ノートPCのキーボードの手前にあるタッチパッド。ここを「ScreenPad」と銘打ってサブディスプレイ化したのがASUSのZenBook Pro 15 UX580だが、そのScreenPadを受け継ぐ新たなZenbookが登場した。それが2019年8月20日に国内発表された「ZenBook 14 UX434FL」と「ZenBook 15 UX534FT」だ。

今回、ZenBook 15 UX534FT (税別222,500円、8月23日発売)の実機を入手できたので、このスリムでスタイリッシュ、サブディスプレイで新しい使い方も提案するユニークなメインストリームモデルを試してみよう。

  • ASUS ZenBook 15 UX534FT (税別222,500円、8月23日発売)

ディスプレイ内蔵タッチパッド「ScreenPad」が進化

ASUSはZenBook Pro 15 UX580でサブディスプレイを兼ねたタッチパッド「ScreenPad」を採用し話題を集めた。ZenBookのScreenPadは、PCのセカンダリディスプレイとして機能し、その上で独自機能も盛り込んだものだ。ZenBook 15では、それをさらにブラッシュアップし、ScreenPad 2.0へと進化させている。

  • ZenBook Pro 15 UX580から受け継がれたScreenPadは第2世代に進化した

ZenBook 15は、狭額縁ベゼルを採用した15.6型ノートPCだ。狭額縁ベゼルは今では多くのノートPCで採用が進んでおり、新モデルが登場するたびにより狭額化が進んでいるようにも感じられる。実際、ZenBook 15はZenBook Pro 15 UX580と画面の表示サイズは変わらないが、本体の幅はZenBook Pro 15 UX580の365mmから354mmへと11mmも狭くなっている。なお、液晶パネルの上部ベゼルも狭額化しており、本体の奥行きはZenBook Pro 15 UX580の242mmから220mmへと22mmも短くなった。厚みに関してはどちらも18.9mmで変わらない。しかし幅11mm、奥行き22mmも小さくなるとさまざまなカバンに収めることができるようになる。重量1.7kgなのでモバイルと呼ぶには少し重めだが、モバイルする気にさせてくれるサイズ感だ。

  • ベゼル幅は左右が5mm、下部も5mm、上部が8mm。ディスプレイ占有率が高く映像への没入感も高まる

  • 8mm幅の上部ベゼルにはWebカメラを搭載。ほかの狭額縁ベゼル採用モデルのようにキーボード面やヒンジ側に移設していないため、顔を正面から自然にとらえやすい。Windows Helloの顔認証ログインにも対応している

液晶ディスプレイは15.6型で、解像度は1920×1080ドット。ZenBook Pro 15 UX580はハイスペックで3840×2160ドットパネルを採用していたが、ZenBook 15はこの点で少しメインストリーム寄りへと性格を変えた。表面処理はグレアで映り込みはやや多く、発色がよい点を活かしたホーム&エンタテインメント用途向きだ。

  • グレアパネルで映り込みは多いが視野角は広く発色もよい

液晶パネルを開くと、ヒンジ部分が床に着き、キーボード面を押し上げるエルゴリフト構造を採用している。これによって生まれるチルト角は3°。前方がスリムなデザインと合わせ、タイピング時の手首への負担が抑えられる。

  • 90°開いたところでヒンジ端が床に当たる

  • さらに液晶パネルを開いていくとヒンジ端がキーボード面を押し上げる

キーボードは103キー日本語配列で10キーも付いている。主要なキーの配列は一般的なものと同じだが、スペースキーの右4つのキーは幅が狭い。また、10キーも詰まった印象がある。ただし全体的に気になる部分はない。

  • 10キー付きの103キー日本語配列。スペースキーの右4つのキーが細く、上下左右キーが縦も細いが、ほかは一般的な配列、一般的なピッチだ

タッチパッドのScreenPad 2.0は、先代と比べて横解像度が拡大した5.65インチ。解像度は2160×1080ドットで、メインの1920×1080ドットディスプレイとそれほど変わらないドット数だ。ほか内部接続は外部GPUではなくCPU統合GPUを利用しており、消費電力を抑えたとしている。

