高性能ミラーレスや一眼レフに迫る速写性能を持つことで人気を集めるソニーの小型軽量デジカメ「Cyber-shot RX100M6」ですが、機能を強化した兄弟モデル「RX100M7」が早くも登場しました。一瞬のシャッターチャンスを逃さずキャッチするための強力な撮影機能が追加されたことを高く評価する落合カメラマンですが、RX100M7登場の背景には来年の大きな新製品の伏線が張られている……ともニラんでいました。

  • ソニーが8月30日に販売を開始した高画質コンパクトデジカメの最新モデル「Cyber-shot RX100M7」。1年ちょっと前に登場した「RX100M6」とレンズや撮像素子は同じながら、速写性能や動画まわりの機能をさらに高めたのが特徴。実売価格は税込み14万円前後で、在庫は比較的豊富だ

突き抜ける要素に欠けると感じたRX100M7

RX100M7は、小っちゃなボディに24-200mm相当のズームレンズを搭載する、RX100M6直系の兄弟機である。そう、兄弟だ。まぁ、別に姉妹でも同僚でもかまわんのだけど、ともあれRX100M7をRX100M6の「後継機」として捉える向きはもはや存在しないだろう。なぜなら、RX100シリーズに「後継機」という概念は存在し得ないからである。

理由は簡単。RX100は初代から7代目まですべてのモデルがラインアップされ続けているからだ(M5はM5Aへのマイチェンを経てのラインアップ継続)。RX100シリーズは、縦ではなく横の繋がりで捉えるべき希有なコンデジ軍団なのである。

そんななか、「M6」と「M7」の関係は、「RX100」というくくりの中で見ると、歴代もっともモヤッとしているように感じた。今回「M7」では、「スピード性能」面でソニー製フルサイズミラーレス機のフラッグシップモデル「α9」との共通性を高らかに謳っているのだけど、だからなのかナンなのか、ズバッと突き抜ける要素が逆にぼやけてしまっているように思うのだ。

例えば、AF・AE追随連写に関し分かりやすい数字を見ると、「M7」はα9と同様の「20コマ/秒」というスペックを身にまとっている。これ、コンデジとしては飛び抜けている高速性だ。しかし、その点に関し「M6」はすでに「AF・AE追随24コマ/秒」を実現済み(M5とM5Aも24コマ/秒)。24コマ/秒が20コマ/秒よりもエライなんていう気は毛頭ないけれど、数字だけを見ると「アレ?」ってことになりかねない。

「M7」では、α9と同じく連写中のブラックアウトフリーが実現されているところが違うといわれれば、なるほど確かにその通り。「M6」などの24コマ/秒は、連写中表示がアフタービューのパラパラ表示になるので、撮影時の被写体の追いやすさはブラックアウトフリー表示が可能な「M7」の方が断然、上だ。60回/秒のAF・AE演算処理(これもα9と同じ「数字」)も相まって、厳密にはAFの動体追従性能も向上しているかもしれないし。今回使った限りにおいては、そのあたりにM6との明確な差は感じなかったけれど、“実力向上”はしっかりなされているハズなのだ。でもねぇ……。

  • 動体追従性能を試してみた。撮り始めはピンぼけ。寄りが足らないのは200mm相当の限界ということでご容赦を

  • まだピントは甘い。コンデジだし、仕方ないのかな……

  • と思っていたら、ここでいきなりピントをつかみ直した! 20コマ/秒の連写を行いながらのこの仕事ぶり。見事である

  • このような状況で背景にピントを持っていかれてしまうと、永遠にピントを取り戻せないカメラが多いなか、RX100M7は一眼レフにも近いAFの動作を見せてくれる

  • キビシイ見方をすると、あともう一歩のピントの追い込みが欲しくなるけれど、十二分に及第点の仕上がりだ。さすがはα9譲りのAF&連写である

「M7」のスペック設定って、まずは「α9のスペックに寄せる(似せる)」ことが最優先だったような気がしてならないんだな。実利面ではなく、イメージを重視しての「60回/秒のAF・AE演算処理」であり「20コマ/秒のAF・AE追随連写速度」ってことだ。

