SNEXTは12月12日、自社ブランド「final」と「ag」、同社取り扱いブランドの製品を販売する「final STORE(ファイナル ストア)」を東京・秋葉原で12月12日に開店する。営業時間は11時~20時(年末年始休暇を除く)。オープンに先だって12月10日に内覧会が開催され、音へのこだわりを詰め込んだ店内を見ることができた。

  • final STORE

    「final STORE(ファイナル ストア)」が東京・秋葉原に12月12日オープン

店内には「中学生のお小遣いでも買えるイヤホン」をコンセプトに開発された、2,000円台のエントリー向けイヤホン「E1000」や、VRやバイノーラル音声向けに開発された「E500」(税込2,020円)、finalが音質監修したagブランドの完全ワイヤレスイヤホン「TWS03R」(税込5,980円)といった手に取りやすい製品から、finalの技術の粋を結集した最上位イヤホン「A8000」(12月13日発売予定、税込198,000円)まで、多彩な製品を取りそろえていた。

  • final STORE

    finalの人気エントリーイヤホン「E1000」

  • final STORE

    agブランドの完全ワイヤレスイヤホン「TWS03R」

  • final STORE

    VRやバイノーラル音声向けイヤホン「E500」を体験できるコーナー

final STOREは、JR秋葉原駅から御徒町駅方面に歩いて約3分、銀座線末広町駅からも徒歩3分という立地にある、JR高架下の商業施設「SEEKBASE」(シークベース)内に開設。SEEKBASEを運営するジェイアール東日本都市開発は、「『日本の技術』に敬意を表し、かつての電気街を意識したこだわりと専門的で独特な世界観を目指す。若者や訪日客が『未知のワクワクとスグレモノを探すことができる』ショップを集結させた」と施設について説明しており、その一角にfinal直営店がオープンするかたちとなる。

  • final STORE

    final STOREが入っている商業施設「SEEKBASE」の外観。画面奥がJR御徒町駅方面

  • final STORE

    JR秋葉原駅~御徒町駅間の高架下に「SEEKBASE」がある

finalブランドの製品は音質に定評があり、コアなポータブルオーディオのファン層から支持されている。finalでは2015年に神奈川・川崎市幸区の本社にショールームを開設し、これまで様々なイベントを実施してきたが、アクセスの分かりにくさや「もっと気軽に立ち寄りたい」といった来場者の声を受け、新たにfinal STOREを秋葉原に開設することを決めたという。今後、SEEKBASEの催事スペースを利用した各種イベントの開催を検討している。

  • final STORE

    final STOREの店内案内表示

  • final STORE

エントリーから上位機まで、多彩なラインナップがそろう

final STOREの入口では、かつて戦国武将が用いていた甲冑が出迎えてくれる。オーディオ店ながらいきなり意表を突く展示だが、これはただの飾りではなく、finalのブランド思想を体現するものとして鎮座している。

「黒漆塗本小札紺糸毛引威胴丸具足」と名付けられたこの甲冑は、本来は戦のために作られるものではあるが、その華やかな工夫、意匠には発注者の趣味や教養が表れており、実用品でありながら工芸品でもある。

  • final STORE

    final STORE店頭では、戦国武将の甲冑がお出迎え

finalはイヤホン・ヘッドホンの実用品としての価値だけでなく、「製品の意匠や存在感も、ユーザー個人の価値観を表現するものであってほしい。それが次のユーザーに受け継がれ、アンティークとしての価値も持ち続けられるようになってほしい」との願いを込めた象徴として、この甲冑を選んだというわけだ。

  • final STORE

    12月13日発売のfinal最上位イヤホン「A8000」

  • final STORE

    finalの開放型ヘッドホン「D8000」(左)と「D8000 Pro Edition」(右)

店内には自社ブランド「final」と「ag」の製品に加えて、SNEXTが取り扱う「DITA」、「MEZE Audio」といったブランドのイヤホン・ヘッドホンや、Questyleブランドのハイエンドポータブルプレーヤーなどが随所に並んでいる。

  • final STORE

    finalの手頃なイヤホン「E2000/E3000」シリーズ(写真左側)もある

  • final STORE

    agブランドの完全ワイヤレスイヤホン「TWS02R」

  • final STORE

    近年の完全ワイヤレスイヤホンブームで、駅ホームではイヤホンの片割れが落とし物としてよく届けられるようになったという。finalでは、イヤホンをケースから外して耳につけるときが一番落としやすいことに着目し、「TWS02R」のケース内には着脱時の指のかかりをよくするくぼみをつけた。イヤホンを確実に取り外せて、落下防止にもなるそうだ

