているのは海外ではeFootball Pro Evolution Soccer 2020というタイトルのため)のタイトルのみオフライン決勝となっています。ウイイレは日本でもなじみのあるサッカーゲームで、現実のチームと選手データを元にリアルなスタジアムでの対戦が楽しめるゲームです。2020年版はさらに現実のサッカーに近い駆け引きが楽しめるようになりました。

地区予選と言えど賞金が用意されており、CS:GOは優勝チームに$20,000、準優勝チームは$4,000の賞金、ウイイレは優勝者に$10,000、準優勝で$2,000となっています。また、CS:GOの優勝チームとウイイレの準優勝・優勝者は1月にマレーシアで行われるアジア予選への出場権も得られます(本戦に出るには長い道のりがあるのです)。

今年2月に行われた「WESG 2018-2019 Japan Division」は渋谷のヨシモト∞ホールで行われましたが、「WESG 2019-2020 Japan Division」は渋谷パルコ内にできたばかりのeSportsカフェを会場にしており、立ち見も出るほどでした。

  • 日本予選でも勝てばかなりの賞金が得られ、特にウイイレは一人で優勝$10,000なので大きいですね

ウイイレは10月の国体に参加したプロ選手がアジア予選へ

まず行われたのがウイイレで、こちらは準決勝から行われました。ここまで勝ち上がった選手はかつぴーや選手、ボルトムント選手、カーリー選手、レバ選手。かつぴーや選手とレバ選手は今年10月に行われた全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKIの県代表にも選出されたプロ選手です。

かつぴーや選手は「勝って代表になりたい」、ボルトムント選手は「楽しみたいと思います」、カーリー選手は「まず、準決勝を勝ちたい」、レバ選手は「前回は決勝に負けているので、今回は優勝したい」とコメントしていました。

  • ウイイレの選手。右からかつぴーや選手、ボルトムント選手、カーリー選手、レバ選手。左右の二人はチームユニフォームを着ているプロ選手

  • ウイイレのキャスター陣。左が実況の馬人氏、右が解説の梅津 慧氏(コナミデジタルエンタテインメント)

まずかつぴーや選手とボルトムント選手が予選第一試合を行いました。ウイイレは現実のプロサッカー13チームで対戦することができますが、競技となると強いチームを選ぶことが重要になります。キャスターの解説によると「今回のルールは能力均等化を行わない、チーム本来の能力で戦うため、タレント面でユヴェントスが一番でスーパーサブの層も厚い」ということで、両者ともユヴェントスを希望。

一方、ルールで同一チームの対戦は行えず、ジャンケンで買った方がコイントスの「表・裏」を選択した上で決定。この結果、ボルトムント選手がユヴェントスを選択でき、かつぴーや選手はFCバルセロナとなりました。

試合は前半5分にロナウドがフリーから先制点をあげ、11分にスアレスが同点、42分にロナウドが2点目を取ったところで前半終了。後半は56分にメッシが同点、68分にグリズマンが3点目を取り、結果3-2でFCバルセロナを選択したかすぴーや選手が勝ちました。

予選第二試合はカーリー選手とレバ選手で行われ、カーリー選手がユヴェントス、レバ選手がFCバルセロナを選択。試合は1分ロナウドが先制点をあげ、7分にグリズマンが同点。13分にスアレスが2点目をあげ35分にクワドラードが同点としたものの、46分にフリーキックでディバラが3点目をあげ前半終了。後半は開始早々の47分にグリズマンが同点にした後、終了間際の85分にスアレスが4点目をあげ、結果4-3でFCバルセロナを選択したレバ選手が勝ちました。試合後に「かつぴーやさんには前回負けているので勝ってアジア予選にすすみたい」とコメント。

  • 勝つためには強豪チームを使うのが鉄則。と言う事で全員ユヴェントスを希望するものの今回のルールでは同チーム対戦不可なので、コイントスで負けた選手はFCバルセロナを選択

  • とはいえ、システムや配置などの監督要素があるので、同じチームでも戦略、戦術、そして操作で勝敗を決めます。今回5ゲームのうち3ゲームがFCバルセロナの勝利でした

と言う事でアジア予選に進めるのはプロ選手の二人となりました。決勝は2勝すれば決まる試合形式になります。コイントスで勝ったレバ選手がユヴェントスを選択し、二戦目はチームを入れ替え、三戦目になるとコイントスを行っての対戦となります。どちらもアジア予選にはいけますが、予選での組み合わせで有利なのは優勝者ですし、賞金も5倍違うので熱が入ります。

第一試合は17分にディバラがややラッキーな先制点をあげたものの25分にグリズマンが同点。その直後の26分にロナウドが2点目をあげて前半終了。後半は49分にベルナルデスキが3点目をあげユヴェントスがリード。58分にグリズマンが2点目を入れて逆襲を行うと思いきや、70分にベルナルデスキ、74分にフリーキックでディバラ、90分にベルナルデスキとベルナルデスキがハットトリックを決めて、ユヴェントスのレバ選手が勝利。