  • Windowsからはデュアルディスプレイとして認識される

ノートPCではよく、キーボードのファンクションキーなどでタッチパッドのON/OFFを切り替えることがある。本製品も同様にF6キーで切り替え可能だが、ON/OFFに加えてScreenPadモードが加わる。また、ScreenPadモード中に3本指でタッチするとタッチパッドモードに変わる。また、ScreenPad領域にウインドウを表示させている間はディスプレイ機能+タッチパッドモードになるようだ。

  • 3本指タッチをすることでタッチパッドモードに切り替わる(しばらく放置すると戻る)

ScreenPadモード中に並ぶアイコンは、ランチャーとして利用できWindowsのスタートメニューのようによく使うアプリや機能をピン留め可能だ。

また、ScreenPad 2.0とZenBook 15で進化した一つにオフィスツールが挙げられる。Microsoft Officeアプリを起動した際、ScreenPad 2.0が手書き入力の領域になったり、書式設定ボタンが表示されたり、タッチ10キーになったりする。

  • 通常のScreenPadモードではアイコンが並び、ランチャーとして機能する

ホーム用途で言えば、ScreenPad 2.0は動画や音楽などのメディアプレーヤー、SNSやメッセンジャーなどを表示させておくとメインの作業を邪魔せず操作ができる。3本指でタッチパッドモードと切り替えられることも操作がシンプルで覚えやすい印象だった。

  • 作業の息抜きとして動画や音楽プレーヤーを置いたり、SNSを表示させて情報収集したりと、タッチパッド部分のセカンダリディスプレイは思った以上に活用幅がある

メインストリーム寄りでバランスのよいスペック

ZenBook 15のインターフェースを見ていこう。まず左側面は中央寄りにインターフェースを集め、奥側からUSB Type-A、オーディオ入出力。右側面は奥側からDC入力ジャック、HDMI、USB Type-A、USB 3.1 Gen2 Type-C、カードリーダーがある。USB Type-Aは片方が3.1 Gen2対応、もう一つが3.0対応だ。インターフェースの種類自体は少なめで、USBも多いほうではないが、Type-C対応のUSBメモリや周辺機器が増えてきているので足りなければここを活用したい。

  • 左側面にはUSB Type-Aとオーディオ入出力

  • 右側面にはDC入力ジャック、HDMI、USB Type-A、USB Tyoe-C、カードリーダー

続いて内部のスペック。ZenBook 15は高性能でも比較的マイルドな構成で、コストバランスを調整した印象を受ける。CPUはIntel Core i7-8565U。4コア8スレッドに対応しており、メインストリームとしては十分に高性能だ。TDPが15Wと低いところはスリムな筐体と相性がよい。これに16GBのメインメモリを搭載しており、普段遣いでは快適なパフォーマンスを実現している。

  • TDPが15Wの4コア8スレッドCPU「Intel Core i7-8565U」を搭載

GPUはNVIDIA GeForce GTX 1650。GeForce GTX 1050の後継GPUとなる、ゲーム向けではエントリーグレードとなるGPUだ。兄弟モデルのZenBook 14では主に2D向けのGeForce MX250が搭載されており、それと比べるとGPU性能は引き上げられている。CPU側のGPU機能と切り替えができ、バッテリー駆動時やブラウザなどの軽作業では統合GPU側を、3DゲームなどではGeForce GTX 1650側をと自動的に切り替える。

  • GeForce GTX 1650を搭載。CPUに内蔵されたIntel UHD Graphics 620も利用できる

SSDはIntel 660p 512GB(SSDPEKNW512G8)が搭載されていた。PCI Express 3.0 x4接続でNVMeに対応している。512GBなのでホーム用途のメインドライブとしては余裕がある方だろう。転送速度に関しては、HDDはもちろんSATA接続のSSDと比べても格段に速く、シーケンシャルリードは1.8GB/s程度を確認できた。普段遣いでは十分なパフォーマンスだろう。ただし、NVMe対応M.2 SSDのなかでは飛び抜けて速いわけではなく、そこそこ、といったところ。

