わけあってLINEをアンインストールしたあとに、もう一度インストールした場合、以前のアカウントでログインすることができます。LINEをアンインストールすると、アカウント情報が削除されると考えている人がいるかもしれませんが、アカウント情報自体はLINEのサーバーに残されています。再ログインすれば、自分のアカウント、タイムライン、友だち、グループ、アルバム、ノート、Keep、LINEコイン、LINEポイントは以前と同様の状態で使えます。

復元作業が必要なのはトーク履歴とスタンプ。トーク履歴はアンインストールする前にバックアップが必要です。

  • LINEを再インストールします

LINEを再インストールする

LINEアプリは、ストアからインストールしましょう。電話番号に変更がなければ、電話番号でログイン。Facebookとの連携でアカウントを作成している人も同様です。

もし、電話番号を変更している場合は「引き継ぎ」になるので、「LINEの引き継ぎ、電話番号がもし変わったら」を参照してください。

  • LINEを起動し、「はじめる」をタップします

  • スマホの電話番号を入れて、次に進みます。SMSで認証番号が送られてくるので、入力しましょう

  • 「友だち追加設定」画面が表示されます

  • 「トーク履歴を復元」をタップします。AndroidはバックアップしたGoogleアカウントを指定してください。「年齢確認」が表示されたら、必要に応じて確認します

  • LINEを再インストールできました

スタンプをダウンロードする

再ログインが完了したら、以前購入したスタンプを再度ダウンロードしましょう。ひとつずつダウンロードしてもいいのですが、ここではまとめてダウンロードする方法を説明します。

自分が購入したスタンプは「マイスタンプ」から確認できます。「すべてダウンロード」をタップすれば、購入済みのスタンプを一括で再ダウンロードします。

  • スタンプを再ダウンロードします。ホーム画面から設定を開き「スタンプ」を選択

  • 「マイスタンプ」をタップします

  • 「すべてダウンロード」をタップします

これで、アンインストールする前と同じ環境でLINEを使うことができます。