別に悪い話じゃない。マーケティング優先の切り口ならば十分アリな措置だ。だって、この「α9譲りのスペック」を突きつけりゃ、センサーサイズとカッコカタチが似ているだけの競合機は簡単に吹き飛んで遙か彼方のミジンコサイズだし、私のようなヘソ曲がりではなく普通のユーザーには「M7」の魅力を端的に分かりやすくアピールすることもできるからね。でも、“RX100愛”にあふれる私(自分でいうと胡散臭いですな)から見ると、やっぱりちょっとモヤッとしているように感じちゃう。RX100って、もっと真っ直ぐなヤツだったハズ。何か事情があるんじゃないかなぁ。

「ワンショット連続撮影」に次世代機の片鱗を見た

ジツは、RX100M7には秘密裏に特殊な任務が与えられている……と妄想の世界で生きている私は考えている。そのことを言葉少なに示している新機能が「ワンショット連続撮影」だ。90コマ/秒、60コマ/秒、30コマ/秒の高速撮影ができる機能で、ピントと露出は1コマ目に固定もフル画素(2010万画素)でRAW記録だけじゃなくカメラ内JPEG生成も可能な、普通の撮影と変わらぬ感覚で使える「連続写真撮影機能」である。

1回の撮影で撮れるのは7コマ。でも、7コマのワンショット連続撮影を連続して行う(シャッターボタンを押し直して繰り返し撮る)ことはできる。実際にやってみると、書き込み待ちが100コマに達するまでは繰り返し撮影が可能であるようだ。撮るモノにもよるけれど、想像以上に扱いやすい印象であり、今まで撮ることが困難だったもの(瞬間)がより簡便に撮れるようになっている。いや、コイツはナニゲにスゴいっすよ。使ってみりゃわかります。

で、私は思った。RX100M7の「ワンショット連続撮影」って、「α9 II」(仮称)に搭載される同種新機能の“生きるティザー広告”になっているんじゃないか、と。その前フリとして、「M7」のスペックにはα9の影が色濃く投影されているというワケだ。そうだ、そうに違いないっ(←妄想が思い込みに悪化)。

  • ワンショット連続撮影の90コマ/秒で捉えた水滴の落下。瞬間を捉えやすくなるという意味ではもちろん、事後の採用カット選択に余裕が生まれる(選択肢が増える)ことにも大きな魅力が備わる超高速連写であることが、1枚1枚の仕上がりすべてから明確に感じ取れるのではないだろうか? 現状、RX100M7ならではの突出したこの機能は、ブラッシュアップを経てα9の後継機にも搭載されることになると個人的には予想(期待)している(200mm相当、ISO400、1/2000秒、F4.5、-2補正)

2020年に日本の首都で行われる大きなイベントでα9後継機の存在感をこれまで以上のインパクトで示すつもりなら、一眼レフをはるかに凌駕する新機能の搭載は必須だ。「ワンショット連続撮影」は、そのひとつに十分なり得ると感じた次第である。

RX100M7では「7コマ」縛りがある1回あたりの撮影枚数は、α9後継機でも15コマぐらいあれば十分かな。「7コマ」でも不思議とそれで足りないと感じることはなく、逆に撮影時に撮影者が自らシャッターチャンスをしっかり見極める必要があるところに、乾坤一擲の爽快感というか、やり甲斐というか、「動画から切り出しゃいいっしょ」的などこか他人まかせにも感じられるアプローチとは真逆の、まさしく「写真を撮る醍醐味」そのものが色濃くしっかり残っているように感じられたからだ。これが狙った使い心地なのか、結果として偶然そうなったものなのかはわからないけれど、けっこうイイ線を突いている手応えなのである。

使用シチュエーションはそれなりに限られると思う。でも、「写真を撮る感覚そのままで扱える90コマ/秒」がα9後継機で実現されれば、フルサイズミラーレスαのスポーツ写真界隈における存在感は、現在とはまたひと味違ったものになるだろう。ソニーがそれを狙っていないはずがない。

  • ワイド端の開放F値撮影。この仕上がりを見ただけでも、コンデジとしてはチョイ大きめなセンサーサイズがすごく大きな意味を持っていることがわかるハズ(24mm相当、ISO100、1/1000秒、F2.8、-0.7補正)