  • 評価機はIntel SSD 660p 512GBを搭載していた

  • シーケンシャルリードは1.8GB/s、同ライトは約1GB/s前後

ACアダプタの容量は120W。GeForce GTX 1650を搭載していることもあり100Wを超え、ACアダプタもモバイル用のものとしては大きめだ。

  • 120WのACアダプタが付属。ACアダプタにしては少し凝ったデザイン

カジュアルゲームまでいける一つ上のパフォーマンス

今度はZenBook 15 UX534FTのパフォーマンスをベンチマークで検証した。

CINEBENCH R20では、CPUが1555、CPU(Single Core)が418。TDP 15Wの低消費電力向けだがクアッドコアCPUのため、CPU側のスコアはデュアルコアCPUのモデルよりも高い。CPU(Single Core)も400台なので十分なスコアだ。

  • CPUは1555、CPU(Single Core)は418

PCMark 10から見たアプリケーション性能では、ホーム向けシナリオのEssentialsが9127、オフィス向けシナリオのProductivityが7184、クリエイター向けシナリオのDigital Content Creationが4780、Gamingが5409だった。Essentialsが非常に高いが、そのほかもバランスのよいスコアだ。

  • Essentialsは9127、Productivityは7184、Digital Content Creationは4780、Gamingは5409

3DMarkでは、Fire Strikeが6797、Time Spyが2990。GeForce GTX 1650なりのスコアで、3Dゲームを遊ぶ際には1920×1080ドットで表示して、画質に関しては標準~高画質で設定するとちょうどよいのではないだろうか。

  • Fire Strikeは6797ポイント

  • Time Spyは2990ポイント

ゲームタイトルで見ると、まずWorld of Tanks Encoreの超高プリセット設定で10092ポイント(評価:素晴らしい結果)。ドラゴンクエストX ベンチマークソフトも1920×1080ドット最高品質で17467(評価:すごく快適)。ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマークも1920×1080ドット最高品質で7892(評価:非常に快適)だった。負荷の軽いゲームに関しては、このように最高画質でも十分に快適なプレイが望める。

  • World Of Tanksのベンチマーク「Encore」では超高品質で「素晴らしい結果」という評価が得られた

  • ドラゴンクエストXのベンチマークでは1920×1080ドット最高品質で「すごく快適」評価

  • ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマークも1920×1080ドット最高品質で「非常に快適」評価

少し負荷の高いFar Cry 5を試したところ、1920×1080ドット中画質設定で50fps前後。安定して30fps超を出しているためプレイ自体は可能だが、60fpsを満たしたいという方は1280×720ドットに落としたほうがよい。本製品がゲーミングノートPCではないため、そこまで高望みするものではないといったほうがよいだろう。カジュアルなプレイまでが守備範囲といった印象だ。

  • Far Cry 5の1920×1080ドット中画質で50fps

  • 同1280×720ドット最高画質は65fps

PCMark 10 BatteryのModern Officeで計測したバッテリー駆動時間は6時間18分。ディスプレイ輝度最大、電源オプションは標準とした場合の駆動時間だ。カタログスペックでは約9.4時間駆動だが、テストで計測したのはパフォーマンスをあまり落とさず輝度も落とさない実環境寄りのイメージだ。ちなみにバッテリーのライフサイクルについては、専用ユーティリティ「MyASUS」から充電モードを「バランス」(80%まで充電)や「マックスライフ」(60%まで充電)に設定することで延長できる。

  • 実環境に近い設定でのPCMark 10によるバッテリー駆動時間計測ではおよそ6時間18分

ScreenPad 2.0を目玉に、熟成された15型ノートに進化

まずZenBook 15は、高級機の側面を持っていたZenBook Pro 15と比べると、より多くの方が現実的に検討できるスペックと価格に調整された。ScreenPadの魅力、使い勝手のよさをより多くの方に触れてもらおうという考えがあるのだろう。

外観の見た目も大きく進化したところだ。大画面でコンパクトを実現する狭額縁ベゼルに、スリムな筐体デザインを組み合わせ、ASUS製ノート伝統の同心円状のヘアライン加工天板、そしてブルーのカラーリングもなかなか深みがあってよい。

ちなみに、ScreenPad 2.0をビジネス用途で使うならばメインディスプレイには作業中のウインドウを、サブディスプレイでは息抜きに音楽プレイヤーを起動させてヘッドホンに流しておけば、うまいこと上司の目をかいくぐることができそうな印象だ。もちろん、学生からすれば親の目も。