第二試合は2分、11分、25分とロナウドが前半ハットトリック。39分にメッシが一点返して前半終了。後半は56分にメッシが2点目をあげるものの、71分にロナウドがダメ押しの4点目を入れ、ロナウド大活躍の4-2でユヴェントスのかつぴーや選手が勝利。

最終戦でコイントスで勝利したかつぴーや選手がユヴェントスを選択したのに対し、レバ選手が悩みつつFCバルセロナを選択しました。試合はレバ選手がロナウドをうまく抑え込みつつ、6分、19分にグリズマンが連続得点。さらに26分にピケ、33分にスアレスが得点し、これに対して40分にロナウドが1点を入れたところで前半終了。後半は47分にスアレス、67分にグリズマンが得点して6点と差を広げ、終了間際の93分にマンジュキッチが2点目を入れたものの及ばず6-2でFCバルセロナのレバ選手が優勝となりました。

キャスターもコメントしていましたが、最後の一戦以外はワンサイドゲームにならず、かなり熱い試合となっていました。

  • 優勝はレバ選手、準優勝はかつぴーや選手となりました。ちなみにレバ選手が所属するDetonatioN Gamingはスポンサーをものすごく獲得しており、このユニフォームにはまだ記載されていないスポンサーが少なくても3社あります(来年新ユニフォームになると言われたとの事)

  • 会場はほぼ満席です。テーブル席は通常営業でも使うようでゲームに便利なコンセント付でした

CS:GOは「絶対王者」が余裕の優勝

会場転換ののちにCS:GOの決勝戦が行われました。CS:GOはサードウェーブが主催している「GALLERIA GLOBAL CHALLENGE(以下GGC)」でも採用されている事もあって、筆者的にはオフライン決勝を何度も見ているタイトルです。日本で最も強いチームと言えばAbsoluteで「(チーム名から)絶対王者」と言われています。今回も決勝に進出した2チームのうち、片方はこのAbsoluteでした。

  • CS:GO部門で対戦するのはAbsolute。日本最強の「絶対王者」と言われておりCS:GOトーナメントの常連です。今日はユニフォームでなく私服と言われてアレ? と思いましたが、2月のWESG 2018-2019でも私服でした。なにか理由があるのでしょうか

一方、対戦相手は「ちんぱんじ~」。先のGGC 2019で準優勝になった強豪Ignisを破って決勝に登ってきたチームとダークホース的な香りが漂いますが、試合前のコメントは「日本一強いチームが相手なので胸を借りるつもりで頑張ります」との事。キャスター曰く「ちんぱんじ~でオフライン大会の経験があるのは2名だけで場馴れの点で不利だが、オフライン経験のある二名はベテランであり、爆発力に期待したい」とコメントしていました。

  • 対するはちんぱんじ~。オフライン大会初の方も多いのですが、かなりリラックスしておりコメント通り「胸を借りる」だったのかもしれません

  • CS:GOのキャスター陣は実況yue、解説SaSRaIさん

CS:GOは5対5のチーム戦で戦うFPSと呼ばれるゲームです。競技ではテロリストvs特殊部隊の役目を15ラウンドで交代して行い、テロリストが指定場所で爆弾を設置して爆発させるかカウンターテロリストを全滅させると勝利、カウンターテロリストは設置された爆弾を解除するかテロリストを全滅させると勝利というもので、16勝するとゲーム勝利。15対15になるとオーバータイムと呼ばれる追加ラウンドを行います。

またマネー制度というものがあり、相手を倒したりラウンド勝利を行うと(武器購入用の)お金が入るというシステムを採用しており、お金の管理が戦略上重要になっているのも特徴です(死亡すると武器がなくなるので、ラウンドを捨てて高い武器を守るために逃げまくるという戦術も使われます)。他のゲームでよくある「体力回復」もないのも特徴でしょう。

  • Counter-Strikeシリーズはテロリスト対特殊部隊の戦いをテーマにしている対戦FPSで、最新作のCS:GOはお互いの戦略の読みあいや武器購入資金管理がある息の長いタイトル(CS:GOが登場したのは2012年)

試合前のコメントからわかるとおり、古参のチームゆえの引き出しの多さと読み勝ちで試合は終始Absoluteがリードを取り、第一マップは今年3月から競技マップに加わったVertigoと呼ばれるものでちんぱんじ~が1ラウンド、第二マップのMirageは3ラウンドのみ取れたものの終始Absolute側が優位を気づき2マップ先取してAbsoluteが勝利しました。

  • 終わってみれば圧勝で優勝はAbsoluteでした

  • 会場風景。5対5の対戦と言う事もあって、PC設置スペースの反対側のモニターで実況すると問題があるので、観客は選手上のモニターを見るようになっています