iPadを写真編集ツールとして活用する人が増えていますが、アップルが9月25日に新しくリリースした「iPadOS」では、気になる問題が起きています。iOS 12以前のiPadでは、カメラで使っているSDカードをカードリーダーを介してつなぐと写真Appが自動で立ち上がりましたが、iPadOSでは写真Appが自動で起動しません。カメラで撮った写真を写真Appで管理していたユーザーにとっては、悩ましい問題でしょう。iPadOSや写真編集アプリでのSDカードの扱いをざっと調べてみました。

  • iPadOS

    iPadOSにアップデートしたiPad mini(第5世代)

iPadをはじめとするiOSデバイスで、アップル製のカメラアダプタを使って写真を読み込む方法はアップルが公式サイトで案内しています。この中に「カメラのSDカードを認識すると写真Appが自動で立ち上がり、写真・ビデオを読み込める」という記述があり、実際にiOS 12はその通りにふるまうため、カメラで撮った写真をSDカードからiPadなどに移すときに重宝していた人は多いと思います。

  • iPadOS

    アップル製のLightning - SDカードカメラリーダー

  • iPadOS

    iPad miniのLightning端子にアダプターを挿し、SDカードを読み込む

今回、編集部でiPad mini(第5世代)を2台用意して簡単なテストをしました。ひとつはiOS 12.4が入っていて、もうひとつはiPadOS 13.1をインストールしたものです。アップル純正のLightning - SDカードカメラリーダーを使い、筆者が日頃利用しているサンディスクのSDXCカード(サンディスク Extreme 64GB Class10 UHS-I )をそれぞれに挿してみます。

なお、この純正SDカードリーダーは公式にSDXCをサポートしているわけではないようなので、利用する場合はその点には気をつけてください。

  • iPadOS

    iPad mini(第5世代)を2台用意した

  • iPadOS

    iPad mini(第5世代)の黒い方はiOS 12.4、白い方にはiPadOS 13.1をインストールしている

ちなみに、iPadOSの新しいホーム画面表示は、iPad mini(第5世代)でも利用できます。ただ、さほど大きくない画面サイズではレイアウトが若干窮屈になるかもしれません。これは設定画面の「画面表示と明るさ」で従来の表示に切り替えられます。

  • iPadOS

    iPad miniで、新しいiPadOSのホーム画面のレイアウトを変更した。設定画面の「画面表示と明るさ」で切り替えられる

さて、iOS 12.4の入ったiPad mini(第5世代)では、SDカードを認識すると何事もなく写真Appが自動で立ち上がり、写真の取り込み画面になりました。サムネイル表示から目当ての写真を選んでチェックマークを入れ、iPadの内部ストレージに読み込めば、写真管理・編集が行えます。

  • iPadOS

    iOS 12.4のiPad miniは、純正SDリーダーをつなぐとしばらくして写真Appが自動で立ち上がり、サムネイル表示になった

一方、iPadOS 13.1のiPad mini(第5世代)では、純正SDリーダーにSDカードを装着しても写真Appが自動で立ち上がりません。写真Appを手動で立ち上げて少し待つと、写真Appの下のメニューに「読み込む」が現れ、タップするとSDカード内の写真が一覧表示されました。

今まで自動で処理されていたことが自動でなくなったのは少し残念。写真Appを立ち上げ、「読み込む」をタップすれば済む話ではあるけれど、以前のiOS 12の写真Appのように戻ってくれると便利なのですが……ここはいずれアップデートで改善してほしいです。

  • iPadOS

    iPadOSにアップデートしたiPad miniでは、純正SDリーダーをつないでも写真Appが自動で立ち上がらない

  • iPadOS

    写真App下の「読み込む」をタップすると、SDカード内の写真が一覧表示された

ファイルAppでもSDカード内のファイルを見てみました。50GBものRAWデータを含む写真ファイルが入っているためか、読み込んで使えるようになるまで多少動作がもたつくように感じます。ごくまれにですが、ファイルAppそのものが固まって正常にファイル操作できなくなることがあってちょっとヒヤヒヤします。また、一部の写真では、データには問題がないのにiPad上ではサムネイル表示されないことがありました。

このあたりはiPadOSの問題か、SDカード周りの問題かを切り分けて検証する必要がありそうです。

  • iPadOS

    iPadにSDカードを純正リーダー経由で読み込ませると、ファイルAppの左側にSDカードの名前が表示された(ちゃんと名前を付けておかなければ……)

  • iPadOS

    ファイルAppで写真を一覧表示したところ。SDカードと保存データの量が多くサイズも大きいためか、一部のサムネイルがきちんと表示されない

Lightroomなど他社製アプリはSDカードが使えない

写真編集の窓口としてファイルAppを活用する場合、たとえばiPadにLightroomアプリなどを入れていれば、各ファイルの共有メニューから使いたいアプリを選んで立ち上げられます。