  • final STORE

    オーディオマニアの“サブ機”として売れているという完全ワイヤレスイヤホンの上位モデル「TWS01K」

  • final STORE

    SNEXTが取り扱う、DITAブランドのイヤホン

  • final STORE

    Questyleブランドのハイエンドポータブルプレーヤー「QP2R」なども試して購入できる

約40万円台の「D8000」や、MEZE Audio「Empyrean」などのハイエンドな開放型ヘッドフォンをじっくり聴ける防音室もストア内に用意した。幅広い世代のオーディオマニアから注目を集めている製品だが、開放型ヘッドホンは外の物音が聞こえてしまうため、本来は音に集中して落ち着いて試聴できるスペースが必要であるものの、そうした場所はなかなか多くはない。

  • final STORE

    final STOREの防音室

final STOREの防音室内には1人がけのソファと机、PCを使ったオーディオシステムが導入されており、これらの製品の購入を検討している人にとって貴重な場所となりそうだ。

  • final STORE

    防音室内には1人がけのソファと机、PCを使ったオーディオシステムが導入されている

  • final STORE

    MEZE Audioの開放型ヘッドホン「Empyrean」

ユーザーが自分でイヤホン本体のネジを開け、音を調整するフィルターを交換して好みの音を作れるイヤホン「MAKEシリーズ」の修理依頼もfinal STOREで受け付ける。実際の修理作業は秋葉原ではなく、別の場所にある工場で行われることになるが、ストアの店員と対面で不具合の情報を共有するため、従来のメールベースでのやりとりよりも修理期間の若干の短縮が期待できるそうだ。

  • final STORE

    イヤホン「MAKEシリーズ」の展示。これまでは直販オンラインストアのみの扱いだったが、リアル店舗のfinal STOREでも販売する

  • final STORE

    MAKEシリーズは、腕に自信のあるユーザーがイヤホン本体のネジを開け、音を調整するフィルターを交換して好みの音を作れるのが特徴だ

finalではイヤホン自作を体験できるイベントや音響講座などを不定期で開催しているが、今後はSEEKBASEの催事スペースなどを利用してこれらのイベントの開催も検討しているという。

  • final STORE

    バッグブランド「STYLE CRAFT」とコラボレーションして製作したイヤホンケース(左)も販売する

  • final STORE

    現在は販売していない、様々なfinal高級イヤホンのハウジングができるまでの展示

  • final STORE

    チタン製イヤホン「LAB I」(2014年発売)のハウジングは3Dプリンターで作られ、当時注目を集めた

  • final STORE

    3Dプリンターでハウジング素材を作り、磨き上げの工程を経て製品になる

  • final STORE

    「音質チューニング方法を応用して作った」というfinalオリジナルスイーツが報道陣にふるまわれた。「スイーツは音のチューニングと同様、良し悪しの判断に時間の概念がある」ことにヒントを得て作ったのだという。味や咀嚼音の大きさなどで順番が決められていて、面白い取り組みだった

写真で見る商業施設「SEEKBASE」内の個性的なテナント

  • SEEKBASE

    SEEKBASEの店内案内図。イヤホン・ヘッドホンを扱うfinal STOREのほかにも、オーディオ用ケーブルの専門店「オーディオみじんこ」、オールドレンズやフィルムカメラを取り扱う「2nd BASE」、レコードショップや鉄道模型、時計などを取り扱う、趣味性の高い店舗が入居している

  • SEEKBASE

    催事スペースでは、家電蒐集家の松崎順一氏による、ラジカセ販売とワークショップ・トークイベントを開催する「ラジカセDAY」が開催されている

  • SEEKBASE

    「ラジカセDAY」は2019年12月12日から2020年1月31日まで開催。松崎氏は今後もラジカセ関連で様々な企画を計画しているという

  • SEEKBASE

    ソニーのBCLラジオ(短波ラジオ)も含め、さまざまな“お宝”がスペース内にところ狭しと並ぶ

  • SEEKBASE

    未使用のカセットもどっさり出てきた

  • SEEKBASE

    中古カメラ専門店「三宝カメラ」の新しいコンセプトの店舗としてオープンした「2nd BASE」

  • SEEKBASE

    懐かしのオールドカメラを含む、様々な中古カメラが置いてあった。一番人気はやはり、店内の棚にギッシリ並んでいたソニー「α7」シリーズだろうか

  • SEEKBASE

    店内ではオールドレンズの値札付け作業が進んでいた

  • SEEKBASE

    オーディオ用ケーブルの専門店「オーディオみじんこ」の入口

  • SEEKBASE

    店内には店主手作りのオーディオケーブルをはじめ、線材や商品がところ狭しと並んでいる。オーダーメイドの電源ケーブルも製作してくれるそうだ

  • SEEKBASE

    店内にはオーディオシステムも用意されている

  • SEEKBASE

    電気街・秋葉原の写真展示

  • SEEKBASE

    現在のJR秋葉原駅近くの商業ビル「UDX」ができる前の秋葉原高架下の風景写真もあった