モダンPCを体現するスペック

Microsoftが提唱する「モダンPC」は、SSDによる高速動作やモビリティの高さ、そして外観の美しさも備えるノートPCのジャンルです。

今回取り上げる「dynabook S6」は、そのモダンPCのひとつ。13.3型液晶で約1kgのボディは高い堅牢性を持ち、Intel Core i5やSSDを内蔵。Microsoft Office Home & Business 2019が付属し、税込み実売価格は14万円半ばです(2019年12月中旬時点)。

  • dynabook S6

    dynabook S6(デニムブルー)

■試用機の主な仕様 [製品名] dynabook S6 [CPU] Intel Core i5-8250U(1.6GHz) [メモリ] 8GB PC4-19200(4GB×2) [グラフィックス] Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵) [ストレージ] 256GB SATA SSD [光学ドライブ] なし [ディスプレイ] 13.3型IGZO液晶、ノングレア、1,920×1,080ドット [OS] Windows 10 Home 64bit版 [バッテリー駆動時間] 約9.5時間 [本体サイズ・重さ] 約W316.0×D227.0×H19.9mm・約1.119kg [実勢価格(税込、2019年12月中旬時点)] 14万円台の中盤

基本的なスペックをまとめると、CPUがIntel Core i5-8250U(1.60GHz)、メモリが8GB(4GB×2)、ストレージが約240GBのSATA SSD、液晶ディスプレイが13.3型フルHD(1,920×1,080ドット)となります。本体サイズは約W316.0×D227.0×H19.9mm、重さは約1.119kg、バッテリー駆動時間は約9.5時間(JEITA 2.0)です。今回はデニムブルーのモデルを試用していますが、モデナレッドもラインナップしています。

  • dynabook S6

    モダンPCの条件

  • dynabook S6

    美しい赤のモデナレッド

シンプルな外見と豊富なインタフェース

外観はスッキリしていて、カバンにスッと収まる形状です。天板の中央に「dynabook」のロゴが銀色で刻まれているのも、シンプルなかっこよさを感じます。

  • dynabook S6
  • dynabook S6

    天面は光沢感のある深いブルー。フットプリントはA4サイズを一回り大きくした程度

インタフェースも十分に備えており、モバイルノートPCとしては少数派の有線LANポート(Gigabit Ethernet)も搭載しています。

左側面には、奥から電源端子、USB PD(Power Delivery)対応のUSB 3.1 Type-C、HDMI出力端子、マイク/ヘッドホン端子、microSDカードスロットが並びます。取材でデジタルカメラを使うことが多い筆者としては、普通のSD/SDHC/SDXCカードスロットが欲しかったのですが、使い方によって「欲しい・無くてもいい」が分かれるところでしょう。

  • dynabook S6
  • dynabook S6

    左側面。USB Type-C端子はUSB PDに対応しています。USB PD対応のACアダプターを使えば、USB Type-C端子からも充電できます

右側面は、セキュリティロックスロット、有線LAN端子、USB 3.0(Type-A)×2です。

  • dynabook S6
  • dynabook S6

    右側面。モバイルノートPCにもあると便利な有線LAN端子を持っています

  • dynabook S6
  • dynabook S6

    前面(写真上)と背面(写真下)には、インタフェース類はなし

  • dynabook S6

    ヒンジ部分を後ろ斜めから

  • dynabook S6

    液晶ディスプレイは、ここまで開きます

液晶ディスプレイは、ノングレア(非光沢)タイプのIGZO液晶。モバイルマシンは周囲の環境が変わることが多いので、背後の光源などが映り込まないノングレア加工はうれしいところです。

映し出される映像はさすがはIGZO液晶といった美しさで、ビジネス用途だけではなく、動画視聴といったエンターテインメント面でも活躍してくれるはずです。また、音響面もDTS Audio Processingに対応していることもあって、モバイルノートPCとは思えないサウンドでした。

  • dynabook S6

    ノングレアなので、見た目の印象はグレア(光沢)液晶に負けますが、それでも十分にきれいな画面です

dynabook S6で筆者が一番すばらしいと思ったのは、キーボードです。87個のキーは、一般的に使用頻度が低いとされるキー(Enterキー付近)は幅が狭くなっているものの、メイン部分は13.3型ノートPCではなかなか見ない19mmというピッチを確保。

ストロークは1.5mmで、キートップに0.2mmという微妙なへこみをつけることによって、指先にフィットしやすい構造になっています。クリック感のはっきりした打ち心地もあって、気持ちいいタイピングを続けられるのではないでしょうか。

  • dynabook S6

    右エンターキー付近のキーは横幅が狭くなっていますが、中心となるキーは十分なピッチ。タッチパッドの左上には、指紋センサーがあります

  • dynabook S6

    アイソレーションタイプで、キーストロークは1.5mm。キートップに微妙な凹みがついています

ボディは、26方向からの76cm落下テストにも耐えるというタフネスさ。そのほかにも、6時間にわたって細かい粉塵を吹き付ける、高度4,572m相当の気圧まで減圧、-20~60度の温度変化状態で6時間駆動など、イジメかと思うようなアメリカ国防総省制定のMIL規格に準拠したテストをクリアしており、安心して持ち歩けるでしょう。

ベンチマークで見るdynabook S6のパワー

ベンチマークでdynabook S6のパフォーマンスを見ていきます。まずは、CPUのパワーを計測する「CINEBENCH R20」。結果は、CPU総合が1102pts、コア単体が298ptsと出ました。