  • iPadOS

    ファイルAppで写真を選んでLightroomアプリで開く前にダイアログが表示された

  • iPadOS

    Lightroomアプリの編集画面で写真を開いたところ

Lightroomを利用するためにAdobeのID登録が必要(一部機能は課金制)ですが、筆者が日頃使っているAdobeソフトとの親和性が高いので、個人的には便利と感じます。iPad mini(第5世代)でも特にもたつくことなく、RAW現像処理がサクサクと行えました。

  • iPadOS

    Lightroomアプリの編集画面

「それなら写真AppやファイルAppを使わず、LightroomアプリでSDカードを読めばいいのでは?」と思われるかもしれませんが、執筆時点(’19年9月時点)では残念ながら、LightroomアプリのメニューからはSDカードのデータを直接読み込めませんでした。写真App・ファイルAppの共有メニューからLightroomアプリに写真を読み込ませて立ち上げるか、iPadの内蔵ストレージまたはiCloud Driveに移してからでないと、編集作業を開始できないのです。

  • iPadOS

    LightroomアプリではSDカードなどの読み込みには非対応のようだ。しばらく待ってみたが、読み込み元としてはiPadの内蔵ストレージとiCloud Driveしか表示されなかった

これはLightroomアプリだけの問題ではなさそうです。有料のRAW編集アプリ「Pixelmator Photo」(税込600円)でも、SDカードのデータは直接読み込めませんでした。

  • iPadOS

    RAW編集アプリ「Pixelmator Photo」も、SDカードの写真を読み込めなかった

Pixelmator Photoは、アップルの機械学習フレームワーク「Core ML 2」を活用した自動補正機能「ML Enhance」を備えた非破壊型のRAW編集アプリです。プロの写真家による2,000万枚以上の画像調整を機械学習で学ばせており、そこから得られた明るさや色味の調整値をワンタップで自分の写真に適用できたり、写真に写り込んだ不要なものも簡単に消せるなど、PC用のPhotoshopに似た作業がほんの数秒で行える軽快さも強みのひとつ。買い切りで高度な機能がすべて使え、iPadOSでも問題なく動きました。これで、SDカードの写真を直接読み込めれば完璧なのですが。

  • iPadOS

    Pixelmator Photoの編集画面。RAWデータの非破壊編集ができる

SDカードと相性が良い写真App。ファイルAppで書き出しも

iPadOSのSDカードの扱いを巡っている起きている問題は、今のところ原因は不明です。サードパーティ製アプリの利用時は外部ストレージを読み込めない仕様なのか、それとも各アプリのアップデートで対応するのか。LightroomアプリなどのアップデートでSDカードも直接使えるようになることを望みます。

とはいえ、iPadOSの写真Appは使いやすくなっており、SDカード内のファイルを扱うときの配慮もあって、よく作り込まれていると感じました。たとえば、SDカード内の写真で、既にiPad側に読み込んだものは「読み込み済み」という別枠に分けて表示してくれますし、読み込み済みの写真をSDカードから消すか残すかを聞いてくれるので、カードの容量節約にもなります。

  • iPadOS

    カメラで使っていたSDカードの写真をiPadの写真Appに保存すると、次に接続したとき、まだ読み込んでいない写真と区別して表示してくれる

  • iPadOS

    SDカードの内容を写真Appに読み込ませると、読み込み済みの写真をSDカードから消すか残すか聞いてくれる

RAWを含む写真編集時の機能も強化され、露出・コントラスト・ハイライト・シャドウなど現像ソフト風の機能をひととおり備えています。非破壊方式のビデオ編集にも新たに対応し、これからはサードパーティ製アプリを入れなくても本格的な写真・動画編集が行えそうです。

  • iPadOS

    iPadOSの写真Appは現像ソフト風の機能をひととおり備える

  • iPadOS

    iPadOSの写真Appの編集機能

また、筆者は初めて気付いたのですが、ファイルAppからSDカードへのファイル書きだしが簡単に行えるようになっていました。純正SDリーダーは製品名の通り、あくまでファイル読み込みのみに対応すると思っていたのですが、これは便利に使えそうです。

  • iPadOS

    iPadOS標準の写真AppやファイルAppでは写真をSDカードに書き込んで保存できる

  • iPadOS

    SDカードへのファイルのコピー・移動はドラッグ&ドロップでも行えた

iPadOSはまだリリースされたばかりの新しいOSで、アプリと共に進化することで今後iPadの活用シーンはますます増えそうです。macOSユーザーとしては、macOS Catalina(10月リリース予定)と連携してiPadをMacのサブ画面として使える「Sidecar」も気になるところ。iPadOSにおけるSDカード周りの問題は改善を望みますが、今回の検証は個人的に、新しい10.2型iPadの購入をまじめに考える機会にもなりました。

  • iPadOS