  • テレ端が200mm相当なのはRX100M6と一緒。レンズそのものも同一なので、M6とM7の間に顕著な画質差はないといっていい。コンデジとしては出色の高画質である(200mm相当、ISO160、1/200秒、F4.5、-2補正)

  • 高画質ぶりはイジワルな光線状態の下でも変わらない。ホントによく写る。ただ、RX100の「初代」「M3」「M6」を使ってきている経験からいうと、「M6」は使用期間を経るにつれレンズ内にゴミがより入りやすい印象がある。「M7」にも同様の傾向があるやも知れず、だとすると逆光時の描写には経年変化が見られる可能性も(83mm相当、ISO125、1/100秒、F4.0)

  • んもう、伏線バリバリやん……ってのがRX100M7に対する正直な第一印象だった。歴代RX100シリーズの中でもっとも腹黒い……いや、もとい、もっとも特殊な任務を課せられている7代目なのだ(個人の印象です)。ちなみに、コントロールリングに「露出補正」を割り当てるのが私の“RX100スタイル”(27mm相当、ISO500、1/60秒、F3.2、-1.7補正)

  • 高感度画質に対する印象は、何を基準に判断するかによって大きくブレることになるだろう。そのへんに関し、基本センサーサイズに依存する法則には今のところ大きな変化はないようなので、まぁ致し方のないところ。ISO640で撮られたこのカットを見てどう思うか。10人いれば10の答えがあるはずだ(200mm相当、ISO640、1/2000秒、F4.5、-2.7補正)

  • 測距点自動選択(ワイド設定)+AFCで撮影。「この背景+この画角」で「このピント」が得られることには素直に驚くしかない。撮るべき被写体を背景から分離し認識する能力と、それにピントを追従させるAF性能に関しては、コンデジのみならず多くの現行ミラーレス機をも余裕で上回っているとの印象だ(200mm相当、ISO160、1/2000秒、F4.5、-1.3補正)

  • 電子シャッターによる1/4000秒での撮影。カメラは、目の前をおよそ60km/hで通過するオートバイの動きに合わせ振っているので、見るべきは背景と対向車の“ゆがみ”の度合いなのだが、ご覧の通りアンチディストーションシャッターの効果はきわめて大きい。ゆがみは皆無ではないものの、このレベルならば安心して電子シャッターが使える(100mm相当、ISO1000、1/4000秒、F4.0)

さて、RX100M6ユーザーの私は、今回の試用を通じてRX100M7が欲しくなることはなかった。動体へのAFの追従性とか電子シャッターゆがみに関し、「M6」からの劇的な進化はないと判断したからだ。でも、フォーカスエリア枠が格段に見やすくなっていたり、測距点の循環選択ができるようになっていたり、リアルタイム瞳AFが動物や動画にも対応するなど、羨ましく感じるところも多数。このあたりはファームアップでナンとかしてもらえませんかねぇ……というのがM6ユーザーとしてのホンネではあるのだけど、その一方でRX100M7のシューティンググリップキットがナニゲに欲しくなっちゃってる点にはある種の危うさを感じていたりする。おっと、これはシューティンググリップキット欲しさにRX100M7に手を出してしまうという最悪なパターンが発症する前兆現象かぁ~?? 乞うご期待!!(ナニに?)

  • RX100M6からの使い勝手の進化を実感しつつも、RX100M7の衝動買いを踏みとどまった落合カメラマン。ファームウエアアップデートによるRX100M6の進化に望みを託すものの、果たしてどうなるか?

著者プロフィール
落合憲弘(おちあいのりひろ)

落合憲弘

「○○のテーマで原稿の依頼が来たんだよねぇ~」「今度○○社にインタビューにいくからさ……」「やっぱり自分で所有して使ってみないとダメっしょ!」などなどなど、新たなカメラやレンズを購入するための自分に対するイイワケを並べ続けて幾星霜。ふと、自分に騙されやすくなっている自分に気づくが、それも一興とばかりに今日も騙されたフリを続ける牡牛座のB型。2019年カメラグランプリ外部選考委員。