数字では分かりづらいので、ベンチマーク内にあるランキングを見てみると、CPU総合・コア単体ともに、Intel Core i7シリーズに次ぐパワー。モバイル用と注釈はつきますが、Intel Core i5シリーズではトップクラスの実力を持っているようです。

  • dynabook S6

    CINEBENCH R20の結果。下のほうにはCPUの総合力ランキング

  • dynabook S6

    CINEBENCH R20におけるコア単体のランキング。なかなかの結果ではないでしょうか

次はストレージ性能を測る「CrystalDiskMark 6.0.2」です。結果は以下の画像のとおりで、NVMe接続のSSDにはさすがに及ばないものの、SATA接続のSSDとしては十分に高速。PCの起動やファイル操作においてストレスを感じることはほとんどないでしょう。

  • dynabook S6

    CrystalDiskMark 6.0.2の測定値。SATA接続のSSDとしては標準的なスコア

外出先でゲームがしたい! という要望はみなさんあると思います。自分もあります。オンラインゲームなら、出張や旅行した先でも遊びたくなるもの(出張はまだしも、旅行のときは一緒に行った人から白い目で見られない程度に……)。

というわけで、「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」です。グラフィック設定は「標準品質」、解像度は「1920×1080」、表示方法は「フルスクリーン」。結果は、評価が「快適普通」でスコアは5774となりました。グラフィック設定を「最高品質」にすると、評価は「普通」で、スコアは4796でした。

  • dynabook S6

    ドラゴンクエストX ベンチマークソフトの結果

「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」も走らせます。設定は、グラフィックが「標準品質(ノートPC)」、解像度が「1280×720」、表示方法が「フルスクリーン」。評価は「快適」、スコアは4151となりました。

  • dynabook S6

    ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマークの結果

どちらも、「最高品質は厳しいが設定をいじれば十分に遊べる」という状態です。グラフィックスがCPU内蔵のIntel UHD Graphics 620であることを考えれば、十分な結果でしょう。外出先からでもネット仲間と遊べるのはうれしい限りです。

バッテリーはどれくらい持つ?

モバイルノートPCをチェックするとき、一番気になるという人も多いでしょう。バッテリー駆動時間を調べてみます。

カタログスペックは約9.5時間ですが、実際に使っている状態に近づけるため、YouTubeで連続再生をオンにして、動画を再生し続けてみました。バッテリーが残り5%になって、自動的にスリープするまでの時間を計っています。電源モードは、バランス重視の「より良いバッテリー」で、画面の輝度は100%です。

結果は、約4時間10分でスリープに入りました。最高輝度で表示しつつ、無線LANのデータ転送と動画の再生を延々と行うのは、かなりヘビーな状況。Officeアプリを使った仕事、メールやWebブラウズ中心のインターネットといった使い方なら、ずっと長いバッテリー駆動時間が得られるでしょう。

また、画面の輝度はバッテリー駆動時間に大きく影響しますが、実際は輝度100%で使う場面は少ないはず。周囲の明るさや個人の好みにもよりますが、50%くらいでも十分な明るさです。画面の輝度を落とせば、バッテリー駆動時間は延びます。

バッテリー駆動でヘビーな使い方をする場合は、一緒にACアダプターを持ち歩くと安心。dynabook S6のACアダプターは小型軽量なので持ち運びには有利ですが、より小型のUSB PD対応ACアダプターを別途用意するのも大アリです。

  • dynabook S6

    ACアダプターはコンパクト

  • dynabook S6

    ACアダプターと電源コードを合わせた重さは194g

  • dynabook S6

    dynabook S6本体の実測は1.08kg。スペック値の約1,119kgよりも軽く表示されました

  • dynabook S6

    dynabook S6本体、ACアダプター、電源コードの合計は1.274kg

実際にモバイルしてみて

最後に、実際に筆者が持ち歩いて外出先で使ってみた感想をお伝えしましょう。底面のゴム足を除けばフラットな構造ですので、カバンにはすっきりと収まってくれました。喫茶店や図書館などでカバンから取り出して、スリープから起動させる動作もすばやくストレスはありません。

最近は1kg未満のモバイルノートPCが増えましたが、そこまで軽くなくてもいいという人もいるでしょう。インタフェース類だったり、バッテリー駆動時間だったり、キーボード、値段など、本体の軽さ以上に譲れないところはありませんか?

  • dynabook S6

    外出先で使いまくってみたら、動作は快適だし、周囲に人がいるのでフリーランスの寂しさを一時だけでも忘れられました

外出して行った作業は、今回の原稿執筆とWeb閲覧がメインです。ピッチの広いキーボードでスムーズなタイピングを実感できました。自宅を出るときスリープ状態にして、近くのカフェで2時間ほど作業、そして帰宅。バッテリー消費は20%程度で、帰宅したときは残り80%強の残量がありました。

dynabook S6は、ビジネス用途で十二分に活躍してくれるパワーを持ったモバイルノートPCです。さらに、ちょっとした3Dゲームなどのエンターテインメントも楽しめるスペックでもあります。14万円台の中盤という価格の印象は人それぞれだと思いますが、PCはネットを見たり仕事の書類を作ったりするくらいというライトユーザーなら、メインマシンとして利用できるでしょう。自宅にデスクトップPCのメイン母艦があるヘビーユーザーにも、外出用のマシンとしておすすめです。