LINEの「年齢確認」や「年齢認証」という言葉を聞いたことがありますか? 「自分はLINEで年齢確認してないけど大丈夫かな」と思う人もいるでしょう。今回はLINEで年齢確認は必要なのか、年齢確認するとどうなるかなどを解説します。

  • LINE

    LINEの年齢確認とはなんでしょうか

LINEで年齢確認が必要なとき

LINEで年齢確認が必要になるのは、LINE IDで「ID検索」を行うときと、電話番号でLINEアカウントを検索する「電話番号検索」をするときです。この2つの検索を使う予定がなく、「ふるふる」や「アドレス帳」、「QRコード」でLINEの友だちと繋がる場合は、LINEで年齢確認を行う必要はありません。

LINEのID検索や電話番号検索になぜ年齢確認が必要かというと、ID検索や電話番号検索によって不特定多数の人と繋がり、トラブルを起こすLINEアカウントが存在するからです。LINEは青少年保護を目的とし、18才未満のユーザーをトラブルから守るために「年齢認証」という仕組みを導入しています。

年齢認証の仕組み

「年齢認証」は、スマホを契約しているキャリアのデータにLINEからアクセスする必要があります。たとえばNTTドコモの場合、LINEアプリから「年齢認証」に進むと、My docomoでdアカウントを用いたログインを求められます。dアカウントからNTTドコモの契約情報を参照して、LINEアカウントの持ち主が18才以上であるかどうかを確認するのです。

年齢認証のやり方は、LINEの「設定」にある「年齢確認」から、「年齢確認結果」を押して、キャリアのWebサイト(NTTドコモはMy docomo、KDDIはMy au、ソフトバンクはMy Softbank)から年齢認証を行います。My docomoやMy auのログインに関して不明なことがあれば、契約キャリアに問い合わせましょう。キャリアのショップを訪れてもいいと思います。

  • LINE

    「設定」で「年齢確認」をタップしてください。つぎに「年齢確認結果」を選択すると、キャリアWebサイトに移行してアカウント情報の照会が実施されます

学割などを利用するため、キャリアの契約者が18才未満となっている場合は、LINEで年齢認証を行ってもID検索はできません。逆に、保護者を契約者として、子どもにスマホを渡している家庭なら、LINEの年齢認証を済ませるとID検索が可能となります。

MVNOはLINEで年齢認証できない

LINEで年齢認証ができるのは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアと、Y!mobile、LINEモバイルです。いわゆる格安SIMや格安スマホと呼ばれるMVNOと契約している場合、基本的にLINEで年齢認証はできません。